« VAIO Type PのGPSモジュール | トップページ | XP vs Win7 »

2009年11月 9日 (月)

登山にVAIOでGPS

先日からの話で、VAIO Type PのGPSがWindows XPで使えるようになったことから、VAIOを片手に登山にくり出してみようと思ったわけだ。実際には登山に行くのが主でVAIOは「ついで」ではあるのだけど、GPSの性能を調べるには、いいチャンスだ。


登山のレポートは別途したい。向かったのは千葉県の高宕山という標高300mちょっとの低い山だ。でもココってアナドルなかれ。絶壁あり、ハシゴあり、ロープありとかなり変化に飛んだコースであり、非常に怖かった・・・じゃなくて、楽しめた。

登山中に要所要所でVAIOを起動。案の定、vaiop_wirelessは無反応になるので、ターミナルを起動して、COM9に接続。
 ATE0
を送ると、すぐに復活してくれる。カシミール3Dを地図とし、現在地点を確認する。おぉ、すばらしい。どこにいるか?が瞬間的にわかる。あとで確認したのだが、ちゃんと正確に出ているようだ。

Dsc00822


さらにほぼ下山完了をしたのだが、ちょっと道を間違えて逆方向に行ってしまった。そんな時に、VAIOを起動し、GPSで確認すると反対方向に進んでいることがわかった。

その後、VAIOを片手に歩いていくと、元どおりのコースに戻っていることがわかった。おぉ、コイツは便利だ。

Dsc00878

未開拓山の登山なら別だが、私が行くような登山は決められたコースであり、コースにそって歩いていれば、道に迷うケースは少ない。だが、「自分がどこにいるのか?」が正確に把握できれば、モチベーションも維持できるし、ペース配分にも役に立つ。正確に位置を把握するには登山地図にリンクできるGPSが便利だ。そんなニーズにマッチするのが、VAIO Type P+カシミール3D・・・・・・のわけないか。

今回の登山は登山時間も短く、荷物も少ない。真夏と違って水分も多く必要としないので、その分、VAIOを持っていく余裕があったが、険しい山道でVAIOを片手に登山をするわけには、いかないだろう。

やはり本格的には、登山用GPSが必要化もねぇ。まぁ、それは来年以降でもいいか。


ガーミン・イートレックス・レジェンドHCx【日本語カラー画面ハンディGPS】

« VAIO Type PのGPSモジュール | トップページ | XP vs Win7 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/46720703

この記事へのトラックバック一覧です: 登山にVAIOでGPS:

« VAIO Type PのGPSモジュール | トップページ | XP vs Win7 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!