« HMSに参加する6回目:初級コース | トップページ | チェンジペダルカバー »

2011年7月14日 (木)

HMSに参加する7回目:初級コース

梅雨も明けて夏本番。天気は晴天で夏日。それにしても暑い。今年の夏は昨年に続いて猛暑なんだろうか。車の温度計は早朝でも30℃を越えている。そんな中でHMS初級コースに参加しました。行きの道中でネズミ取りを発見。後方に白バイを発見、とロックオンをウケるという物騒な一日の始まりでした。無事にクリアしてますけどね。

今日は隣のホンダエアポートにヘリが止まっており、ずっとプロペラをビュンビュン回しており、けっこうな音でした。飛び立つ瞬間をビデオに撮りたかったのですが、集合時間があったので、あきらめました。

今回の初級コースは臨時開催ということでいつもより人数は少なく15名マックスで募集されてました。実際には14名の参加だったようです。いつもは20名なので、ちょっと得かもと期待して受講しました。

 

それにしてもいい天気でしょう。

今回のインストラクターは、メインがMGさんでサブがAKさん。このコンビは全開のバランスファーストでお世話になったコンビでしたね。相性がいいので期待しています。さて、いつものように自己紹介と抱負を述べたあと、バイクの選択と点検、そして体操を経て、バイクに乗ります。初級コースですが初参加が3名、その中で先週免許を取ったばかりという人もいました。

いつものようにバイクで乗り出し、周回コースを何回か走った後、河川敷の練習場に移動するのですが、私のバイクにトラブルが発生。バイクのセルが回らなくなりました。まだ全然乗ってないのに。すぐに代替のバイクをガレージに取りに行きます。インストラクターさんが、「この21号車がいいですね。コレはあたりです」と選択してくれました。何がどうあたりかはわかりませんが、調子がいいバイクということでしょう。

何とかギリギリで列に合流し、そのまま河川敷コースに向かいます。すでに煌々と照りつける太陽がまぶしく気温もかなり高い。河川敷コースはわかってはいますが、影など無く太陽の真下での講習となるため、かなり暑い。日焼けしそうです。

 

今回の講習では、ウォーミングアップの後で、直線パイロン、そして急制動ブレーキから始まりました。直パイはあまり得意ではありませんが、何回かやってるとだんだんタイミングがわかってくるので、まぁまぁ出来たかなと思ったり。でも、イマイチバランス感覚が悪く、あまり早くないので、ちょっと不満が残りましたね。
急制動は、最初は40km/hからの停止。続いて50km/hからの停止。そして次が60km/hからの停止となります。60km/hというのは結構早いです。この速度からの急制動はあまり経験しておらず、やってみると結構コワイ。後輪ロックをやってしまいました。ロックしたことは自分でわかるのですが、インストラクターさんから指摘もされます。いやぁ、わかってるんですけどねぇ、後輪ブレーキの加減がどうにも感覚的に理解できていないようです。私は後輪ブレーキの使い方が下手なようです。これは後々のコーススラロームでも影響します。

 

続いての練習は、直パイの後でオフセットスラロームです。オフセットがだんだん狭くなるというなんだかバランスファースト風のスラロームでした。これはやりやすく、何回かやってる内に足先を擦るまでになりました。

このときインストラクターさんから指導されたのは、
 ・曲がる時にもう少し内側に体を入れて
 ・ブレーキが早すぎ
 ・曲がった後のアクセルが早すぎ
ってことでしたね。体を内側に入れるのはすぐに出来たのですが、ブレーキとアクセルのタイミングがイマイチつかめない。ブレーキが早いのは要するにコワイからです。指導としては、もう少しブレーキを遅らせて且つ強くブレーキをかけることなんですが、速度を十分に下げないとカーブがコワイ。だから早めにブレーキをかけるクセが自分にはあるようです。また、強くブレーキをかけるとロックしそうでコワイので、無意識に弱くかけるようです。これを矯正するのは中々難しい。

そんな感じで午前中の講習は修了。今回は13:00過ぎまでやってました。そろそろ昼飯かなと思ってから全然過ぎてましたね。初級コースはバスでお迎えがくるんですが、今回はそれもなし。自分で走って受付センターまで戻ります。

