« 月山がオープン | トップページ | スキーに「乗る」感覚 »

2009年4月15日 (水)

スキー場への道のり

スキーへ車で行ったのは、大学生の頃だったろうか。少しサイズが大きいゴムのチェーンを友人からもらって、それを持って行ったっけ。でもその時は、積雪もなくチェーンの登場もなかったかな。

車でスキーに行くのは実に楽になった。高速道路も整備されたし、下道も実に走り安い。道路は除雪整備が早くにされる。そして車の性能もすごく向上した。また、タイヤの性能向上も大きいだろう。

社会人になりたてのころ、車でスキーに行くのは、それはそれで楽しかったが、実に苦労が多かったと思っている。ただでさえ、スキー人気で渋滞するのに雪でも降ろうものなら、もう、超渋滞だ。東京から関越道に乗って少し走って渋滞。それを越えて少し走って渋滞。さらに関越を降りてまた渋滞。下道なんかは、もう超ノロノロ運転だった。スキー場が近くなるにつれて、だんだん渋滞が緩和されるが道が険しくなってくる。

出発してからスキー場に着くのは、10時間ぐらいかかったかも。もう、夜通し運転してやっと着く。滑るのは午後からだが、もうクタクタで滑る気もしなかったような思い出もあるね。それでも懲りずにスキーに車で行ってたわけだから、我ながら体力があったと感心する。

でも、今やそれも過去の話だろう。車は4WD+スタッドレスで最強だ。チェーンを巻くわずらわしさも一切ない。高速も下道も渋滞はほとんどない。スタッドレス装着率も高い。雪が降る日で、スキー場の駐車上でチェーンを巻いてる方が少ないぐらいだ。まぁ、一時の「猫も杓子もスキー」というのが無くなって、「好きな人だけが行く」という風になったんだろう。

今や、スキー場に行くのは、片道3~4時間がコンスタントに達成できる。多少、雪が降っても関係ない。だから、体力も温存できるし、スキー場についても元気だ。本当にイイ時代になったもんだと思う。

雪道・ぬかるみ一発脱出!スノーエスケープ

« 月山がオープン | トップページ | スキーに「乗る」感覚 »

車の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/44660373

この記事へのトラックバック一覧です: スキー場への道のり:

« 月山がオープン | トップページ | スキーに「乗る」感覚 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!