« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の28件の記事

2009年11月30日 (月)

スキーキャリアを新調する

BPレガシィは、スキーキャリアの位置が後方すぎる。なので、ちょっと長いスキーを載せると、リアゲートに干渉しやすい。ボードならそうはならないが、スキーは干渉する。

今までのTERZOのキャリアでは、150cmのスキー板だと干渉しないが、160cmだともうギリギリであり、スキーの重ね積みは出来ない。

詳しくは過去の記事を参照のこと。
http://legacy-blog.way-nifty.com/blog/2009/03/post-d5c7.html

というわけで、これなら何とかなるか?と思い、INNO製IN931を購入することにした。
http://www.carmate.co.jp/inno/system/ski_snowboard/dual.html

色々ネットで調べたが、BPレガシィで長いスキー板がリアゲートに干渉しないドンピシャの画像は見当たらなかったのだのだが、まぁ、大丈夫だろうと。ちなみに、INNOのサイトでは装着例としてBPレガシィとフォレスターが出ているが、リアゲートの干渉については触れておらず残念だ。

また、私は今までTERZOのベースキャリア+バーを利用しているが、今回は、INNOのキャリアである。

バーのサイズは、TERZOが幅1mm狭く、高さが2mm小さい。
詳しくはコチラで。http://www.carcareer.jp/terzosize.html

TERZOのバーにINNOのキャリアであれば、入らない事はないだろう。また、1mmなら誤差の範囲で締めれば何とかなるか?ぐらいと考えた。

で、早速注文、一週間かからずに届いた。

0001dsc01308

届いてビックリ。重い!今までのTERZOのキャリアの1.5倍ぐらいの重さだ。ずしりと来る。やはり可動部があるのでそのあたりの強度を保ってるのかもしれない。

0002dsc01314

部品はシンプル。キャリア本体とボルト。後はINNO製品でよくある隙間塞ぎ用のゴム。六角レンチも付いているので、そのまま使える。カギが大きめなのが印象的だ。

0003dsc01318

取付けは簡単だ。レガシィにはすでにベースキャリア(TERZO)が付いているので、長さ調整を行なう。

0006dsc01329

まずは、後方のベースキャリアに載せてみる。後方の方が幅が狭いからだ。これで、キャリアの幅を決める。

0007dsc01333

幅を決めたら、前方に付ける予定のキャリアも同じ長さに調整する。

0008dsc01338

幅を調整したら、キャリアを載せて、軽く締付けボルトを締めてみた。

ところが・・・・意外にガタつく。どんなに強く締めてもガタつく。こりゃまいった。高速道路も走るにもかかわらず、このガタつきは不安だ。

0009dsc01342

この写真は、キャリアとバーのスキマだ。確かに1mm程度のスキマがある。このスキマでガタツキが出るようだ。ふ~ん、スペーサが必要だな。

とりあえず、家の中にあるいろんな金属片みたいな何かを色々集めて持っていった。試してみるしかない。だが、1mmのスキマに1mmのスペーサは入らないだろうから、0.5mmぐらいが丁度いいかも、なんて思って調べた。

0010dsc01345

結論はこれ。カー用品店で売ってる金属製コードクリップだ。裏には両面テープが付いている。色々調べたがこれがジャストサイズ。値段も安いし、これなら毎年交換してもよい。

0011dsc01347

写真のようにケーブルと付ける部分を切取る。ペンチでグリグリやれば簡単に切れる。

0012dsc01349

これをキャリアのステー部分の盛り上がった部分に貼り付ける。勿論、片側だけね。一本のキャリアで、4枚貼り付けた。

0013dsc01354

微妙に見にくいがスキマが埋まった。両面テープが有るぶん、若干、厚みがあるが、キツキツではないので、押せば入るレベルだ。位置を合わせつつ、取りつけた。

0014dsc01356

おみごと! TERZOのベースキャリアに、INNOのスキーキャリアの取付けに成功しました。
心配されたガタツキもなくなり、しっかりと付きました。この後、スキーを取付けて、ガタツキがないか? 走ってみてどうか?などのテストを繰返したが大丈夫なようだ。

まぁ、メーカー保証外のやり方なので、一般人は真似しないほうがいいかも。

え?肝心のリアゲートの接触はどうか?

それはですね、次回にしましょう。


【ココが一番安かったね。】

2009年11月29日 (日)

卓球!?

バレーボールは何回かやったんだが、卓球に誘われるとは。

職場のレクの一環で、卓球に誘われたのでチャレンジしてみた。かれこれ20年ぶりぐらいだろうか?人生で1~2回、学校の授業でやったっきりかもしれない。ルールも知らないので、Wii Sportsで予習はしておいたが、あまり役には立たなかったな。

Dsc01142

やってみとわかるのだが、卓球というのは、「意外にあたる」ような気がする。ただ、ちからの加減が難しい。卓球台は御覧の通り狭いし、ボールは軽いのでちょっと力を入れれば、ホームランだ。

力の加減をセーブしながら、やんわりと当てることで、ある程度、続ける事はできるね。まぁ、温泉卓球の域はでないとは思うが。

Dsc01174

Dsc01290

何回か勝負したんだが、ぜんぜん勝てず。結局、私が最下位で幕を閉じることになった。まぁ、そんなもんかいな。でも、意外に熱くなるのも事実だね。温泉卓球って、さいきんじゃあまり見かけなくなったが、盛上がる理由もわかったような気がする。

是非、もう一度チャレンジして雪辱を果たしたい。

2009年11月27日 (金)

キャリア取付部がサビてる!?

スタッドレスの次は、スキーキャリアだろう。で、取付けようと思って、ルーフレール部のカバーを外してみた。

Dsc01041

写真のようにボルトの頭、及びキャリア用のネジ穴がサビているようだ。実はこれは昨シーズンの時に発見して気にはしていたが、普段は見えないので、忘れていた。キャリアを付けていても、外していてもカバーされる部分だし、水ッ気もたまりやすいのだろうか。

Dsc01043

サビてない部分もある。多少差があるのだろう。

Dsc01045

キャリアを付ける前に錆びとりと、CRC556を行なってみたが、あまりキレイにはならなかった。まぁ、このぐらいのボルトなら、値段も高くなしい、何かのおりに交換してしまってもいいのだが。塗装されているボルトなのに、なんでサビるのかな・・・・・というのがちょっと気になるぐらいです。


2009年11月26日 (木)

アウトドア+スポーツショップを楽しむ

スキーや水泳、登山等いろいろなスポーツやアウトドアに手をだすと、それらに必要な用品が欲しくなるわけで、その場合に、「どういう御店にいくか?」がポイントになる。何にしても買物は楽しいわけで、身体を動かすのも楽しいが、使う道具を選んだり買ったりするのも楽しいのだ。

なので、スポーツ用品やアウトドア用品の御店にはちょくちょく行くことになる。ネット通販でも良いが、「やはり実物を見たい」と思う。衣類等は色やサイズ、型なんかはWEBの写真ではわからないもんだし、やはり展示品が沢山あるところがいいよね。実際に、WEBの写真と実物では全然見た目が違うことはよくあることだ。

アウトドアだと東京近辺であれば、L-Breathが都合がいい。神田や新宿、横浜にあるが、私は神田によく行く。新宿や横浜(トレッサ)にも行った事があるが、神田が一番品揃えがいいような気がするね。

Dsc00268

L-Breathは、衣類が豊富だと思う。上着やズボン、レインウェアやスノーウェア、小物も含めて沢山の展示分があるのが嬉しい。実際に手にとって見て、また着てみたりして具合を確認することになる。メーカーやタイプによって、着てみた感じが違うことはある。自分はLサイズが基本だが、一個上のサイズ(LLとか)にしたほうがいい場合もあるわけで、そのへんの見極めはネット通販ではできないことだ。

また、気に入ったものがあれば、その場で欲しいワケだしね。ちなみに価格はネット通販もL-Breathも大きな差は無いね。時々バーゲンとかをするぶん、L-Breathの方が分がイイかもしれない。

L-Breathはビクトリア系だが、アルペン系としては、Sport Depoがある。これはまだ新しいようであまり店舗は多く無いようだが、自分の近場では川崎(浜川崎)にあるね。

Dsc01094

ここの売りは、カバー範囲だろう。サッカー、野球、テニス、バレーボールにバドミントンとあらゆるスポーツ用品をカバーするだけでなく、登山、バーベキューなどのアウトドア用品、それに今の季節ならスキー&スノボ用品もカバーする。ポイント制度もあるし、けっこう御得だ。

幅広い品揃えの中から自分にあった一品を選ぶには、実に都合がイイと思う。登山に使いたいが、自分はナイキがいいんだよね、なんて場合もOKだ。登山専門店にナイキは置いてないしね。

その代わり、一つの分野あたりの品揃えはイマイチかも。最近行ってみたが、ここでスキー板やブーツを買う気にはなれない。スキー板にしてみれば、ヴィクトリアよりも扱う製品の種類が少ないし、値段も安くない。これなら神田のスキー用品専門店に行った方が全然いいでしょうね。

ただ、掘り出し物は有りそうだ。エランのファンスキーが意外に安かったのは、ちょっとメッケモノかも。

Dsc01098

Sports Depoの川崎店は、駐車場が広いのがよい。2時間までは無料だし、5000円の買物で3時間無料になる。秋葉のヨドバシに見習って欲しい。

【ネット通販ではコチラ(品揃えと対応の良さで御薦め)】


2009年11月25日 (水)

治療した歯が馴染む

先日、治療した歯は、治療直後は異物のような感覚だった。前の経験もあって、「いずれ慣れる」と思い、我慢することにした。気にして触ったりしてもしょうがないし。

最初は何かハサまったような感覚で、できれば取りたいような・・・でも段々と異物感は無くなってきた。でも、まだ治療した歯でかむと何か違和感がある。やはり歯にも慣らしが必要であり、まだ本調子とはいかない。

2~3日経ってくると、治療した歯でかんでも特に違和感もなくなってきたし、痛みも無い。でも何か違うようである。

まぁ、後は慣れるしか無いよね。少しづつ使って慣らしをし、元に戻したいと思う。歯が健康じゃないと美味しいものがおいしくないしね。


2009年11月24日 (火)

雪はあるのか?

自分としては、いつでもスキーに行ける状態なのだが、肝心の雪はイマイチのようだ。かぐらスキー場は、何とか昨日オープンしたようだが、「なんとか・・・」というのが本音のようだし、今後、降雪がなければ営業中止もありえるとか。

【こちらが詳しい】
ようこそ、みつまたロッヂへ!!
http://blog.livedoor.jp/mitsumatalodge/archives/51426863.html

他にも昨年行ったスキー場のホームページやブログサイト、ライブカメラなどを見てて、

 「雪無いね」

というのが本音だ。まぁ、まだ11月だし、これからか?とも言えるが、ちょっと不安だねぇ。12月に入れば、世の中変るのか?それともこのまま年末年始まで突入するのか? それは神のみぞ知るだろうか。


今から20年近く前、まだ、スキーバブルまっさかりのころって、11月末には「初滑り!」と行ってたような気もするが、温暖化の影響なのか、だんだん遅くなってるのかも。このまま温暖化が進むと、日本国内では「北海道だけがスキーができる」なんてことになっちゃうのかな。

それはせつない。。。。。。


スキーをメンテナンスする

さぁって、そろそろシーズンインも間近だ。車の冬仕様も揃ってきたので、スキー用品も出して手入れをすることにした。天気もよかったしね。

しまってあったスキーを出してマズはワックスをかけ、天日干し。天日干が効果があるのかどうかはわからないが、リフレッシュになるんじゃないかな。気分だけは。

01_dsc01019

これらは、古いスキー板達だが、今年、どのくらい使うかは未定だけども。初滑りはまだ雪も少ないので、これでもいいかも。ファンスキーはもう10年モノだが、大丈夫かな?

ELANのファンスキーが2万弱で売ってたので、つい買いそうになってしまったが、年間、1~2回の利用じゃもったいないような気もするし。

03_dsc01025

ブーツは昨シーズンの最後によく乾燥させたと思ったが、今回も出して天日干し。今日は天気もよかったので、十分に日光消毒ができたのではないかと思う。今年も頑張ってほしいね。

02_dsc01026

去年、新調したサロモンの板。昨シーズン後にチューンナップ済みなので、特に今何かすることはないが、一旦出して、もろもろをチェック。今年もお世話になるよ。

さて、早く行きたいもんだ。

そういえば、「かぐらスキー場」もオープンしたようだが、今だ、1コースのみだし、今行ってもあまり楽しめないだろうね。もうしばらく様子を見ようと思う。でも、今のところ、関東近辺はあまり雪が降る予定でも無さそうだ。やっぱり12月かねぇ。


2009年11月23日 (月)

街で見かけた風景

行きつけの地下駐車場で発見。実にキレイなポルシェだった。色も何となくWRブルーっぽいし。やっぱ、いつかは所有してみたい気もするね。

01_dsc01001

ただ、ポルシェは経営難でフォルクスワーゲンと合弁だとか何とか。ポルシェ自体はブランドとして存続なんだろうか?ポルシェと言えど、安泰では無いってことか。21世紀の世の中、もはや車はエコカー全盛だからね。スポーツカーと言えど、エコでなければならない・・・・なんて。


次に街中を走ってて遭遇した車。おぉ~これはワイルド!今時、こんなデカいタイヤを付けた車は珍しい。

02_dsc01008


03_dsc01015

04_dsc01007

別に「あとをつけた」わけじゃないですよ。たまたま方向が同じだったので、ちょこっと写真に撮らせてもらいました。今から20年ぐらい前、バブル真っ盛りの頃には、この手のハイリフト車は沢山走ってましたけどね。最近ではめっきり見なくなったので、懐かしくも思いました。でも、コノ車は、3ナンバーなんだ。


タミヤ RCC ジープ ラングラー(YJ)(電動RCカー:58429)【ラジコン・タミヤ】


2009年11月22日 (日)

例年より遥かに早い。スタッドレスに換装

さぁ~ってそろそろかな?と思い、意を決してスタッドレスに交換することにした。タイヤ交換は気合いが必要だ。「絶対に交換するんだ!」と思うことが必要。

タイヤを運び出すのに1時間、交換と整理に2時間、またタイヤを保管場所に運ぶまでが1時間。合計、4時間かかるしね。今日は天気が微妙だったが、明日は別の予定もあるし、今日やってしまうことにした。

スタッドレスに交換する日は朝からの気合いが必要。休みと言えど、朝一に起床し、朝食を食べて体調を整えておく。その後、天気を見たうえで、「今日はなんとかもつか!?」と、もう、呪文を唱えるが如く、様子をみながら決意。

作業を開始する。私はタイヤを有る場所に預けてあるのでマズは取りに行く。前はその場で交換したが、最近は駐車違反もウルサイし、いったん持って帰ってくる。

01_dsc00970

私はタイヤを専用のケース(袋)に入れてあるのだ。

02_dsc00972

袋から出して、状態を簡単にチェック、左右の違いも確認する。

03_dsc00975

前輪、後輪を決めたら空気を入れる。空気圧をちょい高めに入れたら、後はジャッキアップ+交換を4回やるだけだ。さぁ、がんばるぞ!!

04_dsc00978

後輪の交換中。次に前輪だ

05_dsc00983

私はパンダジャッキをつかってるが、この車は車高が低いので交換する順番が重要である。右前輪、右後輪、左後輪、左前輪の順番か。前輪をジャッキアップすると、後輪も引きずられて上がるし、乗らない限りは少し車高があがるので、後輪のジャッキアップもやりやすい。

06_dsc00984

外したタイヤは、傷つけないように慎重に扱う。

07_dsc00989

全部のタイヤを交換したら、一輪づつトルクレンチで締付ける。今回は、9.8kgで締付けた。

08_dsc00993

無事にタイヤ交換終了。

09_dsc00994

その後、空気圧をチェック。素のタイヤと車体に付けた場合では若干の差異があるので、一度チェックし、不足しているようなら空気を追加する。

10_dsc00997

いやまぁ、合計4時間のタイヤ交換作業だった。作業完了したときに、ほんのわずかに雨が降ったが、本当にわずかだったので、助かった。これも日頃の行いだろうか???


2009年11月21日 (土)

続・歯医者

今日は運命の日だ。

先日、歯医者に行って、「次回は今度の土曜日ね」と言われていたんだっけ。先日は虫歯の部分を削り、型をとったんだっけ。今日は、その部分の仕上げとなる。

時間は12時だったかな。朝から起きて、まさに秒読みという段階で家で待つ。何度もいうが、いくつになっても歯医者というのは好きになれない。待ってる段階は、ほんとうに「マナイタの上のコイ」だろう。

今日はどうなるんだろうか? 治療は終るのだろうか? さらに何か言われるのだろうか? 

期待なのか、なんのかはもう、よくわからない。歯科医院の中に入り、そして診察席に通されると後はマナイタのコイなのは先に言ったとおりだ。


そして・


今日は、まぁ、難なく終ったというところだろうか。その後で検査もしたが、とくに、他に、虫歯もなかったので、治療は今日で終わりだ。3~4回は通うのか?と思ったのだがそうではなかった。ただ、年齢相応に、弱ってる部分もあるので、「注意するように」と言われた。

何にしても大事に至らずによかった。特に今回は、「歯医者にいくべきか?」と悩んだのだが、最終的には、「おいしいものをおいしく食べたい」ということで、歯医者に行ったわけだ。それが良かったのだろう。早期発見、早期対処で特に大ごとになることもなく、無事に治療を完了した。歯医者さんには、「半年単位での健診」をすすめられた。今度は実行しようと固く誓うのであった。

2009年11月20日 (金)

スタッドレスって必要?

職場でこんな会話があった。

「今年は自分の車でスキーに行ってみたい。スタッドレスって必要ですかね?」

自分の車をもつ若者が減ってる中で、さらに自力でスキーに行く奴など、どんどん減っている。そんなところで、このような会話ができること自体、最近ではめずらしくなった。でもある意味嬉しいような。

もう、全力でスタッドレスを買うことを進めた事は言うまでも無いだろう。

 「雪道でのコントロール」
 「スタッドレスとチェーンの違い」
 「タイヤ交換の仕方」

などなど。こっちからはいくらでも喋れるけどね。

聞いてみると、
 「値段」「置き場所(保管)」「交換の手間」
がネックのようだ。ま、これは自分でも経験ある。当然だろう。でもスタッドレスはそれでもありあまる効果がある。一緒にいくほどの仲ではないけれど、ひょっとしたらその内行くかも知れないし。買ってくれるといいなぁ、スタッドレス。

さて、自分もそろそろタイヤを変えようか。

2009年11月19日 (木)

かぐらのオープンは延期か?

今週末にオープンを予定していた、かぐらスキー場は、オープンを延期したようだ。

かぐら情報局
http://blog.princehotels.co.jp/ski/kagura/

理由は
・今週、雪が降ったが圧雪したら薄くなった
・思った以上に雪が無い。
だそうです。

ふ~ん、今年は暖冬なんだろうか。来週の天気は雪が出ていないので、今月中のオープンは望み薄かもしれないね。ま、今月に行く気かは無いのだが、12月までには積もってほしい。

2009年11月18日 (水)

スキー場のライブカメラを楽しむ

さぁ、今日は寒くなってきた。都心も寒かったし、日本各地に寒波が来たようだ。寒いのはちょっとアレだが、スキー場に雪が降るのは歓迎する。

どんな様子なのか、ゲレンデのライブカメラを眺めて楽しんでみた。


かぐらスキー場

http://live.klox.co.jp/cgi-bin/kamobotix.cgi?id=5&cam=0&date=today&mode=daily


尾瀬岩鞍スキー場

http://www.oze-iwakura.co.jp/ski/livecam/index.html

丸沼高原スキー場

http://www.npd.co.jp/malnuma/live.php

昨年、何回か行ったスキー場。今日見ないと明日にはまた変るかもしれない。見ていると、丁度、今日の午後ぐらいから雪が降りだしているようだ。雨交じりもありそうだが、今週は雪が続くようなので、勢いづいてくれればねぇ。降雪量がすごいかぐらゲレンデが、まだ雪が無くて、やっとうっすら積もったようだと、まだまだだろうか。

かぐらスキー場は、今週末にオープンの予定だったけど、これで終っちゃうと厳しいね。まぁ、11月は愛敬ってことで、12月に期待したい。12月初旬に初滑りを考えているので、それまでに積もってくれれば。

天気654674(38-0247)雪の結晶Snowflake

2009年11月17日 (火)

ダーツバーで撮影する

職場の連中と時にはダーツバーにでも行ってみるか?ということで行ってみた。 自分の回りにはいないが、少し範囲をひろげるとダーツ愛好家というのは結構いるようである。

皆さん、マイダーツ持参でやってくる。自分は持っていないので、ただただ感心するばかり。へぇ~みんなダーツもってるんだね、って感じで。

せっかくなので、暗いところで強いSONY DSC-WX1がどのくらい暗いダーツバーで力を発揮するか?を撮影してみたところだ。

01_dsc00669

やはり、ダーツ台。フラッシュはなし。ダーツ台自体が発光源でもあるので、けっこう簡単にキレイに撮れる。まぁ、こんなもんということで。

02dsc00625

フラッシュで撮影してみる。ダーツを投げる人が今まさに投げるところだが、けっこうキレイに撮れている。私はフラッシュはあまり使わないが、ある意味わざとらしさが、以前のデジカメに比べて少ない感じだ。

03dsc00681

フラッシュナシで、撮って見た。他にも沢山撮影したが、投げる瞬間の撮影では「投げる人」の手が消える傾向にあり、ちょっとした心霊写真のようだった。この写真は投げる人が投げきった瞬間なので、手は写ってるが、ちょっとボケ気味。

04abc

薄暗がりでの人物撮影。被写体の人が「私は撮影されるのがイヤ!」って感じだったので、なかなか撮らせてくれなかったので、ある意味、予告ナシで撮ったこともあり、今ひとつハッキリしていない。被写体の左手が動いてしまってるのは仕方ないが、まぁ、それはそれでキレイに撮れたほうだろう。


WX1は暗がりで強いという。確かに以前のデジカメに比べれば、だいぶよくなったと言えるだろう。でもまぁ、万能視するわけにもいかないか。それなりということで。

え?ダーツの成績・・・・。ぜんぜんダメですよ、えぇ。

歯医者に行く

もう2~3週間ぐらい前だが、晩ご飯を食べてて、何か奥歯にひっかかったような違和感があった。その時はあまり気にしなかったのだが、その後、食べるたびにひっかかるので、なんか気になる。

鏡で見ても、特に悪くは無さそうなんだけど。気にはしてたが、痛くはなかった。そんなこんなで様子見だったわけだが、良くなるわけもないし、

 「おいしいものをちゃんと食べたいし」
 「ほっととく、もっと悪くなるのもマズイ」

と思い、歯医者の門をくぐる。

Dsc00910


しかしまぁ、歯医者というのは、いくつになってもイヤなものである。今日はすいてて、スグに診察してくれた。歯医者に来たのは3年ブリだが、私が行く歯医者さんは、なんともセセコマシク動くのだ。院長さんもそうだが、若手(たぶん息子?)もみんなセセコマシイ。

レントゲンを撮って、待つ事しばし。歯医者で診察台に座り、まっているのは、マナイタのコイの心境。本当にそうだ。いったい、どう料理されてしまうのか!?ドキドキだし、非常にコワイ。いや~本当にコワイ。つくづく自分を小心者だと思ったり。

診察してもらったところ、奥歯の治療した部分の奥で虫歯になってて、そこがカケたとのこと。ひえ~そうだったんだ。

その後、治療を開始。以前に治療した部分をハガシ、虫歯を削り。神経に達して無ければ大ごとにはならないとか。神に祈りつつ、治療を受ける。

その後、
 「うん、大丈夫だろう」
ってことで、神経までは行かずに済みそうだった。よかった。祈ったかいがあった。

今日は、削って型取りをし、仮のパテみたいなものをかぶせて終わり。かぶせる歯形を作ってもらって、次回完成か。


治療してもらう度に思うが、歯医者さんというのは医者というより技術者だな。歯を造形する技術者。

治療してもらってるときに、歯医者さんの顔面が目の前にあるわけだが、彼等の目線は、「私の歯」であり、私ではない。そして彼等の目は、「治すべき物体」をみており、「人」を見ているようには見えない。

いや、まぁ、なんというか、それが悪いわけじゃないし、当り前だが、ちょっと複雑だね。

そうそう、歯医者というのは一度行くと、しばらく通うことになるだよなぁ。いろいろと。まぁ、この際悪い所は治してもらおう。


【送料無料】「阿波牛の藤原」ちょっとリッチな「切り落とし」1kg2年連続!!グルメ大賞受賞♪...

2009年11月16日 (月)

雪ないの?

先日、スキー場の状況を書いたが、その後、実は雪が無いことがわかった。例年、11月下旬にはオープンするかぐらは、11月初旬に大きな積雪があったのだが、現在は、キレイに消えてしまったようだ。

かぐらのライブカメラ
http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/livecamera/index.html

あら~、まったく無くなっちゃったね。雪が続かないのと、気温が高いということだろうか。

その他、群馬、湯沢近辺のスキー場をチェックしてみたが、どこも雪が無いようだ。そういった中で1コースだけだがオープンした丸沼高原は大したもんかな。

かぐらのオープンは、11/21だ。今週末。今週の天気は、所々に雪が予定されているが、どか雪ということじゃなく、こりゃ、オープンは厳しいかな。


2009年11月15日 (日)

登山シリーズ:石割山を登る

登山シリーズもかれこれ10回目か。今回は、フラッと気楽に登れる所として、この石割山を選んだ。山中湖湖畔からすぐのところにあり、富士山も近いし、間近で見られる。また、低山としては人気があるそうなので、今度、登山初心者の友人を連れてくるための下見にもなるだろう。

地図はこうだ。

01_

地図にも有るとおり、本当に富士山の目の前だね。

02_imgp4071

駐車場はそんなに広くないが、スペース的には余裕があった。誰もこないかな?と思ったら結構登山客はいたね。

03_imgp4076

イキナリ熊注意のカード。随分、大きく出ているので本当にいるんだろう。熊除けの鈴を付けて登山開始。

04_imgp4078

さて、この鳥居が目印だ。

05_imgp4080

鳥居をすぎると、そっから先は、まさに天国への階段!?この階段の量にマズめげる。行けども行けども階段。さて、時間にして30分はかからなかったと思うが。

06_imgp4095

階段を登り切りと、そこには休憩所らしきものがあり。ここで休んでもいいが、まぁ、それほど疲れているわけでもないので、登山を続行する。

07_imgp4100

なんか脱力感のある看板。下にズリ落ちてる感じが何とも。

08_imgp4101

コースは樹林帯に作られた一本道をのんびり登れば良い。

09_imgp4119

時期的には9末だったのだが、まだ、少し花が咲いていた。低山ならではなんだろうか。

10_imgp4126

御神木。これ、下から上までけっこう立派な木ですかね。パノラマ撮影できればよかったのだが、まだ、新しいカメラを買う前だったので。

11_imgp4132

有名な石割神社。目の前の巨大な裂けた石が、その名前の由来。御神体なんだろうね。まつってあった。軽くお賽銭を入れてパンパン!

12_imgp4140

御神体の石の裏に回ると、その裂けた様子が見える。丁度、人一人通れるスペースだ。試しに通ってみたが、最後に荷物がツカエタ・・・

神社をすぎて、少し登れば、石割山の頂上だ。

13_imgp4155

これは頂上に有るパネル。

14_imgp4157

さぁ、富士山の絶景が見られる・・・・と思ったがそこには霧深い・・。あいにくの天気であり、目の前に富士山があるところが全部雲になってしまった。朝方は天気がよかったんだけどねぇ。残念。少し待ってみたが変る様子も無いので、頂上をあとにした。

頂上で出あった御老人の話しによれば、「天気が良ければ本当に眺めがいいよ」との事。また、こよう。

石割山は、ここから平尾山に向かう。というか軽く下って登るぐらいで大した事はない。

15_imgp4176

16_imgp4180

平尾山に着いた。というか丘みたいなもんかな。ここからも富士山が見られるのだが、あいにく見れない。ここでランチをとって、先を急ぐ。

17_imgp4197

さぁ、もう少しだ。

18_imgp4214

そうこうしているウチに下山を完了。この写真は駐車場より少し上側にある休憩所。時間にして、3時間かからない軽い登山だった。

この山は、けっこう有名なのか途中でいろいろな登山者にあったのが面白い。頂上であった御老人にも色々話が聞けたし。年配の御夫婦は、写真をかなり撮っていたが、声をかけられて色々話が聞けた。こういうのも楽しいものである。

19_imgp4223

この先に立寄り湯として、石割の湯がある。
http://www.ishiwarinoyu.jp/index_original.php

駐車場は施設目の前は、スグにうまってしまうようだ。少し先に砂利だが広い駐車場がある。施設は大きく、温泉はユッタリしている。でも山中湖も近いし観光地なので、客は多い。悪くはないけど、もう少し静かな方が好みかな。


LINDBERGに想う Part2

リンドバーグがすっかり気に入ってしまった。そこで古いCDではなく、再結成後の最新版CDを聞いてみたくなった。アチコチでも評判はいいのかな?なんて思い、ポチ!

LINDBERG XXを購入してみた。

CDを買うのは最近では頻度がすっかり少なくなった。ダウンロードやレンタルがほとんどだし、1枚のCDでマルマル楽しめるのも少ないしねぇ。

LINDBERG XXは、新曲を3曲含むがかつてのヒット曲のリメイクだという。詳しくはWikiに出ているが、さっそく聞いてみた。

で、一番最初に聞いた感触は・・・・え? というのが第一印象。そう、リメイクに期待するのは、原曲のイメージだったのだが、自分のイメージと違うために、「え?」と思ったわけだ。 そう、1回目は。

でも、このアルバムのイイところは、繰り返し(と言っても2~3回)聴いているうちに、「いや、実はこのアルバムはすごくいいかも」と思えてきた。というか、本当にイイ!

ボーカルの渡瀬マキは、かつては良く言えば「元気がよく」、悪くいえば、「子供っぽい」という感じでもあったが、すっかり大人っぽく優しい声になったと思う。それでも元気の良さは相変わらずである。また、曲の雰囲気に合わせて、歌い方を変えている。こんな色々な唄い方が出来たんだ、と再認識。

サウンドは、昔の雰囲気を残しながら今風。でもまぁ、洗練されている。ダテに年数を重ねてないと思える。

前15曲だが御気に入りを紹介

1)Re-FLIGHT ~あの日描いていた大人になっているか?~
正に再出発という曲だろうか。自分達はこういうふうに成長したよ。君たちはどうなった?というメッセージとも思える曲。前半の問かけ調から、サビの盛り上がりが最高に気持ちイイ。このサビの盛り上げは、リンドバーグはウマいな!と思う。このアルバムで一番の御気に入りは、これかな。

2)胸騒ぎのAfter School
これはリメイクなんだけど、これの原曲を聞いた事がなかった。活動後半の曲はあまり聞いてなかったし。こういうベース+リズム中心で始まる曲は結構好きだ。

3)GAMBAらなくちゃね
正にリンドバーグらしい一曲。前半からサビにかけて徐々に盛り上げて、サビで最高にもっていく。渡瀬マキの伸びのあるボーカルがすごくマッチしている。

4)every little thing every precious thing
バラード調。でも元気のいい曲。リンドバーグはバラード調でも元気をもらえるのが面白い。ボーカルは大人っぽい優しい歌声。後半での「え~、ココまで音程をあげるの?」というところは、真似できないだけに心地よい。こうい裏返るまで声を出してくれる曲は、大好き。

5)行こう!!!!
これも新曲。自分達も色々と旅をしてきたが、結局は戻ってきた。また、新たな出発をしたい!なんてメッセージがこめられているのかもしれない。アルバムラストの曲らしく、最後は合唱っぽく盛上げる。


全体的には聞けば聞くほど、好きになる。そんなアルバムだと思う。末長く楽しめそうだ。



2009年11月14日 (土)

もう、スキー場オープンは目前か!?

そろそろ雪のニュースが聞こえてきている。今年はどんなシーズンになるのだろうか?昨シーズンに行った事があるスキー場のホームページをチェックしているが、ボチボチオープンの情報が出てきる。

・丸沼高原:11/14オープン!
あ、今日だったんだ。ライブカメラ映像によると、まぁ、一応滑れるがマダマダだね。元気よくオープンしているところがイイ。来月になれば、全面滑走できるかな。昨年度はシーズン後半に行ったんだけど、ハイシーズンに行きたい。日光白根山に登ったこともあり、雪景色の白根山も是非ゆっくりとながめて見たいぞ。

ライブカメラ映像
http://www.npd.co.jp/malnuma/live.php

・かぐらみつまた
やっぱココだよね。すごいぞ、この積雪は。さすがだ。もうすでに十分に滑れそうだ。オープンは11月末のようだが、いまから楽しみだ。

かぐら情報局
http://blog.princehotels.co.jp/ski/kagura/014354.php


今年は暖冬とも言われている。まぁ、毎年暖冬な気もするが。そろそろスキーの準備をしようかな。とりあえず、タイヤを交換すること。今年はスキーキャリアを、買い替えようかと思っている。レガシィのリアゲートにギリギリなのは、心臓に良くないししね。

こんなのを考えている。

【お買い得商品】カーメイト(CAR MATE) デュアルアングルツイン/IN931 ブラックXシルバー

XP vs Win7

Windows 7が発売されて、いろいろなところで記事が出ている。時々みているが、ベンチマーク関係は興味深い。

ベンチマーク対決 Windows XP vs Vista vs 7
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20091110_327662.html

この手の記事でみると、
 結果として、Windows 7のパフォーマンスは優れている
となるのだが、どうしてかな?

私がVaio Type Pで試したときは、Windows 7は遅くて使えないという印象だったのだが。別にベンチマークをするまでもなく、
 1)Window描画、移動、スクロールなど全体の操作感覚はモッサリである
が許せなくて、Windows 7の利用はやめた

他にも、
 1)コントロールパネルのアイコンの異常な数
 2)おせっかいなセキュリティ機能
も、気に入らない。これはVISTAも同じだけど。

原因として考えられるのは。
 1)VAIO Type Pだダメ
 2)CPUがATOMの場合はダメ
 3)ノートPCではダメ
なのかな?

でも、XPでは軽快に使えるわけだし、そのXPよりパフォーマンスアップしているというなら、別のPCは関係ないと思うけどねぇ。

XP < Windows 7なのか、XP > Windows 7なのか?

私としては、
 XP >> Windows 7
と思ったり。



2009年11月 9日 (月)

登山にVAIOでGPS

先日からの話で、VAIO Type PのGPSがWindows XPで使えるようになったことから、VAIOを片手に登山にくり出してみようと思ったわけだ。実際には登山に行くのが主でVAIOは「ついで」ではあるのだけど、GPSの性能を調べるには、いいチャンスだ。


登山のレポートは別途したい。向かったのは千葉県の高宕山という標高300mちょっとの低い山だ。でもココってアナドルなかれ。絶壁あり、ハシゴあり、ロープありとかなり変化に飛んだコースであり、非常に怖かった・・・じゃなくて、楽しめた。

登山中に要所要所でVAIOを起動。案の定、vaiop_wirelessは無反応になるので、ターミナルを起動して、COM9に接続。
 ATE0
を送ると、すぐに復活してくれる。カシミール3Dを地図とし、現在地点を確認する。おぉ、すばらしい。どこにいるか?が瞬間的にわかる。あとで確認したのだが、ちゃんと正確に出ているようだ。

Dsc00822


さらにほぼ下山完了をしたのだが、ちょっと道を間違えて逆方向に行ってしまった。そんな時に、VAIOを起動し、GPSで確認すると反対方向に進んでいることがわかった。

その後、VAIOを片手に歩いていくと、元どおりのコースに戻っていることがわかった。おぉ、コイツは便利だ。

Dsc00878

未開拓山の登山なら別だが、私が行くような登山は決められたコースであり、コースにそって歩いていれば、道に迷うケースは少ない。だが、「自分がどこにいるのか?」が正確に把握できれば、モチベーションも維持できるし、ペース配分にも役に立つ。正確に位置を把握するには登山地図にリンクできるGPSが便利だ。そんなニーズにマッチするのが、VAIO Type P+カシミール3D・・・・・・のわけないか。

今回の登山は登山時間も短く、荷物も少ない。真夏と違って水分も多く必要としないので、その分、VAIOを持っていく余裕があったが、険しい山道でVAIOを片手に登山をするわけには、いかないだろう。

やはり本格的には、登山用GPSが必要化もねぇ。まぁ、それは来年以降でもいいか。


ガーミン・イートレックス・レジェンドHCx【日本語カラー画面ハンディGPS】

2009年11月 8日 (日)

VAIO Type PのGPSモジュール

ついでなので、少し調べてみた。Option社のWEBサイトをいろいろあさってみると、リファレンスみたいなモノを入手できたので、少し読んでみた。そうすると、やはり思った通り、GPSモジュールは、ATコマンドで制御するようだ。

私がやったのは、モデムデバイス(COM9)にATコマンドを送ったのだが、実際には、
GPS Control Interface(COM6)
に対して行なうようだ。

でも、実際にやってみると、GPS controlでもモデムでもどっちにATコマンドを送っても同じように動作するようだ。

やってみてわかったのは、次の通り

1.GPSコントロール
1)AT_OGPS? スティタス確認
  GPS:0 停止
  GPS:1 稼働
  GPS:2 稼働
2)AT_OGPS=1 GPS起動
3)AT_OGPS=2 GPS起動

1と2の違いはよくわからない。VAIOは、通常、GPS:2で起動しているようだ。


2.VAIOの動作との関係
1)VAIO稼働中
vaiop_wirelessで稼働させた場合、GPS:2で稼働している。

2)スタンバイから戻ったとき
そのまま、GPS:2で稼働している。

3)休止から戻ったとき
GPSは、GPS:0となっており停止しているようだ
なので、vaiop_wirelessと食い違ってしまうのかもしれない。
この状態で、
AT_OGPS=2
とやってGPSを稼働させることができる。スティタスは稼働中になるが、vaiop_wirelessは無反応のままだ。

ここで、
 ATE0
とやれば、vaiop_wirelessが復活する。


3.まとめ
GPSデバイスはATコマンドで起動する事が出来そうだが、GPSデバイスがOSから認識するためにはワイアレスWANが起動しなければならない。

ワイアレスWANが起動すれば、ATコマンドでON/OFFが出来そうだ。それだけでイイのであれば、teraterm等でマクロを使ってON/OFFができるかもしれない。

ちなみにvaiop_wirelessが、COM6をおさえているので、termからはCOM9へコマンドを送ればよい。



2009年11月 7日 (土)

VAIO Type P WinXPでGPS機能を使う

VAIO Type PでGPSを利用することは購入当初は考えていなかった。というか、まぁ、別になくてもいいと思った。

ところが登山でアチコチ歩いていると、「自分の位置を知る」というのは実に面白いことであると同時に、命に関る?ということもわかってきた。そんな事で、単品GPSである、SONY GPS-CS3Kを購入したわけだが、それでも経度/緯度が測定できるだけだ。

自分の位置をしるためには、経度/緯度を地図で発見するか、あるいは、「後で地図ソフトにマッチングして位置を知る」しかない。

それじゃつまらない。できれば、リアルタイムに位置を知ることができたら、それはそれで面白いのじゃないか?と思い、せっかく付いているVAIO Type PのGPS機能を活用してみたいと思ったわけだ。


1.VAIO Type PでGPSを使うためには?
VAIO Type PでGPSを利用するには、てっとり早いのは、Windows VISTA又はWindows 7を利用することだろう。メーカーサポートの範囲だし。

でも自分は、先日の記事通り、Windows7にはダメだしをしているので、ここはXPで頑張ってみることにする。

Windows XPでGPS機能を利用するには、下記の記事が大変参考になっている。というか、そのまんまである。

VAIO typeP 完全XP化計画 GPS編
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/009613.html

[随時更新(6月4日更新]VAIO typeP 新完全XP化への道 ver.0.91
http://www.call-t.co.jp/blog/mt/archives/entry/010423.html

上記URLの記事である、「店長さん」の通りにすれば、一応動かす事ができる。私もできた。だが、記事末尾に有るとおり、
 「少々不安定」
は正しい。

2.不安定とは何か?
 記事で「神ツール」と紹介されている、「vaiop_wireless(人柱版)」というGPS機能をON/OFFするソフトウェアがある。このソフトを使えば、
 無線LAN/Bluetooth/ワイヤレスWAN/GPS
のON/OFFができるわけだ。

vaiop_wireless
http://www7a.biglobe.ne.jp/~schezo/vaiop/index.html


不安定というのは、このvaiop_wirelessの動作+GPSのON/OFFの挙動のことだろう。私の場合は、
 1)無線LANのON/OFFは全然OK
 2)ワイヤレスWANのONをするとしばらくvaiop_wirelessが無反応になる。
   だが、ワイヤレスWANは稼働しており、利用することは可能
 3)GPSをONにしようとして、vaiop_wirelessをマウスクリックしても無反応
 4)3分ぐらいして、画面にメニューが出ることがあるが、マウスで触っても無反応
 5)このとき、GPS機能は使えない。地図ソフト(プロアトラス、カシミール3D)でGPSから信号ナシとなる。
 6)しばらくほっておくと、「突然オン」になり、以後、vaiop_wirelessが反応するようになるし、GPSも利用可能になる。でも、ずっとまってもGPSを利用できない時もある。
 7)この状態で利用は可能だ。PCを再起動しても利用可能。スタンバイ復帰しても大丈夫。でも、休止してからは、また不安定状態に戻る。

Vaiop_wireless1


そう、だから、せっかく使えていても、使えたり使えなかったりする。普通はココであきらめるよね。


3.解決策

根本的に解決策になってないが、次のようにすれば、不安定状態を脱出出来ることができた。

1)デバイスマネージャを起動する
2)ワイヤレスWAN用モデムのプロパティを表示する
3)「モデムの照会」ボタンを押す

01_

これで、vaiop_wirelessの無反応状態を脱出でき、GPSのONができる。地図ソフトにも反応する。休止状態から復帰したときでも、この「モデムの照会」を押せばGPSは復活する。

4.もう少し突っ込んで分析
では、「モデムの照会」ボタンは何をしているのか?

画面上に出ている通り、ATコマンドをモデムに送ってるし、結果が出ているので、自分で手動で投げてみれば良い。

ハイパーターミナルを起動し、モデムの繋がってるCOMポート(私はCOM9)を指定して、スピードはこのモデムの最速にしておく。わかりやすくするために、ローカルエコーはONにしたほうがいいでしょう。

02_ht_

03_ht_

【ローカルエコーをON】
04_ht_

05_ht_


で、ハイパーターミナルを使って、コマンドを順番に送り、どこでvaiop_wirelessが正常に戻るか?を調べた結果。

1)ATE0で正常になる
2)ATE1で無反応になる

コマンドの意味は、E0はモデムへ送ったコマンドのエコーなし、E1はエコーありだ。エコーとは文字を画面に表示すると思えばよい。全然関係無いように見えるが、事実、これでGPSがサクサク使えるようになった。なんで?

06_ht_

5.考察
VAIO PのGPSデバイスは、Option社の製品でGTM382シリーズというモノのようだ。

http://www.option.com/en/products/products/modules/

この製品は、モデムが主であり、その中にGPS機能が組み込まれていると見た。(仕様書を読んでないけど)。VAIOの挙動を見ててもわかるが、要するに
 ・デバイスとしてはワイヤレスWAN機能を提供
 ・その中でGPSも提供
という事のようだ。多分、ATコマンドで制御しているんだろう。

休止からの復帰時、あるいはPC起動時等でこのモデムの初期化が不十分なのかもしれない。

ただ、なぜATE0で治るのかは、自分もわからない。実は全然関係ないのかもしれない。

【GPSがONの場合のプロアトラスの画面】
07_

衛星が見えなくても、0/0と表示されれば、GPSは稼働している。ここに「信号がありません」となってる場合は、GPSが稼働していない。


6.ところで
SONYは、Vaio PでWindowsXPを利用する場合は、GPSを正式対応にしていない。

でもね、ドライバはXP/Vistaで共通の用なので、要するにGPSをON/OFFするソフトを作ればいいだけだ。しかもそれは物凄い難しいものではなく、
 「ATコマンドを送るだけ」
じゃないのかな? だとすれば、これは「イヤガラセ」とも思えるね。意地でもWindows VIsta/Windows 7に持っていきたいという。なんでかなぁ?

そういう中で、vaiop_wirelessを作ってくれた作者さんには大変感謝したい。

2009年11月 6日 (金)

LINDBERGに想う

ふと、LINDBERGが聞きたくなったのは、6月頃だったかな? どっかで流れていたのか、ふいに気になった。調べてみると、2009年の限定で再結成しているとか。

LINDBERGと言えば、1990年代前半に流行った覚えがあるし、確かCDも持っていたっけ・・・と思い、ゴソゴソ探してみると、出てきた出てきた。全部で六枚ぐらいのCDがあったので、さっそくiTtunesに取込んで、iPodで聞いてみる。

今聞いても、全然色あせてない。むしろ何か新鮮。ロックとポップの中間のような感じで、ノリもいいし、渡瀬マキの歌声もすごくいいね。この人がうたうと、ちょっと悲しげな歌も楽しく聞こえる。逆にそれがいいんだろうね。元気を分けてもらえるような感じがするし。

すっかり気に入ってしまって、ずっとLINDBERGを聞いてるが、その中でも今一番の御気に入りは、「夢であえたら」かな。

切なくも前向き、そんな歌詞の割には、調子はポップ調で明るく、心地よい。何度聞いても飽きない、とってもいい曲だと想う。

Apr28579

LINDBERGのアルバムは、Ⅰからナンバリングされているのが特徴だろうか。私はⅣ~Ⅵあたりが一番御気に入りですかね。今年限りと言わずに頑張ってもらいたいと思う。



2009年11月 4日 (水)

EXIGA Tuned by STIだと?

出るという話は出ていたし、「EXIGA tuned by STI」でだいぶ当ブログに飛んできている人もいたようなだが、いつのまにか出ていたようだ。SUBARUから広告も来し、SUBARUのオフィシャルサイトでも公開されていた。

Gallery_mainimage7

http://www.subaru-sti.co.jp/product/exiga/gallery.html


装備をぱっと見ると、レガシィのパターンとだいたい同じ。専用内装、専用サス、マフラー、ホイールなどかな。専用のメーターも同じだろうね。これで、MTがあったらスゴイことだが、さすがにそうはなっていないようだ。

値段は、EXIGAとしては高めなんだろうか。359万円だそうです。300台限定ということでレガシィよりも少なめ。さては、この手の車でTuned By STIを欲するユーザは少ないと踏んだか。

どうだろう?はたして売れるだろうか?まぁ、ソコソコは売れるだろう。ただし、完売するかどうかは、ちょっと疑問かもしれない。疑問というのは、エクシーガ自体があまり売れてないから。最近では、まぁまぁ見かけるようになったし、スタイリング等は悪くはない。が、多くのユーザを引きつける程のモノではないようだ。

でも、せっかく出したわけだし、頑張ってもらいたいものだ


たっぷり入るジュエリーボックス8段メイクボックスジュエリーボックスジュエリーケースアクセサ...

2009年11月 3日 (火)

意外によく見るGT-R

鳴り物入りで登場したニッサンGT-R。コミコミ1000万円級の高級スポーツカーではあるが、意外にもその姿はよく見かける。

Dsc00619

いや、どっちかっていうと、新型レガシィよりもよく遭遇すると思えるのは気のせいだろうか?歩いているとき、車で走っているとき、高速のSAとかね。写真はコンビニで遭遇したGT-Rだが、停車中のその迫力は中々スゴイね。レガシィに飽きたら、いつかはGT-Rだろうか。でもコノ車でスキーに行けるかな?


2009年11月 2日 (月)

GPSで遊ぶ。カシミールとの連携

SONY GPS CS3Kを入手して以来、どこかへ出かけるのが面白い。


もう通勤経路は何回も採取したので飽きたけど、仕事でも外出や出張、プライベートでもどこか行くときは、必ずGPSを携行する。GPSでデータを採取し、通常はそれらをImage Tracker(GPS付属ソフト)で取込んで写真と連動させたりする。

ところが、このGPSデータは、山岳地図ソフトであるカシミール3Dに読込ませる事もできる。登山後にどういうコースを登ったか?を見るのも面白いが、実は都心の移動等で結構おもしろい。

例えば、これ。

01

これは羽田空港近辺を首都高湾岸線を走った時の記録を読込ませたケース。往復しているので2本の線がある。これを見るかぎりかなり正確。ふ~ん、すごいね。

次はこれ

02

これはアクアラインを走り、木更津で降りた所。これも登り下りで高速をはさんで走っているが、それらがキレイに出ている。

これを見ると、GPSだけでもかなり正確に出ていることがわかる。ちなみに同時刻でみたカーナビはイマイチでした。(+_+)

では、その方法を紹介しましょう。別に難しくありません。

1)GPSデータを確認する。
 SONYのImage Trackerで取込んだGPSデータは、次の所に格納してあります。

 C:\Documents and Settings\ユーザ名\My Documents\GPSMatch\Logの下

 ここに収容されていることを確認しておいてください。

2)読込む
カシミール3Dの「ツール」>「NEMA/IPSファイルの読込み」で先程のGPSファイルを指定して読込みます。

03

04_filelist

先程のGPSデータを格納しているところに過去のGPSデータを保管してあるので、必要な日付のデータを読込めばいいでしょう。

3)測地系属性を変更する
読込んだGPSデータは、スグに地図場に表示されるはず。デホルトの測地系属性だとズレると思います。地図に引かれたGPSデータの線上にマウスカーソルを合わせて、
 「右ボタン」>「トラックの操作」>「プロパティ」
でプロパティ画面を出し、「測地系属性」を「WGS84」に変更すればOK。

06gps_setting2

06gps_setting3

これで地図がキレイに合います。

登山後の記録、ドライブ後の記録。なんでもいいと思いますが、地図に自分の記録が残るのは中々面白いですよ。

早々、カシミール3DはGPS機能が有るPCならリアルタイムに測位可能です。VAIO TYPE Pでこの機能を試すのは成功していますが、これはまた別の機会に紹介します。

【セットでどうでしょう?】

2009年11月 1日 (日)

VAIO Type PでWindows7は、ダメだ

SONYからサプリメントディスクも届き、これで正式にWindows7化できるということになった。手順が面倒だが、まずは正式手順でやってみようと一連のインストール手順を進めた。

1)リカバリディスクでリカバリ
2)リカバリ領域復旧完了
3)Windows Vistaを一度セットアップ (これは不用かも)
4)Windows7をインストール
5)サプリメントディスクをインストール(3枚)

1)~3)で2時間ぐらい
4)は1時間かからない
5)はかなり長い。3時間ぐらい。


出来上がったWindows7をインストールしたVaio Type Pで更に設定を細かくいじり、H/Wに負担が少ないようにしてみた。

・視覚効果を全部切ってパフォーマンス優先
・不用と思われるソフトをドンドン削除


で、Windows7を約1日使ってみたのだが、ハッキリいってダメです。遅すぎです。というかXPのサクサク感を体験した今となっては、モッサリOSは利用できないというのが、本音だろう。

・ウィンドウを移動しても、ダメ
・スクロールでもダメ
・アプリ起動もダメ
・ディスクアクセスでも何かダメ
(Spec: CPU ATOM 2GHZ/Memory 2G/ディスクSSD 128G)


XPの15%のパフォーマンスアップとは一体どこの事を言ってるのだろうか?それとも、まだ出たばかりでドライバメーカー含めてチューニングが不足しているということなんだろうか。それともVAIOが悪いのかな?

しばらく考えてみたが、Windows7は当面封印することにした。インストールが完了したWindows7をバックアップして、XPを再インストールした。

う~ん、XPはすばらしい。あらゆるソフトがサクサク動く。やっぱパソコンはこうじゃなくちゃ。

WindowsXPが登場し、当時、Pentiumかなんかの800MHz程度のノートPCで使った時は、かなりサクサク感もあり感動したんだけど、なんで、Windows VistaやWindows7はダメなんでしょうね?

ユーザがOSに求めているのは・・・、すでにXPで完成されており、Windows7で宣伝されている文言は、あまり関係ないのかも。でも、それじゃマイクロソフトや雑誌などの新製品で持ってる所は困るわな。

Windows7を使ってみた感じでは、いろいろ便利機能は追加されているが、あまり使易いとは思えない。機能アップに従って、コントロールパネルの異常なアイコンの数もあるしね。「なんだこりゃ?」と言うぐらいに実は使いにくいOSになってしまったと思う。

【値段が高くてもXP】

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!