« 教習所って楽しい | トップページ | 卒業検定に備える »

2010年8月 3日 (火)

普通自動二輪教習:9日目(第二段階8時限目:みきわめ)

今週末には卒業検定を受けたい・・・と思って、平日ではあるが会社が終わった後で教習所に行くことにした。夜間の教習は涼しいのですっかりお気に入りになってしまったこともある。

さぁ、「今回はみきわめ」であり、第二段階の集大成だ。ココでハクをつけて卒検まで一気に進みたい。先日の教習で平均台もだいぶ自信がついたことだしね。

Dsc04514


教習パートナーは大型二輪の男性。彼も第二段階のみきわめらしい。さて、自信たっぷりに始めて見ると・・・・・・

指摘されるされる・・・・いろいろな細かいミスをたくさん。

1)発進時に後方確認をしていない
2)交差点で大回り
3)コースを一箇所ミス
4)車が来ているのに発進した


発進時の後方確認は本当に何回も指摘された。頭ではわかってるつもりでも、実際の発進時についつい忘れる。え?ここで後方確認必要なの?って思える部分もあるにはあったが、忘れていたのは事実だ。う~ん、こいつはツライ。

次に交差点の大回り。T字路から出る場面なんだが、私は発進しながらの小回りするのが苦手だ。なんかバランスを崩しそうだし。でも、きちんと小回りしないと減点になるという。

あと、コースミス。これ、教習前のイメージトレーニングでは散々頭に叩き込んだはずなのに間違えた。練習コースと検定コースの最大の違いのところで、練習コースに行ってしまう。
 「き~~~、練習コースなんて無ければ間違えないのに!」
だよねぇ。

あと、車が来ているのに発進は、「ちょっとまずいか!?」とも思ったのだが、出てしまったら、後で指摘されました。

急制動は、規定範囲内で止まることはできたが、アクセルの戻しが若干早いという。また、後輪ロックしており、イマイチの出来だ。

平均台は4回やって落ちなかったが、一回目はちょっとヤバイところで何とか持ち直した。

ちょっと動揺したのかスラロームの一回目は、失敗。コースアウトやパイロンは倒さなかったが、リズムを崩し、前ブレーキを使ってバランスを崩しそうになる事態を発生。もはや8秒なんて程遠いタイム。

それでも4回目の平均台+スラロームは、「かなりよかった」とほめてもらえた。

Dsc04504


全部で検定コース2周し、さらに追加で平均台+スラロームを2回、急制動を一回やった。自分としては大変な不満である。

特に
 「後方確認ミス+コースミス」
はすごく痛い。わかってはいてもついつい忘れる後方確認。さらにわかっていて何回も復唱したはずのコースでどうしても間違えてしまう。

教習が終わった後で、
 「こいつはみきわめ不合格だな。ま、もう一回練習してもいいか」
と思ったしだい。

ところが教習が終わってからの教官の講評では、
 「さぁ、検定に行きましょう」
とのこと。

「え~~、自信ないよ~~、もう一回練習したい。!!」と心の叫び。


教官が言うには、「いろいろ細かいところは指摘したが、なるようにしかならないので、がんばってください!」という。

ちょっとまってくれ。フォローになってない。あまりほめられてない。不安がつのる。でも、第二段階を追い出されてしまった。

ココは素直に受け止め、「みきわめ完了」と判子を押してくれた教官を信じてがんばることにしようか。帰り際に、週末に卒業検定の予約を行い帰途に着いた。

帰り道ではウワゴトのように
 「後方確認・・・後方確認(ぶつぶつ)」
を歩きながら復唱する。さらに、歩き出し時にさっと後ろを見ることを行い、後方確認を体に染み付ける練習。周りから見れば怪しい人物だったかも。


あ~~、このまま卒業検定に行くのか? せめて、せめてもう一回練習したい!!


« 教習所って楽しい | トップページ | 卒業検定に備える »

バイク」カテゴリの記事

運転免許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/49050474

この記事へのトラックバック一覧です: 普通自動二輪教習:9日目(第二段階8時限目:みきわめ):

« 教習所って楽しい | トップページ | 卒業検定に備える »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ!