« 捕まったらしい | トップページ | HMSに参加する4回目:中級受講、そして落馬! »

2011年6月18日 (土)

400cc

400ccというバイクは、実に絶妙な排気量と言える。日本の免許制度では普通2輪(過去の中型)の限界排気量であるため、メーカーはこの範囲でバイクを作ってきた。必要にして十分、魅力的なバイクをつくりょうに日々精進してきたわけだ。

その結果、400ccというバイクは一見見劣りする排気量ではあるけれど、乗ってみれば案外行けるバイクになったんじゃないだろうか。

初めて、自分が乗るべき400ccバイクを見たのは、教習所だった。普通2輪教習の1回目、教官から説明を受けて自分が乗るべきバイクを目の前にしたときの感想は、

 「なんてデカイバイクなんだ」

と思った。今にしてみれば信じられないが、当時はすごく大きく思えたわけだ。「こんなのに乗るのか?」「のれるのか ?」と恐れおののいたものだった。その後、乗ってみればそんなに苦ではなく、乗りやすいと思えるようにもなった。

そして、自分は400ccバイクを買って自分の愛車とした。最初はそれだけで楽しく、また、400ccのパワーに酔いしれたものだった。しか~し、自分がバイクに慣れれば慣れるほど、400ccという排気量への限界も感じるようになった。いや、十分なんだけど、その先がないという事実に気がついたわけだ。レンタルでリッターバイクを借りたり、HMSでは750ccを借りて乗ったりしていると、そのサイズが当たり前に思えてくるから不思議だ。

その後、自分の400ccバイクを乗ると、なんか小さく感じる。前は大きく感じた400ccバイクがなんだか小さく思えるのだから、人間というのは不思議だな。FZ-1をレンタルしたときには、そのわき上がるパワーに驚愕した。低速からの加速、高速道で追い越しのための加速は、400ccでも十分だと思っていたが、リッターバイクの力は、はるか上を行っていたわけだ。

大型二輪の免許が教習所で取れるようになって、大型免許保有者が飛躍的に増え、また、バイクも大型バイク保有者が増えたと聞いている。そりゃそうか、どうせなら大型だもんね。バイクの免許を取る前に、職場の人が行ってたセリフでは、

 「大きいバイクが欲しくなるんだよ」

というのが印象的だったな。このときに自分は、バイクを買うなら250ccでいいいんじゃないかと思っていたくらいだから。

CB400は実にイイバイクだろう。バランスがいい。パワーは十分だし収納などの小技は使いやすく、なんと言っても運転がしやすく疲れにくい。しかし、400ccというパワーの限界はぬぐえない。その代わり燃費は20km/Lといいけどね。

自分としてはCB400はバイクの入門として買ったつもりだ。そろそろ卒業を考える時だろうか。なんちゃって。

« 捕まったらしい | トップページ | HMSに参加する4回目:中級受講、そして落馬! »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/51979256

この記事へのトラックバック一覧です: 400cc:

« 捕まったらしい | トップページ | HMSに参加する4回目:中級受講、そして落馬! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!