« ドライブレコーダに興味がある | トップページ | リトラクタブル・ヘッドライト »

2008年10月15日 (水)

ステレオとモノラル

中学生ぐらいまで、ステレオという言葉の意味を知らなかった。というのも家にステレオセットが無かったから。ははは。

中学2年ぐらいの時だったか、ステレオラジカセというものを買ってもらって、初めて、「立体的な音楽」というのを知った。それまではモノラルテレコがあっただけだったし。

それでも友人に録音してもらったり、ラジオを録音したカセットを結構大事に聞いていたもんだけどね。

ステレオは2つのスピーカーで別々の音を出すことで音に立体感を出す技術だったりする。モノラルは同じ音が出ている。ステレオよりもモノラルの方が音が強調されるなんて事もあるが、音楽はステレオに限るだろう。

ステレオというのは、実に気持ちのイイ音がするものだ!なんて事を中学生ぐらいに感動したのを今でも覚えている。結構、衝撃的だったと思う。

今ならパソコンでもソコソコの音は出るし、携帯電話でも音楽を聞くことは可能だ。ヘッドホンをつければステレオも簡単に再生できるし、ヘッドホン自体もこだわらなければ、ワゴンセールで800円とかもあるしね。

ステレオとモノラルの違いをうまく利用したもので、カラオケ生成機能というのがついたカーステレオとかがあった。家庭オーディオ用の単品物がキットで売ってたこともある。仕組みは簡単。ステレオ音楽とは、通常はボーカルがセンター定位であり、楽器は左右で違っている。だから、左の音声を右の逆位相(音声波形をひっくり返す)で足しあわせれば、音声は±0で消されて、音楽だけモノラルで出るというものだ。

理論としては面白いが、実際には、「そんなにキレイに消えない」と言うのが使ってみた印象だった。これ、今でもあるのだろうか?


« ドライブレコーダに興味がある | トップページ | リトラクタブル・ヘッドライト »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/42779099

この記事へのトラックバック一覧です: ステレオとモノラル:

« ドライブレコーダに興味がある | トップページ | リトラクタブル・ヘッドライト »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!