« 歯医者に行く | トップページ | スキー場のライブカメラを楽しむ »

2009年11月17日 (火)

ダーツバーで撮影する

職場の連中と時にはダーツバーにでも行ってみるか?ということで行ってみた。 自分の回りにはいないが、少し範囲をひろげるとダーツ愛好家というのは結構いるようである。

皆さん、マイダーツ持参でやってくる。自分は持っていないので、ただただ感心するばかり。へぇ~みんなダーツもってるんだね、って感じで。

せっかくなので、暗いところで強いSONY DSC-WX1がどのくらい暗いダーツバーで力を発揮するか?を撮影してみたところだ。

01_dsc00669

やはり、ダーツ台。フラッシュはなし。ダーツ台自体が発光源でもあるので、けっこう簡単にキレイに撮れる。まぁ、こんなもんということで。

02dsc00625

フラッシュで撮影してみる。ダーツを投げる人が今まさに投げるところだが、けっこうキレイに撮れている。私はフラッシュはあまり使わないが、ある意味わざとらしさが、以前のデジカメに比べて少ない感じだ。

03dsc00681

フラッシュナシで、撮って見た。他にも沢山撮影したが、投げる瞬間の撮影では「投げる人」の手が消える傾向にあり、ちょっとした心霊写真のようだった。この写真は投げる人が投げきった瞬間なので、手は写ってるが、ちょっとボケ気味。

04abc

薄暗がりでの人物撮影。被写体の人が「私は撮影されるのがイヤ!」って感じだったので、なかなか撮らせてくれなかったので、ある意味、予告ナシで撮ったこともあり、今ひとつハッキリしていない。被写体の左手が動いてしまってるのは仕方ないが、まぁ、それはそれでキレイに撮れたほうだろう。


WX1は暗がりで強いという。確かに以前のデジカメに比べれば、だいぶよくなったと言えるだろう。でもまぁ、万能視するわけにもいかないか。それなりということで。

え?ダーツの成績・・・・。ぜんぜんダメですよ、えぇ。

« 歯医者に行く | トップページ | スキー場のライブカメラを楽しむ »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/46836587

この記事へのトラックバック一覧です: ダーツバーで撮影する:

« 歯医者に行く | トップページ | スキー場のライブカメラを楽しむ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!