« エクシーガがカーオブザイヤー特別賞を受賞 | トップページ | ドラムレッスン:ソウルミュージック »

2008年11月12日 (水)

トヨタ様?

トヨタサマサマだろうか?

~~~~~~~~ココから
 トヨタ自動車は10日、北米での自動車生産の減産で、富士重工業の米国工場に委託している主力乗用車「カムリ」については生産台数を引き下げない方針を明らかにした。

 両社は2005年10月に資本提携し、07年4月から富士重工業の米生産子会社「スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA)」(インディアナ州)で、トヨタの北米向け主力セダン「カムリ」の生産を委託し、現在は年間10万台のフル操業を続けている。しかし、米国の金融危機にともなう消費の冷え込みやガソリン価格の高騰などで北米の自動車市場が縮小するなか、トヨタも08年の米国販売見通しを当初予想の244万台から220万~230万台に下方修正した。カムリの販売台数も9月は約2万7000台と前年同月比26.6%減に落ち込んでいる。そのため、約2億3000万ドルを投じてカムリの委託生産を始めたSIAでの生産調整についても、その動向が注目されていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081110-00000016-fsi-ind

~~~~~~~ここまで
いろんな考え方があると思うが、資本提携の甲斐があったのだと思う。委託生産とは、トヨタにとっては富士重工は「強力会社」であるが、時と場合によっては真っ先に切られることもある。生産台数を維持するというのは、富士重工にとっては嬉しいような気もする。

単価は下げられてるかもしれないが、売り上げは立つし、雇用も確保でき。

問題は、いつまで続けられるか?だろうね。

« エクシーガがカーオブザイヤー特別賞を受賞 | トップページ | ドラムレッスン:ソウルミュージック »

スバルの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/43086172

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ様?:

« エクシーガがカーオブザイヤー特別賞を受賞 | トップページ | ドラムレッスン:ソウルミュージック »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!