« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の14件の記事

2011年1月31日 (月)

バイクで気を付けること

バイクで走ってると、やはり事故の事が頭をよぎる。

一般道で低速で走ってるときは、そうは思わないが、高速道路を走ってると事故が怖いとよく考える。

やっぱり、
 「ここでコケたら、命はないよね」
という感じだ。

100km/hで走行してて転んだらタダじゃすまない。ケガですめばいいが、最悪は命が無いだろう。いや、なまじ死んでくれたほうがいいが、大けがで寝たきりにもなったら、家族にも迷惑がかかるんじゃないかって思う。

そう思うと、やはりスピードを落とす。安全運転が一番だろう。

バイクのブログやホームページを見ていると、事故の体験談が書いてあることがある。書いている以上は、命は助かってるわけだが、なまなましい体験談を聞くと、自分も運転を気をつけようと思う。事故は自分が気を付けていても、起こることもあるので、全て防ぐ事はできないが、気を付けることで、事故をもらいにくくすることはできるはずだ。

バイクに限ったことではないが、常に周囲の状況に気を配ることも重要だろう。接近しすぎてないか? 相手がよたった動きをしていないか? スピードを出しすぎていないか? などね。

もともと、楽しむためにバイクや車に乗ってるわけだから、楽しむために安全運転でいこうと思う。

2011年1月30日 (日)

バイクナビ復活!

先日、バイクナビ(Gathers M G3)の液晶を破損してしまった記事を書いた。その後、無事に復活したので、その様子をレポートしたい。

液晶を破損した当日には、購入店であるホンダドリームに持ち込んで修理の相談をした。その時の話としては、こんな感じだった。

 ・たぶん、液晶交換だろう
 ・値段は2万円ぐらい
 ・期間は2週間ぐらい
 ・すぐにホンダアクセスに送る

ということだった。

だが、翌日にはホンダドリームから電話があり、それによると次のようだった。

 ・Gathers M G3は、部品交換修理はやってない
 ・故障時は、本体の新品交換のみ
 ・料金は一律23000円(税別)
 ・データ移行はチャレンジする

あらまぁ。ソフトウェア部分の破損であれば、なんからの値段設定がありそうだが、ハードウェアの故障は全とっかえしかないということか。まぁ、もともと輸入品で日本側でソフトウェアのカスタマイズで対応しているわけだから無理もないかも。むしろ、部品をストックするより安上がりとの見方もあったのだろう。

迷う予知はない。ナビがないバイク生活は考えられないので、その場で即了承した。

結果として、週末には代替品は届いたとの連絡があったので早速取りに行ってきた。ホンダドリームに出向くと、すぐに新品が出てきた。

受け取って、起動を確認した後、代金を払ってホンダドリームを後にした。その後、いろいろチェックしてみた感じは、次のようだ。

 1)ソフトウェアは、v2.50がインストール済み。
   現在では最新だが、バグのあるバージョン
 2)データ移行はできなかったようで、初期状態

Gathers M G3は地点データ等はPCで作成して転送するのがほとんどなので、PC上にデータが残っており何とかなる。転送は少々面倒だけどね。
音楽データは、マイクロSDカードに入っていたので、これはメモリカードを差し込めばすぐに復旧できるので問題ない。後は設定類を元に戻せばいいだろう。

多少、バイク上で動作を確認したあと、自宅で復旧作業を行った。

復旧作業はこんな感じだろう。

1)まず、OSのバージョンダウン
 Gathers M G3(ガーミンでは、ZUMO660)のOSには最新版ではバグがあり、Bluetoothデバイスとのやり取りで音楽と音声案内が正しくながれて来ない。これは実際に自分で体験してわかっている。おかしいな?と思っていたら、いくつか不具合の記事がネット上にあったし、だいぶ遅れて「いいよねっと」で下記の情報が掲載された。

http://www.iiyo.net/products/zumo660/update_HONDA.htm

もし、Bluetoothで音声案内をB+COMと連携してなければ大丈夫だと思うが、B+COMを利用している場合には、OSのダウングレードが必要だ。利用するOSは一個前の2.40を利用すれば、大丈夫。

ちなみに私がGathers M G3を購入したときのOSはV2.30であり、この場合も調子が悪い。B+COMを利用する場合には、V2.40が今の最善策だ。

なお、現在、V2.40は、いいよねっとで普通に公開されていない。私はGoogleキャッシュからダウンロードURLを突き止めてダウンロードできたが、今でも可能かはわからない。また、ZUMO660とGathers Mが同じファームなのかはちょっとわからない。

ちなみにファイル名は、「zumo660J_HONDA_240.zip」だったな。探してみてください。

尚、インストールは添付されているReadmeを読めばわかるが、バージョンのダウングレード時には保存されているデータは消去されるので移行はできない。

2)設定作業
 OSが無事にV2.40 に出来たら必要な設定を行う。B+COMとの連携も行って動作確認をしておこう。後は、好みの問題なので、各種設定を自分好みに変更しておく。

3)地点データの戻し
 これが一番めんどうな作業。PCの地図ソフトウェアはイマイチ使いにくい。私は目的別に地図ソフトのデータファイルを分けている。GahtersM3に転送できるのは、データファイル単位なので、

 ・PCでデータの作成
 ・GathersM3へ転送
 ・PCとの接続を切って、GathersM3の起動
 ・データのインポート

を繰り返すことになる。データファイルはツーリングイベントごとに分けていたので、まぁ、また行くときに戻せばいいか。温泉とか友人宅などはだいたい戻したので、よしとした。これを機に地点データは時々バックアップすることにしよう。

地点データやルートは、PCの付属ソフトで一括してバックアップできるので、時々保管しておけばいいと思う。

まぁ、なんだカンダで無事に復旧できたのでよしとする。23000円は勉強代としては、ちょっと高かったけどね。これに懲りて、ナビを運ぶときはケースに入れることを自分に徹底したい。

2011年1月29日 (土)

スバル・お客様感謝デー

少し前だが、1/16にお客様感謝デーがあったので行ってみた。特に目当ても無かったけれど、ミッションオイルとデフオイルを久しく交換してないので、ここらで交換してもらおうと思ったところだ。

【WRブルー密度がやけに高い整備工場】

Sdsc06782

何もアポもとらずにふらっと行ったのだが、ちょうど、担当の営業マンくんが出迎えてくれた。そのまま点検+ミッションオイル交換へ。

車を整備してもらってる最中に営業マンくんと色々話した結果などを照会したい。

 ・営業マンが減らされちゃって。
 ・売れ行きは悪くはないんですが、営業所としての売り上げがイマイチ。
 ・売れ行きの悪いディーラは営業マンが減らされて、他へ回されちゃうとか。
 ・会社は数字しか見てくれないんですよねぇ。
 (う~~~~ん、どっかで聞いた話だな。身につまされるよ。涙!)

私が行くディーラは営業マンは今では5人なんだそうだ。もっといっぱいいると思ってたけど、そんなもんなんだな。前は7人はいたそうです。私の感覚的には10人以上いたと思ったのだけど、そのぐらいだったか。5人でいったい何人のお客さんを相手にしてるんだろうね。ちょっと気が遠くなるようなきもするけど。

【今度は私の車が整備工場へ入庫】

Sdsc06786

最近の車の売れ行きについても聞いてみた。
 ・年末はぜんぜん駄目でしたね。
 ・年明けしてから、まぁまぁの売れ行き。こっからだけど。
 ・レガシィはまぁまぁ出てるが、インプレッサに食われてる部分もある
 ・トレジアは、このディーラでは1台も出ていない。たぶん売れない。
  でも東京スバル全体では、けっこう出ており、悪くはない。

ディーラにも地域の特色というのがあって、私の行くディーラでは軽とか小型はあまり売れないと見ているそうです。レガシィやフォレスターはけっこうでるらしいけどれどね。

Sdsc06791

そんなこんな会話しているうちにレガシィの整備が終わったようだ。ちなみに私のレガシィはロアアームバーが邪魔で脱着しないとミッションオイルが交換できないそうだ。よかった自分でやらないで。

ミッションオイルを交換したのは、2年ぶりぐらいかも。おかげでミッションの入りがよくなりました。さくっと軽い感じですね。

【セカンドカーにいいよね。ちっちゃい】

Sdsc06790

ディーラで色々楽しませてもらった。4時ぐらいに来たので、帰るころには真っ暗になってしまったけどね。バイクもいいけど、たまにはスバルディーラもいいもんです。

バッテリーの交換をしようかとも思ったが、簡易点検では何も指摘されなかったので、今回は見送った。夏頃に変えようかな。

2011年1月28日 (金)

インナータイツの効果

ちょっと町乗りするだけなので、インナータイツは履かず、防風ジーンズだけでバイクに乗って走ってみた。

結果は!?

 「寒い!」

だろうね。天気もよく歩く分には暖かさを感じるモノのバイクで走るととたんに寒い。タイツを履いてればあまり気にならないのだが、ジーンズだけでは寒さを感じる。凍える程ではないけれどね。

このタイツの効果はかなり高いと見た。

ちなみにに自分は、身長173cm、太めですが、サイズはXLでいい感じでした。すこしゆったりするぐらいが着やすいし。

2011年1月27日 (木)

ガ~~ン!!ナビ故障

まさにタイトル通り。ナビが壊れた。

壊れたのは液晶。どうやら圧力をかけてしまったようで、液晶自体が破損しておりまったくうつらない。いや、あえて言えば、全体が白で破損した真ん中が黒くなってる。

たぶん、なんか思いモノを乗せてしまったのかもしれない。起動はするし、リモコンには反応しているので、液晶自体の故障だろう。

Sdsc06847

しかたなく、ホンダドリームで修理を相談する。

修理は可能との事だ。ただし、これはガーミン製品でOEMなので、修理依頼の経路がめんどうらしい。

 ディーラ→ホンダアクセス→いいよねっと

このような経路を踏むので間のオーバーヘッドがあって、少し時間がかかるとか。でも2週間はかからないと言っていたけど。仕方ないね。

ナビが無いとかなり苦しい。行ったことがあるところなら行けるかもしれないが、未知の空間じゃとても行けないだろう。友人なんかは、器用に地図を見ながら走るが、こっちは自動的に案内してくれるのが当たり前だしね。ナビよ、早く治って来てほしい。

しかしまぁ、最近、ぞんざいに扱っていたので、考えてみればいつかはこうなる運命だったろう。バイクナビは持ち運ぶときのためにケースが付属してたが、最近では滅多にケースを使っておらず、ポケットやバッグに放り込んで運んでいた。何かにあたったりすれば、こうなるよね。

やっぱりケースにきちんといれて持ち運ぶべきなんだろうな。反省!

2011年1月26日 (水)

センタースタンドで立てる

最近のバイクはセンタースタンドが標準でついていないケースが多いと聞く。CB400は純正オプションでセンタースタンドが付いているので、

 「洗車やメンテ時に便利そう」

と思って付けることにした。だが、センタースタンドで立てる事が実はすごく難しい事に気がついた。いやはや、最初は全然ダメ。慢心の力を込めてセンタースタンドに足を乗せてもびくともしないって感じだろうか。

Sdsc06850

あんまり力をいれすぎるとバランスを崩して倒しそうだし。

でも、いろいろ調べてコツがあることがわかった。今日はそんな事を書いてみたい。

センタースタンドをかけるときは、やはり、平地であることが絶対条件。慣れれば多少傾いてててもできると思うが、それまでは平地だろう。

あとは、バイクを直立させること。センタースタンドをかけるときは、バイクの左側にいると思うが、それで直立させたと思っても案外左に傾いている。なので、センタースタンドを押して設置させたときは、実は2本足のうちの片方しか設置していないのだ。

その状態で右側に傾けたときにセンタースタンドの右足が設置することがわかるはず。そしたら、ぐっと足に力をいれ、さらにボディを手で持ち上げることで案外すんなりとセンタースタンドをかけることができた。

これ、うまくいくとけっこう感動する。ポイントは、「センタースタンドの両足が設置する」だろうな。

あとは練習あるのみ。なので、バイクに乗るときは、

 ・本日のセンタースタンドがけ

を一回練習している。またセンタースタンドをかけると、さらに「外す方法」も勉強する必要があるのは忘れてはならない。

センタースタンドを外す場合は、いったんバイクを後ろに引いて前に押し出すことで勢いでだせる。ただ、そのままだと転んでしまうと思うので、スタンドが外れたら前ブレーキで止める必要がある。

自信が無い場合は、右側に補助についてもらうのがイイとはおもうけれどね。

バイクって難しいね。

2011年1月25日 (火)

オイル交換

前回オイルを交換したのは、走行距離1000km時点での一ヶ月点検時だ。バイクの場合のオイル交換周期は、まだ理解できてないが、ディーラでは5000km毎にと言われた。

バイク雑誌なんかによれば、3000kmぐらいとも書いてある。車の場合は、1万キロぐらいが平均的なようだが、レガシィなんかは5000kmぐらいとも言われている。

まぁ、新車だし最初の内はオイル交換にも結構気を使ったほうがいいかなと思い、5000kmをちょっと超えないぐらいで交換しようかと思ったしだいだ。

ちょうど、ホンダドリームから新年のクーポンが来ており、オイル交換が半額と書いてある。なので、行ってみた。

Sdsc06852

ホンダのバイク用オイルっていくつかグレードがあるようだが、今回は半額ということもあるので、G3という化学合成オイルを頼んでみた。あまり考えないで頼んだのだが、仕上がってきて、値段を聞いてちょっとびっくり。

 約7500円(工賃+オイル)を、4300円で。

内訳はこんな感じ。

 ドレンプラグワッシャ 31円 (ま、こんなもん)
 交換工賃 840円 (え?)
 オイル代金 2257円/1L → 3.1Lで6996円

なんか高くないか? 車のほうはディーラの点検パックには行ってることもあり、ほとんど任せっきりだったので、オイルの値段というのもあまり気にしてなかったな。ま、ディーラならこんなモンなのかな。

昔だったらエンジンオイルぐらいは自分で交換するのは、大した手間じゃなかったけど、もう、そんな元気ないからなぁ。メンテするぐらいなら、乗りたいってところだ。

2011年1月24日 (月)

役立つ防寒グッズ

真冬にバイクに乗るなんて考えられないんじゃないか?って思ってたけど、意外に乗れる。天候に左右されるのは仕方ないとしても、道具をそろえれば、それなりに寒さをしのげるというのもよくわかった。

さすが現代のウェアは色々と対策がされているというのもうなずける。

○顔、首
まずは、首から上だが、これは頭はヘルメットがあるのでとりあえず、ヘルメットでしのぐ。私のヘルメットは、SHOEIのマルチテックだけど、シールド部分からの冷たい風の侵入はさほど多くはないが、さすがに夜が遅くなると、かなり寒く、目から涙が流れてきたこともあったかな。まr

後はネックウォーマーかな。

こんな感じの後ろで 閉じるのを使っている。付けやすいし実にあったかい。写真では鼻まで隠しているが、これだとヘルメットのシールドがすぐに曇るので、実際には口がでるぐらいのところにしている。

このままヘルメットをかぶりヘルメットのアゴヒモでこのフェイスマスクの上から縛る感じだろうか。そうすることで、若干首の移動が制限される感じを受けるが運転は問題ない。

○上半身
私の場合は、下は普通のTシャツ。その上に登山用のフリースを着用。コロンビアの製品だけど、かなり暖かい。その上にGOLDWINのバイク用防寒ジャケットを着ている。

ゴールドウィン GWSマルチライダーロング GSM12052

少々太めなのと下にいろいろ着るかと思って、一サイズ大きくしたのだけど、結果的にはちょうどいい。バイク用ウェアってバタつき防止のためもあってか、タイトな作りが多いので、サイズはやっぱりよく吟味しないと危ないね。

カタログによると、「ハーフコート感覚で着れる」とあるが、実際はそうでもない。表面の記事は、ウィンドブレーカーのような記事に近くて着た感じはぺらぺら。インナーもナイロン系なので、着た感触は暖かい感じがしない。また、ウェイストを含めてタイトなので、ゆったり着るような感じじゃないね。普段着としてはイマイチかもしれない。

ただ、バイクに乗ってると、その防寒性はかなり高い。腕なども全然寒くないし、上半身は完璧かも。グローブとのつなぎ目に若干の寒さを感じるが、その程度だろう。

○下半身
12月初旬までは防風ジーンズだけでよかったけど、さすがにそっからはタイツを履くようにしている。なんでもよかったのだけど、やっぱりバイク用ってことで、RSタイチ製品を選択した。

ま、なんでもよかったのだけど、これで。けっこう暖かい。後は保温機能の高い厚手の靴下をはいてれば、まぁまぁしのげる。後は靴だろうか。最初は普通のスニーカーだったけど、さすがに寒い。なので、バイク用の防寒機能の高いシューズを購入。これ、けっこういいです。スキーにも履いていけるし。

話題のビブラムソールなので滑りにくく、歩きやすい。ちょっと履きにくいけどね。

ハイカットでカカトまで覆ってくれる防寒性と安全性を兼ね備えており、また、歩きやすい。トレッキングシューズタイプのバイクシューズ。ただし、足首までガッチリしめると、バイクの運転ではシフトチェンジがイマイチやりにくい。なので、少しゆるめに締めている。

