« VAIO Type PでWindows7は、ダメだ | トップページ | 意外によく見るGT-R »

2009年11月 2日 (月)

GPSで遊ぶ。カシミールとの連携

SONY GPS CS3Kを入手して以来、どこかへ出かけるのが面白い。


もう通勤経路は何回も採取したので飽きたけど、仕事でも外出や出張、プライベートでもどこか行くときは、必ずGPSを携行する。GPSでデータを採取し、通常はそれらをImage Tracker(GPS付属ソフト)で取込んで写真と連動させたりする。

ところが、このGPSデータは、山岳地図ソフトであるカシミール3Dに読込ませる事もできる。登山後にどういうコースを登ったか?を見るのも面白いが、実は都心の移動等で結構おもしろい。

例えば、これ。

01

これは羽田空港近辺を首都高湾岸線を走った時の記録を読込ませたケース。往復しているので2本の線がある。これを見るかぎりかなり正確。ふ~ん、すごいね。

次はこれ

02

これはアクアラインを走り、木更津で降りた所。これも登り下りで高速をはさんで走っているが、それらがキレイに出ている。

これを見ると、GPSだけでもかなり正確に出ていることがわかる。ちなみに同時刻でみたカーナビはイマイチでした。(+_+)

では、その方法を紹介しましょう。別に難しくありません。

1)GPSデータを確認する。
 SONYのImage Trackerで取込んだGPSデータは、次の所に格納してあります。

 C:\Documents and Settings\ユーザ名\My Documents\GPSMatch\Logの下

 ここに収容されていることを確認しておいてください。

2)読込む
カシミール3Dの「ツール」>「NEMA/IPSファイルの読込み」で先程のGPSファイルを指定して読込みます。

03

04_filelist

先程のGPSデータを格納しているところに過去のGPSデータを保管してあるので、必要な日付のデータを読込めばいいでしょう。

3)測地系属性を変更する
読込んだGPSデータは、スグに地図場に表示されるはず。デホルトの測地系属性だとズレると思います。地図に引かれたGPSデータの線上にマウスカーソルを合わせて、
 「右ボタン」>「トラックの操作」>「プロパティ」
でプロパティ画面を出し、「測地系属性」を「WGS84」に変更すればOK。

06gps_setting2

06gps_setting3

これで地図がキレイに合います。

登山後の記録、ドライブ後の記録。なんでもいいと思いますが、地図に自分の記録が残るのは中々面白いですよ。

早々、カシミール3DはGPS機能が有るPCならリアルタイムに測位可能です。VAIO TYPE Pでこの機能を試すのは成功していますが、これはまた別の機会に紹介します。

【セットでどうでしょう?】

« VAIO Type PでWindows7は、ダメだ | トップページ | 意外によく見るGT-R »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/46645403

この記事へのトラックバック一覧です: GPSで遊ぶ。カシミールとの連携:

« VAIO Type PでWindows7は、ダメだ | トップページ | 意外によく見るGT-R »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!