« バイクで都内を走る | トップページ | 千葉房総ツーリング・その3 »

2010年11月22日 (月)

グリップヒーターを付ける

バイクでの晩秋~冬の走行では手先の寒さがすごくきつい事がわかった。友人がグリップヒーターを付けていたので、少し感触を味あわせてもらったのだが、すこぶる良い。寒い季節であれば、これなくして語れないのではないか?なんて思ったり。

ホンダは純正でグリップヒーターをラインナップしているので、ディーラにいって話を聞いてみた。

「いいですよ~。この季節に付けられる方はたくさんいます」

ということで、取り付けを決心。すぐにオーダーした。季節的に部品は在庫があるので、後は取り付けの日時だけということになり、すぐに予約した。 CB400 Super Boldoreの場合は取り外す部品が多いそうで、時間が3時間ぐらいかかるとか。

バイクを預けて約3時間。取り付け完了の連絡をもらい、すぐにディーラに行ってみた。これが取り付けたグリップヒーター。

Sdsc06235

Sdsc06237

正式には、「スポーツグリップヒーター」という。純正なのでスイッチ類も含めてスマートな実装だ。赤く点灯している部分がボタンになっていて、ここで操作する。ボタンは長押しで反応するようになっており、

 グリップヒーターオン(高温)→中温→低温→オフ

という感じで稼働する。操作性はあんまり悪くはない。肝心の暖か具合だが、これがすこぶる良い。季節的にまだ無くても市街地なら耐えられるが、常にオンにして感触を楽しんでいる。高温ではかなり熱い。晩秋となる今の季節なら低温でもOKだろう。

グローブもさすがに夏用では厳しいが、オールシーズンタイプのものでも十分耐えられる。私は防寒タイプのグローブも持っているが、これはしばらく出番は無さそうな感じだ。

値段は、部品が2万ちょっと。取り付けが15000円とちょっと高い。高いのだが3時間分の作業費なので仕方ないところか。その反面、機能性、見た目のフィット感を含めて満足のいく一品じゃないだろうか。

« バイクで都内を走る | トップページ | 千葉房総ツーリング・その3 »

CB400SB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/50093642

この記事へのトラックバック一覧です: グリップヒーターを付ける:

« バイクで都内を走る | トップページ | 千葉房総ツーリング・その3 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!