○指先
やっぱり一番冷えて気になるが、手先だろう。グリップヒーターは付けているが、それでも寒いものは寒い。ホンダドリームでは、

 「グリップヒーターがあれば、ワンランク薄手のグローブでOK」

って言われたのだけど、それでも寒いね。今は、自分としては厚手の防寒グローブを使っています。グリップヒーターを最高にしてても、若干寒いね。

 

こんな感じのグローブ。このグローブだが最初は厚手なので、すごくはめにくく、またグローブをした後でバイクの運転でもイマイチ感触が悪かった。特にウィンカー操作なんかが、うまくいかなくて、ホーンを鳴らしたりしちゃったけど。

寒さに負けて付けるようになってから、しばらく立ったので、だいぶ手に馴染んで操作はしやすくなったので悪くはない。でも、これでも手先は若干寒いのだ。グリップヒーターがあるから救われているけど、後は、よくスクーターで付けている人がいるグリップカバーを付けるしかないかな。 でも、あれは運転はしにくそうだし、なんかカッコ悪い気もするね。

防寒って重要だよね。

2011年1月23日 (日)

千葉県霞ヶ浦ツーリング

少々お疲れの週末だが、天気がすこぶるよく、さらに暖かい。平日は寒波ですごく寒かったのに。これなら走らずにはいられないだろう!ってことで出かけることにした。

ただ、山の方は降雪がけっこうあるようなので、もはや残された場所は千葉県か神奈川南部しかないね。こうなると、1度行ってみたかった千葉県東側というか茨城南部とでもいうのだろうか。ここへ行ってみる事にした。

目的地は霞ヶ浦だ。

常磐道を走り茨城方面へ向かう。これは途中のPAかな。ひなたぼっこ中のおじさんが写ってしまったけど。それだけ天気がよくて気持ちいい日和だったということだろうね。見てください。この晴天!

Sdsc06800

高速を降りて少し走ると、霞ヶ浦が見えてくる。そこから湖畔沿いの周遊道路があるのでそこに入ってみた。広くはないがバイクなら全然問題無い。車もすれ違いだけ気を付ければだいじょうぶだろう。

Sdsc06802

実にでっかい湖だ。なんか海であり、岬にいるような感覚すらあるね。下の写真は遙か彼方に湖岸が見えているんだけど、「海」って言っても通用しそうだ。

Sdsc06808

なんか観光名所でもないかなと思ってたら道の駅があったのでそこで休憩。「水の科学館」が併設されていた。週末だったけど、特に賑わってる様子はなかったね。どっちかっていうと、寂れてる気もするけれど。

Sdsc06823

行方バーガーってのが名物なのかな? 豚、かも、ナマズなど、いろんなタイプがあるようだ。ためしに、「かも」を頼んでみた。まつこと5分ぐらいだろうか。

Sdsc06827_2

単品で頼んだのが、なんともさっぱりした状態で出てきた。味、量共に普通。値段相応って感じかな。超巨大で一個でおなかいっぱいというモノではないようだ。おやつ代わりってことで。

Sdsc06828_2

道の駅から湖畔を眺める事ができる。景色はまぁまぁ。まぁ天気もいいし、すがすがしいよね。いいストレス解消になる。寒いけど、釣り人もけっこういた。この寒い時期だが、フナでも釣れるのだろうか。

Sdsc06833_2

霞ヶ浦を堪能したら、そのまま千葉県の温泉へ。今回は「大和の湯」というところに行ってみた。だいぶ前に発見したんだけど、場所が成田空港の方なので、ちょっと遠くて行ってなかった。今回は帰り道がてらなので寄ってみようと思う。

Sdsc06838_2

こんな感じで、あたり一面たんぼなんだけど、そこにポツンと近代的設備の建物がある。これが温泉施設。

中はかなりモダンな作りで、フロントやカウンターバーみたいのもあるし、レストランもおしゃれな作りだ。中は禁煙で喫煙所もない。さらに小学生以下お断り・・・って、ちょっとアレな気もするけれどね。

温泉は、三階構成になってて、一番下が露天と内風呂、二階がジャグジーとかが少しあって、3回はサウナとジェット風呂。施設は色々あるけれど、どれも小ぶりでイマイチかも。サウナはあんまり暑くなかったかな。時間の都合で予約が取れなかったのでマッサージは受けれなかったのは残念だ。あんまり混んでないように見えるけど、けっこう混雑しているようだ。もう一回来よう?っとは思わない温泉かな。

Sdsc06840_2

この写真は、温泉の駐車場・・・というか勝手にバイクを止めてるって感じか。施設が高台にあるので、駐車場からは少し登りになるし、駐車場がジャリだったのでバイクにはちょっときつい。先客が止めていたので、私もとなりにチャッカリと止めてしまった。

もう夕方で、だんだん寒くなってくるので、温泉を後にして帰途につく。

Sdsc06845

昼間はあったかいけど、日が暮れると寒くなってくるね。ただ防寒ウェアのおかげで案外と耐えれる。ただ、ネックウォーマーは必要だね。ネックウォーマーはかなり役に立つアイテムでしたね。

2011年1月12日 (水)

走行距離

スバルディーラから感謝デーの連絡がきた。その中身を見てて、たまには車のメンテでもしてもらおうかと思った時に、ふと整備記録が気になった。

エンジンオイルは半年毎の点検で交換しているが、MTミッションオイルやデフオイルはどうだったかな?なんてところだ。

で、整備記録を見返してみると、2008年から変えてない。あぁ、けっこう変えてないなぁ、と思ったり。車検のときにMTオイル類を変えてなかったことに気がついた。本当なら、2010年の夏の点検の時に変えておくべきだったのだが。

で、さらに昨年の走行距離を確認してみると、なんと一年近くで6000km弱しか乗ってない。ついでにここ半年では、2000km行ってない。あらまぁ。だいたい年間1万キロペースが普通であり、多いときは15000kmぐらい乗るのに、今年はバイクに乗ってからなぁと思ったりする。

2010年は前半はスキーに行ったりして、まぁまぁの走行ペースだったが、上半期は仕事が忙しかったこともあり、あまり乗ってなかったな。乗ってもチョイノリだったりするし。下半期はバイク免許取得に忙しかったり、その後、レンタルバイクや自分のバイクで出かける事が多かった。バイクの走行距離は通算で6000kmぐらいになってるわけだから、その分、車に乗れてないのも当たり前か。

ただ、これからの冬の間は寒いし、スキーに行ったりするので車の方が出番が多いだろうなと思う。

話を感謝デーに戻そう。前回の点検時に

 「バッテリーの弱り」

を指摘されていたので、この冬場にバッテリーを買えようかと、カー用品店をいくつか回ったが、安くないのと、種類が選べない。これなら、ディーラで買った方がいいかな?と思ったりしていたのでちょうどイイかも。ただ、あんまり安くないような気もする。ま、交渉してみるか。

2011年1月 4日 (火)

雪あり! 奥多摩~秩父ツーリング

正月早々ではあるが、天気もよく暖かいので、このままノンビリするのはもったいない!ということで走りに行くことにしました。あったかいので、都内近郊は大丈夫だろうと思い、奥多摩湖を目指すことに。後は後で考えよう。

東京からは、国道20号~青梅街道という下道で奥多摩湖を目指す。途中、府中に住んでる知人宅を見物するために立ち寄ってみたが、住所の位置はナビ上では畑だった。まぁ、この近辺だろう。

Sdsc06583

Sdsc06585

Sdsc06587

別に寄りたかったわけじゃないので、ココを後にし、奥多摩湖を目指すことにする。

というわけで、奥多摩近辺に到着した。正月なのでさすがに空いている。寒いし。

Sdsc06595

途中に立ち寄ったパーキングスペースでの一枚。奥多摩周辺地図だ。

Sdsc06601

そのパーキングではお店が出ていたので、立ち寄ってみた。お土産もの屋さんと軽食コーナーがあったけど、人影はマバラであまり賑わってないね。バイクツーリングな人も少しいて、ここで豚汁や焼きそばを食べてたようだ。

Sdsc06603

お土産品の風景。今時、こんなモノを喜ぶ子供がいるのだろうか?なんか20世紀にタイムスリップしたよう品揃えだ。!?

Sdsc06607

駐車場もマバラだね。夏場はけっこう賑わってるんだけどね。

Sdsc06609

お~~、気合いの入ったインプレッサを発見。カッコイイ!

Sdsc06610

ココで少し休憩して、アメリカンドッグを食べた。その場で揚げてくれたので期待して食べたが、冷たい! 中のソーセージが冷たいぞ!

Sdsc06612

さて、パーキングを後にして奥多摩湖沿いに走る。途中、奥多摩湖の景色がいいところで、写真撮影。天気がいいので湖は映えるね。

Sdsc06613

さて、ここからが問題だが、せっかくココまできたので、奥多摩を抜けて秩父に向かってみよう。以前、秩父から奥多摩に向かった事があったが、今回はその逆になる。山間部を抜けるので、凍結が心配だが、この天気なら大丈夫だろう!?って楽観視して行ってみる事にした。ところが・・・・。。

Sdsc06619

案の定というか、やっぱりというか積雪がある。道路は除雪されており雪はないが所々ウェットなので凍結が心配。おまけに寒い! 道路上にいくつか気温が表示されていたが、

 「2℃」とか「0度」

なんてのを見ると寒さが伝わってくる。最高は、「マイナス2℃」だったかな。ただ、ウェアのおかげもあって、「すぐに凍える」という程ではなかった。ただ、ひしひしと寒さが伝わってくるね。やはり手先が一番応える。グリップヒーターを全開+厚手の防寒グローブでもこれだけ冷えるので、グリップヒーターが無かったらと思うと、ゾッとする。

Sdsc06621

これは、道路脇の渓谷の写真。冷たそうな水が流れているのがわかるだろうか。寒いなぁ。

この山間部を抜けるまでは慎重に走行。本当に肩が凝るぐらいに慎重に走る。この間はずっと登りだったのだが、それが下りに転じた時点でホッとした。下る一方なら、これ以上の積雪は無いだろうと思ったから。

その後は順調に山間部を脱出できた。

Sdsc06625

ココまでくれば一安心。場所的には東山梨というあたりのようだ。少し気温もあがり、天気もいいので気持ちいい景色を堪能。

Sdsc06627

ここからは、フルーツラインというのを通って走る。このまま秩父方面まで一直線だ。でも雪が無いことを祈る。(あ、スキーと逆の発想をしている)

これが、途中にあるループ橋だ。何か名前があるのかはわからないが、ここは「彩甲斐街道」というそうだ。ループ橋をパノラマ撮影してみた。

Sdsc06633

少し離れたところから撮影するとこんな感じ。

Sdsc06637

その後、道の駅の「大滝温泉」で休憩する。ココは以前に御岳山に登山するときにベースに使ったところだ。ココで遅めの昼食を軽くとった。

Sdsc06641

本当の目的地は奥秩父の温泉だったのだが、あまりに寒く、体が冷え切ってしまってたので、ここの温泉に入ることにした。もう日が暮れそうだし、奥秩父の温泉はあきらめた。Sdsc06643

これがその温泉。大滝温泉。一回600円は、まぁまぁリーズナブルだろう。施設としては中規模だが、湯船は二階層になってて、一回が普通の内風呂。その下が、バルコニー形式で外気が入る露店風呂。露天風呂の先はダム後の川になっており、対岸は林なので、露天から見える景色は悪くない。

お湯は、入ったあとにヌルっとするタイプ。温度は少し高めだと思ったが、長時間入るのに暑すぎることはなくて、けっこう快適だった。サウナの温度が低めだったのは残念だけどね。なんだかんだと一時間近くノンビリしてしまったので、出たときには、もう日が暮れだしていたけど。

さて、こっからが長い。ちょっと甘くみていただだが、こっから家まで二時間近くかかる。まだまだ遠い。山間部を抜けるので、凍結も心配されるが、行くしかない。路上に車はけっこう多かったので、それは安心材料。寂しくなってことと、車がたくさん走ってるってことは凍結もやや少ないだろうと思ったしだい。

ドンドン走り、関越の花園ICから関越道に入り、帰宅することにした。

Sdsc06644

この時期の関越道って、バイクが全然イナイのね。本当にいなかった。一部渋滞していたのだが、高速道で渋滞するとけっこうバイクに巡り会うものだが、一台も合わなかったし、立ち寄った三芳PAでもバイク置き場には、私のバイク一台だけだった。

寒いし、降雪の心配のある関越道にはバイクは寄りつかないってことかな。

Photo

今回のコース。結構走った。約300kmぐらいか。冬場のツーリングは気を使うなぁ。でも楽しいので、また行きたい。

2011年1月 3日 (月)

