« 大森メーター:電圧計の電球が切れた | トップページ | 旅行に便利な無線LANアクセスポイント »

2009年3月29日 (日)

高速道を1000円で乗り放題。でも!

3/28から施行された1000円乗り放題を体験した。スキー帰りで群馬県は沼田から乗って、東京までだ。

Imgp1503

で、楽しみにして新座料金所を通過すると、
 1850円!
と表示。あれ!千円じゃないのか!?壊れてるんじゃないか?などと色々考えながら、自宅に戻ってから調べてみた。

いやまぁ、その料金体型の複雑怪奇な事。

この図がわかりやすいようだ。
http://www.driveplaza.com/etc/holiday_daytime_discount/map.html

これによると、
 ・同じ関越道でも、1000円は東松山まで。
  東松山から新座までは別料金という感じだ。
 ・他にも割引適用外の所もある。

なんで、こんな風にしてるんだ。せっかく、1000円と報道されているし、それを政策の目玉にしたわけだから、ココはわかりやすくしてほしいのだが。

首都高と東名、関越が別なのはわかるから、
 首都高は半額
 高速道は、1000円を上限。
 祝日だけでなく、平日も実施
でいいじゃないか。

なんか、誤魔化された気がしてならない。高速乗り放題1000円をさかんに放送するマスコミにも問題がある。東京~神奈川に住んでる人にはあまりご利益が無い。

これ、すごく躍らされたのではないだろうか。ETC懐疑派で取付けを躊躇していた人も、カー用品店に殺到させ、ETC購入をさせた裏には、ETC化をすすめることで、次のプランがあるんじゃないだろうか。

特に首都高だ。距離別料金を何とかしたかった首都高には、実施の必須条件であるETC装着率が自動的に上がってホクホクだろうし。この割引が終る2年後には何があることやら。


【全部売り切れなETC】

« 大森メーター:電圧計の電球が切れた | トップページ | 旅行に便利な無線LANアクセスポイント »

車の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/44502935

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道を1000円で乗り放題。でも!:

« 大森メーター:電圧計の電球が切れた | トップページ | 旅行に便利な無線LANアクセスポイント »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ!