« 大型自動二輪教習:5日目(第2段階 3~4時限目) | トップページ | 大型自動二輪教習:日目(第2段階 7時限目) みきわめ合格 »

2010年8月23日 (月)

大型自動二輪教習:6日目(第2段階 5~6時限目)

さぁ、第二段階の5時限目だ。この次はシミュレータなので、みきわめ前の最後の実車となる。今回の教習で何とか苦手部分を克服したい。

教習パートナーは、年配の普通AT2輪の男性。自分よりも年上の人は少ない。教官は、これまた年配のY澤さん。普通二輪の第一段階の時にお世話になったことがある。

例によって、ウォーミングアップ中の周回コースでは、急制動の練習を盛り込んで行う。ブレーキングのタイミングで急制動を意識し、後輪ロックをしないように注意すると同時に前輪をジワ~~っとブレーキするタイミングを覚える。同時に目線を下にしないことも体に覚え込ませる。自分で言うのもなんだが、この練習はけっこう効果があると思っている。おかげで急制動がだいぶよくなった。

Sp1000157

そして、教習が始まった。教官は教習パートナーの指導があるので、まずは一人で急制動を練習するように言われた。チャンス!こういう場合はどんどん練習するに限る。まだ、すいてるうちに急制動のコースに行って、ガンガン練習する。速度を40km/hにするタイミング、ブレーキのタイミング、後輪ブレーキの力具合、前輪ブレーキのかける力具合を練習する。普通二輪の練習から総じて、何十回もやってるので瞬間的なブレーキ操作の合間でも後輪ブレーキの引きづり具合や前輪ブレーキの力具合がわかるようになってきた。

急制動で特に問題はないが、少し速度が速い感じがするので、そこだけ注意だ。速度が若干速いと止まる距離も長くなりがちだからだ。

続いて、平均台+スラロームを回るように指示される。さぁ、来た!ここで一発で決めて自信を付けたい所だ。

平均台に乗り、落ち着いてリアブレーキを使って速度を落とし、目線を前方に持って行く。粘り具合もほぼ覚えているので、前半から速度を落とし気味で何とか通過。スラロームは先に走った人がパイロンを倒していたので、タイミングを崩してしまった。

平均台は全部で3回回ったが一度も失敗なし。一回だけちょっとふらついたが落ちついて半クラッチ+アクセルを使ってリカバリに成功。時間はちょっと早かったが脱落は無かった。よっしゃ!これで卒検に向けて弾みが付くというもの。

続いて検定コースを回る。コースはすでに覚えている・・・って当たり前か。私が先導し、続いて教習パートナーが続く格好で始める。コースは問題無い。今まで無かったシチュエーションとしては、
 「信号のある交差点での右折で、前方から車がきたので交差点で停止」
だろうね。車の実運転ではいくらでも経験してるが、教習所内では珍しい。ま、難なく通過。

検定コースは全部で2回、周回したけど、特に問題はなし。途中の波状路、急制動、平均台、スラロームも問題なかった。波状路の通過時間がちょっと早かった気もするけど、教官からは特に指摘事項も無かったし。ま、あんまり何も無いのもちょっと不安ではあるが。一点だけ、停止線前の止まる位置をもう少し手前にした方がよいという指摘あり。ふむ、なるほど。

Sp1000161

最後の余った時間で急制動と平均台+スラロームを練習。急制動も安定して行えたし、平均台も落ちる事はなかった。なんかいい調子だ。この分だと、「第二段階のみきわめ」も合格しちゃうだろうし、後はいかに卒検をクリアするか?ということになるだろうね。もう、自分としてのポイントははっきりしている。

第一:発進時の後方確認
第二:坂を下った後の右折後の右折(コースを間違えない)
第三:波状路の時間(ただし、安定重視)
第四:急制動の速度(出し過ぎない)
第五:平均台の時間(ただし、安定重視)

さぁ、がんばるぞ!

-----------------------

続いての教習は、シミュレータだ。これ、つまんないんだよなぁ。

教習パートナーは先ほど一緒だった年配の男性。もう一人は、第二段階の最初にいっしょだったAT二輪の女の子。やはり教習ペースがだいたい一緒なので、同じタイミングで巡り会う事が多い。

教官は初めてお目にかかるM田さん。まるで宝塚の男役を思わせるようなボーイッシュな女性教官。失礼ながら声を聞くまで男性だと思ってた。それにしても教官(インストラクター)は、いっぱいいる。あまり同じ人に巡り会わないのはすごい事だ。

Sdsc05115_2

今回のシミュレータは「危険予知」だ。というか、普通二輪でやったのと同じだ。実車を使う訳じゃないので、大型二輪の教習として行う意味は無いような気がする。まぁ、安全に対する意識の啓蒙なので、やっておいて損は無いと思うけど。

シミュレータ中では、トラックの脇からバイクが出てきたり、脇から自転車が出てきたりと色々なイベントがあり、そのイベントにひっかかるのがお約束な訳。その通り、何回もぶつかった。

Sp1000164

ちなみに、大型二輪は1時限あたりの教習コストは普通二輪よりも若干高い。それなのに同じ内容の教習って、ちょっと違うんじゃないの?って思ったり。

ま、そんなこんなでシミュレータは完了。後は残すと所、みきわめの1時限だけだ。さっきの教習の調子だと、たぶん、みきわめ自体は合格だと思うので、もう目標は技術精度の向上と、コース中の安全確認漏れがないか?を重点的に行う事になる。

はぁ、楽しかった大型二輪教習も後1時間だ。

---------------------

ちなみに、教習中に「けん引」の車庫入れ教習風景を少し見かけた。大型自動二輪の免許が取れたら、次は「けん引」でもチャレンジするかな。

 

宝塚スターカレンダー 2010年

宝塚スターカレンダー 2010年

価格:1,500円(税込、送料別)

 

« 大型自動二輪教習:5日目(第2段階 3~4時限目) | トップページ | 大型自動二輪教習:日目(第2段階 7時限目) みきわめ合格 »

バイク」カテゴリの記事

運転免許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/49222341

この記事へのトラックバック一覧です: 大型自動二輪教習:6日目(第2段階 5~6時限目):

« 大型自動二輪教習:5日目(第2段階 3~4時限目) | トップページ | 大型自動二輪教習:日目(第2段階 7時限目) みきわめ合格 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!