« バイクのリスク | トップページ | 房総半島の林道ツーリング »

2010年10月19日 (火)

平日に伊豆でハードツーリング

仕事仲間から
 「自動二輪の免許を取ったらツーリングに連れてってあげる」
という話が、私が免許を取る前にあった。

行こう行こうといいながら、なかなか実現しなかったのだが、やっと行くことができた。

目的地は伊豆。

仕事仲間からは、
 「平日に伊豆を満喫してほしい」
ということで、平日に休みをとっていったわけだ。メンツは3人。仕事の事はこの際忘れよう。

事前にある程度のコースを決めてくれていたが、私以外はベテランライダーなので特に心配はないというところか。あ、心配なのは俺か?

当日は、箱根新道の箱根PAで集合。朝5時過ぎに自宅を出発する。ところが、出発してすぐに、「ぱらぱら」と雨が降ってきた。しかも結構な量。ただ、天気予報は「晴れのち曇り」だったので、まぁ、大丈夫だろう。ただ集合場所までレインウェアを着ることにした。

Sdsc05618_2

幸いなことに東名高速に乗ったあたりで雨はやんできた。そのまま箱根PAへ到着。そこで待ち合わせしながら、朝食にソバを食べました。

私がCB400SB。そしてCB1300と、ちょっと古い(1980年代)TZRが今回のツーリングパートナーだ。

そして第一の目的地である、「亀石スカイポート」へ向かう。箱根新道をひた走り、そこから伊豆スカイラインへ入る。平日・早朝の伊豆スカイラインは、他の車が一切ない。実に気持ちいい。箱根からはやや下り気味だが、右に左にワインディングを繰り返しながら、一気に亀石スカイポートへ向かったことになる。

Sdsc05624

Sdsc05629

亀石スカイポートは伊豆スカイラインでも有名なドライブインでレストランなどの施設があるが、早朝なので、まだお店が何もやってない。とりあえず、自動販売機でお茶を買って一服することに。天気はだんだん良くなってきているが、まだ雲が多いかな。

亀石スカイポートを出発し、その先で伊豆スカイラインを降りる。そのまま県道19号を走り駿河湾に抜けていく。そこから西伊豆スカイラインを目指す。

西伊豆スカイラインの手前、「戸田峠」で休憩する。

Sdsc05632

ちょっと眺めのいい休憩所だったかな。そこから西伊豆スカイラインを満喫する。丁度、天気がよくなってきており、実に気持ちいいライディングだったと思う。ワインディング、高低もあり走りが実に楽しい。こんな所ならもっと早く来ていればよかったって感じだろうか。

そして、西天城高原牧場の家で休憩。

Sdsc05638

本当はココでソフトクリームでも食べようかと思っていたのだが、連休明けの平日ということで、営業してなかった。夏休みシーズンも終わってるのでほとんどお客はこないのだろうね。仕方ないので、少し休憩しながら、次のプランを練ることに。

実はツーリング計画はココまでだったのだ。後はどうするか?はそのときの気分で決めようということになっていた。少し考えて、まだ体力もあるし伊豆半島をグルッと回ることになった。とりあえず目指すの下田だ。

下田近辺でお昼にすることにし、出発する。西伊豆スカイラインが終わり、そのまま県道を走りながら伊豆半島を外周にそって回る。途中、休憩もかねて、「野猿公園」に立ち寄った。

Sdsc05645

ここは、お猿さんがいっぱいいるようだ。

Sdsc05646

Sdsc05649

海岸沿いの山間に野猿公園がある。ココではバスで海岸まで連れてってくれるようだが、そこまではパスした。遠目にお猿さんを眺めるだけだね。

ココでバイクチェンジ! 私はCB1300に乗らせてもらった。今までの最大排気量はCB750だったわけだから、一気に倍近い排気量だ。おそるおそる乗ってみたが、意外にも乗りやすい。別に難しさはなかった。

押したときは重たいが乗り出せば、重さを感じない。コーナーで倒すこともできるし、なんと言ってもパワー感が違う。すごい!ちょっとアクセルをひねれば、ぎゅわぁぁぁぁ~~っと、すっ飛んでしまう。このCB1300に乗ると、CB400は実にかわいいバイクかもね。

Sdsc05659

このCB1300は2009年に購入したそうだが、限定モデルで特別仕様なんだそうだ。目立つのはフレームが赤いところかな。

そして伊豆半島のほぼ先端にあるマーガレットラインへ。けっこう気持ちいい道路だ。

Sdsc05655

天気も一番いいタイミングだったかもしれない。それにしてもすいてるなぁ。さすが平日だ。そして下田へ到着。下田でお昼にしようと思ったのだが適当な店がない。走るコースの計画は完璧なんだけど、お食事処などの調査はまったくしていないのが、今回のツーリングの特徴だろうか。。。?

いい店も無いので、近くにあった「道の駅:しもだ港」へ行く。平日だが、けっこう観光客で賑わっていた。ここで何を食べるか考えたのだが、海鮮料理は混雑していたので、喫茶っぽい店で下田名物!?となる、「下田バーガー」を食することにした。

Sdsc05664

下田バーガーは、キンメダイのフライをサンドしたバーガーなんだけど、ボリュームの割にヘルシーっぽい。でもデカイので、一つ食べればおなかいっぱいだ。

おなかも膨れたことだし、旅の疲れを癒しに温泉に行くことに。温泉は、日本一の檜風呂と言われる「金谷旅館」だ。

Sdsc05669

風情のある旅館で日帰りでも入浴することが出来る。日本一という檜風呂は実は混浴だったりする。女風呂は別にあるわけだが、檜風呂は混浴なんだな。期待するだけ無駄だと思うが、まぁ、女性は入ってなかったよ。

日本一と言われるだけあって、もう、プールなみ。深さもあるので十分泳げる。お風呂の温度はやや熱めだ。

ここで十分休憩し、後は帰途につくわけだが、伊豆半島の先端にいるわけだから、帰るだけでも十分なツーリングコースだ。日もだんだん傾きかけてる時間帯ではあるが、ここからがハードツーリングの見せ場。

国道414を一気に上っていく。ここには天城越えという場所があり、そこには有名な回転橋があった。写真をとりたかったのだが、パートナーがガンガン行ってしまうので、写真がとれなかったのが残念。

そして林道のような県道59号を通り、伊豆スカイラインへ向かうわけだが、ここからが大変。なかなか走りがいのある通りだ。

伊豆スカイラインへ入り、そのまま一気に走り、行きに立ち寄った亀石スカイポートで休憩。ここでほぼ夕方。本日の思い出話をしゃべり、ぼちぼち帰るということで。

来た道をそのまま戻る感じで箱根PAに到着。

Sdsc05676

ここで解散することにしました。

いやぁ、まぁ、なんというか。走行距離にして約450kmだ。一日の走行距離としては最高記録だ。車では大したことないがバイクでは結構こたえる。まさにハードツーリング。スピードもけっこう出していたしね。でも楽しかった。天気も上々だったのが良かったかな。

今回のコースを一部紹介するとこんな感じ。

Photo

走った走った。

絶景の道100選ツーリングガイド

絶景の道100選ツーリングガイド

価格:1,200円(税込、送料別)

« バイクのリスク | トップページ | 房総半島の林道ツーリング »

CB400SB」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/49790161

この記事へのトラックバック一覧です: 平日に伊豆でハードツーリング:

« バイクのリスク | トップページ | 房総半島の林道ツーリング »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめ!