« HMSに参加する5回目:バランスファースト | トップページ | パイロンスラローム »

2011年6月28日 (火)

プロテクター

バイクに乗る以上は、プロテクターは必須ということは、免許を取るまで知らなかった。というか言われてみれば、当たり前だが、そこに神経が回らなかったというのが本音だろう。

高校生のときに原チャリに乗ってるときにはヘルメットはしているけど、プロテクターなんて発想はなかったな。上半身はTシャツか、来てもジャンバーか、うすでのジャケット、下はGパン。夏場はサンダルで運転していた。グローブなんてものは無いので、よくて軍手ぐらいだね。今にして思えば、死んでもおかしくないかっこうだったわけだ。

教習所では、教習中のプロテクターが必須ということで、胸+脊椎、ヒジ、ヒザのプロテクターを着けていた。最初はうっとおしいものであったが、やはり身を守るものということで認識が変わっていた。免許を取って自分のバイクを購入するにあたっても、プロテクターを購入して使っていたが、だんだん面倒になったっけかな。

ただ、HMSに行くと参加者の装備が中々すごいのに気づかされる。胸+脊椎のプロテクターは当たり前。上半身全体のプロテクターを装備している人も数多い。女性だって自前プロテクター装備だ。自前プロテクター比率は、クラスがあがるにしたがって、増加する。初級はレンタルが多いが、中級では大半が自前の全身プロテクターを装備している。

そんな姿を見ると、

 「いいプロテクターがほしいな」

と思うようになる。まぁ、たんなる物欲かもしれないけど、自分の身を守るためには悪くない選択だろう。バイクショップでプロテクターコーナーをうろうろして、試着できるものは試着したりして、感触を確認したりしていた。

プロテクターの選択というのは、少々難しい。着易さ、重さ・軽さ、動きやすさ、保護能力などいろいろある。部品点数が多い場合は、装着は面倒だが保護性は高い。サイズがあるものは自分にあったサイズがどれなのか?なんてことも確認したりしていた。

先日の転倒事件もあるし、自分の場合は胸+脊椎+肩が最低で、後は腰(足サイド)があるといいな、と思っている。ヒジとヒザは当面借りてもいいかな。ジャケットを着ると暑いのでプロテクターだけを切れるタイプがいいだろうね、と思ったり。

« HMSに参加する5回目:バランスファースト | トップページ | パイロンスラローム »

バイク用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/52069431

この記事へのトラックバック一覧です: プロテクター:

« HMSに参加する5回目:バランスファースト | トップページ | パイロンスラローム »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめ!