« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の19件の記事

2011年3月22日 (火)

バス

私が毎朝、通勤で使っていたバスの混雑がすごくなった。理由は、震災による燃料確保の問題から大幅な本数の削減を行ったからだ。それにしてもすごい混雑になった。

Sdsc07851

私が使ってるバスは、住宅街を抜けてJRの駅に向かうバスだ。バス会社としては、いくつかの系統があるが、その中でも本数はもっとも多く、朝の通勤時間帯の本数は、3~4分に一本来る。平常時の、このバスの始点は住宅街で、最初はまばらな乗客だが、大通りを境に大勢の客が乗り込み、道中半ばでほぼ満員になる。ところが、バス会社は震災による燃料確保が困難とのことから、5割~8割運行にしたとバス停に張り紙がされた。

仮に、通常時は3分に1本とすれば、1時間に20本あると考えられる。これを半減したとすれば、1時間に10本であり、6分に1本の割合になる。これだけだと、「ふ~ん」ぐらいなんだけど、これでもすでに破綻する。

なぜなら、3分に1本でも道中半ばで満員になるわけだから、6分に1本では道中半ばを待たずして、満員になるので、それ以降の客は乗れないか、必死に乗り込んで何とか入れる程度になる。当然だが降りるのにも時間がかかるし、乗るのにも時間がかかるので、バスは余計に遅れることになる。

で、実際のバスの本数は7割減ぐらいになっていたようで、さらに悪化したようだ。停留所には長蛇の列がならび、バスが来てもすでに満員で、2~3人乗れるかどうか。その先の停留所はもっと悲惨な状態で、バスは止まらずに通過することになる。

燃料の節約には異論はないが、それにしてもこんな状態になると、さすがに、「やりすぎ?」って気もしてくる。なまじ、5割~8割の運行といわず、「1割の運行です」といってくれれば、あきらめも尽くし、他の手段を探すだろうと思ったり。

その燃料(ガソリン)だが、今日のニュースでは石油元売業者が大幅に出荷量を増やし、今週末には安定供給に戻るだろうとのことだ。電気は相変わらずだが、ガソリンの供給が安定してくれれば、交通手段も安定するかな。

2011年3月21日 (月)

バイクを点検にあずけ・・・そして歩いてかえる

2日前に点検の予約をホンダドリームでしていた。今日の夕方にバイクを預けにいく予定だったが、今日の天気はあいにくの雨。朝から結構な量の雨が降っている。ところが夕方になると小雨となり、5時頃には霧状の雨が少し残る程度となった。なので、ココはひとつ点検に出しておこう。

ホンダドリームには、バイクで15分ぐらいだ。距離にして約5kmぐらいだ。ホンダドリームに着くと、さすがに雨天とあってバイク屋さんは閑散としている。節電なのか薄暗いし、客足もイマイチのようだ。

予約済みなので、バイクをさくっと預け、「あとをよろしく」として、帰途についた。ガソリン事情が改善するまで代車は貸してくれないそうだ。

「さ~ってとどうやって帰るか?」と思って近くの駅を探すか、この際、タクシーで帰るか?とも思ったが、ココはひとつ、「歩く」ことにしよう。この三連休、ろくに動いてないし、いい機会だ。

歩いてみると、意外な発見がたくさんあることに驚く。

 ・え?こんなところに、バイク屋さんあったの?

なんて感じだ。ハーレー専門店、中古バイク屋さんなど、いろいろあったな。幹線道路沿いなので、車ディーラやバイク屋が多いのもわかるが、BMW、アウディ、プジョー、シトロエン、ヤナセなど外車ディーラが多いのが特徴的。でもディーラも節電のために照明を切ってるようで、営業していないように見えた。実際には中にお客もいたし、フロント近辺は電気がついて人がいたので、営業しているのだろう。

今日はカメラを持ってなかったので、写真を取れなかったが、バイクを取りにいくときにはカメラを持って撮影しみてようかな。

そういえば、通りのガソリンスタンドは、長蛇の列が改善されて2~3台待ちになってる。休日の夕方なので落ち着いたのかな。明日からまた長蛇の列になるのかな?

2011年3月20日 (日)

ホンダドリームで点検を予約する

昨日に書いたけど、ホンダドリームでバイクの点検を予約した。

Sdsc05178

早いもので、我がCB400SBも購入してからちょうど半年となる。走行距離は7000kmを超えており、我ながらよく乗ったもんだと思う。バイクの購入を決めたときは、年間5000kmも乗ればいいかと思ったのだが、そんなもんではなかったな。乗り出すと楽しくて、あっちゃこっちゃといろいろ行ってしまった。

走行距離が増えると、はやり点検が重要になる。バイクは車以上に点検に気を配りたいと思っている。故障=転倒等の事故に直結する可能性もあると考えてのことだ。エンジンやブレーキ、あるいは車体などのフレーム、タイヤなど重要部分がたくさんあるしね。

ただ、今回は半年点検だし、価格も低めで工場があいてれば、すぐに終わるのか?と思ったのだが、バイクの点検というのは、そう簡単に終わらないそうだ。

まず、点検の説明を受ける前にブレーキパッドを簡単にチェックしてくれた。私のバイクはブレーキパッドは十分な余裕があるので交換等は必要は無さそう。なので、基本点検だけでいいそうだ。エンジンオイルは希望があれば交換するということだが、私のバイクはつい最近、5000km越えたあたりで交換しているので不要だろう。

ということで、料金は基本料金(8400円)で言いそうです。しかし、点検期間は2~3日の預かりになるそうだ。え?そんなにかかるの?っていう印象だったのは、車の場合の半年点検なんて、1時間~2時間ぐらいだからだ。

まぁ、平日は乗らないし、今の情勢では遠出することも無いと思うので、休日の夜に預けて翌週にとりに行けばいいかということで予約しました。

ちなみに私の行ってるホンダドリーム世田谷だけど、今回の震災の被害は特になったそうです。あれだけの地震だから展示しているバイクが倒れたりしなかったのかと思ったのだが、1台も倒れなかったようです。壁にヒビも入らなかったようなので、まずはよかったのではないだろうか。

ただ、ガソリンが無いのは深刻で、試乗禁止、代車禁止となってしまったのは、商売にも影響するだろう。私も点検で預ける間の代車を借りれるかな?って思ったが、それも駄目なような。ヘルメットは預かってくれるので、電車で帰ることが出来そうなので、よかったが。代車はどうでもいいが、市場車が無いのは、ちょっと痛いだろうね。ま、こんな状況ではバイクを購入する人も減るだろうけど。

話題がガソリンに行ってしまうが、

 1)ガソリン不足は、この業界にかなり深刻
 2)早く戻ってほしい
 3)タンクローリーのあとをつける人が出てるとか
  (GSに寄ると同時に給油に並ぶつもりとか)

なんて話題があったな。なんかマッドマックスの世界の一歩手前ってところかか。

せっかく、CBR250Rがデビューしたばかりで、展示されていたけど、世の中は、それどころじゃないらしい、というのは、残念だったな。

2011年3月19日 (土)

東京を走る

震災の後ではあるが、ちょっと都内を走ってみることにした。ガソリンスタンドは超混みであり、給油もままならないので、少しだけ。

まずは、ホンダドリームへ向かう。早いものでバイクを購入して半年たってしまった。バイクは故障=事故に直結しちゃうので、マメに点検を受けるようにしたい。

ホンダドリームへ向かう最中にいくつかの車の行列を見た。これ全部ガソリンスタンドの給油待ちの行列だ。都内では雰囲気だけだが、6割ぐらいのガソリンスタンドは休業しているんじゃないかな。私がよく行ってるところも休業だったし。そんな中でところどころでやってるガソリンスタンドに行列ができるわけだ。並んでる車は多種多様。乗用車、トラック、郵便配達オジサンのバイク、などなど。大きさに関係なく並んでるもんなんだなと感心。

ガソリンって備蓄ができないそうで、業務用でもガソリンスタンドに給油にいくそうな。あれだけ並んでいると、給油できるまで30~60分はかかるだろうに、郵便配達のオジサンはどうするのだろう?って思ったりした。

ホンダドリームでは点検の予約をしのただが、そのときに、いろいろ聞いた。ホンダドリームでは今、試乗車、代車の利用は禁止なんだそうだ。ガソリンがなくて維持できないらしい。代車はともかく、試乗ができないんじゃ、商売上問題があるだろう、って思うのだが、無いものはないので、仕方ないところなんだろうか。

ホンダドリームを後にし、そのまま秋葉原に向かう。目指すはヨドバシ秋葉店だ。確かバイク用の駐車場もあったはずだし。

Sdsc07865

桜田門だ。天気がいいのでけっこう栄えるが、パイロンが邪魔だなぁ。

Sdsc07871

皇居内交差点。正面に見えるビルは建設中か。この通り、車は少なめだ。

Sdsc07874

御茶ノ水の少し手前。ビル街の中。

Sdsc07877

ヨドバシに着いた。車は少なめな気がする。駐車場の入場待ちもいないし。

Sdsc07878

これはヨドバシのバイク用駐車場。なんと料金は車と同じ! まぁ、いいんだけど、ちょっと高いね。もちろん、買えば無料になるサービスもあるけどさ。バイクなんて、無料でいいんじゃないか?って思うけど。

ヨドバシに行ったのは、スマートフォンを見てみたいと思ったから。お目当ては見ることができたが、特に買うことはしなかった。高いしねぇ。

後はデジタルカメラ。SONYの新製品が出ていたので、それも見てきた。WX10というのが、狙い目なんだが、今使ってるWX1に比べて一回り大きいのが、ちょっと気になったかな。これも購入は見送り。

ま、そのぐらいにして、帰ることにした。走行距離にして30kmぐらいか。まぁ、このぐらいにしておこう。

2011年3月16日 (水)

ガソリンの行方:それほど心配ないのでは?

地震騒ぎで、「ガソリンが無くなるかも」という危機感がめばえ、我先にとガソリンスタンドに客が殺到。その結果、都内からガソリンが消えつつある。24時間営業のガソリンスタンドが品切れから臨時休業になり、営業しているガソリンスタンドに長蛇の列、そして20Lの給油制限つきだ。もはや、満タンで購入することなどできなくなってしまった。

まぁ、なんというか操りやすい国民性って感じがするけど。ちょっと「足りないかも」と言われると、なんとなく危機感がでちゃって買占めに走ってしまうんだろうなぁ。

いろんなうわさが乱れ飛んでいるが、ガソリンが急激になくなるという事はないんじゃないだろうか。備蓄はけっこうあるらしい。ガソリンの精製工場では点検のために一時的に操業を停止しているが、操業を開始すれば供給はされるだろうし。

今は地震の直後で被災地に品不足の話があるので、それが飛びして関東・都内でも、「ガソリンがなくなるかも」ということで殺到しているんじゃないかと思ったり。

ちょっと待ってれば、まぁ、問題ないのではないか? こういう場合は車に乗るのはやめておこう。今週末はせっかくの3連休だが、この調子じゃ行楽地は軒並み休業かもしれないしね。

2011年3月15日 (火)

驚愕:JR駅前でびっくりした!

地震の影響で東京電力による計画停電がアナウンスされ、3/14を皮切りにグループ毎の停電が実行された。3/14は最後のグループだけが部分的に実施された。鉄道各社は危機感を抱いたのか、軒並み運休が予定され、交通は大混乱した。

そして3/15。3/14に比べて運転する電車は多いと聞いたが果たしてどうなるのか?自分は、バスでJR駅まで向かい、その後、山の手線で移動する。かなり混雑しているのか?と思い、少しだけ時間を遅らせて出発した。

バスはけっこうすいていた。また、道路も混雑は少なめで、順調にJR駅前に到着することが出来たが・・・・・・・

Sdsc07816

駅について、驚愕。というか、最初はどういう状況なのか、わからなかった。人がたくさん、ごった返していて、もう何がなんだかわからないが、とにかく混雑しているようだ。

Sdsc07821

そうこうしている間にもどんどん人はやってくる。バスや私鉄から人がJRに流れてくる。人だかりは膨れる一方だ。いったいどうなってるんだ!?

Sdsc07824

実はこうなっていたのだ。JRは電車の本数が少ないことからホームに危険があると判断し、ホームへの入場規制をしたようだ。結果、ホームへ入れない人がこのようにあふれてしまったようだ。もう、なんだかわからない。これじゃ、降りる人も降りれないんじゃないか?

この風景をみた瞬間に、

 「無理だな。もう帰ろうか」

って思ったぐらい。半分はあきらめていたが、けっこう流れる。案外すんなりとホームに入れた。

Sdsc07828

でも、混んでることは変わりない。電車は来るが果たして乗れるのだろうか?

Sdsc07832

さぁ、電車が来た。乗るぞ~~~~。

Sdsc07835

いやぁ~~、乗れませんでした。もう気合で乗ってくって感じか。これはもう、「戦い!」だろう。電車は正に戦場と化していた。

全部で2本見送り、やっと載ることが出来た。電車の中も戦場。女性の悲鳴も聞こえた。こんなのが毎日続くのか?と思うと、げんなりだ。そのうち、ケガ人でも出そうな感じだな。

Sdsc07838

東京駅は案外さっぱりしている。混雑がひどいのは、品川近辺だろうね。あれはヒドイ。

ま、そんなわけで、大混雑のJR駅前レポートでした。

あんまりに面白いので、動画も撮影しました。

 

2011年3月14日 (月)

停電予定の影響

今日は、東電による、「計画停電予定」の初日だった。そう、予定だったのだ。でも、自体は最悪の方向に向かった。鉄道各社は軒並み運休予定を打ち出してしまった。都心の電車はともかく、千葉や神奈川県から都心に向かう電車がなくなってしまったのだ。

こいつは、驚愕だろう。幸いに私は出勤のための交通経路は稼動していたのだが、朝起きて、出勤する気がうせた人もたくさんいたことだろう。

いつもより早く出勤したが、誰しも考えることは同じだし、ただでさえ電車の種類が少なく、また本数も少ないので、駅は激混み!こんなに混雑した駅は初めてみたかもしれない。私は何とか乗れたが、次の駅ではさらに乗り込んでくる。・・・・もう、通勤ってレベルじゃなー!って叫びたくなるぐらいにヒドイ状態だった。それでも何とか職場にたどり着けただけでもいいほうだったかもしれない。

しかし、こんなことは長くは続けられない。政府の発表では4月末まで続けるなんていってるが、そんなに続けたら日本は崩壊しちゃうぞ。

すでにお店からあらゆる商品が消えてるそうだ。パンや野菜などの食材が消えてる。カップラーメンも消えた。お菓子やジュースは残ってるけど。ティッシュやトイレットペーパーも消えてるらしい。オイルショック時代じゃあるまいに。

あぁ、自転車も消えてるらしい。通勤、通学に使うんだろうか。

明日も計画停電をする可能性があるとか。明日も、この調子か? やれやれだぜ。

2011年3月13日 (日)

地震の影響:ガソリンが?

あんまり想像したくないが、ガソリンがヤバイかもしれない。ちょっと考えすぎかもしれないが、例の中東情勢の悪化でジリジリとガソリン価格が上昇している中で、今回の地震だ。ガソリンタンクの火災もあったが、沿岸部の混乱が出ている。また、海上輸送が落ち着いていない可能性もある。

家の近所のGSでいつも使うGSは、「臨時休業」となっていた。24時間営業なのに、これじゃね。少し離れたところも同じく臨時休業。コイツは参った。少し別の場所のGSは営業しているが、お一人様20Lまでの供給制限あり。う~ん、そう来たか。さらに営業しているGSでは長蛇の列。都心部はさほどでも無いが、千葉県や神奈川県ではかなり混雑しているように見える。あまり詳しくは見なかったが、営業していないGSが多くなってるのと、危機感が募ってるのかもしれない。

まるで、オイルショック状態だな。

値段もけっこう上がった。レギュラーがリッター149円、ハイオクが159円だ。こんな値段は久しぶりだな。バイクはマックスでも18Lなので満タンに出来た。その後、レガシィもガソリンを入れておいたが、満タンには出来なかった。

こうなると、まずいのが輸送業界かも。今や日本の輸送はトラックに依存している。ガソリンの供給がおぼつかないと、これらの輸送に影響が出てしまう。物資も運べないし、いろいろなビジネス、生活にも大きな影響が出てしまう。

また、東京電力が予定停電を行うことを示唆しだしている。こんなのありか?

さらに、スキーなどの行楽地が営業できない可能性があるな。ただでさえ電力制限と言われちゃうと、施設を稼動できない。スキー場ならリフトが稼動できないわけだ。さらに、お客さんが来ない。スキー場は車で行く人が多いわけだが、ガソリン不足になればこれらも自粛されてしまうだろう。

買い物に行ってきた家族の話を聞くと、ダイエーからすべての食材が消えているそうだ。危機感を持った客が殺到、野菜から牛乳から何から買い占められてしまったようだ。

これを浅ましい?と考えるが、どうなのか。

今回の地震は、関東都心部においては地震事態はしのぐことが出来た。建物の倒壊もほとんどなかったし。でも、その後、ジワジワと影響が出て生きてる。さて、どう切り抜けるのか?

歩いて帰る

まさか職場から家まで歩いて帰ることになるとは。こんなことは予想すらしなかったな。通勤時には、約50分かかる道のりなんだけど、それを歩いて帰るとどんな風になるのか?なんてことを考えながら、歩き出した。

Photo_2

ざっくり10kmぐらいだろうと、特に距離を確認したわけでもないが、まぁ、そんなもんかと思って歩き出したわけだ。例の地震で交通網が全く遮断され、バス・タクシーは長蛇の列であきらめた結果、「徒歩」しかなかったわけだ。

ま、会社に泊まるという選択肢もあったわけだが、いつ交通が復帰するのかわからないし、できれば自宅で休息したいのと、自宅のいろんなものが心配ということもあったな。

歩き出しは普通で。会社の同僚も一緒だったし、コイツとは登山で一緒なので、

 「登山気分」

というのもあっただろう。登山は登りを10km前後歩くこともあるので、そう考えれば、平坦な道を歩くだけだから、不可能ではないし、むしろ全然楽なはずだ。

カメラを持ってれば、よかったなぁ、とつくづく後悔。いろんな写真が撮れただろうね。

歩いてて見られた光景はいろいろあるが、一番の印象は、

 「歩いている人が多い」

だろうか。みんな歩いて帰る決意をして、歩いているわけだが、その光景は通勤ラッシュとは異質。歩く方向がみんな同じなのだ。これが被災後の避難の光景?っとも思える感じだったな。

所々の飲食店は満席、あるいはクローズ。コンビにからはあらゆる食べ物が消えてる。略奪後の風景のようだった。

ところで、帰宅後にGoogle Mapで距離を測ってみた。約11kmぐらいか。目分量だが、だいたい合ってたな。時間にして3時間弱。よく歩いたな。

地震の爪あと:アクセス数

このブログのアクセス解析を見てて、地震の爪あとを見つけた。

Photo

ま、どーでもいいことなんだが、このブログへのアクセスは上のグラフのように、ほぼ横這いで推移しているのが通常なんだけど、地震のあった日は極端に落ち込んでいる。いろんな人が、「それどころではない」と思ったからだろう。あるいはPCなどが使えなかったこともあるかもしれない。

だから何?ってわけじゃないけど、ま、そういうもんということで。

地震の影響:ITは強いのか?

今回の地震で学ぶべきポイントはたくさんあった、あるいはこれからも出てくることだろう。私はIT関係の仕事をしているので、今回のような大きな地震があれば、自分の担当範囲の無事の確認や問題があれば対処を検討することになる。

だが、今回の震災には意外にもIT関係はどこも無事だった。災害に対しても多少の考慮はあり、重要なものは専門のデータセンターに預け、震災対策もきっちりやってることになっていたからだ。サーバやネットワークはどこも無事であり、稼動を続けていた。末端の事務所のネットワークやPCなんかもどこも無事だった。

問題だったのは、「電気」「水道」「交通」「電話」などのライフラインだろう。これらは実に弱かったような気がする。ITシステムは稼動しているが、電気が危ういということは、根底から崩れることに他ならない。また、これらを確認するための電話が繋がらないので、なんともイライラする自体となったわけだ。東京方面の電気は震災直後は無事だったが、東北方面は、のきなみ停電、あるいは停電予定となってしまった。場所によっては避難命令が出たりしてしまったし。

電話は内線網は結構強かったな。私の会社は2系統の内線網をもっているが、両方とも無事だった。駄目なのは外線や携帯電話だったな。

一般のインターネットも強かったな。プロバイダ等も無事だし、インターネット上のサーバ類も継続稼動していた。職場で参照していた交通情報、災害情報は全部閲覧可能だったし、自宅に戻ってから、いろいろな趣味のサイトを閲覧したが、どこも参照可能だった。個人向けWEBサイトでもデータセンターに収容されており無事だったということだろうか。

ITシステムは地震に対する対策を行ってきたが、ライフラインがそれについてこれない。これらの対策は非常に難しいことだが、その対策を引くことが大きな課題だろう。原発の問題もそのひとつかもしれない。先進国の災害事例は学ぶべきことが多いと見えて、多くの国々が支援を表明しているが、これは、

 「またとないサンプルに他ならない」

からだろう。

2011年3月12日 (土)

バイクで運んでもらいたいものがある

地震発生で、徒歩で帰宅中の出来事。職場に残り組からメールで絶えず連絡がくるのだが、その中で、こんなのがあった。

 ・○○さんは、酒を飲んじゃったかな?
  実は、運んでもらいたいものがある、By上司

あ?何を運べと? それに渋滞しているのでたどり着けるかどうかわかりませんよ。飲んではいませんが。

一応、返信をしておきましたが、それでもどうしても必要なら、我がレガシィで運ぶのはヤブサカではないと思っていました。自宅に到着後に車をだして、最寄の会社拠点に行ったのは、

  「その運んでもらいたいもの」

というのが気になったことにもある。その後、職場についてから、内線電話で上司と連絡をとったときに言われたのは・・・

 「運んでもらいたい人がいる。バイクで」

はぁ? 人かよ。しかもバイク! 思わず爆笑してしまいました。 残念ながら私は二輪免許取得後、1年未満なのでタンデムができませんがね。

結局、運ぶ人がすでにいなかったので、中止になりましたが。これって、ギャグなのか?マジなのか? やっぱギャグだよねぇ。 バイクじゃ普通の人じゃ寒くて耐えられないと思うし。

そ、れ、に、しても。こういう発想を上司にスリこんだのは、ヤツしかいないな。私は上司の人にバイクに乗ってることは話してない。まぁ、半分以上ギャグだとおもうけど、ヤツしかいない。

こら!

無事です!

3/11に発生した東北地方太平洋沖地震ですが、私は無事です。まずは、ご連絡。

この日は週末でけっこう忙しく会議だなんだをこなしており、ちょうど15:00くらいに外出する予定で支度していました。まさに出発しようとするタイミングで地震が発生したわけです。はじめはのんきに窓の外を見ながら、「ゆれてるなぁ」と思っていたら、どんどん地震が強くなってきて、「あぶないから窓から離れて」と言われ、あわてて机の下にもぐりこみました。今までいろんな訓練はしたけど、ガチで机の下にもぐりこんだのは初めてでした。

職場では特に被害はなかったですが、エレベータが停止ぐらい。ただ、その後は自体の把握と状況整理、被害の確認、被害があれば復旧処置の相談など、いろいろ追われましたね。

関係者の無事の確認、家族への連絡。とりあえず、家族と車とバイクの安否も確認して一安心というところだったでしょうか。

19:00くらいに職場はいったん解散となり、私は同僚と帰途につきました。電車が駄目なことはわかっていたので、ダメもとでバス停に向かいましたが、この世のものとは思えない行列だったので、あきらめて自宅方面へ歩くことにしました。道はわかりますが、風が強く寒かったです。

おなかもすいたのですが、途中にあるコンビにはもう略奪されたような感じで、食べ物がまったくありません。ま、こんなもんなんですかね。

東京駅から国道1号を歩き、目黒方面へ抜けました。目黒駅で小さいビルの飲み屋をのぞいたら、すいてて営業してましたので、そこで遅い晩御飯。暖かいものを食べれて、ほっとひといきでした。後で車を運転するので、お酒は無し。そこで、いろいろ情報を確認してると、自分が思った以上に地震の被害が大きいことがわかりました。

私は仕事の復旧のほうへ注力していたので、世間がどうなってるか、ほとんど知らなかったわけですが、東北方面でかなりの被害、死傷者が出ていることを初めて知りました。

その後、歩いて自宅方面へ向かいます。大勢の人が歩いていました。みんな自宅への道を歩いているようです。道路もすごく混んでました。ただ、局所的なのかなんなのかは、よくわかりません。どっちの方面が混んでるのかもイマイチわかりませんでした。道路は都心に向かう道路が混んでるようでもあり、下るほうが混んでるようでもありました。また、環状線(山手通り、環七)は、内回りが混んでるようでした。

やっと自宅にたどり着き、ヒトイキ付いた後に車にのって、同僚を乗せて出発。大通りは混んでるので、裏道を使いましたが、それも多摩川の橋の前で渋滞。うんともすんとも動かないので、第三京浜に向かいました。第三京浜は閉鎖されてなかったので、そのまま多摩川を渡って、川崎で降りて、同僚の家に到着。

同僚は、食器が崩壊するなど悲惨な状態だったようだが、建物は無事だったようです。

後は、職場と連絡をとり、さらにいろんな問題が発生していることがあり、一旦、近場の会社拠点に行って様子を確認したりしてましたが、今は特にできることがないので、いったん帰宅。とりあえず、ビールを飲んで落ち着きました。

今回の地震で、いろいろなことがわかったんじゃないでしょうか。まずは、通信網。これだけ携帯電話が普及しているにもかかわらず、DOCOMOは早々に通信規制をかけてしまったので、まったく連絡ができなくなりました。携帯電話が役に立たなかったわけです。ま、これには、賛否両論いろいろありそうだけど、何とかしろ!といいたいですね。職場で使ってた、WillcomのPHSは逆に通話が可能で、これで自宅の固定電話に電話することで連絡がつけられました。シェアが低いサービスのほうが災害に強いということでしょうか。

インターネットは無事で、けっこう使えてました。ツイッターでいろいろと交信することで安否確認や仕事の連絡をする人も出てきましたね。

企業が良く使うデータセンターでは、電力供給がストップしてしまい、自家発電に切り替わりましたが、これだけの長期化する停電はイマイチ想定不測だったようで、いろいろな情報が錯綜することになりました。

 ・あと1時間しか持たない。サーバをとめろ!
 ・いや、24時間は持ちそうだ。
 ・いやいや、3日は持ちそうだ

どれが本当やねん?って感じで、振り回されましたね。さらに携帯が繋がらないので、確認のしようもないことがありました。

次が交通網。ココまで鉄道が弱いとは思わなかったですね。地震があったのは15:00くらいでしたが、遅くても19:00くらいには復旧すると思ってましたが、まさか、

 「今日は復旧しない」

と言ってしまうとは。おかげで、バスやタクシーに人が殺到し逆に混乱したかもしれません。う~ん、こいつは痛かったですね。

後は、うちの会社も似ようなもんかも。コスト削減が行き過ぎて、この手の突発てきなことに対処が出来なくなりつつありそうです。めったに無いことにはコストはかけられない、リスクを受け入れると普段は言っておきながら、いざリスクが発生したら、はたしてどんなことになるのか。週末中は動きがないが、週明けが怖いですね。

とりあえず、家族や友人の安否を確認しつつ、あまり大きな動きはしないつもりで週末を過ごしたいと思います。

2011年3月 9日 (水)

川崎駅周辺を散策

時間があんまり無かったので、てっとり早く近所をツーリングすることにした。と言っても、川崎近辺なんだけど。

Sdsc07728

わかる人にはわかる場所だろうか。

Sdsc07731

ま、駅前東口から少し離れたところかな。

Sdsc07738

こりゃどこかな。裏路地から出てきたところだろうか。

Sdsc07743

こりゃ、西側かな。

Sdsc07747

西側のでっかいビルの前。川崎も変わったモンだ。すっかり都会的になった。

Sdsc07749

これは西口ラゾーナの前。車も多く、混雑している。

Sdsc07754

ラゾーナ前のビッグカメラのところかな。ココを縄張りにしている連中もたくさんいる。その後、川崎を後にして、多摩川沿いを走って帰ってきた。

バイクって、ちょっと散策するのも手軽でおもしろい。車だとどうしても入れる場所が限られるので、散策には向いてないが、バイクならどこへでも入っていけるしね。

さて、次はどこに行こうか。

2011年3月 8日 (火)

土曜の夜は三芳で決まり?

スキーの帰り、関越道で帰ってくれば、三芳PAに立ち寄る事はけっこうある。こっから先は首都高または一般道で帰るわけだから、その前にPAでトイレ休憩するのがセオリーになる。

ところが、土曜日の夜の三芳PAは一風変わった世界を見る事ができる。

Sdsc07715

痛車だ。自分としては3~4回目の遭遇となるが、どうやら土曜日の夜というのは、痛車フリークの定例オフ会になっているようで、遭遇率は高い。もう、一面、痛車だらけだ。普通に車もいるにはいるが、どっちかっていうと、すみによってるような気もするね。

Sdsc07716

こうしてみると、車種は実にバラエティーに富んでると思う。痛車というのは車好きの一つの表現方法だと思う。たぶん、オーナーは基本的に車が好きなんじゃないだろうか。だから、車も、いい車が多い。ファミリカーもあるが、通好みの車種もある。

セリカ、プレリュード、インテグラ、MR2など、かつてのスポーティカーが多いのも車好きの証拠なんじゃないかな。中には、GT-Rなんかの値段の高い車もけっこうあるし。

Sdsc07718

しかしまぁ、それにしてもうまくデコレーションする。たくさんの痛車があるが、その中でも人だかりがある車は、きっと度肝を抜かれるギミックがあるんじゃないだろうか。ちょろっとのぞいた感じではモニタが結構多くついている。フロントやミラー、リアカーゴなんかにモニタがたくさんあり、そこに萌キャラ動画が絶えず流れているような。

Sdsc07721

似たようなタイプの車が並んでいる。

Sdsc07723

三芳PAには、ちょっとしたトイレ休憩だったのだが、眺めてるだけでもおもしろくて、しばらく見ていた。というか、ボーゼンと見ていたような感じだろうか。

Sdsc07724

自分の近所に痛車はいないけど、もし、このような車が自分の家の近所に止まってたら?なんて気もするなぁ。車がかなり目立つので、オーナーは駐車場所もけっこう気にするかも。 いたずらとかされそうな気もするしね。

え? 私はやりませんよ。この手のキャラに興味もないしね。あ~、そういえば、職場に一人いたな。この手の萌キャラに命をささげてるようなヤツが。今度は、あいつをココに連れてこよう。そうすれば、勝手に火が付いてくれるかもしれない。

ヤツの車はちょっと古いが、このさいだから痛車にしてバージョンアップしてしまえば、いいのでは?と思ったり。

2011年3月 7日 (月)

犬吠埼ツーリング

冬場の寒い中の週末でたまたま天気がよく、また暖かい日もある。そんな日があったので、今回は千葉県は犬吠埼へツーリングへ行ってみた。犬吠埼は千葉県の東端のほうの岬で、けっこう観光スポットになっているようだ。

地図で言うと、このあたりだろう。

Jpp

東京都内からなら、首都高を通り、東関東自動車道を走り、富里ICを降りてR409を走ればたどり着ける。

Sdsc07506

R409は混雑は少ないが、一車線なので、まぁそれなりだ。

Sdsc07512

この写真は、犬吠埼の少し手前。刑部岬というところだ。公園スタイルになっており、展望施設やトイレもある。

Sdsc07515

趣味?仕事? どっちかはわからないが、網で漁をしている人がいたので、少しみていた。特に何か捕れてるようには見えなかったけど。

Sdsc07518

家族連れがバーベキューしたり、釣り客など、けっこう人はいたけど、混雑するレベルではなかったかな。気温がどんどんあがってきたのと、風も穏やかでした。

そして、移動する。「地球が丸くみえる展望台」というのが、あったので、そこまで行ってみた。

Sdsc07527

展望台の手前に喫茶があり、そこに展示してあったボート。これは完全に展示物。

Sdsc07530

これが、「地球が丸く見える展望台」の入り口。入場料は300円ぐらいか。賑わうほどじゃないが、人は代わる代わるやってくるので、まぁまぁ、知名度はあるのかな。私は時間がなかったので、ここは眺めるだけでスルーしました。

Sdsc07532

Sdsc07537

地球が丸く見える展望台近辺で、写真を撮りながら、元の道へ戻る。

Sdsc07539

この写真は千葉県の最東端のあたりだろうか。地名で言うと、長崎町というところだが、ながめがいいので、写真を撮ってみた。天気がよければ、どこの写真も映えるというものだ。

Sdsc07547

Sdsc07550

少し移動して、長崎鼻というところの少し手前にバイクをとめて撮影してみた。横には潮干狩りができるのか、親子連れが、何か採ってるようだ。貝でもとれるのだろうか。でも、この季節じゃねぇ。上の写真の中央に白い灯台が見えるが、アレが犬吠埼だ。

Sdsc07556

犬吠埼を少しこえて、その先に公園+駐車場があるので入ってみた。もう少し時間がは焼ければ、すっごくながめのいいところだったかもしれない。この先は砂浜にも歩いて降りれるようになっているので、少し散歩してみた。

Sdsc07560

この通り、景色としては悪くないし、記念撮影のバッグとしても申し分ないかな。キレイな波打ち際の写真が撮れそうだ。

Sdsc07563

砂浜を撮影してみた。歩いて移動した先で撮影したのでバイクは入ってないけど、かなりキレイにとれたんじゃないだろうか。

こうしてみると、千葉県も悪くないねぇ、と思ったりする。いやまぁ、それにしても千葉県はアチコチ走りまわってしまって、ほぼ行くところが無くなってしまった。もう少し我慢すれば、行ける先が増えそうだが。

2011年3月 6日 (日)

かぐらへスキーに行ってきました

久しぶりにスキーネタを。週末に「かぐらみつまた」にスキーに行ってきました。まぁ、突然の思いつきなので、メンツは少数です。前日、宴会だったので少々不安だったのだが、酒を控えめにしたことで、まぁ、出発できました。

行きは関越道までは順調だったのですが、三芳PAから先に大渋滞。なんと東松山まで1時間はかかるという表示があり、ほんとにノロノロ運転に。原因は事故のようだけど、それにしてもこんなにひどい渋滞は久しぶりだ。

仕方ないので、圏央道で降りて関越を迂回。東松山から再度関越道に乗ることで渋滞を回避したが、これで2時間遅れになってしまいました。「かぐらスキー場」につくと、すでに三つ叉駐車場は満車なので、田代に回れといわれる。私は三つ叉側から入るのが好きなんですけど、しょうがない。田代に回る。

田代側はまだ余裕があったので、車を止めて支度を開始。すでに2時間遅れでスタートです。

Sdsc07573

天候は晴れ。所々に雲はあるが、すがすがしい天気です。気温は低めなので雪がグズつくこともない。また、前日にかなりの雪が降ったようでコンディションは正に最高の状態でしたね。

Sdsc07580

積雪はゆうに3m以上はあるんでしょうね。新雪がすごく気持ちよくて、すべりやすい!

Sdsc07587

このとおり、真っ青な空に白い雲。そして煌々たる太陽。こりゃ焼けるな。

Sdsc07598

寒がりなお兄さんは、覆面状態だ。

Sdsc07603

いい天気の中で滑るのは気持ちいいですね。

Sdsc07607

付近の山々はかなりの雪化粧。この時期のかぐらは、とても3月とは思えない気候でした。

Sdsc07633

今回は田代から入ったので、田代で少し肩慣らしをした後、かぐら~みつまたに向かいます。天気がいいからなのか、けっこう人出は多め。田代→かぐらに行くコースで最大のネックがあるんですけど、そこのリフトはこの通りの長蛇の列でしたね。まぁ、仕方ないんですけどね。

Sdsc07642

雪が新鮮なので、この通り、ずっぽり埋まります。こういう雪に埋まるのは寒いのは別として気持ちいいですね。

Sdsc07648

天気がいいので、景色もばっちりです。心が洗われる心境ですね。雲の絨毯の上に、雪景色の山々がひっそりと顔をだす風景をバッチリ撮影できました。

Sdsc07656

おっと!決定的瞬間の撮影に成功か!?

Sdsc07687

いい景色だ。これは帰る直前に田代のロープウェー乗り場から撮影したものです。たぶん谷川岳周辺だと思います。右端山は、平標山~仙の鞍で2年前に登山しました。あんなところを登ったのか? 我ながらスゴイ。今はもう登れないかも。

たっぷりスキーを遊んだあとで温泉。そして、晩飯を食べに。途中で見つけた「うどん」のお店に立ち寄りました。五郎兵衞うどんというお店です。

Sdsc07689

なんか、いまいち怪しいですが。

Sdsc07697

お店の作りは旧家を改装したような所です。いろりがありました。

Sdsc07702

なんか不思議な置物があります。薄緑の大きなタンスみたいなものは、金庫だそうです。ホントにお金が入ってるのかな?

Sdsc07706

おでん田楽です。こんにゃくがおいしい!

Sdsc07709

定食のセットです。刺身こんにゃくが最高にうまかった。

Sdsc07710

これがメインの五郎兵衞うどんです。煮込みうどんのようです。メンはきしめん風ですが、太いです。お米の味がしましたね。味は味噌風ですが、薄めで食べやすく、おいしかったです。

Photo

Photo_2

今回の滑走記録です。例によってかぐら全域を一周しました。全部で、13本は滑ったかな。おかげで、足がふらふらしてます。

でもまぁ、いい天気で楽しめたスキーツアーでした。

2011年3月 3日 (木)

風きり音

バイクというのは実に騒音が多いものだ。エンジン音もそれなりだが、外界の音がたくさんはいってくる。中でも風きり音は、速度に応じてかなりの音になる。

実は、教習所に通ってるときは、風きり音は全然気にならなかった。まぁ、40km/hぐらいしか速度は出さないので風きり音なんてほとんど出ないし。免許を取ってから初めてレンタルバイクを借りて、乗ってみたときにも風きり音は気にならなかった。最初は、運転するだけで精一杯で外界の音を気にする余裕もなかったし、速度も怖くて80km/hぐらいが関の山だった。

風きり音が気になるようになったのは、自分のバイクを購入して乗るようになってからかな。運転にも余裕が出来てきたし、まわりに気を配る余裕ができたからだろう。

バイクの風きり音は、80km/hぐらいではあまり気にならない。エンジン音も風きり音も心地よく、ちょうどいい感じだろう。騒音が気になるのは、100km/hぐらいになるとだんだん気になるようになってくる。風きり音は速度に合わせてドンドン大きくなって、他の音が聞こえにくくなる。

私はバイクのナビのGathersM G3で音楽も出してるし、音声案内もだしているが、この風きり音でかなり聞こえにくくなる。所詮バイクとはそういうもんだということだろうか。ただ、GathersM G3は、さすがバイクナビということで、この風きり音対策が出来ている。音声案内については、低速では通常音、高速では音量がでかくなる。さすがによく考えてあると関心した。

2011年3月 1日 (火)

花粉症

今の季節になると花粉症に悩まされている人も数多いと思う。自分の周りでもたくさんいる。職場、友人関係など。男女、年齢を問わず、花粉症に苦しんでいる人は数多いだろう。

自分は、花粉症では無い。いや、正確にはいつの間にか出なくなったというのが正解か。実は小学生ぐらいの時はひどかった。当時は、花粉症と言う言葉は無かったと思うが、春先はひどかった。公園の木の下なんかは、おちおち歩けない。河原沿いなんかは、少しあるいただけで、涙が止まらなくなるは、唇は腫れるなど、それはひどいもんだった。でも、それも忘れたころにおさまってしまったかな。

世間が花粉症で騒ぐようなったのは、ココ10年ぐらいの事じゃないかと思うが、自分には全然、症状がでなかった。なんでかはわからないけどね。

職場で花粉症がひどいヤツがいる。こいつは、この季節になると、もうティッシュとゴミ箱が手放せない状態になる。職場ではティッシュの箱が山積みになるし、一緒に旅行にでも行こうものなら、絶えず鼻をかむ状態が続く。旅館につくなり、手荷物にティッシュ持参。おまけにゴミ箱をかかえてはなさい状態だろう。

Simgp1380

もう、寝てるのか鼻かんでるのか、いびきかいているのか、よくわからん。

そういえば、バイクに乗ってる人って花粉症は大丈夫なのかな?ヘルメットは花粉を防ぐ事はないと思うが、バイク乗りでマスクをしている人は見たことがない。というか、マスクしてヘルメットをかぶるのは、難しいかも。でも、今の季節にバイクに乗る人は山岳部は行けないと思うので、多少なりとも暖かい所に「行くと思うが、そうなると花粉はかなり厳しい状態になるんじゃにだろうか。

幸いにして自分はそういう局面はないわけだが、もし、花粉症の人で効果的な防御策、よく効く薬とかがあれば教えて欲しい。

悩める友人に教えてあげてたいと思う今日この頃だ。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!