« 秩父~奥多摩ツーリング | トップページ | 平日に伊豆でハードツーリング »

2010年10月18日 (月)

バイクのリスク

バイクの運転を始めてからの自分の経験は、約2ヶ月で3000kmだ。車だったら30万キロ近く運転しているので、わずか100分の1程度となるが、まだまだこんなモンだ。たったこれだけの期間ではあるが、「ヒヤッ!」としたことや、「ヤバイ!」と思った事もいくつかある。今回はリスクを含めて紹介したい。

1.後方に車!
 初めてバイクで公道を走ったときだったかな。場所は東名の厚木ICを降りて小田原厚木道路に入るところで、それが起きた。料金所を過ぎて小田厚に入ろうとしたタイミングで後方になんか気配を感じたので、ちょっと振り向いてみると、真後ろに車が入ろうとしている。別に無理に私の後方に入る必要はないと思うがなぜか強引にはいってくるのだ。

「このままじゃぶつかるじゃん!」

と思って加速し事なきを得たのだが、車を運転している人は前方の距離感って無いのか?と思ったりした。

2.横から切れ込んでくる車
 場所は第三京浜。片側三車線あるこの第三京浜で私は真ん中の走行車線を巡航していた。そしたら、左追い越し車線から、私の側方をなめるような感じで切れ込んでくる。

 「あぶない!」

と一瞬思った。私のバイクとの距離は数十センチだったと思う。何であんなに接近するような感じで、しかも切れ込んで私の前に入った。本当に危なかった。ちょっと私が加速したらぶつかってたと思う。

3.後輪が滑った!
 場所は、道志みち。相模湖近辺から山中湖に向かう街道でドライブやバイクに人気がある道だ。ここで山中湖がほど近いところにトンネルがある。路上状態はウェット。道路は水を流しやすくするために路上にスリットが入っていて、さらに濡れているので、見るからに滑りそうだ。

スベリそうな事はわかっていたのだが、そのままの速度で走ろうと思った所、

 「ずり!!」

という感じで後輪が右方向に滑った。

 「あっ」と思ったのもつかの間で、そのまま後輪がグリップ、今度は逆方に滑ってグリップ、これを繰り返す。要するに後輪が右に左に暴れるような感じだ。

この時に自分は
 「あ~~、ひょっとしたらころぶかも。痛いかな」
と、ある意味「のんき」に。ある意味、「冷静」に対処していた。

いや、自分で言うのも何だけど、冷静だったと思う。ゆっくりアクセルを戻し、そのままグリップが回復するのを待って、ゆっくり減速して、無事に復帰することができた。

いやぁ、こいつは怖かった。本当に怖かった。あのまま転んだら自分もタダじゃすまなかったかもしれないし、新車のバイクも痛い状態になっていたかもしれない。

調子に乗って街道を走っている矢先の事だった。何にしてもウェットな路面は車よりもはるかに危険だということを身を持って知ったわけだ。

~~~~~

以上、危険体験談。まとめてみよう。

まず、車との関係だが、車にとってバイクというのは
 「実に軽い存在」
だと思われる。
そう、あえて言うなら、
  「イテもイナイ存在」
ではないだろうか。

これは自分も反省するところがあるのだが、
 「多少の事はバイク側でなんとかするだろう」
ぐらいのノリである。

例えば、車の左側にバイクがいたとしても、車は車線変更してくる事がある。車にとっては、
 「バイクなんて隙間があれば、なんとかなるでしょ?」
ぐらいなんじゃないかな。

また、教習所で散々言われたことだけど、
 「車に取ってバイクは遠くに見える」
というもあるだろう。まさに私の事例で言えば、後方に来たときも、後ろから前方に切れこんできた車も、
 「もっと遠くにいると思った」
という言い訳を言われそうだ。

あと、
 「バイクへの慣れ」
だろうね。自分としてもバイク運転にも自分のバイクにも慣れて来た。言うなれば、
 「おれってうまいのか」
 「おれって乗れてるな」
と思いがち。なまじスイスイ走れていると、これが仇になる。自分としても今が一番危ない時期だというのを自覚しているが、楽しく運転している忘れがちになる。

要するに、「過信」だと思う。ズルっと後輪が滑ったのも過信から来ている。このぐらいの路面なら、走りきれると、過信したわけだ。

ウェット路面で滑りやすそうに見えるなら徐行しなければいけないのに、走りきれると過信し、案の定、スリップしてしまった。

幸いにして事故にならなかったけど、自分の運転技術を過信するとこういうことになる例だろう。

初心者の最大の問題は、リスクを知らないことだと思う。まだ経験していないのだ。リスクを知らないから、つい無謀になる。いや、運転している本人は「無謀」だと思っていない。経験豊かなライダーを見よう見まねで運転しても、所詮は初心者なので、わかっていないのである。

リスクを経験して一人前なのだ。そのことをよくわきまえて安全運転につとめたい。


« 秩父~奥多摩ツーリング | トップページ | 平日に伊豆でハードツーリング »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/49780732

この記事へのトラックバック一覧です: バイクのリスク:

« 秩父~奥多摩ツーリング | トップページ | 平日に伊豆でハードツーリング »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!