« アウトドア用品 | トップページ | スキーウェアが故障 »

2009年2月22日 (日)

尾瀬岩鞍へ行ってきた

今回は職場の連中と「尾瀬岩鞍」に行ってきた。先週の超温暖化とうってかわって、連日の雪もあり、ゲレンデコンディションは期待できる。ただ、北海道、東北はかなりの降雪ということもあり、群馬を選択したため、ここになった。

さて、道中は雪。豪雪ではないが、路上はかなり積もっているので、運転には注意が必要だった。また、この「尾瀬岩鞍」はスキー場への最後の到達部分でけっこう急な坂を登る。

他の車がノロノロで登るのに難儀している最中でも、私のレガシィは全然苦もなくガンガン登る事ができた。やはり4WD+スタッドレスの組合せの強みだと思う。車の性能を過信するのは危険だが、信頼できるのはありがたい。
今回、初めて同行した人がビックリしていました。「こんなに簡単に登れるんだ」と言う感じですかね。

私のスタッドレスは3シーズン目だけど、まだまだ行けそうだ。ミシュランもいいもんですね。

【ゲレンデ風景】
01_imgp1047

02_imgp1052

今回は、スノボ初心者が参加。通算2回目だそうです。

この尾瀬岩鞍は、群馬では一番の規模をもっており、コース数も多い。また連日の降雪のかいもあり、今回の雪質は最高でした。サラサラでまとわりつくことも少なく、すごく滑りやすい。丸一日滑ったが、最後まで雪質は持ちましたね。

元々国体コースだったこともあってか、ゲレンデの幅もけっこうある。また全体的に傾斜もそれほど急斜面ではないので、滑りやすかった。中くらいの斜面でずっと滑っていけるので、パラレルの練習などはすごくやりやすい。

その反面、有名ということもあり、結構な混雑。駐車場もギッシリだったしね。
03_imgp1053

04_imgp1058

また、正午あたりで頂上でかなり強風となりリフトがとまってしまい、また、強風すぎて滑れないこともあり、みんなが山麓にあつまってしまったので、リフト乗り場が超渋滞。

でも、コース数、斜面の角度、ゲレンデの幅、設備などを考えると、ココは一日滑っても飽きないし、充分に楽しめるスキー場じゃないだろうか。雰囲気敵には、スキー人口の方がスノボより多かった印象だ。

それにしても一時廃れたスキー・スノボだが、まだまだ捨てたもんじゃなく、土日は結構繁盛しているんじゃないだろうか。かなりの混雑だしね。今度は、是非、平日に来たいものです。

【ビールの泡オプション(ウソ)】
05_imgp1059
あ、当然、私は飲んでませんよ。

さて、スキーとしては、「外足荷重」と「ショートターン」の練習をやってみた。雪質がイイので、ひっかかりも少なく結構うまくできたと思う。ただ、一回だけチャレンジしたコブコブ斜面は全然ヘタレでした。デカく不規則なコブ斜面は天敵だね。

パラレルがある程度できるようになってきたので、今度は、コブ斜面は軽やかに滑れることを練習したい。ちなみに、帰ってきてスキーを清掃していると、「だいぶ滑走面にキズ」があるようだ。

06_imgp1067

07_imgp1065

こんなエグレがどうやってついたのかな? チューンナップに出すかな。

【広告:スキーチューンナップ】

« アウトドア用品 | トップページ | スキーウェアが故障 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/44138576

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬岩鞍へ行ってきた :

« アウトドア用品 | トップページ | スキーウェアが故障 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!