« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の31件の記事

2009年3月31日 (火)

スキースクール

シーズンの最後にスキースクールに入ってみた。今まで完全に自己流でしかやってこなかったわけで、一度は専門家に習ってみたいと思った次第。この時期だとスクールも選択肢が厳しくなってきてるので、場所は「たんばら」を選んだ。たんばらは、インターネットで予約もできる。あらかじめ予約して行ってみた。

Imgp1441

当日は前日から結構雪が降っており、コンディションはコノ時期にしては最高となった。スクールは結構混んでいた。どっちかっていうと子供が多い。春休みってことかな。

私は一般スキーコースなわけだが、当日は私と小学生の女の子の二人だけ。先生は見た目は50代ぐらいのベテラン先生のように見えた。自分と親子なみの年齢差のある小学生と同じ講習とは、スキースクールならではかと思った次第。

Imgp1452

すぐに講習開始。まずは準備運動だ。その後、スキーを履いて登る。

最初は「好きに滑ってみろ」とのこと。なので、調子にのってロングターンなんぞ、決めてみたつもり。最初の講評としては、足のスネ部分の傾きはイイそうだ。ただ全体的にイマイチだそうです。う~ん。ま、そりゃそうか。

その後はいろんな練習をすることになる。

まずは、谷足(外足)を円弧を描くように広げる練習。円弧を描きながら谷足を若干前に出すような感じがいいそうだ。ターンしながらグッと谷足を半円を描きながら前に出しながら滑り降りる。これは、まぁまぁイイ感じだそうだ。

次が、ストックを置いて、両手を膝につけ、谷足(外足)を交互に押しながら滑り降りる練習。これは足への荷重感覚を付ける練習と見た。これはまぁ、難なくクリア。

Imgp1458

他にも滑りながら上半身を若干、谷側に傾ける練習とかもしたけど、これはイマイチ、どうしていいのかわからず、なかなかOKがでなかったな。

午前中は他にもいろんな練習はしたが、だいぶイイ感じにはなったそうだ。先生によれば、私のパラレルは、「ごまかしのパラレル」だったそうです。ガガ~ン。ちょっとは自信あったのに。ぐ~。

そんなこんなで午前中を完了。小学生の女の子はココまで。でも、私の目から見ても、この女の子は上達していたように見える。朝とは見違える滑りになってたし。ちょっと人見知りする子なのか、あまり愛想はよくなかったな。(^^ゞ

Imgp1459

さて、午後からは先生一人、私一人のプライベートレッスン状態となった。これはスゴイお得だ。

まずは午前中のおさらいから。谷足を円弧を描くように開きながら降りる。私はこのときに谷足が山足に比べて遅れるそうだ。理由は谷側の腕を引いているから。引くというか遅れてるのが本当かも。

他にも沢山の練習をしたっけ。

横滑りをしながら、前進、後退を行い、そしてクルッとターンする練習。これはスキーのエッジ角をギリギリまでなくし、どちらかというと自在にスキーをあやつる練習。これが難しい。前進はまぁいいとして、そのまま後退しながらターンして切れ上がり、また前進する。後退時にエッジがひっかかったりして、うまく曲がれない。これは、結局うまくできなかった。先生曰く、これができるとスキーの自在にあやつる事ができるそうだ。

あと、先生についてドンドン滑る練習。はっきり言って全然ついていけませんでした。先生曰く、ついてこれないということは、ズラシが多いということだそうです。ふ~ん、そんなもんかな。


さて、いろいろ練習を受けたが、最終的な感触としては、「自分はイマイチ」だったかと思った。先生の言ってる練習が、全部をクリアできなかったし。

ただ、色々、激励は受けました。

「もう少し頑張れば、2級はとれるかも。」と言われたのは、ちょっとうれしかった。

悪い面としては、外向のクセがある。ターン切換え時に伸び上がりすぎるクセがある。右ターンの時に、残った右足の内エッジが残ってて、左エッジでターンが完成しないとかね。他にもいっぱい悪いところを指摘されたが、多すぎて覚えてないや。

私の場合は、ターンのつなぎが止ってるということ。確かに言われてみて気がついた。ターンは、Cターンではなく、Sターンなんだよ、というのが印象的だった。私の場合は、Cで終ってて、次の前に一呼吸あけてるんだな。

ただ最後の方で、一番注意する点としては、
 「外足を開いて回し、前方に出す感じ。これが完璧になると自然に山足がついてくる」
を忘れないようにと言われた。これが最大のポイントだそうです。

午前、午後と合わせて4時間で6000円の講習だったわけだが、結構中身の濃い講習だったと思う。ただ、要素が多すぎて覚えきれなかったのが残念だ。

Imgp1463


先生曰く、1月頃に講習を受けていれば、今ごろ、すごくなってかもね、なんていう話だった。来シーズンは早い時期に講習を受けることにしよう。丁寧に御礼を言って、スキースクールは完了した。中身の濃い4時間だったと思う。


宮下征樹・嶺村聖佳 スキーバッジテスト2級合格法 DVD【税込価格】 [%OFF]

2009年3月30日 (月)

旅行に便利な無線LANアクセスポイント

旅行にノートパソコンをもってくのは、日常化している。仕事の出張はもとより、プライベートな旅行でもPCは必需品だ。出張なら電子メールでのやりとり。プライベートな旅行でも、旅先のいろいろな情報はインターネットで入手できるし。

最近のホテルはインターネットを完備している。民宿とかでは無理かもしれないが、都市圏のビジネスホテルでは当り前だし、郊外でもリゾートホテルなんかではインターネット完備というのは、けっこうある。

しかし、どこも有線LANが多い。無料なんだけどね。

有線LANだとケーブルで接続しなければ使えないし、普段、布団に寝転がってPCを使う事の多い私としては結構、不便だった。

で、見つけました。携帯型アクセスポイント。アイ・オー・データのWN-G54/AMだ。携帯型というのは、ちょっとなんだけど、小型であることが変わりない。基本的なアクセスポイントの機能しかないが、それで充分だ。本体サイズは極めて小さい。逆にACアダプタが大きい。これはもっと小さくしてほしかった。あるいは電池駆動とか。

Ap

性能は必要にして充分。基本的には御任せ設定で利用可能であるが、デホルトの暗号化キーで気に入らない場合は、自分好みの設定を変更することも可能だ。

実際に旅行先で使ってみた。ホテルでは机上などにネットワークケーブルが接続できるが、そこにコノアクセスポイントを取付け、後はPCを起動するだけ。自宅で接続のテストをしているのでPCには、既に設定が入っているため、難なく接続する事ができた。

尚、このアクセスポイントは、単なるアクセスポイントでありルータではないため、ネットワークの設定(IPアドレスなど)は、ホテルが供給する通りの設定となる。また、アクセスポイントとは別に有線機器を無線LANに変換するコンバータモードもあるが、本来の使い方ではないかな。

とにかく、軽量でがさばら無いサイズでアクセスポイントが手に入ったのは助かった。これでまた旅行が楽しくなる。

【仕入先在庫僅か 平日出荷】【送料区分A】【在庫僅か】IODATA WN-G54/AM g/b対応 無線LANアク...

2009年3月29日 (日)

高速道を1000円で乗り放題。でも!

3/28から施行された1000円乗り放題を体験した。スキー帰りで群馬県は沼田から乗って、東京までだ。

Imgp1503

で、楽しみにして新座料金所を通過すると、
 1850円!
と表示。あれ!千円じゃないのか!?壊れてるんじゃないか?などと色々考えながら、自宅に戻ってから調べてみた。

いやまぁ、その料金体型の複雑怪奇な事。

この図がわかりやすいようだ。
http://www.driveplaza.com/etc/holiday_daytime_discount/map.html

これによると、
 ・同じ関越道でも、1000円は東松山まで。
  東松山から新座までは別料金という感じだ。
 ・他にも割引適用外の所もある。

なんで、こんな風にしてるんだ。せっかく、1000円と報道されているし、それを政策の目玉にしたわけだから、ココはわかりやすくしてほしいのだが。

首都高と東名、関越が別なのはわかるから、
 首都高は半額
 高速道は、1000円を上限。
 祝日だけでなく、平日も実施
でいいじゃないか。

なんか、誤魔化された気がしてならない。高速乗り放題1000円をさかんに放送するマスコミにも問題がある。東京~神奈川に住んでる人にはあまりご利益が無い。

これ、すごく躍らされたのではないだろうか。ETC懐疑派で取付けを躊躇していた人も、カー用品店に殺到させ、ETC購入をさせた裏には、ETC化をすすめることで、次のプランがあるんじゃないだろうか。

特に首都高だ。距離別料金を何とかしたかった首都高には、実施の必須条件であるETC装着率が自動的に上がってホクホクだろうし。この割引が終る2年後には何があることやら。


【全部売り切れなETC】

大森メーター:電圧計の電球が切れた

電圧計の電球が切れたようで、イルミが点かなくなった。

01

この電圧計は45パイのモデルで、電球が2個入っているようだが、1年ぐらい前に1個が切れており、
 「そのうち、交感しないとね」
と考えていたが面倒なので、そのままにしていたものだ。

ところが、運転中に突然切れた。まぁ、こういうものはいつでも突然ではあるが。

02


さて、どうしようかと考えたが、ここは一つ修理してみようと思う。インターネットで検索すると、いくつか修理の話題が出ていたので、資料は何とかなるだろう。

とりあえず、メーターをバラしてみて、電球の種類、サイズなんかを確認後、どうするか考えることにしよう。

03

というわけで、まずはバラす。中身を確認すると電球が基板に直付けされている。これもネットの情報通りだが、この電球はいったいなんだ?メーカーも品番もわからん。電球というより、電子部品だと思うし、最近ではLEDが多いだろうねぇ。

サイズ的には、長さ15mm、直系7mmというところだろうか。テスターで測ると、12Vがかかっている。入力電圧がそのままかかっているのだろう。

で、いろいろ考えた結果、LED化することにした。とりあえず、LEDを注文したので、入手して治すのは一週間後ってところだろうか。まぁ、そのときまでちょっとお預けということで。

考えてみたら、この電圧計はBH5Aレガシィの時に買ったものであり、既に10年目か。電球が10年もったとすれば、まぁいいほうか。

サンギョウサプライ

2009年3月27日 (金)

福島に行ったらグルメを楽しみたい

今回、福島にスキー旅行に行ったわけだが、せっかくだから喜多方近辺の美味しいものをいろいろ探してみた。

私は運転担当なので、食事担当が探してきた色々な御店を探す。喜多方といえば、ラーメンだ。ガイドブックには沢山のラーメン店が並ぶ。ただ、有名なラーメン店は閉店も早い。だいたい午後3:00ぐらいに閉店しちゃうので、スキーのあとで行くのはちょっとキツい。

その中でも遅くまでやってる店を探した。今回行ったのは、ココである。

来夢 http://www.umai-kitakata.co.jp/

御店は喜多方駅から程近いところにある。駐車上もある。店内は家族連れもおおく、いい雰囲気だったかな。

ココは福島を中心にチェーン展開しているようで、各所で食べる事ができそうだが、東京には無い。

Img_1055

Img_1056

さて、頼んだのは、トントロラーメン。なんかこってりだが、トントロがたくさん乗ってるし、何かお得なラーメン。味をアッサリ系だけど、私はこっちの方が好きだ。味を語るほどグルメじゃないので、ここは一つ、「おいしかった」と言っておこう。


さて、続いては。ラーメンばかりじゃなんなので、ココは一つ流行のソースカツを食べよう。「るるぶ」に出ていた有名店を探す。喜多方の裏通りを探して発見した店は既に「潰れて」いるようだった。

休みか?思ったが、どうも人気が無い。その後、立寄った薬局の御夫婦店主に思いきって、聞いてみたら、
 「2~3年前に潰れたよ。おいしかったけどね」

だそうです。

その後、薬局の御夫婦店主が色々と教えてくれた。カツが食べたいなら、ここにいけ!というところを教えてくれたので、行ってみた。

とんかつのまるやま (ホームページは発見できず)
たぶんココだと思う http://r.tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7000647/

Imgp1420

Imgp1424

まず、ココは接客がとてもよい。チーフ風の女性が実に気が利く。なんかホレボレするぐらいに気を使ってくれるので、うれしい。肝心の味だがトンカツの肉がすごくやわらかくて美味しい。辛口、甘口のソースもあるが、御薦めは塩。塩で食べることを御店から薦められるが、岩塩で食べるトンカツが実に絶妙。

Imgp1426

ご飯とキャベツはおかわり自由。

御店は実に人気があるようで、かなりの人が待ってるし、店内はいっぱいだった。喜多方近辺を訪れる事があったら、たずねてみるといいんじゃないだろうか。

国産黄金もち豚 ロースとヘレのとんかつ 豪華満腹セット 【 配送区分:奈良八条 】


2009年3月26日 (木)

ファンスキーを楽しむ

裏番台猫魔では、久しぶりにファンスキーを使ってみた。もう春スキーだし、ガツガツ滑るのもなんだし、友人も一緒なのでリゾートモードでやってみようかと思った次第。ファンスキー自体は7~8年前に買ったサロモンのもので、車には常に積んであったんだけどね。

Imgp1382

ファンスキー自体は、たしか2000年前後に流行りだした思う。当時、カービングでは無い長板を使っていたが、薦められて使ってみたところ、かなり滑りやすかったと記憶している。当時、1~2年ぐらい使っただろうか。

なので、本当に久しぶりに履いたけど、昔、初めてファンスキーを履いた時に感じたフワフワ感は無くて、まぁまぁ安定していたっけ。

で、実際に滑りだしてみると、これが楽しい。まず、軽い。本当に軽い。当り前だけど、もうスキー板が足についている感覚が無い。

最初の滑りだし時はさすがに慎重にやったけど、少しスピードが出てくると感覚が戻ってくる。

緩斜面では、もう走るような感じで滑ることができた。というかハタから見ると、走ってるように見えると思う。もうスケートと大差無いかも。

また、スピードが出たらショートターンにチャレンジ。板が軽いので、もう自由自在にショートターンができて面白い。前進だけでなく、ちょっとクルっと後ろに向いて、そのまま滑ったりも案外簡単にできた。

ファンスキーは、この「自由自在な感覚」が面白いのだろう。最近ずっと長板を使っていたわけだから、この落差はすごく大きいと感じた。

午前中だけファンスキーを楽しみ、午後から長板に戻った。長板の最初の一発目は、「重い!」かな。まぁ、すぐに戻ったけど、軽やかさが無くなったよな感覚になっただろうか。ファンスキーは麻薬性がある。ただ、ファンスキーばかりやってると通常のスキーは上達できないので、時々、楽しむ程度が丁度いいかな。

Imgp1416


【ファンスキーは初心者に有効か?】

スキー初心者にファンスキーが有効というのは、よく言われる。実際、友人にもそう言う人がいるし、私も初心者にファンスキーを薦める。では、本当にそうだろうか?

今回、自分で滑ってわかったのだが、やはりファンスキーは有効だと思う。

初心者の場合、まず、雪に慣れること、斜面に慣れること、スキーというものに慣れる事が重要だろう。それには確かにファンスキーは優れていると思う。重さを感じないし、ボーゲンもできる。ターンもしやすい。

ただし、ビンディングに開放機構が無いので転んだときは足をあげるクセを付けるのは必要だろう。最近のファンスキーは開放機構がついているようだが、レンタルなどはまだ古いものが多いので、注意が必要だ。私のもってる板も解放機構は無い。

ただ、ファンスキーばかりをずっとやってるのもどうかな?と思う。長板に普段慣れている人が、息抜きにファンスキーをすると、本当に息抜きになるが、初心者の場合は雪に慣れたら、是非、長板にチャレンジしてほしいなと思う。

長い板でショートターンが決ったときは本当に気分爽快だしね。

08-09 SALOMON スキーボード/S-BOARD(グレー×イエロー)+609 サイズ調整式ビンディング付【...

2009年3月25日 (水)

スキーキャリアにスキーをのせるとき

スキーキャリアにスキー板やスノボを載せるときは、どうしているだろうか?私は必ず自分で行なう。自分の板も友人の板も全部私が載せる。時々、私を気遣ってくれて、「載せるよ~」と言ってくれる友人もいるが、失礼かもしれないが、それを制止して私が載せることにしている。

Imgp1301

逆に、連れてってもらうときには、車のオーナーに積載を任せることにしている。オーナーから、「自分でやれ」と言われたときだけ、自分が載せる。

理由は、「失敗したときに、気まずくなる」から。今まで失敗したことはないのだが、万が一、手が滑って板が車体をこすったりしたら、キズものになってしまう。下手したら10万単位の修理代だ。自分が払うのも気が重いし、かといって友人に負担させるのも、余計気まずい。自分がやって、自分が失敗したなら笑い話になるが、友人が失敗たとなると、せっかくのスキーツアーが台無しになっちゃうしね。

そういう状況に陥りたくないので、自分で行なうようにしている。

普段、車でスキーに行ってる人なら別なんだが、車をもってない人、自分の車でスキーに行かない人は、実はスキーと車の関係をわかっていないと思う。スキーをどうあつかったらいいか?がわからないのだと思う。でも、これは仕方ない事だろう。自分の車を持って、自分自信の感覚で考える機会がないので。

スキーを車に積載する場合には、万が一スルっと滑らないようにする必要がある。そのためには、足は肩幅より少し開いて安定感を出し、かならずスキー板、スノボの下側に手のひらを添えるようにする。要するにお盆を手に載せるような感覚。そして両手を使う。で、そのままユックリと載せる。

時たま、スキーの上側をつかんで持上げ、そのまま載せようとする人がいるので、怖い。あれは手が滑ったら、アウトだし。

せっかく積載を手伝おうとする友人をとめて、自分が板を横取りして載せるのは、パッと見で、「せっかく手伝おうとしたのに」と思われるとも取れるが、万が一、失敗した時の最悪の事態を考えれば、大した事はないと考える。

そうそう、もちろんスキー板を下ろすときも自分が行なうのは言うまでもない。


2009年3月24日 (火)

WBC:感動モノ!日本優勝

いやぁ、感動しました。あそこまでの接戦になるとは。終盤で3-1だったときは、「もう勝ちか?」と思ったんですが、あそこで追いつかれるとは。

最高の見せ場がイチローに回ってきましたね。2アウト、1、3塁でイチロー。カウント2-2までになったときは、見ているこっちがプレッシャーに押しつぶされそうだったぐらいだから、本人はもっとすごかったんじゃないだろうか。そんな状態でも手堅くセンター前に弾き返すところは、イチローの精神力の強さとベテランとしての意地だったのかも。

もう、仕事なんてしている場合ではなかったねぇ。アメリカももうちょっと世界を考えて見やすい時間帯に放映してほしいのだが。

それにしても、日本~韓国と5回も戦うのは異常だよね。次回は、日本と韓国は別ブロックでシードして、あたっても決勝だけで、いいんじゃないでしょうか。

2009年3月23日 (月)

裏番台猫魔に行ってきた

昨日のグランデコに続いて、そのまま裏番台猫魔に行ってきました。グランデコは一日で飽きたので、近隣のスキー場を検索した結果、積雪がいっぱいあったのが猫魔でした。

ただ、考える事は誰もが同じで、当日は結構な混雑でしたね。

Imgp1395

さて、猫魔は三つの山から成立つスキー場であり、三つの山からの下りを楽しむことができます。また、下のほうは幅の広い初心者コースもあるので、上級から初心者まで楽しむ事ができます。

雪質はこの時期にしてはまぁまぁ。当日は晴天であり太陽がまぶしかったわけですが、雪が溶ける事はありませんでしたね。ただ、夕方にはかなり荒れてきており、デコボコの悪雪になってしまったのは残念ですが、混雑していたので仕方ない。

Imgp1401

この猫魔はパークが充実しているのが面白かった。ジャンプ台、パイプ(平均台みたいなやつ)が沢山あるので、ボーダーでトリックにチャレンジしたい人には魅力的。初心者向けにちょっとしたウェーブ(波状路)もありました。私も初心者向けの波状路で軽くジャンプしたりして遊びましたが、これは結構面白い。

また、翌日にスノボのトリック大会が予定されていたようで、腕自慢が沢山練習に来ていました。うまい人のジャンプはスゴイ!

さらに面白いのは、レンタルかも。私は借りないがレンタルコーナーを見てると、有名ブランドがけっこう並んでいる。道具も新しいようでけっこうキレイ。レンタルしてみるのも悪くないかも。

そうそう、ココの難点は、「食事がとれる場所が一ヶ所」ということだろう。レストランが麓に一件しかない。スキー場って、規模にもよるが、麓や途中などいくつか点在するのが普通だが、ココは一件しかない。規模はまぁまぁ広いが、それでもかなりの混雑になる。そのワリには食券販売の整理は全然していないので、2台ある券売機の片側に長蛇の列になったり、めちゃくちゃ。さらに食券を出す場所も完全にFAST IN FAST OUTなので、整理もへったくれもない。もっと効率よく、かつ機能的に食事を提供する方法はあるはずだ。このあたりの努力が全然たりないのは、残念だ。

猫魔にいく機会があるなら、インターネットでクーポンをゲットするのがいいだろう。それだけでリフト券は安くなるし、レンタルスキーもかなり安くなる。ただし、リフト券は、一人につき、一クーポン必要なので、大勢で行くときは全員が登録しなければならない。それはちょっと面倒だ。顧客情報が欲しいのはわかるが、所詮スキー場なんだから、一人代表が登録すれば、全員、割引でもいいとおもうのだけどね。もっと考えてほしいと思う。

【Myスキー】
Imgp1416

昨日に続いて今回は新品のサロモンXRを使うだけでなく、久しぶりにショートスキーも使ってみました。日を改めてレポートしますが、ショートスキーもなかなかに面白かったです。

Imgp1430

今回とまったのは、磐梯桧原湖畔ホテルという猫魔からほどなく近いホテルでしたが、ココは温泉がすごく気持ちよかったです。インターネットが用意されてないのと、TVが小さいのはちょっと不満でしたが、温泉がよかったので許します。

 SALOMON(サロモンショートスキー) <2008>AXESS 120 GIRL+609【金具付き・取付料送料無料】


2009年3月22日 (日)

グランデコへ行ってきた

来週からは高速が休日1000円になるけれど、せっかくの三連休なので泊まりでスキーに行ってきた。既に季節は春スキーということで、雪を求めて東北に行くことにした。群馬や新潟は雨っぽかったしね。

せっかくのスキー旅行ではあるが、当日は雨~曇り。行きの道中は残念ながら雨混じりだった。目的地はグランデコにしてみた。ココは積雪が豊富だし、ゲレンデも広い。

到着すると運良く雨がやむ。これも「日ごろの行い」だろうか。さっそく滑り出す。天候は曇りだが、ゲレンデはかなりガスっている。

Imgp1325

正午頃には青空が出てきており、段々晴れてきている。ただし、天候は不安定で晴れと、曇りが共存するような山の天気だ。

Imgp1337

Imgp1341

このグランデコの特徴は長くて幅の広いゲレンデだろう。どちらかというと初心者向けだ。雪質はこの時期にしては、まぁまぁ。パウダーというより、「かき氷」というのが第一印象だが、けっして固くない。アイスバーンではなかったかな。気温が低いせいか、太陽があたっても雪が溶けず、ぐちゃぐちゃにはならなかった。

なので、けっこう滑るのは気持ちイイ。斜面も適度に緩く練習には最適だろうと思う。

Imgp1357

設備はよくて、ゴンドラ、又はクワッドがメインだ。リフト数は少ないがクワッドしかないので、搬送能力は高い。少し混んでるが、まぁ、悪くはなかった。

ただ、コース数が少ないので、少し単調。もう少しコース数が多ければ楽しめると思うのだけど。今回、スノボ初心者が同行していることもあったので、練習には逆に良かったかもしれない。

午後にはすっかり天候もよくなった。正に天気予報通り。本当に夕方の時間切れまでびっしり滑りました。おかげで足はガクガクです。

Imgp1364

Imgp1369

このグランデコを始めとした会津磐梯方面には、桧原湖(ひばらこ)という湖があったが、見事に凍っていた。所々にテントがたっており、どうやらワカサギ釣りをしているようだった。見事に凍った桧原湖の写真が取れたのでちょっと掲載。

Imgp1373

Imgp1378

さて、一泊して明日は別のスキー場。レポートは続く。

ビーニー(手編みニット帽)■代引き手数料無料(スノボー、スノーボード、スキー)[np-9235]

2009年3月21日 (土)

スキーブーツの乾燥に一役

スキーのいろんなグッズを探していて、「やくにたつかな?」と思い買ってみた。

Imgp1293

要するに大きな乾燥材なんだけど、ブーツの中にいれておくことで、ブーツ内を乾燥させてくれる。一晩も置いておけば、けっこう渇く。天日干しできるならいいが、宿泊でスキーに行くときなどは、夜中のウチに乾いていて欲しいもなので、けっこう重宝するかも。

Imgp1295

特にこれからの春スキーは、雪もしめっぽくなるし、突然の雨でブーツが濡れることもしばしば。電気ヒーターで乾燥させる製品もあるが、めんどうだし、重たい。

一晩、放置することで乾燥できるこの製品は、意外におもしろかったです。


サーモドライ【税込価格】 [%OFF]

2009年3月20日 (金)

GT-Rプロジェクト

ある駅で見つけた建築計画の看板。

Imgp1299


なんだこの、「GT-Rプロジェクト」っって?
今はまださら地なので、これから何が建つのかはわからないが。出来上がった頃に、見に行こうかと。

【GR-Rは、これ?】

2009年3月19日 (木)

スキーキャリアを調整する

新調したスキー板ではあるが、一つ問題がある。レガシィのキャリアにちゃんと乗るのか?という意味である。

Imgp1300

今まで使っていた152cmの板は普通に載せる事ができるが、友人の160cm台はリアゲートを開けたときのルーフスポイラに干渉するのはわかっていた。

さて、今回、162cmという板を購入したわけだが、はたしてどうなるか?

実際に乗せてみた。

まずは、スキー板のトップを前方に向けた場合。

Imgp1301

これがスキー板のテール部。

Imgp1302

当然だが、余裕で載せる事ができる。これなら干渉もない。ま、これはわかってた。ただ、この載せ方は、「オカマ積み」と言われるそうだ。なんかイマイチ、かっこよくない。

で、スキー板のトップを車の後方に来るように載せた。

Imgp1306

う~ん、ギリギリ。というかスキー板を二枚重ねると、下側に来るほうは、間違いなくルーフスポイラに干渉しそうだ。スキー板のトップが湾曲しているので、かろうじて干渉しないだけだ。

BPレガシィのワゴンは、アウトバックを除いてルーフレールでは無くなった。ルーフレールのように見えるが、キャリアベースはボルトで屋根に留めることになる。位置の前後の修正はできない。

ただ、私のキャリアはスノボの大型ビンディングに配慮し、キャリアの位置を高くする事ができる。

そこで、キャリアを上に上げてみた。

Imgp1312

さっそく載せてみる。

Imgp1320

Imgp1316

さっきよりも若干余裕が出来ている。ただ上方に上がっただけなので、大した違いではないか。なので、この板の場合は、スキー板を二枚を並べて載せるか、トップを車前方に向けるしかないね。

BPレガシィの不満点は、このキャリアベースの位置を変更できないことだろうなぁ。ベースもあと、10cmぐらい前方にずらす事ができれば、こんな事も必要なく、余裕で載せる事ができるのだが。スバルもスキーキャリアの位置をよく考えて車を設計してほしいと思う。


【こういうアングルが付けられるキャリアの方がいいのだろうか。】

2009年3月18日 (水)

スキー板を新調する

今の板は、昨年に特売のネット通販で購入したELANのモデルだ。たぶん初心者用のオールラウンド系ではないかと思われる。というのは、既にカタログとかもみれないので、どんなモデルなのかは、今ではわからない。

ただ、自分としては数年振りの長い板だったが、扱いやすい板だと思っていた。

だが、今年、いつもより多めにスキーに行って色々な滑り方にチャレンジしていると、ちょっと物足りない気もしてくる。というか、まぁ、ちょっとレベルの高いスキー板を試してみたいという欲求になる。

スキー板の説明は、メーカーWEBサイト、カタログ、ショップの記事、またはユーザの口コミで見ることができる。

そんな中で目につけたのは、まずはノルディカ。ブーツに合わせただけだが、なんか良さそうだ。でも、このモデルは軒並み売り切れだしね。値段も高めだが、性能はかなり良さそうだ。もっとも、スキー板の性能の違いがわかるほどの腕前なのかどうかは、ちょっと疑問だが。

Dorberuman

次に目をつけたのが、サロモンのデモシリーズ。いろんな種類があるが、その中で自分の身の丈にあったモデルだと、XR又はXTではないかと思ったりする。ショップやユーザのインプレッションも悪くなく、サラモンならこのあたりだろう、と考える。

次がエランだ。少々マニアック系ではあるが、今もエランをつかってるし扱いやすいのはわかるので、一つの候補とした。ただ、エランは今ひとつモデル構成がわかりにくいので、どんなモデルが自分に合うのか?がちょっとわからなかったりする。

アトミックは、職場のスキー仲間がみんなアトミックということで、ちょっとパスすることにした。(^^ゞ

さて、思い立ったが吉日。神田に行って、いろんなショップを回ってみた。まずはビクトリアに行ったが、ビクトリアは既に在庫処分モードのためか、めぼしいモデルが無い。ノルディカはともかく、サロモンも「XTの170cm」しかないし、どちらかというと初心者向けモデルが沢山陳列してあるようだ。おそらく、ブーツ+ストック+スキーの3点セットで売ってしまおうという感じだろうか。サロモンのXTもネット通販と比べて2万ぐらい高いし。

次に、小さい御店をいくつか見学し、結局、ワンゲルhttp://wangel.jp/に行った。

ワンゲルは今では少なくなったスキー専門のショップであり、老舗だ。事前のWEBサイトの価格上方でもネット通販なみの価格である。行ってみると、ビクトリアよりも遥かに品揃えが豊富だ。ELANは見当たらなかったが、他では見かけないノルディカのドーベルマンも置いてある。

店員さんに色々話を聞いた感じでは、より玄人好みのノルディカと、誰でも普通に使いこなせるサロモンという印象を受けた。ここの店員さは実際に板に試乗したようであり、その評価ポイント、意見は実に生々しいというか、リアルで面白かった。

しばらく考えて、これに決めた。
サロモン DEMO XR 162cm

Xr

154cmは無いのかな?と思ったのだが、店員さんからは、
 「男性の方に154cmは短すぎですよ。162cmでも短いですから」
といわれてしまったので、見栄をはって162cmにした。今のELANの板が152cmだから10cm長くなることになる。短い板は取り回しが楽だったが、まぁ、なんとかなるだろう。

値段はネット通販の最安値と同じ、69800円。

さて、3万以上の板を買ったのは実は初めてなんだけど、はたして使いこなせるのかどうか。

ところで、このワンゲルさんはサロモンのXR/XTシリーズは、初期の段階で目をつけて手配しており、在庫を集めてあるとのことで、その分、安くできるそうだ。まだ、いくつかあったので、欲しい人はワンゲルに行ってみるとよいかもしれない。

この御店、気に入りました。板とブーツは専門店が良いですね。


08 1st Collection SALOMON・サロモン スキー/DEMO XR+Z12 Ti【スキーセット】[%OFF]【送料無料】

スタッドレスにチェーンは必要?

先日、たんばらスキー場に行ったときに、かなりの大雪に見舞われた。かなりの量が短時間で降ったので、駐車場はかなり積もってるし、途中の山道もけっこう積もっていた。

私は行きが雨だったこともあり、なんなく現地に到着できたが、午後から来た人は雪がかなり降ってる中での移動だっただろう。そこで気がついたことは。

「チェーンをまいてる人が多い」ということ。

もちろんノーマルタイヤ+チェーンもいただろうが、中にはスタッドレスにチェーンをまいてる人もいた。Xトレイルの四輪に金属チェーンをまいてるひともいたし、レガシィ(B4)の前輪にチェーンをつけてる人もいたな。

ノーマルはともかく、スタッドレスにチェーンは必要なんだろうか?

私自身は、「スタッドレスにチェーンは不用」と思ってる。というかチェーンが巻けないからスタッドレスを買うしかないと考えていた。

何かの取説には、
 「スタッドレスでも雪深い場合は、チェーンを使用してください」
というのは見たことがある。でも、自分は不用かな?と思ってた。スタッドレスを購入してからは、チェーンは買ってない。

今から10年以上前だが、スキーによく行く友人とスタッドレスとチェーンの話をしてたときには、
 「関東近辺から行くスキー場で、四駆+スタッドレスにチェーンを必要とするような所はないよ」
なんてことを言われた事がある。

それ以来、数多くのスキー場に行ったがチェーンが必要となるような場面は確かになかった。車の性能、スタッドレスの性能の向上もあるが、道路も良くなってるし、除雪作業も頻繁に行われるので、まぁまぁ安心して走行できるのが理由だろうか。

だからと行って雪道を甘く見てはいけないと思う。スタッドレスでも滑るモノは滑る。実際、自分で運転してても「ずる!」という場面は何回もある。

スタッドレスとはいえ、雪道や凍結路にはリスクはあるので、速度を落とし、急発進、急ハンドルを避け、ゆっくりおちついて走行する必要があるだろう。ただ、もし、ズルっといっても決して焦らない。アクセルを離し、ハンドルをしっかりもって待ってれば、グリップが回復する。ま、わずか0.5秒以内の話だが。


矢東タイヤ

2009年3月17日 (火)

凍った車を溶かすのは水!?

先日のスキーでは大雪で車が凍るという事態が発生したが、このときに役立ったのは「水」だ。
水があると何かと便利とは以前のブログで書いたけど、凍った車にも有効である。まずは何とかしてリアゲートを開け、水が入ってるボトルを取出し、凍結を溶かしたいところにユックリ水をかける。

例えば、ドアノブだったり。

Imgp1237


そうすると水が、さ~~~っと浸透してくれる。まぁ、極寒の場合は逆効果かもしれないが関東近辺の水分の多い凍り方なら、けっこういける。

今回の車凍結では、ドアノブ、給油口(すぐに給油するため)、ヘッドライト、フロントガラス、ワイパーなど、すぐに必要となる部分だけ溶かした。さらに水が足りなくなったので、手洗い場で温水が出たので、それをボトルにくんでさらに使った。

まぁ、こういう効果もあるということで、スキー場には水をもってくといい。


寒冷地ウォッシャー液2L NEW

2009年3月16日 (月)

レガシィ、凍る!

たんばらスキー場では、朝が雨、そのまま雪になり、昼ごろは小雪になったが、夕方にかけては、雪がドンドンひどくなった。

ゲレンデ終了の16:30まで滑っていたため、車に戻ってみると、予想外に、凍ってました。

Imgp1227_2

が~~~ん! 駐車場のレガシィを見て、愕然としました。

「ツララ」とかがついているのは仕方ないとしても、もうドアもリアゲートも何かも氷付いている。ドアノブも凍ってるし。

Imgp1229

しばらく唖然としたが、そうも言ってられないので、作業開始。まずは、ドア付近、リアゲート付近の雪や氷を払う。幸いにリモコンドアロックは利いた。が、ドアは開かない。ドアノブを引いても開かないのだ。どっかが張付いているようだ。これ以上、引っ張るとドアノブが壊れそうなので、諦める。

Imgp1237


リアゲートは難なく開いた。しばらく考えたがリアゲートから車内に入り、運転席についてエンジンをかけ、ヒーター全開、熱線ワイパーなどもオンにしてしばらくまつ。

Imgp1241

内側から温めて、ドアを開けることができた。

もう、こうなると焦っても仕方ないので、腹をくくり、車の雪が溶けるまでのんびりまつ。売店でおいしそうだった、「ケバブ」を購入し、食べながら待つ事に。

食べたり、着替えたり、雪が溶けるまで待つ事で一時間ぐらいはたっただろうか。そろそろ出発することにした。

道中もかなり積もっていたが、山を降りると路上に雪は積もっておらず、道中で困ることはなかった。

Imgp1242

ただ、雪が深かったこともあり、回りの車はスタッドレスにチェーンをつけていたな。四輪に金属チェーンをつけてるXトレイルが印象的だったけど。う~ん、四駆のスタッドレスにチェーン必要なのかな? 

最後に途中に立寄った道の駅で撮ったワンショット。ちょっと幻想的。

Imgp1255

【楽天ランキング入賞!】【スキー福袋】08-09ニューモデル!サロモン★SN6000 140~170cm♪ス...

2009年3月15日 (日)

たんばらスキー場

今年も3月。そろそろスキーシーズンも終盤。ここらでイイ雪がふらないかな?と思ってたころで雪の予報。今回は、練習にも最適ということで緩斜面の多い「たんばら」に行ってみた。ココはファミリーゲレンデと名乗ってる通り、緩斜面が多く初心者や子供に優しいゲレンデと評判のところだ。

行きの道中は雨。ちょっと気が思いがとりあえず現地に向かう。きっとスキー場は雪さ!と願い到着するも、現地は雨。どうしようか悩んだが、駐車場代を払って、スキー場の駐車場に止める。時間は6時代なので、「きっと朝には雪になるさ!」と思い、寝る。

8時頃に外の音が変ったのを機に目が覚める。どうやら「みぞれ」にかわったようだ。

Imgp1204

Imgp1207

しばらくまってると、だんだん、雪になってきた。というわけで、車の外に出て出発することにした。

Imgp1210

たんばらのゲレンデは設備がけっこうイイ。入り口の売店、更衣室、レンタル各種、食堂、おまけに道具を掃除するエアブラシまで用意してある。けっこう設備面に力を入れているようだ。

Imgp1214

実際にゲレンデに入る。ゲレンデ全体は広くないので、いったん全部滑ってみる。一番下のファミリーゲレンデに入るが、こりゃ、緩斜面というより平地だ。うっかりすると止っちゃうぐらいの平地なので、練習も何もない。というか滑れない。一回で終わり。

続いてウッディコースやフォレスターコースに行ってみた。これも所々に傾斜はあるが、かなり平地だ。一回滑って終わり。

Imgp1215

結局、連続して滑ることにしたのは、上級のトライアルコース、また中級でもちょっと斜度のあるレイクウッドコースだ。ここは専用のリフトもあるし。

Imgp1221


ゲレンデは朝が雨だったこともあり、たぶん敬遠されたのかすごく空いてる。リフト待ち0。それでも昼過ぎには、センターにあるクワッドは若干の混雑があったが、レイクウッドコースにあるペアリフトはすいているので、ずっとそこを滑ることにした。

Imgp1223

今回は何とかショートターンがサマになるようにしたい、なんて思って練習していた。結果としては、なんちゃってショートターン、っぽくはなっただろうか。でも、緩斜面だけね。

たんばらスキー場はスクールが盛んなようで、当日はスキースクールにかなりの人数が参加していた。また、模擬検定を行なってるとかで、「タイム測定」や「滑った後に講師からのアドバイス」を行なってる様子があった。

自分もチャンスがあればスクールに参加してみようかなと思った次第。

たんばらのリフトはちょっとノロい。初心者向けということがあり、子供多いからスピードを遅くしているのかもしれないが、けっこう長く乗せられるのでちょっと物足りないかもね。

Imgp1225


とはイイつつも、せっかくの新雪が積る中、パウダースノーを満喫できたので、まぁまぁ満足。時間の立つのも忘れて、ゲレンデ終了ギリギリまで滑ってました。

さ~て、駐車場に帰ってくると・・・・続く。


スキープロショップ websports.jp

2009年3月11日 (水)

万座温泉に行ってきました

さてと、スキーツアーも今シーズンは8回目か。

今回は有名な万座温泉に行ってきました。万座温泉は「私をスキーに~~」で有名なんですが、私は行った事がありませんでした。今回、初めて行った事になります。

まず、道中ですが・・・・とおぃ!地図上はそんなでもないように見えますが、実際にはかなり時間がかかります。ルートとしては、関越の渋皮伊香保から下道で行くか、上信越道の軽井沢から降りて行くか?の2つあるんですが、どっちも大して変らないです。

高速降りてから、最短で1時間30分。なるほど。遠い。

でも何とか、現地につきました。途中の有料道路の山道で道路わきに乗り上げるようになって止ってる事故車を発見。怖いですねぇ。あれは多分、ノーマルタイヤだったんじゃないかな。道路を甘く見ると怖いです。

Imgp1159

まず気温が低い。朝は駐車場でマイナス3度。これは3月としては結構低い温度。なので防寒対策は必須ですね。特にクビが寒い。ネックウォーマーはあった方がいいですね。時間帯にもよるが道や駐車場内も凍結してたので、歩く時には注意が必要です。

Imgp1166

ゲレンデは全体的にアイスバーン。どこから入るか?にもよるが、スキーセンターから入った場合は、目の前のゲレンデは凍ってました。ココは初心者用で幅は広いが、ちょっと斜度があるので、転ぶと延々と止ることなく転げ落ちます。

下はホドホドにして、高速リフトをあがって、第5ゲレンデに行きました。ココは緩斜面だが程よい広さと距離があるので、カービングの練習には最適です。ここには、滑りおりたところにレストランもあるし、トイレやお茶休憩もやりやすいので初心者に御薦めコースです。

Imgp1169

ここで何回も練習しました。

となりの万座山ゲレンデは中級となってるが、斜めに歪んだコースで更にアイスバーンなので実際には「かなり急」に見えるし、スピードも出るから注意。雪が積もってるなら面白いコースだと思いますが。

リフト待ちはほとんどない。あっても2分もない。午後は少し混む時もあるが、すぐにはける。たぶん、遠いからでしょうね。でも、土日で空いてるのはイイことです。

あと、万座は家族連れが多いです。子供のボーダー、スキーヤーが多いから注意が必要ですね。子供のボーダーを少々侮っていました。なかなか上手です。


新型プリウスとのツーショット。え?たまたま隣にとまってただけですよ。それにしても、まだ納車されて1ヶ月もたってないと思いますが、もうスキー場にきているなんてね。

Imgp1175

ちなみに万座温泉は、スキー場に温泉が隣接していることもあり、ゲレンデは硫黄のニオイがけっこうキツかったですね。硫黄臭が苦手な人はキツいかも。もちろん温泉が隣接しているので、滑った後はそのまま温泉にいけて便利かもしれません。ただ、ちょっと混んでますね。

最後に帰り道でふと目についた雪山を。すごくキレイに雪化粧されてますね。

Imgp1178

スキー場&温泉ガイド(2008)


2009年3月10日 (火)

水をもってくと便利かも

別にスキーに限ったわけじゃないが、水があると何かと便利だ。飲むわけじゃないが。

私の場合、ウィンドウウォッシャの空きボトルを利用している。カーショップで特売100円で入手できるし、ボトル自体も強く、また2リッター入るので便利だ。

例えば、スキー場の駐車場は結構汚れる事が多い。凍っている駐車場は帰る頃には氷が溶けてドロドロになってることもあるのでブーツはドロドロになったりする。板に雪がこびり付いてるときもある。そんなときに水をかけて洗うことが出来る。

スキー板の雪を溶かす、ブーツのドロを洗う、灰皿を洗う、手を洗う、その他、色々。ウィンドウウォッシャーが切れたときの代用にもなる。水って、いろいろ便利だ。

ちなみに、冬季はウィンドウウォッシャ液は原液で利用している。それでも、時々凍って出ないときもあるけれど。

寒冷地ウォッシャー液2L NEW


2009年3月 9日 (月)

ナビの学習

私が使ってるカーナビは、カロッツェリアのAVIC-H9である。OS等が一新される前の最後の機種となるのだろうか。

先日のカーナビの精度がメタメタに悪くなって、センサーメモリを切り替えたら治ったとレポートしたが、その後、センサーの再学習を行なってみた。センサーメモリは良好な2を使ってきたが、「1」に切替えて、更にセンサーメモリをリセットし、再学習させてみたという意味になる。

Photo


結果としては良好。学習も順調に進んでいる。現在、センサー学習のメモリは各項目がだいたい半分ぐらいに達しているが、現在地が激しくずれることはない。また、一瞬ずれても、すぐに元に戻る。

AVIC-H9は昔のDVDナビとちがってセンサーのリセットや初期学習に直線を走るといった、わずらわしい動作は不用で、一度リセットすれば後は勝手に学習する。ところが、前回に限ってはセンサー学習がかなりの誤学習を行なっていたわけだ。

何といっても道がズレる。直線を走ると勝手にずれる。山道のくねくねした道はすぐにズレる。まさに真っ直ぐ走れないというのが本当かも。

もし、カロナビを使ってて自車位置がズレてしょうがない場合は、センサーメモリをリセットして再学習してみたら、どうだろうか?

激安!!良品♪ 上級モデル カロッツェリア AVIC-ZH900MD HDDナビ カーナビ 中古 送料無料♪


2009年3月 8日 (日)

うげ!ゲレンデに雨

先日の尾瀬岩鞍のいいゲレンデの感触が忘れられなくて、もう一回行ってみた。ただ、天気はあいにくの状態だが、「雪」という予報もあったので、期待して行ってみた。

ところが。

到着した時は雪がパラパラしてて、「やった!」と思ったのもつかの間、すぐに雨に変ってしまった。少し待ったが、改善せず。予報によれば、雨後、曇り、だったので、意を決して滑ることに。

ゴンドラで頂上まで行けるので、一気に頂上に来た。頂上は雪・・かみぞれ混じりだが、多少は雪が降ったようで新雪がけっこう積もっていた。

Imgp1146

だが滑り出して少し下に降りると雨になる。当然だが、雪が重い!重いというか、完全にブレーキが利く雪になっており、つんのめるような感覚だ。

もう、練習も何もあったもんじゃないし、お客もドンドン減っていく。それでも頑張ってみたのだけど、もうズブ濡れ。ウェアの内側も浸水しており、持ち物も湿ってしまった。

午後になっても止む気配はなく、むしろどんどん雨がひどくなるので、「そろそろ潮時」ということで引上げることに。駐車場まで戻ってきたときには、
 「もうどしゃぶり」
という状態。

Imgp1149_2


いやまぁ、スキー場で雨にふられたのは、初めてではないが、こんなに酷いのは初めて。というかスキー場の雨に遭遇したのは、もう15年ぶりぐらいか。

外気温は、早朝は2度ぐらい。お昼頃は5~6度。かなり気温が高いので雨も仕方ないところだ。もう春なんだな、というのを実感できる一日でした。

■送料無料■【SALE】春スキーにも大活躍!mizuno ミドラー(ブルー)A50LA-01523


2009年3月 7日 (土)

ストックの長さ

ストックの最適な長さというのは、どんな長さだろう。
初心者の頃、初めてスキーを買ったときは、ブーツ、板、ストックの3点セットで○○万円というものだった。ストックもセットだったが、長さは、店員さんに、こういわれた。

 「ストックを逆さにもって、ツバの下をもっってストック握りを地面につけたとき、ヒジが直角になる長さ」

初めて買ったストックの長さは、もう覚えていない。その後、友人とスキーに行ったときに、

 「ストックが短いんじゃないないか?」

と言われた事があった。それ以来、120cm~125cmを使ってきた。昨年、板と一緒に買ったのは、123cmだったな。その前のストックはまだ残っていたので、測ってみると、なんと127cm!


今年になってそのストックが、

 「なんか長い」

と思えるようになった。長いと思えるのは、ターンの時にストックをついたとき、思ったほど、手が下に下がらないのが気になったから。また跳ね返りもかなり高く感じる。

ひょっとして、オレのストックの長さ選びは間違っていたか?と思うようになり、いろいろ調べてみた。結果としては、
 「ストックは若干短めがよい」
というのがわかった。

今持ってるストックを切ることも考えたが、ちょっとめんどうなので、この際、伸縮型の長さ調整ができるストックを購入することにした。

長い前振りだったが、買ったのは、SINANOの伸縮型のスタンダードタイプ。色は当然、ブルーで。

Pole

どうせなら自分にあった長さは何センチか?を実際に滑って探ってみました。

まず、120cmで滑る。ストックの突き加減、跳ね返りは変らない。
そこで115cmにしてみた。すると、ストックの突き加減、跳ね返りも丁度イイ感じだ。
次に110cmにしてみた。さすがにこれは滑る前に短すぎる事がすぐにわかった。いつもの調子で手を振ってもストックが雪面に付かないし。

で、自分にとってギリギリの短さは、113cmだった。115cmと同様の突き加減があるギリギリの短さ。

なので、しばらくこの長さで滑ってみることにする。

こうやって実際に滑りながら調整できるこのストックはすごく便利だ。また、コンディションに合わせて長さを変更できるのも魅力だね。そうそう、材質カーボンであることから、すっごく軽いです。またグリップ部にあるベルトは、引っ張る事で長さを買える事ができる優れもの。

グリップも握りやすく、しっくり来ますね。やはり高いもんは違うか!

【購入するならコチラが便利】


2009年3月 6日 (金)

サンダルと枕は役に立った

先日の記事で、サンダルと枕が便利そうだという記事を書いたが、実際に、サンダルと枕をもってスキーに行った。そしたら、本当に便利だった。

まず、サンダルだが、スキー場についたらサンダルにはきかえる。寒ければ別だが、そんなに気にならなかった。車中でも表の散策でもサンダルがけっこう心地よい。凍結してると危ないが、そうでなければ、けっこうイイ感じだ。特に夜中の移動でそのまま寝たりするとき、靴を履いてると足がむくんでしまうが、サンダルならリラックスできる。

次に枕。エア枕を買おうと思ったが、昔買った、「安眠くん」という旅行用のエア枕があったのでそれを使ってみた。これが結構心地いい。使ったのは10年ぶりぐらいだけど。

レガシィのシートのヘッドレストは、寝るときはちょっとツライが、このエア枕をうまく置いて寝ると結構寝やすい事がわかった。特に4人車に乗ってるとシートを倒す事ができないが、クビをささえるように枕が入ってくれるので、痛くなることもなかった。

やはり、備えあれば憂いなし、か?

【コレが安眠くん】

2009年3月 5日 (木)

スキーゴーグル

今回、ウェアと一緒にゴーグルも新調した。どうせならって感じだろうか。

今までは確か3~4年前に購入したゴーグルを使っていた。これは、「曇り止めのファン付き」というものだった。単五電池で稼働する。ファン付きのゴーグルははたして役に立ったのだろうか?

結果としては曇りを取り除くのに、あまり効果はないという感じだ。列挙すると。

・ファンの音は意外にウルサイ
・ファンをずっと付けてるわけではない。必要な時だけ付ける
・単五電池は何処でも売ってるわけじゃないので、電池切れの対処がしにくい
・結果として、ファンではあまり効果はない。

実際に使ってみるとわかるが、ファンをつけても曇りがすぐに引くわけじゃない。あえていえば、ファンナシと比べて、「わずかに効果がある」というぐらいだろうか。それよりもファンの動作音がうるさくて、あまりファンを使わなくなってたっけ。

というわけで、新しいゴーグルを新調した。新しいのは少しおごって、9000円ぐらいのをねらった。私はメガネをかけてるので、メガネ対応が必須だ。さらに色々眺めてみると、曇りに効果がある「二重レンズ」というのがあったので、それを。さらに偏光グラスのゴーグルを選んだ。

結果としては、これになった。

【SWANS GUEST-DH】

(私が買ったのは、フレームが黒のモデル)


実際に使ってみると、今までより若干大きいので、ゴーグル下側が頬にあたる部分で違和感があったが、すぐになれた。曇りにくいのは確か。むしろメガネが曇る。メガネに曇り止めを塗るのを忘れたのが痛かった。

さらに偏光グラスの効果は、天気のイイ晴れだとかなり効果があり見やすい。ゴーグルを外すとかなり眩しい。

ちょっと難点をいえば、このゴーグルはわずかだが、厚みがあるようで、視界が少しせまくなる。目だけを横に向けたときには、ゴーグルのフレームで真横が見えない。イワユル死角がある。実用上の不都合はないが、横から迫ってくるボーダーの音がすると、ちょっと怖いね。

何にしても新しい物はイイようだ。

2009年3月 4日 (水)

オートテックはイエローハット?