ホンダドリームからDM、あスバルかもも

ホンダドリームから年始のDMが来た。それによると、

 ・グリップヒーター30%オフ

 ・ナビ 20%オフ

 ・ETC 20%オフ

え~、車体購入時に同時購入した私の立場は・・・・・・。ちょっとムカツク。オイル交換50%オフは使えそうだけどね。

ホンダ純正(というかガーミン)のナビは本当に使える。まだ荒削りな部分はあるが、色々考えられており、「これってどうやるのかな?」というのがだいたいできる。画面レイアウトも小さい画面内で洗練されており、使いやすい。車でカーナビ人生を歩んでしまった私には、コレなしじゃ、どこにも行けない。

ETCは、もはや説明の必要がないくらい必需品。バイクとETCは実にマッチングがよいね。サイフを出して支払うのは実にわざらわしい。時々、ETCに対応していない料金所があるとめんくらうけれで。ただ、ETC装置の単価が高いのと、CB400SBのようにカウルが着いていると取り付け工賃が高くつくのが、二の足を踏む原因かもしれない。でも、付けて損はないだろう。

グリップヒーターは、冬場装備の必需品と感じた。これがあると無いでは雲泥の差だろう。私は、走行中は、ほぼほぼオンにしている。ただ、グローブが薄手でイイというわけでは無い。ある程度の防寒グローブは必要だろうね。冬場に少し標高の高い所にツーリングに行く場合は、あっというまに気温が下がるので、防寒グッズには余念がない方がいいだろう。

そういえば、スバルからもDMが来ていたっけ。バッテリーが弱りつつあるので、安ければディーラで購入しても良いと思ってたのだが、その手の広告は入ってなかったな。

新型レガシィもだいぶ売れたのか、よく見かけるようになったな。ただ、あのサイズ、あのフォルムはイマイチ好きになれなくて。なんであんな風にでかくしてしまったのだろうか?ってのが、ちょっと不満点。フォレスターもでかくしちゃったしね。スバルだけじゃないが、車メーカーは、目線が日本を向いてないという事もあるけれど、それにしてもちょうどイイサイズってあると思う。レガシィはマルチに何でもこなせる機能とスタイリングが売りなハズだろう。もっとシャープなデザインができなかったもんだろうか。

などと、1/3の愚痴みたいな文書になってしまった。

2011年1月 2日 (日)

初詣+初乗り

新年もあけた。世間では大雪の情報が寄せられる中、東京方面は実にいい天気。むしろ暖かい。これなら、乗るっきゃない!って事で初詣をかねてバイクで出発。

初詣と言っても近所の神社なんだが。有名どころはドコも混んでて面倒なので、近所にした。ここなら混雑も無いし。

Sdsc06579

お賽銭を投げ入れ、今年の無事を祈願! そしてそのまま初ツーリングへ。どこに行こうかと思ったが、千葉方面を軽く走る事にした。今日はアクアラインややめて首都高湾岸線から船橋方面へ抜ける。浦安の先で首都高を降りて、そのまま市川~木更津方面まで下道を走ることにした。

Sdsc06582

天気がよく、また車も少ないため、下道でも十分に気持ちよく走れた。ただ、風は冷たいけれどね。途中、少し混雑しているな!?と思う所は有名な神社か巨大ショッピングモールのどっちかだったね。

バイクの運転って、夏場よりも冬場の方が緊張する気がする。バイクを傾けるのも寒いときの方が気を使う。なんかタイヤが堅くなってて、バイクを傾けるとズルっとスベリそうで怖い。ま、そんな事は無いとは思うけどね。

何にしても安全運転が第一だ。スピードを控えめにして運転を楽しみたいと思う。

2011年1月 1日 (土)

新年のご挨拶

2011年が始まりました。今年もよろしくお願いします。ブログの方はあまり気張らずボチボチとやってこうと思います。

Sdsc06576

年明けの初日、少し早く目覚めたので外をみてみたら、すごくいい天気。朝日がまぶしい。窓際で日光を浴びてると、少しあったかくなってくる。ただし、窓を開けると気温が低いのがわかるけど。

仕事の事はおいておいて、今年はどんな年になるのだろうか?と思ったりする。何か新しいチャレンジがあってもいいのかな、と思うが果たしてどんな分野にチャレンジしてみようか。あぁ、でも今年こそ、標準体重まで落とすという目標はあったな。もう、かれこれ5年ぐらいは未達なんだけど。

楽しみな反面、憂鬱なネタも多い一年になるのだろうか。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!