« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の46件の記事

2008年11月30日 (日)

ディーラに見物に

DEXがあるかな?と思ってディーラに遊びにいった。ただ時間が遅かったので、もうあたりは真っ暗だったので、写真は撮らず。

お目当てのデックスは試乗車が置いてあった。ダークグレーメタリックという感じだろうか。試乗レポートは別に作成しようか。

まぁ、なんてことはないんだが、いつもの営業マンくん×2に色々情報を教えてもらった。

彼等いわく、エクシーガはまぁまぁ自信をもてる車に仕上がってるようだ。今までのミニバンで言われた不満点をマーケティングで調査した結果、それらを凌駕する設計になってるとか。具体的には、まずは走り。一見してハイトに仕上がってるが、もともとのパワートレーンの重心はレガシィとほとんど同じであり、車高が少し高くても低重心である走りは犠牲になってないとか。

さらに、燃料タンクも樹脂製にすることで形状をコンパクトに仕上げ、後部座席の設計の自由度を上げている。さらに、サードシートは少し高めに設定することでサードシートの視界を良好にするシアターシート化を実現。サードシートにの孤立感をなくしたとか。足回りは従来のミニバンより硬めだが、レガシィとかに比べれば柔らかいとか。

そんな自慢のエクシーガだが、でも販売的にはけっして良好では無い。カーオブザイヤーの特別賞はとったが、さて、この年末商戦はいかに?まぁ、世の中、全部売れてないから、スバルがどう?ってわけじゃないけれど。

さて、お目当てのデックスくんだが。営業マンくんいわく、「なんか興味なくて」って、おいおい。

スバルとしては、やはりコンパクトクラスは販売戦略上、欲しかったようだ。ただ、自車で作れる力は、ゼロではないが、金と手間をかけて一車種作るには荷が重いと判断したのだろう。

車自体の素性はまぁ、悪くはないが、営業の現場サイドとしては、今ひとつヤル気になれない感じを受けた。でも、私の担当君は、1台売ったそうだ。R2からの買い替えで、ワンランク大きいのが良かったが、インプレッサでは大きすぎるとの事。なるほど、こういう需要をカバーするのが目的なのかな。

2008年11月29日 (土)

スバルマイスター2星・・・またしても落ちる

スバルマイスターを11月に受けたが、今回も落第。おれって、全然、スバルを理解していないのだろうか。

現行型とかの話題であれば、ある程度ついていけるかもしれないが、結構歴史的な問題も多いからね。過去にあった問題で覚えているのは、こんなところだろうか。

・スバルが初めてWRCで優勝したのは何年?
・BD型レガシィRS初代は何馬力?
・スバル360は何と呼ばれていたか?
・インプレッサSTIのブレーキはどこと共同開発?
・富士重工が作ってる風力発電機の出力は?
・スバル初のCVTは何に搭載されたか?
・~~年のWRCチャンピオンは誰か?

富士重工が風力発電機を売ってるとは知らなかった。(~_~メ)

http://members.subaru.jp/web_community/topics/exam_mobile/index.phphttp://members.subaru.jp/web_community/topics/exam_mobile/index.php

2008年11月27日 (木)

せちがらい世の中

自動車メーカーで大量の派遣社員の再契約見送りのニュースが日々絶えない。トヨタだけでなく、国内のほとんどのメーカーで毎日報じられている。

派遣社員が減れば、その分の住宅、アパートの需要も減るし、商店街の需要も無くなってくる。イワユル閑古鳥が無くというパターンになっている。

自動車メーカーは規模が大きいし、ニュースになるが、報じられているのが全てでは無い。また、その他の産業だって、ぜんぜん安泰じゃない。むしろこれから、だんだん具体化されてくるんじゃないだろうか。

今までいっしょに苦労して仕事してきた人達を、泣く泣く・・・・・・なんてのは、まさにこれから起きてきそうだ。本当に世知辛い。


2008年11月26日 (水)

洗車と雨

洗車をすると雨が降る。なぜか、このジンクスは良く当る。

実は日曜日に洗車をした。けっこう久しぶりだったと思う。ずっと天気が悪かったし、日曜日は天気もよく、最近にしては温度が高かったので、「洗う気」になったわけだが。

と言っても、自分で洗ったわけじゃない。洗車ショップに行って頼んで洗ってもらった。お金はかかるが、何といっても「楽」だ。ただ、洗車は愛車のコンディッション管理に重要なので、自分で洗うに越したことはないのだが。

【写真はイメージ】
Photo


ところで、だいぶ寒くなってきてるし、東北や北海道では突然の大雪と聞く。そろそろスタッドレスにしておかないと遠出するときの安心感が無くなってくるかな。

半年に一回の力仕事なわけだが、さて、いつヤル気になろうか?

『2008/2009モデル』【送料無料】国産車用 スタッドレス タイヤ&ホィールセット ブリヂストン ...


2008年11月25日 (火)

Wii Music Clip:ゼルダの伝説

ゼルダの伝説から、そのテーマ曲を。

この曲はテンポは、丁度いいところなのでリズムは合わせやすい。また、曲の作りは複雑ではないのでリズムパターンを考えるのも、そんなに手間はかからなかった。

問題はメロディの方。8分音符、16分音符が連続しててしかも数が多い。サブメロディはごまかせるが、ブラスで演奏するメインメロディは間違いがすぐにわかるので、なっとくいく演奏ができるまで随分練習した。というか演奏が失敗するので、何回も練習したことになる。(~_~メ)

もう一回やってみろ、と言われても演奏できないだろうな。たまたまうまくいった一曲です。


2008年11月24日 (月)

Wii Music Clip: ミュートシティ

F-ZEROのステージ1のテーマ曲。けっこう懐かしかったりするが、アップテンポのイイ曲だ。


実際に演奏するとなると、テンポが早くてかなりキツい。ドラムはバランスボードで演奏しているが、このテンポだとどうにも追いつけなかったので、ドラムとベースだけはテンポを一つ落として演奏している。メロディなどは通常テンポで演奏することで、全体としてのテンポを揃えている。

そんな事もできるのもWii Musicの面白いところだろうか。


やっと下方修正・・でも横這ばいなんだが。

国土交通省による交通量の推計が修正されたようだ。

~~~~~~~~~~~~ココから
 国土交通省は、将来の自動車交通量(道路交通需要)について、2020年まで交通量が増え続けるとした従来の推計を下方修正し、30年までほぼ横ばいが続くという新たな推計をする方針を固めた。道路事業の費用対効果の計算方法も従来より厳しくする。無駄が多いと批判されている道路整備の見直しにつながりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081122-00000046-mai-soci

~~~~~~~~~~~~ココまで

道路を建設する大義名分は、「これからも交通量が増える」ということだったと思う。だから無駄だ何だと言われても「道路は必要」という姿勢を崩さなかった。でも昨今の事情をみてると、「いいかげんウソがばれそうだ」と思ったのかもしれない。「交通量は横這い」に修正された。

これからの高齢化社会。相対的に車の利用は減っていくだろうし、近距離の利用は増えるかもしれないが、高速道を必要とする長距離は減少するのは、だれでもわかることじゃないだろうか。おまけに昨今のガソリン価格の乱れと経済状況の悪化ももあって、車にのる人口は減少していると聞く。

それでも、「よこばい」と言い切る所はさすがだ。

リピート率90%の飲み物を知っていますか?

Wii Music:ドラムレッスンを継続する

Wii Musicで一番面白いのは、このドラムレッスンかもしれない。手足を使って、何となく本物っぽく引けるし、唯一、自由に演奏できる楽器だ。でもって、むやみやたらに「叩く」のではなく、レッスンを受けることで基礎を学ぶことができる。

おまけに、このレッスンは意外に厳しい部分がある。ドラムレッスンは、課題に対して正しいパターンを演奏できることを、何回か繰返す。多少の間違いは勘弁してくれるが、連続して間違えると、「最初から」と言われてしまうことがある。そう言うときはけっこうヤバい状態の場合が多いので弁解のしようがないが、「あとちょっと」というところでやり直しを言われるのは結構つらいね。

また、レッスン後に手取りが簡単なコメントを出す。うまく終った時は、「カンペキだね」「グッジョブ」など。イマイチな場合は、「悪くないよ~」「ボチボチいこうぜ」などかな。ギリギリ合格の場合は、「ちょっとあやしいけど」「かなりあやしいけど」とお情けで合格をくれることもあるかな。

ドラムレッスンは、あと最後の16ビートのみとなった。この16ビートのレッスンはクリアしたのだが、その後で、「卒業検定」というのがあって、それが引っかかってる。というか本当にできるのか?という気もしたり。


2008年11月23日 (日)

Wii Muisc Clip:愛はかげろうのように

まぁ、そんなこんなで、まぁまぁうまくできたような気もする。

この曲はリズムパターンを考えるのがけっこう難しかった。なかなか馴染まず。曲自体はそんなに難しくはないと思う。

2008年11月22日 (土)

Wii Music Clip:アイル・ビー・ゼア

というわけで、出来上がったクリップを。

こういうバラード系はテンポは楽な反面、リズムパターンを考えるのが時間がかかるが、それもまた面白い。

え?やばいのか?

先日、民事再生法を申請した秋葉原の老舗PCショップであるツクモが差し押さえされたとの報道があった。

~~~~~~~~~~~~ココから

民事再生法を申請し経営再建中の九十九電機、営業が一時中断状態に

10月30日付けで民事再生法を申請していた秋葉原の大手PCショップ九十九電機は21日、営業を一時中断せざるを得ないことになっている旨を発表した。

 同社によれば、同社の店舗並びに倉庫内商品の集合動産譲渡担保権を有するNECリースが、本日付けで同社に対して当該担保権を実行する旨の通知を届け、かつ裁判所から仮処分決定を受けたとのこと。この担保権実行
により、営業を一時中断せざるを得ないことになったという

 同社は、NECリースの担保権実行による一時営業中断を回避するため、NECリースを相手方として、東京地方裁判所に対し担保権実行手続中止命令の申立てをしていた。その審尋期日が本日午後5時30分に、東京地方裁判所で開かれることになっていたが、NECリースは当該審尋期日の前に担保権を実行してきたという。

 同社リリースは最後に、「NECリース株式会社の大株主である日本電気株式会社様とは、30数余年に及ぶ取引をさせていただき、大変多くのパソコンを販売させていただきました。また、弊社の社員にもたくさんのNECファンがおります。その日本電気株式会社様の関連企業が、民事再生法の下、取引先様、お客様、そして社員が精一杯再建に努めている弊社に対し、営業を一度中止せざるを得ない行動を取られたことが残念でなりません」と記し、「早期に営業を再開できるように、一丸となって努力して参りますので、さらなるご支援を賜りたく、宜しくお願い申し上げます」と締めくくっている。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081121-00000015-rbb-sci

~~~~~~~~~~~ココまで

ちなみに、そのときの現場写真とかは、コチラ。
http://www.rbbtoday.com/news/20081121/55942.html

その後、NECリースの見解が発表されました。
http://www.nec-lease.co.jp/temp/20081121.pdf

いったい何をやってるんだ、NECは? こんなの差し押さえていくら浮くんだろう? 確かに経営がヤバい状態ではあるが、秋葉の御店を叩いても昨今の不況の足しにもならないし、逆に社会的イメージが失墜するだけじゃないか。こんなことして、イメージダウンにはなるがプラスは一切ないと思われる。NECリース側にも言い分はあるようだが、なんか「見せしめ」的な感じを受ける。

すでに、NECリースという言葉をグーグルで引けば、この「ツクモ関係」の記事が上位に上がってきてるし、いろんなところでネタにされ、たたかれるのは目に見えている。そうなることは、容易に予想できたと思うが。それとも正義を貫きたいのか?

NECはPCメーカーとして販売店あってのものだと思うのだけどね。それともNECにも余裕がない?

ついでに会社名も変更するそうです。
http://www.nec-lease.co.jp/temp/20081118.pdf


2008年11月21日 (金)

もうダメかも・・・・

いやまぁ、なんというか。
世間の風は冷たいし、経済も冷たい。日経平均は急落しているし、悪いニュースばかりだ。

世間で聞かれるのと同じように、私の職場でも連日のように、「削減」「中止」「延期」のオンパレードだ。これは今回限りではなく、来年も好転する材料は全くない。

もはや、身の振り方をどうしようかと悩んでしまう毎日である。

ところで、アメリカのビッグスリーは融資を政府に懇願しているようだ。また、経営陣は報酬カットも辞さないとかなんとか。日本の企業だってけっして安泰ではない。日本はキズが浅いと言われることもあるが、ぜんぜんそんなことはない。アメリカより、ちょっと目立ってない・・・というか、遅れているだけだと思う。

じわじわっとそこまで来ていますよ、ほんとに。

こんなときは、何か欲しいものでも買って、ウサをはらすというてもあるかな。

【LEDテールライトとか】

これ、D型用がでたら、買ってもいいかな?と思ってたけど、結局でないなぁ。

2008年11月20日 (木)

フォードもまずい?

フォードがマツダの株を売却するそうだ。

~~~~~~~~~ココから
 マツダ株式会社(以下、マツダ)とフォードモーターカンパニー(以下、フォード)は、本日、マツダとマツダのお取引先企業がフォードの保有するマツダ株式の一部を、市場取引を通じて取得することを発表した。

 この結果、フォードのマツダ株式の持株比率は33.4%から約13%へ変更となる予定だが、両社は30年近い歴史を誇る戦略的提携関係を継続することで合意している。

http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/2008/200811/081118a.html

~~~~~~~~~ココまで
そりゃまぁ、今まで提携関係があったので、イキナリは変えることはできないから、上記のような結果になるんだと思う。ある程度、良好であれば当然ではないだろうか。

ただ、私ごときが言うのもなんだが、会社というのは、「発言権」というのは結構大きく、その大きさは金によって決る。金に関する権力を持ってるところが、「発言権」が一番大きい。何か問題、あるいは解決するべき案があったとしてもそれを、「決定」する要因は、「力」の大きいところが持つことになる。

フォードは今までそうだったんじゃないか。それらは、だんだん崩れていくことを意味するのだろう。フォードが今まで大きな発言権を持っていたが、それは、時にはうっとぉしく、時には頼れる味方だったと思う。マツダはそれらフォードの力が弱くなった先の話を想定しておかねばならないだろう。

要するに、自立、ってことだろうか。

2008年11月19日 (水)

Wii Music:ドラムは実際の曲で練習するほうがいいかも

Wii Musicではドラムレッスンがある。これで基本パターンを練習したら、後は、実際のドラムセッションで実際に演奏してみたほうが面白いし、上達する気がする。

とにかく失敗だらけだが、曲に合わせてドラムを演奏していると、だんだんペースにも慣れてくるし、何となく合ってきているように思える。ただ、曲のテンポによっては完全に追いつけない・・・。4ビートは演奏できるが8ビートは無理。

ドラムパターンで面白いのは、4ビートの基本パターンとは別に、フィルインで節目にちょっと見せ場を作ることだろうか。でも、コレも中々うまくいかない。フィルインをかけると、次のパターンがぐらつくし。

でも、ドラムが一番面白いね。



これでガンダムのコックピットも再現か?

富士通研究所が、全方位視界を実現する映像技術を開発したそうです。

~~~~~~~~ココから
株式会社富士通研究所(注1)はこのほど、世界で初めて、ドライバー視界補助向けに車両全周囲を見やすくリアルタイムで表示する映像処理技術を開発しました。ドライバーは運転シーンに応じ、車両全周囲を「見たい所を見やすい視点・視界」で表示した映像により確認することが可能となります。本技術により、駐車時、狭い道でのすれ違い、見通しの悪い交差点への進入や右左折など、さまざまなシーンでドライバーの安全運転を支援することができます。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2008/11/17.html

~~~~~~~ココまで

基本的には、各方向にしかけたカメラの映像を絶妙に合成することで、全方位だけでなく、外部からみたような映像を作り上げているようだ。車の中というより、視点を外部に持ってくことで、「客観的に自車の映像を確認できる」というのが売りのようだ。

まるでゲームのワンシーンを再現するのだろうか。

ねらいとしては、「安全運転に貢献」という感じで書かれている。

走行中の自動車の一瞬の判断が要求される中で、モニタによる映像により安全確認ができるのか?という疑問もあるが、技術としては面白い。

カロッツェリアのバックカメラがこの機能を一部実現していたと思うが、あれはバックカメラだからねぇ。バックという比較的ユックリ運転できる場面だから、モニタを見ながらハンドリングできるわけだが。ただ、こうなると車両に最初から付けないと、無理だろうねぇ。


【広告】

2008年11月18日 (火)

Wii Music:ベロシティ

ベロシティとは、「強さ」を意味する。MIDIなんかでよく出てくる話しで、たしか15段階ぐらいあったと思う。要は楽器を演奏する時に、「強くたたく」か「弱くたたく」かなどで表現される。

例えば、スネアドラムであれば、「強くたたけば、大きな音」だし、「弱くたたけば、小さな音」になる。打楽器系だけではなく、弦楽器でも同じようにベロシティはある。

さて、Wii Musicの場合はどうか? 感覚的なものだが、3段階ぐらいじゃないだろうか。ドラムセットを演奏しているとその編がわかりやすい。ただ、3段階しかないので、あまり強弱は付けられない。また、自分で演奏していると、「強さ=ベロシティ」を一定で演奏するのは、ちょっと難しいかも。

ドラムセットをバランスボードで演奏しているときに、本来であれば、このベロシティをうまく使えれば、音楽に強弱が出ていいんだけど、実際には常に「最大の強さ」で演奏してしまってるようだ。

まぁ、元々楽器演奏用に設計されたものではないWiiリモコンとバランスボードだから仕方ないんだけど。

なので、Wii Musicには音量のバランスが調整できれば、よかったなぁと思う。曲によってドラムを強調したい場合は、ドラムを大きくするとかね。言い出したらキリがないけれど。

それにしても、Youtubeやニコニコ動画にアップされている動画を見ると、みんなうまいですね。よくもまぁ、いろいろなアレンジを考えられると感心する。

2008年11月17日 (月)

どこに行くのか?ビッグスリー

あぁ、ビッグスリーはどうなるのだろうか?

~~~~~~~~~~~ココから
米政府は14日、業績が悪化している米自動車大手3社(ビッグスリー)向けの低利融資について、早期実行を可能にする法改正を議会に呼びかけた。環境対応車の開発資金といった融資条件を緩和し、事実上の資金繰り支援を容認する。議会で主導権を握る民主党は金融安定化のための公的資金枠を使った金融支援を主張、支援の枠組みを巡って米政府・議会にはなお隔たりがある。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081115AT2M1501415112008.html

~~~~~~~~~~~ココまで

ビッグスリーに関するニュースは、毎日、数え切れないぐらいにでているが、どれも悲観的な物が多い。支援がどう?とか、もはやこれまで!とかね。

ただ、自動車業界というのは、よく言われる通り「すそ野が広い」と言うのがある。自動車産業と言われる範囲外までかなり広い。

よく言う自動車メーカーは組立て工場だと思うが、それ以外にたくさんの部品メーカー、電子部品、燃料、保険、その他車に関するサービス産業まで様々だ。ビッグスリーが傾くと、これら全てのアメリカ産業が傾くし、海外のいろんなところが傾くと思っている。また、ビッグスリーだけではなく日本の自動車メーカー自体も危うくなるし、それに関係する産業も芋づる的に危うくなる。あんまりイイことは無さそうだけどね。

オレ、今年のボーナスあるよなぁ・・・・・。あ、私は自動車業界じゃありませんけど。

2008年11月16日 (日)

カロナビをバージョンアップ

いろいろ悩んだのだが、カロナビをバージョンアップすることにした。新規のナビに買い換える選択肢もあったが、今はナビをリプレースする根性が無いのと、地デジ回りは2010年に向けてまだまだ変りそうな雰囲気もあるしね。

さて、HDDナビのバージョンアップはいたって簡単だ。私はWEBで申し込んだ。そうすると2日ぐらいで梱包キットが送られてくるので、そこにHDをいれて送ればよい。約3日後には戻ってきた。早いねぇ。

さっそくナビに取付けてみた。キー指して、ACCにするとすぐに起動。なんか初期アップデートがかかってるようだ。約数分だったかと思う。その後、再起動する。

01

02

そうすると、こんな画面がでた。

03

決定を押すと、しばらくこの画面になる。待つ事20分ぐらいだったろうか。無事に終った。

04

バージョンアップは無事に完了した。音楽データなども特に崩れることなく移行できたようだ。

05

さて、08年バージョンにアップしたわけだが、どこが新しくなったのか?と言えば。

1)地図は当然新しくなった。試しに、以前地図に道が無かった所に行ってみたが、ちゃんと正しい地図が表示されていた。
2)音声ガイドの「声」が変った。これは前の方がよかったかも。前の方がなんか肉声っぽかったが、今回のはより、「機械的」に聞こえる。好みの問題かもしれないが。

他にもいくつかあると思うが、実際に使う上で大きな機能変更はないだろう。あ、そういえばオービスデータが消えてしまったよ。レーダーは付けてるが、やはりナビの地図上にオービスデータが表示された方が、わかりやすい。しゃーない、買うか。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


2008年11月15日 (土)

Wii Muisc:プレイ動画

せっかく作ったので、試しにアップロードしてみた。今回は、比較的出来のいい作品から。

【ドレミのうた】

【キラキラ星】

Wii Muiscは、最初のころは曲ができるだけで面白かったので、適当に演奏してほいほいクリップに残していたが、だんだん、「間違い」がわかってくるようになると、何度も何度も練習しないと、納得いかなくなってくる。なので、1曲あたり1~2時間はかかってるかもしれない。

時間がかかるのは、やはりドラムかな。バランスボードで演奏すると色々できる反面、曲になれるまで時間がかかるし、リズムパターンをいろいろ試してしっくり来るのを探すまで時間がかかる。

それにしても8ビートはキツい。


デックスは売れるだろうか?

ものはbBと同じ。バンパーやフォグ部分、グリルに多少の差異はあるが基本的には同じ。同じ車は、トヨタでも買えるこのデックスは、果たしてスバルで売れるだろうか?

なんとなくだが、トヨタ+ダイハツ陣営が、「スバルにもコレをうれ」と押しつけたとは思えないし。スバル側としては提携のメリットを活かし、販売可能車種を増やすことで、販売力を増やしたいのかもしれない。また、スクエアな感じがスバル関係者にも受入れられたのだろうか。

ただし、販売計画が、月産500台ということから、この手のコンパクトとしては異例の少なさではないだろうか。

要するに、「たくさん売って稼ぎたい」と思ってはいないということだろう。あるいは様子を見ているのかもしれないが、現実問題、今までと同じ体制では、デックスは売れないのではないだろうか。

いくら「エビちゃん」をイメージキャラに選んだとしても、
 「コンパクトを買いに、スバルへ行こう」
と思わない。トヨタに行くよね、普通。

たぶん、販売店であるディーラも多少の困惑があるんじゃないかな。「さて、どうやって売るか?」あるいは、「売れるのか?」という感じ。

でも、せっかく販売したわけだし、ココは前向きにデックスを売り込んでみるもの一つの手だ。だが、今までのスバルユーザではダメだろう。スバルユーザは、4WDとか、走りとかこだわりを持つ人が多いし、車にも詳しい。

デックスを売り込んでも、「なんかねぇ~~」でかわされてしまうんじゃないだろうか。なので、ここは一つ新規開拓を狙うしかないかな。

それにしても、まだ、この車を全然知らんし。暇をみて、ディーラに見に行ってみようか。そろそろ試乗車でも入ってるんじゃないかな?


2008年11月14日 (金)

スバルからコンパクト発売

スバルからコンパクトカーが発表された。その名を、「デックス」という。

とは言っても、ダイハツのOEMだ。ダイハツ名称は、「クー」で。トヨタでは、「bB」。そんでもって、スバルでは「デックス」となる。ただ、見た目のルックスとしては全く同じというわけじゃなく、バンパーやグリルの作りが、それぞれ違うようだ。

どうだろう?知らない人がみたら、「違う車」に見えるかな?

081113

これでスバルは、コンパクト、スタンダードセダン、ワゴン、SUV、ミニバンとフルラインナップが揃ったことになる。いまや、コンパクトが一番の売れ線なわけだから、多少なりともこういうコンパクトが欲しかったのかもしれない。ただ、スバルはOEMはどうかな?かつて、トラヴィックがイマイチだったように、このデックスも、「スバルらしくない」という事で、振るわない事はないだろうか?


スバルのリリース記事
http://www.fhi.co.jp/news/08_10_12/08_11_13.html

CAR Watchの記事
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081113_38099.html

昼間のライト

昼間のライト点灯がEUで義務化されるとか。

~~~~~~~~~~ココから
EU、日中の点灯を義務付け すべての新車を対象

 欧州連合(EU)の欧州委員会は2011年から、加盟27カ国で販売されるすべての新車を対象に、専用の「昼用ヘッドライト」の設置を義務付ける。対向車や歩行者が車の接近を認識しやすくなり、交通死亡事故を3―5%減らす効果があるという。EU市場での日中点灯の義務化で、自動車メーカーは国際的な安全対策の強化を迫られる可能性がある。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081112AT2M2701K12112008.html

~~~~~~~~~~ココまで
こういうのって、どっか別の国であったかも。カナダだったかな。

でもエンジンに連動して自動点灯かぁ~。そうすると車は常にライトがついている事になっちゃうね。日本が追随するかは、わからないが国際的な流れになれば、充分にありえるだろう。昼間のライト点灯がどのくらい効果があるのかはちょっとわからないが。例えば、昼間のライト点灯を義務化したら事故が~~%以上減ったとかね。

住みにくくなるなぁ。


2008年11月13日 (木)

調子悪~

なんか調子が悪いです。毎日、気温が低いのと朝、日中、夜の気温差が激しいのか、長が悪くなってしまいました。だるいというかなんというか。カゼだろうと思うが、大事をとって早めに帰って休む事に。

でも、まぁ、明るいうちに布団に入ってみたんですが、案外、眠れないもんで。クスリを飲んで若干回復したようなので、おきてのんびりしてました。

調子悪いと言えば、毎日、悪いニュースばかり。減産、減益。解雇とか。いろいろ。世界中の不景気が襲ってきたという感じだろうか。どこの会社もこの下半期をどうしのぐか?じゃないですかね。

そんな中で、政府は例の給付金だそうです。これで本当に景気がよくなると考えているのであれば、「頭悪いんじゃないか?」と思える。どうやったらよくなると考えられるのだろうか。

手間もかかるわりには恩恵が無い。いっそのこと、「所得税減税」にすればいいじゃんねぇ。なんで、それをやらないのか? そりゃ、払ってもらうものは払ってもらい、「配布」することで恩を売りたいから。

もう、ばればれ。


2008年11月12日 (水)

ドラムレッスン:ソウルミュージック

ドラムレッスンでソウルにチャレンジした。今までの8ビート風とは全然違い、スネア主体というかアップテンポの感じだ。

でもこれ、意外に簡単。ただ、今までと違うタイミングでバスを要求されるのだが、これもそんなに難しくない。

どっちかっていうと、前のフィルインの方が難しかったと思う。というわけで、ソウルミュージックパターンは、案外簡単にクリアした。

やはり基本は8ビートだろう。8ビートのハイハットをリズムを見出さずにキチンと鳴らしつづけられるかどうかが、基本じゃないかと何となく思いだしている。

続いて、オープンハイハットにチャレンジしよう。でも、また明日ね。

トヨタ様?

トヨタサマサマだろうか?

~~~~~~~~ココから
 トヨタ自動車は10日、北米での自動車生産の減産で、富士重工業の米国工場に委託している主力乗用車「カムリ」については生産台数を引き下げない方針を明らかにした。

 両社は2005年10月に資本提携し、07年4月から富士重工業の米生産子会社「スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA)」(インディアナ州)で、トヨタの北米向け主力セダン「カムリ」の生産を委託し、現在は年間10万台のフル操業を続けている。しかし、米国の金融危機にともなう消費の冷え込みやガソリン価格の高騰などで北米の自動車市場が縮小するなか、トヨタも08年の米国販売見通しを当初予想の244万台から220万~230万台に下方修正した。カムリの販売台数も9月は約2万7000台と前年同月比26.6%減に落ち込んでいる。そのため、約2億3000万ドルを投じてカムリの委託生産を始めたSIAでの生産調整についても、その動向が注目されていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081110-00000016-fsi-ind

~~~~~~~ここまで
いろんな考え方があると思うが、資本提携の甲斐があったのだと思う。委託生産とは、トヨタにとっては富士重工は「強力会社」であるが、時と場合によっては真っ先に切られることもある。生産台数を維持するというのは、富士重工にとっては嬉しいような気もする。

単価は下げられてるかもしれないが、売り上げは立つし、雇用も確保でき。

問題は、いつまで続けられるか?だろうね。

2008年11月11日 (火)

エクシーガがカーオブザイヤー特別賞を受賞

エクシーガが特別賞を受賞したそうだ。Most Fun賞と書いてあった。詳細をみたいんだけど、カーオブザイヤーの公式サイトはアクセスが集中したのか、見れない。

http://www.jcoty.org/

う~ん、アクセスが集中することぐらいわかってるだろうに、なんつー、体たらくだ。予算がどのくらいあるかわからないが、今時なら、集中アクセスにも耐えられるようなWEBサイトを作れるベンダーは結構あるんですけどね。

しかし、カーオブザイヤーの受賞と「売行き」は必ずしも一致しないので、心境としてはチト複雑ではないだろうか。ただ、CMのキャッチコピーには使えるだろうけど。

なにはともあれ、おめでとうございます。


【おいしそう】

Wii Music:セッションを頑張る

妙なタイトルだが、自分でアレンジでセッションを演奏するのは実に面白い。最初は適当に演奏していれば、それでよかったんだが、だんだんわかってきた。わかってくると、多少のズレとか途中でヘンなんなると何ともやりきれなく、何回もやり直しをすることになる。

一番難しいのは、ベース。ベースというは普段意識する事が少なかったし、「どういうふうに演奏されているのか?」があんまりわかってないこともある。サンプル音符を表示して演奏することになるが、4ビートで鳴ってるのはわけないが、妙にズレているサンプルは結構難しい。

8ビートでずっと演奏されるのもけっこう大変だ。演奏しているウチに段々ズレてくる。ベースがズレるとリズムが乱れるのであんまりよろしくない。

な~んて事を繰返していると、あっというまに1時間たってしまう。そのかわり出来上がった曲は何度聞いても面白い。苦労したカイがあったという物だろう。

そして、最初はWiiリモコンを振って鳴らしていたドラムをバランスボードモードで演奏したくなってくるわけだ。

車も2in1か?

なんでも1台買ったら、もう1台ついてくるそうだ。

~~~~~~~ここから
【11月9日 AFP】英ロンドンから北東85キロの町コルチェスター(Colchester)の自動車販売ディーラーは、2台の新車を1台の値段で販売するキャンペーンが話題を呼び、不況を生き延びる手だてを得たようだ。

 このディーラーは、インターネットを中心に自動車を販売するBroadspeed.comで、革シートやエアコンを装備した米自動車大手クライスラー(Chrysler)製のダッジ(Dodge)アベンジャー(Avenger SXT)2台セットを2万ポンド(約310万円)で売りに出し、つい最近この車種の在庫を売り尽くしたばかりだという。

http://www.afpbb.com/article/economy/2536571/3508172

~~~~~~~ここまで

いやまぁ、何て言うか。ここまで来ましたか。
ただ、こういうキャンペーンってのは、在庫処分といっときの売り上げには貢献しますが、おそらく赤字だろうし、続かない。こんなことを繰返していれば、企業としての体力も消耗してしまう。

果たして車業界はどこまでいくのでしょうか。いや、車業界が傾いてくると、そこから波及していろんな業界がみんな傾く。何とかしてくれ~~~。


レガシィにタイヤチェーン

レガシィにタイヤチェーンは、使えるのか?答えはYesだ。でも薦めない。というかやめたほうがいいと思う。

ディーラオプションで確かチェーンはあったかもしれない。いや、BPにはなかったかな!?御存知の通りレガシィは4WDあるが、FFベースであるためタイヤチェーンを付けるのは前輪になる。ただ、この場合、雪上では前輪はグリップするが後輪はグリップできない。その結果、走行時になんかアンバランス感がでてくる。

タイヤチェーンについては、AT車とMT車では扱いがことなっていたと思う。確かAT車でチェーンを利用する場合は、ヒューズを外して後輪駆動を切り離し、前輪駆動にするんじゃなかったかな。MT車ではそういう細工はできないので、ひたすら走ることになる。

実際にチェーンを付けて走ってみるとわかるが、走行開始時はグリップするので良いのだけど、そのうち、後輪のグリップ感が妙に違和感を感じるようになる。なんか後輪が全て前に出てきそうな、そんな違和感だ。下手すると、後輪だけ前の方へ滑っていきそうになるような、フワフワした感じだろう。

レガシィにチェーンを付けてで雪道を走行中、前方の車がスピンして事故を起こしていたのを見た。やはり雪道はなめてはいけないと感じる一瞬だろう。

それ以来、スタッドレスを買うようになった。スタッドレスでの走行の安定感は比べ物にならない。やはり文明の力を利用しない手は無いだろう。

【やっぱりスタッドレスはブリザックか?】


2008年11月10日 (月)

4WDは悪路に強いか?

結論から言ってしまうとそうでは無いと思う。ここで言う4WDとはジープとかに代表される4WDであり、悪路走行を目的に作られた車を意味する。

「レガシィは4WDだから悪路に強い?」と聞かれてもなぁ。

悪路というのは林道のようなドロあり、砂利あり、凹凸ありのようなものではなく、一般には雪道ではないだろうか。雪道の走行性能は、4WDかどうかよりもタイヤに依存していると私は思う。4WDでも雪道は滑るのだ。性能のイイ4WDは性能のいいスタッドレスタイヤで初めて雪道走行が可能になる。

特にレガシィは、タイヤ性能が確保されて初めて真価を発揮すると私は考えている。

かつてBHレガシィの時代で、「スタッドレスなんてもったいない」とチェーンを積んで雪国に行った事があった。そんなときに限って大雪が振ったりする。高速で、「もうだめかな?」と思いチェーンを付けた。その時は、グリップがはるかに良くなるので、「お!いけるじゃん」と思ったが、ある程度走ると、4WDにチェーンを巻いた弊害がわかるようになる。

前輪はグリップするが後輪が滑るのだ。すげぇ違和感というか、運転してて怖い。それ以来、二度とチェーンは使ってない。

雪道で4WDであるメリットというのは、いろいろある。スタッドレスを履いていることを前提で言えば、1:前進、2:後退、3:コーナリング、4:ブレーキのどれもが安定することだ。

この中で、2:後退は結構重要。駐車場でいきなりの積雪で埋まっても、脱出できる。駐車場によってはバックでしかでれない場所もあるから。

でも、スタッドレス+4WDでも過信は禁物だろう。滑るもんは滑るよ。


タイヤ買うなら矢東タイヤ

2008年11月 9日 (日)

Wii Muisc:ドラムレッスンでフィルインを練習する

一度はクリアしたフィルインが、もういっかいやってみるとクリアできなかったりする。なかなかOKをもらえない。理由は色々あるが、一番難しいのは、ロングパターンでの演奏で、最初のシンバルの直後のハイハットを鳴らせないからだ。これが鳴ってないと、永遠に進行しない。

自分でやって、「あっ」と思ったのは、シンバルの直後のハイハットを休んでいることがわかった。

ノーマルテンポでは、最初のシンバルの後のハイハットまでの時間が短い。なので、一瞬で手を持ってかないといけないのだが、まぁ、そこは慣れなのと、意識することだろうか。力が入りすぎるとバスの位置がズレたり、スネアをたたいたりテンポがズレてりしてしまうので、力まない事だろうか。

何度も練習すると、ハイハットをたたく手は勝手に動いてくれるようになるので、そうすれば、シンバル直後のハイハットも遅れにくくなる。

ココまでできるようになると、ドラムセッションに挑戦すると尚面白くなるようだ。

【Wii Musicを買ってみたい】

プラモデルの値段って?

久しぶりに東急ハンズを訪れた。目的は別なんだけど、時間があったので、プラモデル売り場をブラブラしてみた。昔作ったことがある自動車なんて、どんなになってるんだろう?って見ていると、懐かしいのがけっこうあった。R32GT-Rとか、Zとか。

でも眺めてびっくり。値段が異様に高い!

Zが1900円だと? これ、20年くらい前に作ったことがあったが、確か1000円ぐらいじゃなかったっけ。

見ていると、どのプラモも高い! 1/24の自動車が2000円前後。いやもっと高いものもある。かつては、どれも800~1200円ぐらいだったと思ったんだけど、ひょっとして最近のプラモは何かスゴイのか?と思って中身を見てみたが、別段、普通だった。

どうやら、知らない間に倍近く値上げされたようだ。たぶん原油価格高騰なんかの影響だとは思うが、この値段じゃねぇ。

相場にちょっとビックリだ。

ガンダム関係はまだ安いのもけっこうあるみたいだが。


【広告】

2008年11月 8日 (土)

ホイールで燃える?

車のメッキホイールで、引火するそうだ。

~~~~~~~~~ココから
車のアルミホイールで火災? 条件重なると日光を集束

 国民生活センターの商品テストで、乗用車のメッキ処理されたアルミホイールが、凹面鏡のように太陽光を集めて反射させ、周囲に置かれた可燃物が発火する「収れん火災」を起こす危険性があることが、6日分かった。

http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110601000750.html

~~~~~~~~ココまで

まさかホイールのメッキに日光が反射して引火するとは夢にも思うまい。それにしてもメッキホールなんて、かなり昔からあったわけで、何をいまさらという気もするが、陽射しが強くなってるんだろうか。

幸いにして私のホイールはあまり光沢がキツくないガンメタルカラーのホイールなので、まぁ、引火することはないだろうが。

あ、最近は洗車技術が発達してより光沢がキツくなってきたからなのだろうかねぇ。メッキホイールの人はご注意ください。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


2008年11月 7日 (金)

ステラを改良

撤退とは言っても、まだ、努力はするのか。

~~~~~~~~ココから
富士重工業は、スバルステラシリーズに改良を施し、本日より全国スバル特約店を通じ発売する。

 今回の一部改良は、広い室内空間と扱いやすさ、優れた燃費性能を特長とするスバルステラシリーズ(ステラ/ステラカスタム/ステラリベスタ) のグレード展開の変更をはじめ、仕様装備の充実、新外装色の展開などを図った。さらに、2WD i-CVT車の自然吸気エンジンについては、平成27年度燃費基準達成により環境性能を強化している。

http://www.fhi.co.jp/news/08_10_12/08_11_04.html

~~~~~~~~~ここまで

なんだ、まだ、がんばってるじゃないか。
スバルの軽自動車撤退は、本当にいいのかな?

2008年11月 6日 (木)

スバルも減産

最近、「減益」とか「減産」とかそんなのばっかりだなぁ。

~~~~~~~~~~ココから
富士重工業は31日、11月から日本と米国で2万台の減産に入ることを明らかにした。同社の年間生産台数の約3%に相当する。2009年3月期の生産台数を当初計画より2万台少ない61万3000台に下方修正する。ただ、前年同期比では3.2%増となる。

 日米工場でそれぞれ1万台ずつ減産する。主力車「レガシィ」などが対象になる。残業や休日操業の縮小などで対応し、期間従業員は削減しない方針。当初700億円を想定していた設備投資は80億円減の620億円にする。

http://car.nikkei.co.jp/news/business/index2.cfm?i=2008110201893c0

~~~~~~~~~ココまで

世界であれだけ言われている不景気の波。車だけでなく、いろんな業界で減産と言われているので、スバルも例外じゃないということだろう。

Wii Musicの感想

さて、いろいろ楽しませてもらってるWii Musicだが感想というか、改善点とかをちょっと上げてみたい。

まずは楽曲の量だ。老若男女、年齢を問わず楽しめるように、クラッシック、童謡、民謡、オールドポップスの、「誰もがどこかで聞いたことがある曲」を中心に集めてある。選曲は悪くないと思う。

ただ、「自分の好み」という点では、やはり物足りない。

Wii Musicは、一つの曲でも楽器を選べるし、ロック調、ポップス調、マーチ、和風などバラエティーが選べるので、1曲でもたくさん楽しめるのは確かだ。

でも、曲は追加出来たら、もっと楽しいと思う。お買い物チャンネルで、10曲で500円とかで販売されたらいいんだけどね。最新とは言わないが、J-POPSとかFusionとか。

T-SQUAREの曲なんか、イイとおもうんだけど。

次が、Wii Musicを持ってなくてもクリップを再生する機能。プレーヤーだけは、無料でダウンロード可能にして、プレーヤを持ってる人には、クリップを送付可能にするとか。技術的にはできそうだけどね。

他にもパートをもっと増やせないか?とか、メロディーの楽器を途中で変えたいとか、鍵盤楽器用に、ボタンタッチの柔らかい専用コントローラが欲しいとか、曲の長さをもっと長くできないのか?とか。

まぁ、言い出したらキリがないと思うし、全体のバランスというものもあるから、少し物足りないぐらいが丁度いいのかもしれない。

2008年11月 5日 (水)

教習所

八王子の自動車教習所が倒産したとか。ニュースでたくさんやってるので御存知の人も多いと思う。

イマサラながら自動車教習所は、人口が増え続けているウチは右肩上がりだと思うが、少子化が叫ばれ高齢化社会と言われる現代では、パイの大きさは決ってるし、激戦であることは否めない。免許を取得する年齢層(20才前後)が減ってるからねぇ。年齢が上の人で免許が欲しい人は、もうだいたいもってるわけだし。

教習所と言えば、自分のときはどうだったか?ってことを思い出す。私は学生の頃に友人の紹介で「ある教習所」に通った。ココは、「東京一狭い教習所」として有名だったことを、後で知った。はは。

ちなみに教習所の成績は良くて、「失敗なしの最低時間でクリア」だった。当時は、第一段階、第二段階、第三段階で仮免が発行され、第四段階の路上教習を経て卒業検定となったと思う。今は、変ってないのだろうか。

普通は第三段階で一度は落ちるらしいが、何とかクリアしたっけ。

苦手だったのは、方向変換だった。縦列駐車は目標が明確だったので、案外できたんだけど、バックで車庫入れするような方向変換は、目標がイマイチわからず、苦労した。確か、仮免テストでも一回切替えした記憶がある。

そんな教習所だが、先日、教習所の前を通った時に、「リニューアルして元気に営業」していたっけ。今度、教習所に行くとしたら、「大型自動車」の免許をとるときかな。でも、ちょっと興味あるんですよね。トラックを運転したいとは思わないが、マイクロバスぐらいは運転してみたいし。

教養と老後の楽しみのために、何か取ろうか?


2008年11月 4日 (火)

それはETCを使って貢献しているから

こんな記事があった。

~~~~~~~~ココから
民主党の菅直人代表代行は3日、水戸市で街頭演説し、政府の新総合経済対策に盛り込まれた休日の高速道路料金値下げについて「なぜETC(自動料金収受システム)がついている車だけが千円で乗り放題になるのか。ETCを推進している機構には、国土交通省のお役人がどどっと天下りをしているからだ」と批判した。

 菅氏は「あらゆる政策が国民、国のためよりも、自分たちの天下り先をつくることを優先してしまっている」と指摘し、民主党が公約に掲げる高速道路無料化との違いを強調した。

http://www.asahi.com/politics/update/1103/TKY200811030132.html

~~~~~~~~ココまで

ETCユーザは、ETCを使うことで
 ・料金所の人件費削減
 ・渋滞緩和
などに貢献しているわけだ。しかもETCのハードウェア、取付費用は自分持ちで。ETCカードは最近では会員料金が無量になってきたが、最初は年間500円とられていたし。

ETCユーザは、「料金を払う仕組みに対して、自腹で設備整備に貢献」しているわけだから、その見返りがあるのは当然だと思うけど。

ただ、「管さん」が言ってる、
  ETCを推進している機構には、国土交通省のお役人がどどっと天下りをしているからだ」と批判した。
は確かにそのとおりだ。

ETCにはそのシステムに不鮮明なところがあるのも事実。例のセットアップ料金。初期の頃は3000円だった。今がいくらなのかは知らないが、あれこそ、「意味が不明」だろう。セットアップが何を意味し、その料金の内訳、徴収する正当性、などをきちんと開示すべきだ。

でも、しないだろうね。民主党には、是非、これらを明らかにしてほしい。


↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

映画:ヒットマン

ヒットマン(2007年)が話題になってるようなので、レンタルしてみた。要するに殺し屋ということなんだが、はて?いかに?

*****************************
ネタバレを含むので、未見の方は、ここから先は見ないほうがいいです。
*****************************

物語は、「ヒットマン」となる主人公「エージェント47」が依頼された暗殺を遂行するが、これは実はワナだった。はめられた主人公が、組織から追われ、さらに警察からも追われる。主人公のヒットマンは、自分が追われる理由を探りながら、自分をはめたヤツラをつきとめ、逆にワナをはり、ケリをつけていく。そんなヒットマンの戦いを描いたアクション映画だ。

【大統領を狙うヒットマン】
Hg01

ヒットマンを演じるのは、「ティモシー・オリファント」。このヒットマンは幼い頃から、暗殺者を育成する機関で育てられた生粋のヒットマンだ。でも、この俳優は目が比較的優しく、ゴルゴ13のような鋭い眼光というのは、ちょっと足りないかも。顔が優しすぎるような気もする。それにしてもスキンヘッドに後頭部にバーコードのタトゥー。目立つよ、このヒットマン。

【ヒロイン】
Hg05

孤高の戦いを挑むヒットマンすがる娼婦のヒロイン、ニカ(オルガ・キュリレンコ)。そして銭形警部のようにヒットマンを3年間も追い続けるインターポール。いろんな登場人物が交錯する中でものがりは進んでいく。


【指令を確認するヒットマン】(目立つぞ、おい。組織特注のPCにはロゴも張ってる)
Hg02

この映画は素直に面白いと思う。結構激しいアクションあり、見せ場ありと、見逃せない部分が多いので、見入ってしまった。主人公がどんな手を使ってワナをしかけ、そこにターゲットを追い込んでいくか?が見せ場であり、見ていて面白い。

【的に囲まれたヒットマン】(いったい誰が敵なんだ?)
Hg03

ただ、謎が残ったんじゃないだろうか。大きいのは、主人公はナゼ組織にワナを仕掛けられたのか?
ということ。主人公エージェント47(フォーティセブン)は、有能なヒットマンであり、組織の中ではずば抜けた能力の持ち主だったわけだ。そんな彼が組織から裏切られ、逆に追われる立場に追い込まれる理由があるとしたら、それは2つ。

一つは有能すぎてしまい、いずれ脅かされる組織トップからの排除勧告だったという理由。次が彼の優しさを既に組織に見抜かれており、「早いうちに排除」されたということ。

このあたりは、たぶん「2」があるだろうから、その時に取っておくのかもしれない。

【すごい形相のヒットマン】
Hg04

この映画では、ヒットマンがしかけるワナがどのようにされるのか?が面白いわけだが、実はストーリーの最初の段階で彼は大きな伏線をはってることになる。

彼は自分がハメられたと悟ると、すぐに計画を思いついたと思われる。

まず、ホテルが襲われると考えた彼は、拳銃をアイスボックスに隠し、ドアに爆弾トラップを仕掛け、敵の出現を待つ。警察がホテルに踏込み、それをかいくぐって脱出。でも目立つ殺人道具の荷物はわざと置き忘れる。優秀な警察(インターポール)がそれを発見し、中にある司教室のカギを見抜くと考えていたわけだ。

だからロシア大統領の弟を殺し、その葬式に大統領が登場しそれを狙うことも計画のうち。大統領が逃げるのも計画のうち。そしてカレを司教の部屋に連れ込み、殺害するのも計画のうち。警察が荷物のカギをみて、司教の部屋に駆け込むのも計画のうちだった。

そしてまんまと捕まったが、事前に貸しを作っておいたCIAから大統領の弟を殺した見返りに、インターポールの連行車を止めるスキを作ってもらい、まんまと逃げおせたのであった。。

また、殺したはずの大統領が「替え玉」ということは、わかってはいるが、その確証を得るためにも作戦も同時に進める。警察の幹部を捕まえて脅し、「大統領を殺せ」という指令を出させる。そして自分の命が惜しい警察幹部は、「大統領を殺せ」というが、それに対してヒットマンは、「いいのか?」と問う。「かまわん、どうせ替え玉だ」というセリフを言わせるわけだ。

【ヒットマンの勇姿】
Hg06

というわけで、全て計画通りに進んだことになる。なるほど、まぁまぁ、練られたシナリオだと思う。でも、途中でよめちゃうんだよね。これ。だから、少しサプライズ不足だと思う。

本来、プロのヒットマンに期待するのは、「観客をもあざむく、シナリオ」じゃないだろうか。「えぇ~、そうくるか~~~」と言わせるようなサプライズを期待したかったが。



2008年11月 3日 (月)

Wii Music:フィルインをクリアする

Wii Musicでフィルイン(レッスン10)を通常テンポでクリアする事ができた。ヤットだったと思う。

コツは色々あるが、パート毎に練習するのが一番いいようだ。

まずはハイハットから。ハイハットを8ビートでちゃんときざむ練習をする。その次にシンバル。先頭のシンバルをうってから次のハイハットが確実にならないと、「OK」と言ってもらえない。このテンポになると、シンバルを打ってからハイハットを鳴らすまでの時間がわずかしかないので、素早く手を動かす必要がある。また、連続していると、最後のハイハットを打ってからシンバルを鳴らすまでの時間もわずかなので、先読みして手を動かす必要がある。

次がハイハットに合わせてバスを確実に鳴らすということ。ドン、ドンドン、ドン、ドンドンという簡単なリズムだが、頭でわかってても体が動かない。ハイハットに合わせて鳴らしているつもりが、だんだん手足がズレていたりするので、これも何回も繰返して体に覚えさせるところだろうか。

最後にスネアを組合せる。後は、繰返すのみ。最後はリズム感じゃないだろうか。手足が全部同じリズムで動かすというか、体全体でリズムをきざむというか。

多少ズレていてもいいので、何回も合わせていると、そのうち、「多少ズレても体がリズムを覚えているので、つじつまをあわせる事ができる」というのを実感できると思う。

というわけで、フィルインで王冠をゲットしました。

次は「サンバ」だったか?

【Wii Musicを買ってみたい】

スバル検定2星不合格

スバルコミッティで、スバル検定というのをやっている。

http://members.subaru.jp/web_community/topics/exam_mobile/index.php

前回記事はこちら

ここで2星というのを、受けて10月イッパイ試験があったわけだが、不合格でした。問題はスバルに関して、いろんな雑学がでる。問題は3択だが、「これはわかる」と思ったのは、全体の3割ぐらいだと思う。後はカン。

時々写真付きの問題が出てくる。例えば、

「~~がついてる車種は何?」という問題。写真は、BFレガシィだったりする。問題に対して写真があまりにストレートなので、「釣り?」かと思って、別の選択肢を採用すると、「そのまんま」だったりする。写真付きの問題は素直に写真を見て回答すればいいようだ。

2008年11月 2日 (日)

痛車のプラモ

アオシマから痛車のプラモが発売されるとか。

~~~~~~~~~~~ココから
潜在的“痛車人口”5万人以上? アオシマのプラモ激走

 「アオシマ」ブランドで知られる老舗の大手模型メーカー、青島文化教材社(静岡市葵区)は、アニメなどの“萌えキャラ”を車体に目立つようデザインした「痛車(いたしゃ)」と呼ぶ車のプラモデルで攻勢をかける。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/game/081101/gam0811011643001-n1.htm


~~~~~~~ココまで

痛車人口が5万人いるかどうかはわからないが、けっこう話題にはなってたと思う。秋葉原あたりを回ってみれば、どっかで止ってる痛車が見られるんじゃないだろうか。インプレッサも見たことあるし。

え?私は全然そういうのは、ちょっと。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

富士重工の業績・・・

富士重工の業績では、売り上げ増しだが減益となるようだ。


~~~~~~~~ここから
2008年度9月中間連結業績は売上高が前年同期比5.0%増の7442億円、営業利益が3.0%減の183億4600万円、純利益が43.9%減の43億9600万円。世界販売台数は4.0%増の28万2000台だった。新型車を中心に海外で販売台数が伸びた一方、円高の影響で減益となった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081031-00000193-jij-biz

~~~~~~~~ココまで

まぁ、株価も激安になってるしねぇ。
2年ぐらい前に、株の勉強を少ししたことがあって、そのときに富士重工の株でも買ってみようかと思ったが、とても高くて買えなかった。でも、今なら買えるかも。このさい、株主になっちゃおうか。

三洋がパナソニックグループに?

パナソニックが三洋を子会社化する意思を固めたようだ。

~~~~~~~~~~ココから
三洋電機との資本・業務提携を検討していたパナソニックは1日、2009年4月をめどに三洋電機を子会社化する方針を固めた。三洋の大株主である米証券大手、ゴールドマン・サックス(GS)グループなど金融3社と詰めの交渉に入り、年内の基本合意を目指す。三洋が強みを持つ太陽電池や充電池などの分野で、技術力を高めるのが狙いだ。国内の大手電機メーカー同士の再編は初めてで、国内では最大の電機メーカーグループが誕生することになる。

http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20081101ke06.htm

~~~~~~~~~ここまで

記事によれば、三洋の強みであるリチウムイオン電池技術が魅力的なんだそうだ。車業界でもバッテリー技術は大きなウェイトをしめるし、今後の活躍が期待されるということだろう。確かカーナビもソコソコ売れていたんじゃないだろうか。

三洋といえば、低価格家電の代名詞みたいなもんで、SONYが高級だとすれば、三洋は安さで勝負!なんて時代もあったかな。我家には三洋のラジカセが1台残っていた。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


萌え萌え探検隊

いや、まぁ、なんというか。身近にこういうのが好きなヤツがいたとは。

ふとしたキッカケで、「なんかいっぱい持ってる」という情報をキャッチしたので、数人で押し掛けて、宝探しを行なってみた。宝探しも何もいっぱい展示されているのは、ちょっとびっくり。しかも展示してあるのはほんの一角であり、まだまだ保管されているのがイッパイねむってるというこだ。

さて写真はいっぱい撮ったんだが、なんか妙な気分になってくるので、少しだけ紹介しよう。

・その1
01_2

・その2
02

・その3
03

・その4
04

・その5
05

さすがに初音ミクは知ってるけど、それ以外はさっぱりわからん。それはともかく、なんとまぁ、よく出来ている。高いもので5000~6000円。安い物で500円ぐらいということだが、ここまで精巧にできているとは思いもよらなかった。

こういうのは昔はガレージキットとかがあったけど、あれは作る人の腕前が大きなウェイトを占めていた。ガレージキットは言わば素材だったわけで、それを魅力的なフィギュアにするには、かなりの造詣能力と塗装能力が必要だったと思う。

最近では最初からこんなにキレイにできているわけだ。世の中、変ったもんだと思う。



2008年11月 1日 (土)

Wii Music:ドラムレッスンでフィルインを練習する

Wii Musicのドラムレッスンもここまで来ると佳境というか何というか。いろんな要素が入ってきて単純だけど、難しいレッスンになる。フィルインも今までと違ってテンポが早く、また、要素も増える。

さて、フィルインだけど、前回はテンポを落として、「あやしいけどOK」という状態だったが、少し練習してみることにした。最初はノーマルテンポだ。最初のフィルインとは?というところはクリアできるが、長いレッスンでは、どっかで間違える。

ただ、だんだんコツはわかってきた。要はハイハットなんじゃないかと思う。ハイハットが他の動作に引きずられずにこなせるようになると、だんだんテンポがあってくる感じじゃないだろうか。だからマズハイハットが連続してこなせるように練習している。その後、バスを組合せる感じだろうか。

でもまだノーマルテンポではクリアできない。テンポを一つ落として何とかクリア出来るレベルである。ふ~道のりは長そうだ。

【Wii Musicを買ってみたい】

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!