いつのまにかオートテックはイエローハットになったって。

http://www.autotech.co.jp/index.html

オートテックはかつては結構行ってたんですが、まさかこんなことになるとは。車業界は裾野が広いと言われるが、こういうところにもモロに不況の影響がでているのだろうか。

車が売れなくなれば、当然、カー用品店も来客が減る。これからじわじわと影響が出てくるのかもしれない。

そういや、さんざん薦められたオートテックカードだが、作らなくてよかったぁ。

高速代1000円

さんざんもめた定額給付金だが、本日可決された。その際に
 「高速道路1000円」
も入っていた。なんでも3/28から実施されるとか。

どうせならもっと早くやれよ!

せっかくスキーシーズンで毎週のように高速を使っていたし、もし1000円ならかなりのコスト削減になったのに。4月からじゃねぇ~。

【高速代1000円にはETCが必要】

ナビの精度悪化の原因がわかった

ナビの精度が悪くなったと、つい先日書いた。

原因の予想としては、
 「GPSレーダーを、カーナビのGPSアンテナの隣においた」
ではないかと思ったが、実は違っていた。

原因は、
 「センサーの学習」
だったようだ。バージョンアップをした後で、センサーのリセットをおこなっていた。学習は順調に進んでいたのだが、それが災いだったようである。今回、ふと気がついて、
 「センサーを2に切り換えた」
のだが、そしたら、極端に精度が元にもどった。

センサー1を今まで利用していたが、その前はセンサー2を使っていた。

センサーを切り換えるまでは、
 1)山道ではすぐにズレる
 2)首都高でズレる
 3)アクアラインの直線で勝手に横にずれて、そのまま海中を突き進む
であった。

本当にナビが壊れたか?と思うぐらいに酷かったのだが、センサーを切り換えた後は、全部、元にもどった。


「ふ~ん、こんなこともあるんだ?」と不思議に思いました。センサーのリセット作業がイマイチだったのかもしれません。

何はともあれ、 無事に治ってくれてよかった。カロのナビはこーでなくちゃね。まだ、あと2年ぐらいはもってもわらないと。


2009年3月 3日 (火)

スキー・チューンナップの感想

今回、初めてスキーのチューンナップを行なった。

それまでは、「まぁ、年間そんなに滑らないし」と思ってやってなかったのだが、今年は回数を行ってるので、チューンナップをやってみたわけだ。

結果だが、「すごいね」の一言である。

まず、よく滑る。本当によく滑る。だからスピードがでる。でも引っかからないので、案外怖くない。そしてエッジの食込み。これもけっこういい。ターンがしやすい。

これで雪質がよかったら、もっと滑りやすかったのに残念。

滑り終わってから、車に戻ってきて板を見ると、滑走面についてる水滴がはじかれているのが見えた。まだ、ワックスが利いているのだろうか。さすがだ。

チューンナップをやってみて思ったのは、
 「是非、初心者でも自分の板があるならやってみるといい」
だと思う。特に年間2~3回行く人は、シーズン前に一度やってみても損はないだろう。

今使ってる板は、ELANのFLOW4.2というモデル。たぶん2006~2007ぐらいのじゃないだろうか。購入したのは、2008年の1月頃かな。なんでこれにしたか?と言うと、それまでは120cmのスキーボードを使ってたが、「そろそろ長スキーにもどろうか」と思ったときに、通販で安くてに入ったから。

Elan


色々調べて決めたわけじゃなく、まさに「なんとなく」というところだ。ELANはサラモンやアトミックと違って日本ではマイナーだし、扱ってるショップも少ない。なぜか通販にはゴロゴロあるけれど。久しぶりの長スキーでもあるので、「初心者~中級者」としてラインナップされているのを選んだ。

結果としてはすごく滑りやすい板だと思っている。初心者用ということで、軽く、また柔らかい。足への負担も少ないし、柔らかいので曲がりやすい。ま、カービングスキー自体が、そういうもんだという事もあるだろうけど。

スキー板でどのくらいの差がでるか?なんてのはまだよくわからない。が、来年は新しい板が欲しいね。次もELANか?

【あ、まだ売ってた。さぞや売れ残り?】

このセットは、ストックとグローブが付いています。ストックは単品でも買っても2000円ぐらいのもの。グローブはフリーサイズで生地は安物でした。まぁ、福袋なんであんまり期待しないほうが、いいかと。


2009年3月 2日 (月)

スキー帰りに洗車を!

スキーに行くと、車は汚れる。雪が降ってれば、もうドロドロになるし、道路上に雪がなくてもなんだかんだで汚れる。特に冬の高速道は融雪剤(と言う名の塩)が巻いてあるので、余計に汚れる。

スキーから帰ってくると、洗車が面倒だが、早めに洗っておかないと融雪剤がコビリつくこともあるし、また、サビの原因にもなるので洗っておきたい。

というところで、朗報。関越自動車道の高坂SAにセルフ洗車ができるところがある。場所は、ガソリンスタンドの右端に付いている。洗車といっても、高圧洗浄だけなんだけど、これでドロ汚れや融雪剤を洗い流す事ができる。ボディ、タイヤ、ホイール、車体裏など。

Imgp1139

標準は500円で5分なんだけど、これだとちょっと長いので、300円で3分が丁度いいようだ。

Imgp1140

もう、スキー板も一緒に洗ってしまう。

Imgp1141

ざっくり洗って、後は走って乾かすという寸法。不精者にはちょうどいい。
けっこう有名なのか、夕方ぐらいは少し並ぶこともあるね。こうしておくと、多少、汚れても、まぁ、いいかで済ませられる。


2009年3月 1日 (日)

スキーへ行ってきた。その6

今シーズンは、通算で6回めか。我ながら今年はよく行く。

行先を迷ったのだが、外れがないだろうということで、「かぐらみつまた」に決定。行ってみた。

前回のスキーでウェアを壊したので、今回は思いきって新調した。やっぱり新しいのはイイねぇ。ウェアの色はWRブルーを意識し、それっぽい色をチョイス。

【新調したウェア】
Phenix

天気はすこぶるよく、まさに晴天!晴天なのでイヤな予感はしたが、的中。

雪のコンディッションは最悪の部類かも。

入り口(みつまたのほう)からゲレンデに入ると、もう、ガチガチのアイスバーン。そのままリフトで上に登るも、もう凍っている。上部にあがれば、若干、よくなるが、大して変らないかも。

Imgp1101

Imgp1110

ちょうど、2/28からかぐら最上部のゲレンデがオープンするので、行ってみたが・・・・。「すっげ~混んでる」
ということで、人ごみを見て断念。

そのまま田代の方へ行ってみた。田代の方は若干雪がよくて、滑りやすかったような気がする。
さらに昼過ぎぐらいからは、温度があがってきたのか、もう雪はべちゃべちゃ。

Imgp1131

今回は久しぶりに二刀流とするため、むかし使ってた120cmのスキーボードをかついで登った。最初は長板で滑ってたが、休憩を機に120cmに切り換えてみた。

短いスキーはたしかに滑りやすい。まず軽い。そして取り回しは実に楽だ。ただ、安定感はやはり長スキーの方が全然いい。というわけで2本すべって、もう満足。5~6年前はファンスキーが流行って、たくさんの人が使ってたが、最近は少なくなったようだ。

さて、みつまた駐車場には、林間コースで下る事ができる。いつもココを使うのだが、今回は使って後悔。もうベチャベチャなので、エッジが引っかかってしょうがない。普通なら何でもないが、苦労して降りてくることに。

考えてみたらもう3月なので、そろそろ暖かくなってくるのだろうか。ココらで大雪でも降ってもらわないとスキーの楽しみが減るなぁ。


« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!