« スキーウェアが故障 | トップページ | エッジをきかせろ!? »

2009年2月24日 (火)

ターンのときの力加減

スキーはパラレルターンが楽しみであり、また、最大の壁でもあるとどっかで読んだ。実際にそれがわかったような気がする。

パラレルターンが思いのままできると、スキーを滑る幅がすっごく広がる。

まず疲れない。今までは少し滑ると足が痛くなっていた。だから滑って板も長く滑れない。途中、途中で休まないと先がいけないのだ。でもパラレルができるようになってから、あんまり疲れなくなった。本当にそう。

理由は、今まで「力で滑っていた」からじゃないだろうか。

力で滑るというのは、こんな感じ。
「ターンして、その後半で、エッジをたてブレーキをかけながら横滑りする。」

図で書くとこんな感じ。

Photo

このとき、外足(谷側)の足には体重がかかってる。というか力を入れてエッジをたて、横滑りをする。これでブレーキをかけてスピードコントロールしていたのだと思う。もっというと、踵にかなり力を入れていたと思う。

要するに横滑りをしながらブレーキをかけていたことになるが、これだと外足に思いっきり力を入れるので、すぐに疲れることになる。実際に疲れた。

たぶん、ずっとこうだったんじゃないかと思う。


それを変えたのは、やはり外足荷重だ。外足荷重を意識するようになってから変ってきたと思う。図で書くとこんな感じ。

Photo_2


滑り出しの最初から外足に荷重がかかってるので、ターン前半でスキーが若干横滑りとなりココでブレーキがかかる。そしてターンの後半部では、スキーを横滑りさせず、そのまま真っ直ぐ滑る感じだ。どちらかとうとターン前半部は外足に力をいれ、ターン後半では力を少し抜く感じかな。

これだと力を必要とする場面が短く、また力の量も少ないので疲れず、長く滑れる。

で、思ったとおりに滑れるようになると、実に楽しい。



« スキーウェアが故障 | トップページ | エッジをきかせろ!? »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/44144737

この記事へのトラックバック一覧です: ターンのときの力加減:

« スキーウェアが故障 | トップページ | エッジをきかせろ!? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめ!