« スキー・チューンナップの感想 | トップページ | 高速代1000円 »

2009年3月 4日 (水)

ナビの精度悪化の原因がわかった

ナビの精度が悪くなったと、つい先日書いた。

原因の予想としては、
 「GPSレーダーを、カーナビのGPSアンテナの隣においた」
ではないかと思ったが、実は違っていた。

原因は、
 「センサーの学習」
だったようだ。バージョンアップをした後で、センサーのリセットをおこなっていた。学習は順調に進んでいたのだが、それが災いだったようである。今回、ふと気がついて、
 「センサーを2に切り換えた」
のだが、そしたら、極端に精度が元にもどった。

センサー1を今まで利用していたが、その前はセンサー2を使っていた。

センサーを切り換えるまでは、
 1)山道ではすぐにズレる
 2)首都高でズレる
 3)アクアラインの直線で勝手に横にずれて、そのまま海中を突き進む
であった。

本当にナビが壊れたか?と思うぐらいに酷かったのだが、センサーを切り換えた後は、全部、元にもどった。


「ふ~ん、こんなこともあるんだ?」と不思議に思いました。センサーのリセット作業がイマイチだったのかもしれません。

何はともあれ、 無事に治ってくれてよかった。カロのナビはこーでなくちゃね。まだ、あと2年ぐらいはもってもわらないと。


« スキー・チューンナップの感想 | トップページ | 高速代1000円 »

カーオーディオ・ナビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/44224796

この記事へのトラックバック一覧です: ナビの精度悪化の原因がわかった:

« スキー・チューンナップの感想 | トップページ | 高速代1000円 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!