« 登山シリーズ・・じゃない:夏のたんばら | トップページ | ケータイ補償お届けサービスで復活完了 »

2009年8月 6日 (木)

ケータイ補償お届けサービスで復活

私の水没してしまったケータイ電話について、加入していた「ケータイ補償お届けサービス」に連絡して押し問答をし、結果的には、
 「P705iの入荷を待つ」
ということにした。

その時は、
 「ひょっとしたら、1ヶ月以上かかってしまうかも」
などと言っていた。

内心、「そんなはずねーだろ」とは思ったし、そのことをブログにも書いた。

で、本日、木曜日の夜、電話がかかってきた。

 「御用意できましたので発送します」

実際の発送は明日であり、その結果、土曜日には届く。
1ヶ月じゃねーじゃ、ねーか。まったく。

最悪は2~3週間は使うかもしれないと思って、古いケータイ電話である、P702を取出し、バックアップを戻し、ある程度設定して使えるようにしたのだが、今週限りだったとは。

この「ケータイ補償お届けサービス」について、ちょっと考えてみた。これは要するに「保険」だが、その業務は、どっかだかにアウトソーシングされているようだ。保険業務のプロが行なってるということなので、そこには、保険のノウハウが生かされ採算性も考えられていることだろう。

その内容の予想はこんな感じだ。
 ・現行機種は在庫をそろえる。そろえやすいし、価格も低いハズだ。
  なぜなら、通常販売もするわけだから数が多い。
 ・1年以上経過した機種は、在庫が無くなり次第、一度、やめる。
 ・在庫の無い機種は、ドンドン新しい機種を出す。その方が安いのだ。
 ・古い機種は、「どうしても」というなら、出すことはできる。
  なぜなら、修理は行なうわけだし、部品もあるから。要は、ドコモがメーカーに発注していないだけだ。なぜなら、「高い」から。


古い機種は、一般売りはしないので数がでないため、逆に高くつくわけだ。でも部品とかはあるし、メーカーにも在庫が多少は残ってるかもしれないので、オーダーさえすれば、スグニでてくるってことだろう。割高だけど。

今回の私のケースで言えば、
 1)月曜日にP705を手配を決めた
 2)火曜日にメーカーにオーダー
 3)水曜日にメーカーを出荷
 4)木曜日に到着。私に連絡
ということで、日数的につじつまが合うのだ。

電話応対をするオペレータの仕事は、「顧客の説得」である。一人づつ応対するわけだが、できるだけ、「現行機種」に振るようにするんだろうね。その方が安いから。

1ヶ月ぐらいかかるかも?と言ったのは、メーカー在庫が無い場合、組立て作業とかを行なうので、最大、そのくらいを予想したのかもしれないし、「1ヶ月」という一言で「あきらめる」と思ったのかもしれない。

ま、何にしても言ってみるもんです。

え? 現行機種のP04Aの方がよかったんじゃないかって? いえいえ、使いなれた機種が一番ですよ。気に入ってるワケだし。

Imgp3120

ちなみに水没した今のケータイだが、
 ・水没した直後は、電源が入った
 ・今では、うんともすんとも言わない。完全に死んだ
というところだ。

キレイなんですけどね。

水没インジケータは、最初は変ってなかったが、約2日かけて徐々に赤くなっていった。ただし、一ヶ所だけ。もう一ヶ所は変化なしだ。この変はどういうカラクリになっているのかはわからないけど。



« 登山シリーズ・・じゃない:夏のたんばら | トップページ | ケータイ補償お届けサービスで復活完了 »

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/45853581

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ補償お届けサービスで復活:

« 登山シリーズ・・じゃない:夏のたんばら | トップページ | ケータイ補償お届けサービスで復活完了 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!