Sdsc09652

14:10まで昼休みとなりました。あまりに暑くて飯がのどを通らないかなとも思ったのですが、定食をしっかり食べてその後休憩。でも、暑くて水ばっかり飲んでました。それでも飲み足りないという感覚もありました。

そして午後の部へ。猛暑ということもあり、思った以上に疲労感があります。よっこらしょ、って感じで集合場所へ向かいました。そして河川敷コースへ移動。午後からは、コーススラロームですが、今まで使ったことが無い部分でした。いわゆる市街地コースっていうところかな。ココはいつも上級や別のスクールで使われていたりするので、自分は入ったことすら無かったですね。最初はコースを覚える部分ですが、すっごく広々しています。こーすでは、最初はオフセットスラローム。そして、直線があったあとで、またオフセットスラローム。そして細かいコースに入ります。ココは午前中にやった直パイの応用的なコースになってますね。細かいクランクみたいなコースを抜けて元に戻るというコースでした。

コースが長く、また、人数が少ないこともあって、待ち時間が少ない。一周して戻っても、2~3人が待ってるぐらい。これは結構走れる反面、かなり疲れるコトが予想されます。

最初はギアを2速で回ってました。オフセットスラロームではバイクをかなり倒すコトができて、足先を擦るようになりました。この足先をする感覚はかなりわかってきてて、「あぁ、足を擦るな」って思うとだいたい擦れますね。また、足先を擦りながら安定して曲がっていくことも出来るようになりました。もう少し傾けるとステップが擦りそうですが、そこまではやりません。

Sdsc09656

一度、インストラクターさんが後ろに付きました。後ろに入られたコトはスタート直後でわかったんですが、ちょっと緊張する。でも、けっこうがんばって走って、その後に、アドバイスを受けました。
 ・だいぶ、上達しましたね。
 ・時々、ブレーキのタイミングが崩れるポイントがある
と、こんな感じでした。

今度はインストラクターさんに前を走ってもらいました。オフセットスラロームは、けっこう付いてくコトができたんですが、クランクコースは離されてしまい、待っててもらう始末。その後のアドバイスとしては、
 ・コーナー手前でかなり減速しているので、突入速度が遅い。
 ・つまりブレーキが弱い
ってことのようです。私の場合、クランク内で速度が出ていないとのこと。そりゃまぁ、コワイですからね。ただ、もっとアクセルとブレーキを使ってメリハリのある運転をしたほうがよいってコトのようです。

 

そんなこんなで、HMS初級コースが終了しました。いやまぁ、暑かったしよく走りました。前回の初級とは比べものにならないぐらいに、よく走ったと思います。今回は人数が少なかったのと、インストラクターの違いによるものなんでしょうか。広いコースでオフセットスラロームをいっぱいやるとバイクの傾きも結構練習できるので、楽しかったと思います。

しかし疲れました。休憩は多めに取ってくれましたが、もう、水分を飲みまくり。いったい何本のペットボトルを飲んだことか。1000円は使い切りました。また、手のひらがかなり削れたようで、ひりひりします。もう少しで手の皮がすりむけそうな感じでした。

 

今回、水分補給対策として、腰にペットボトルホルダーを付けて持ち歩いてみましたが、これは失敗でした。お茶を持ってましたが、暑さでお湯に変わってました。水分は補給できますが、お湯なのでのどの渇きは癒えません。むしろ1Lボトルを2~3本買っておいて、トレーラーハウスの中に置いておいた方がよかったかも。冷蔵庫もありますしね。

また、ウェストポーチにスマートフォンやデジカメを入れてたのですが、かなり熱を持っており、ちょっとやばかったかもしれないです。真夏のHMSは危険。そんな思いがあった一日でした。

« HMSに参加する6回目:初級コース | トップページ | チェンジペダルカバー »

HMS」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

みるからに暑そうですね~。
私、暑くなってくると、
バイクのせいかもしれないんですが、エンストするようになります(^-^;
絶対疲労がでますよね~。
お疲れ様でした♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/52208368

この記事へのトラックバック一覧です: HMSに参加する7回目:初級コース:

« HMSに参加する6回目:初級コース | トップページ | チェンジペダルカバー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!