« SONY WX1でのテスト撮影 スキー動画 | トップページ | 動画編集を楽しむ パート1 »

2009年12月19日 (土)

スキーの技術をふりかえる

今年の初滑りのときは、最初は、少しドキドキする。果たして滑れるんだろうか?なんて。最初の一本はボーゲンで?なんて思ってリフトを降りたわけだが、そのあとの軽い斜面があって、もうボーゲンなしで滑ってしまった。

「なんだ、いけるじゃん」

と思ってしまったわけだ。でも、その後、何でもない平地でコケたが・・。愛敬ってことで。

M4h016761

その後は少しづつ思いだしながら、一つ一つの滑りを確認してみることになる。ターンするときの重心移動、エッジの切換え、体の向きあたりだろうか。ロングターンで、これらを確認したら、次はショートターン。雪が新しくて引っかからないので、ショートターンはすごくやりやすい。

思えばショートターンは、昨シーズンの最後の方で練習した。春スキーで雪がひっかかる事が多かったので結構苦戦したわけだが、今の時期は実にやりやすいことがわかった。なるほど、そういうことね。

あまり力まずにターンできることがわかってくると、けっこう長く滑れるものだ。春スキーはどうしても踏んばる回数が多いのか、長くは滑れなかったけどね。昨シーズンは結構回数を行ったが、スキーがわかってきたのは後半の方だった。今回は最初から楽しく滑りたいものだ。



« SONY WX1でのテスト撮影 スキー動画 | トップページ | 動画編集を楽しむ パート1 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/47059389

この記事へのトラックバック一覧です: スキーの技術をふりかえる:

« SONY WX1でのテスト撮影 スキー動画 | トップページ | 動画編集を楽しむ パート1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ!