« HMSに参加してきた | トップページ | MEDIAS SPモードメールの一部改善 »

2011年5月24日 (火)

ハンドルをおさえていた

先日のHMSで学んだ・・・というか気づいた事がある。それはコーナリング時にバイクのハンドルをおさえていたという事だ。

バイクは曲がる時にハンドルを傾けるものだが、詳細にみれば、片方の腕でハンドルを押し、片方の腕でハンドルを引く。一本のハンドルだから当たり前だ。

例えば、右に曲がるなら右腕を引き、左手を前にだす。どちらかと言えば引く方に力をいれていると思っていた。いや、正確には意識せず、引いていると思っていた。

だが、実際は右に曲がるなら右に引いた後すぐにおさえていたのだ。そう、ハンドルはもっと切れ込むように力がかかっているのだが、それ以上切り込まないように必至におさえていた。それが気がついたは、パイロンスラロームのとき。パイロンでいろんなコーナーが設置されており中には鋭角のコーナーもあるわけだから、長い時間曲がってるわけだが、その際に必至にハンドルが切れ込まないようにおさえていたのだ。

これ、インストラクターに言われて、はっとした。「ハンドルをおさえすぎですよ」という事だ。バイクは多少傾ければ自然にハンドルが切れ込む特性がある。それを必至におさえていたわけだ。

「もっと力を抜いて自然に曲がったほうよい」がインストラクターの指導。

ふ~ん、なるほどねぇ、目から鱗の一瞬だったかな。

HMSは同じ練習を何回も連続して行わせてくれる。最初は無我夢中だが、だんだんいろんな動作の細かいところに気がつくようになる。やはり、何事も反復練習は重要だろう。反復することで余裕が生まれ、さらに色々気づいてくるし、さらに良くすることができるわけだから。

教習所って時間が足りないよね。一回の講習が50分で色々詰め込むし、混んでるときは順番待ちで練習回数が稼げない。一回の講習を1.5時間ぐらいでやればいいのにね。

『お気に入り!』

« HMSに参加してきた | トップページ | MEDIAS SPモードメールの一部改善 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

前に白バイのデモ走行DVDを見たとき、
ハンドルを持つ手が軽くもっているように見えて、
「へ~!」って思ったことを思い出しました。
ハンドルきって、曲がるもんじゃないんですね。

自然に曲がる感覚というのは理解できるのですが、そのままだとちょっとコワイですね。だから無意識のうちにおさえてしまうようです。傾けた分だけ自然に曲がるというのを、自分のモノにできるのは、まだ時間がかかりそうですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/51761234

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルをおさえていた:

« HMSに参加してきた | トップページ | MEDIAS SPモードメールの一部改善 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!