« スキー板を新調する | トップページ | GT-Rプロジェクト »

2009年3月19日 (木)

スキーキャリアを調整する

新調したスキー板ではあるが、一つ問題がある。レガシィのキャリアにちゃんと乗るのか?という意味である。

Imgp1300

今まで使っていた152cmの板は普通に載せる事ができるが、友人の160cm台はリアゲートを開けたときのルーフスポイラに干渉するのはわかっていた。

さて、今回、162cmという板を購入したわけだが、はたしてどうなるか?

実際に乗せてみた。

まずは、スキー板のトップを前方に向けた場合。

Imgp1301

これがスキー板のテール部。

Imgp1302

当然だが、余裕で載せる事ができる。これなら干渉もない。ま、これはわかってた。ただ、この載せ方は、「オカマ積み」と言われるそうだ。なんかイマイチ、かっこよくない。

で、スキー板のトップを車の後方に来るように載せた。

Imgp1306

う~ん、ギリギリ。というかスキー板を二枚重ねると、下側に来るほうは、間違いなくルーフスポイラに干渉しそうだ。スキー板のトップが湾曲しているので、かろうじて干渉しないだけだ。

BPレガシィのワゴンは、アウトバックを除いてルーフレールでは無くなった。ルーフレールのように見えるが、キャリアベースはボルトで屋根に留めることになる。位置の前後の修正はできない。

ただ、私のキャリアはスノボの大型ビンディングに配慮し、キャリアの位置を高くする事ができる。

そこで、キャリアを上に上げてみた。

Imgp1312

さっそく載せてみる。

Imgp1320

Imgp1316

さっきよりも若干余裕が出来ている。ただ上方に上がっただけなので、大した違いではないか。なので、この板の場合は、スキー板を二枚を並べて載せるか、トップを車前方に向けるしかないね。

BPレガシィの不満点は、このキャリアベースの位置を変更できないことだろうなぁ。ベースもあと、10cmぐらい前方にずらす事ができれば、こんな事も必要なく、余裕で載せる事ができるのだが。スバルもスキーキャリアの位置をよく考えて車を設計してほしいと思う。


【こういうアングルが付けられるキャリアの方がいいのだろうか。】

« スキー板を新調する | トップページ | GT-Rプロジェクト »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/44391871

この記事へのトラックバック一覧です: スキーキャリアを調整する :

« スキー板を新調する | トップページ | GT-Rプロジェクト »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!