« バイク用グローブ | トップページ | 東北地方の高速道路が無料化だと? »

2011年11月21日 (月)

バイクの販売台数

バイクって売れてるんだろうか? 

バイクに乗るようになって、そんな事が時々気になるようになった。車では販売台数が車種別に調べられており、カー雑誌なんかの最後の方へ月一で公開されていたりする。

一方バイクの方はと言えば、そのような統計情報が公開されていないようだ。
唯一、コチラのサイトで排気量、メーカー別の販売台数が公開されている。自動車工業会が調べている結果のようだ

http://jamaserv.jama.or.jp/newdb/index.html

排気利用も、250ccを境界にしているようで、実態数がわかりにくい。やはりモデル別に見たいのが心情だ。

そんな事を考えていたら、今月のモーターサイクリストに販売台数の記事がでていた。別のブログサイトの人が教えてくれたのだが、これは興味津々というこというで、さっそく雑誌を購入して、よくながめてみる。

記事は、「なんでもランキング」と称していろんなランキングが掲載されているが、興味あるのはバイクのモデル別販売数だ。

・全国小型二輪(401cc以上)の上半期ベスト30
・全国小型二輪(401cc以上)の7月ベスト30
・全国小型二輪(251~400cc)の上半期/7月ベスト30
・全国小型二輪(126~250cc)の上半期/7月ベスト30

いわゆる大型のランキングを見ると、1位がW800、2位がCB1100、3位がCB1300SF/SB/STという成績。1位のW800はちょっと意外だった。ただ、W800にしろCB100にしろ、オーソドックスなバイクが売れているということか。CB1300が売れているのは、何となくわかる。やはり、よく見かけるし、バイクブログでもCB1300のユーザはたくさんいるし。
以後、ハーレーやBMWなども続いている。

さて、我がFZ1は何位か? 何と、29位。かろうじてベスト30に入る成績だった。

だが、問題なのは販売台数だろう。このトップ3を合計しても、約3000台なのだ。ベスト30を合計しても1万台に届かない。う~ん、これは売れてないと思っていい数字だろう。FZ1にいたっては、上半期で150台とのことだ。月あたり30台に行かない生産量だ。一日、1~2台とは大量生産を前提とする工業製品としてはあり得ない数字だろう。

これは車だったら、絶版になってもおかしくない数字。これで作り続けてくれるメーカーに感謝したい。というか、日本国内市場だけだったらとっくに撤退してもおかしくない。これは輸出等海外向けがあるから保ってるようなものだろう。

ちなみに7月の販売台数は、FZ1は44台となってる。私のFZ1 FAZER GTも7月納車なので、この44台のうちの1台と思える。販売台数とは登録で見ていると思えるので、たぶんそうだろう。今年は震災もあって4~6月は生産も販売も縮退気味だったので、仕方ないところだが、それにしても少ないね。

震災の影響を鑑みて、FZ1の年間販売台数は700~1000台というところか。その割には、年式を問わなければけっこう、見かけると思うのだが、気のせいかな。

ちなみに400ccクラスだとダントツでCB400SF/SB。さすがというところか。250ccクラスだとNINJA250が1位だが、CBR250が怒濤の追い上げのようだ。この2台はなかなか勢いがあるようでおもしろいね。

HONDAとKAWASAKIは、ダントツに売れる車種をもっているが、それに比べるとYAMAHAは地味なのかもしれない。大型は販売台数がどうしても限られるが、250~400あたりでの人気車種があまり無いのは、ちょっと痛いかも。YBR250という中国で生産している輸入車をYSPで販売を開始している。セグメントとしてはVTR250とかち合うところだが値段が40万以下と安い。ただ、インパクトに欠けるし宣伝効果もイマイチではないだろうか。
HONDAのCBR250はタイで生産しているが正規販売だし、大々的に宣伝も行ってプロモーションしてるしなぁ。YBR250がどんなバイクかわからないけど、もっと効果的に売るか、あるいは、YBRをベースとしてフルカウルでNINJAとCBRに対向するか?

ところで、この統計情報のソースが気になったのだが、「二輪車新聞」と書いてあった。そんなのあったんだ、と検索してみると、たしかにホームページがあって週間新聞のようだ。でも、内容はほとんど出ておらず、サンプル記事もなかったので、よくわからない。どうやって調べているのかな。

このランキングは、さらに色々あって、その中で、「女性がカッコイイと思うバイク」というのが出ていました。さて、1位は? 残念ながらFZ1ではありませんでした。

KAWASAKI【新車】W800 スペシャルエディション

KAWASAKI【新車】W800 スペシャルエディション
価格:823,620円(税込、送料別)

« バイク用グローブ | トップページ | 東北地方の高速道路が無料化だと? »

バイク」カテゴリの記事

コメント

W800はちょっと以外でした!
まだあまり姿をみないけど、これからみかけるのかな?
CB1100も最初はあまり見ませんでしたからね。
ニンジャもよく見ますが、CBRは最近多いです。
もう抜いてるかもしれないですね。
しかし、驚きの販売台数ですよね。
このバイクを作るのに、どれだけの人が働いているのか??って思いうと、
もっと売れないと、だめなんでしょうね~。

こういう旧車系のモデルはカワサキのお家芸ですね。

今年はYAMAHAの販売台数は4.4%減少とのことです。
また、スズキはVWとのいざこざもありますし、MOTO-GPからも一時撤退するそうなので、もしかしたら来年のGSX-Rにも影響が出てくるかもしれませんね。
HONDAは売れてます。デザインがもっさくなりましたが。

YBRは既にうちの大学でも見ますよー。
でもこのクラスのネイキッドって傍目から見たらすべて同じに見えるというか・・・汗
個人的にYZF-R 125のほうが好きです。
今は125ccクラスが熱いですね。

おくさん、こんばんは。
中型以上のバイクは、こうですが、スクーター等の小型二輪や原付きは、まだ売れてるので、これらの方で保ってるのかもしれないです。国内市場という意味ではバイクは全然小さい市場なわけで、それでもニューモデルを投入してくれるメーカーはどういう考えなのか?ってのを聞いてみたい気がします。

raikusさん、こんばんは。バイク業界はどういう方向に向かうのか?YAMAHAは日本専用モデルをやめて、海外とモデルを統一するなんて話もありました。いきのこりをかけた、いろいろな戦略が出てくる所ですが、選択肢が減るとしたらそれは残念な事かと思います。HONDAはけっこう売れてるわけで、まだまだ行けそうですが、そのHONDAでさえ未来が約束されてるわけじゃないですからね。

そうそう、YBRに乗ってる学生さんがいますか。私はYSPでしか見たことないので、はたして売れているのか?と思っていた所です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/53293241

この記事へのトラックバック一覧です: バイクの販売台数:

« バイク用グローブ | トップページ | 東北地方の高速道路が無料化だと? »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • スバル
  • 天気予報

おすすめ!

無料ブログはココログ

レガシィブログ