« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の99件の記事

2008年10月31日 (金)

高速1000円?

また始まった。

~~~~~~~~~~ココから
 金子一義国土交通相は29日夜、追加経済対策の一環として、地方圏の高速道路料金について休日(土日祝日)は原則として1000円を上限とし、平日は3割程度引き下げる方針を明らかにした。1000円以下の短距離は対象外。首都高速と阪神高速も休日に一定の割引をし、東京湾アクアラインも1000円にするとしている。

http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008102901000895.html

~~~~~~ココまで

こんなことよりももっとやってほしいことがある。高速料金の抜本的な値下げだ。例えば、一律5割引き以下にし、その後、段階的に引き下げるとか。

あるいはガソリン税の暫定税率を廃止するとかさ。

なんでそういうことをしない、こういう思いつきのような手段にでるのだろうか?こんな距離を問わず1000円にしちゃうと、渋滞が頻発したり、新幹線や飛行機などの他の交通機関との料金バランスが大幅にくずれそうだが。


カーナビとGoogle

日産とGoogleが連携して、カーナビとGoogle Mapの連携をはかるそうだ。

~~~~~~ここから
日産自動車、Googleマップと連携した目的地設定をカーウイングスナビゲーションで実現

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は29日、同社のカーナビゲーション向け情報配信サービス「カーウイングス」において、世界最大の検索エンジンGoogle(グーグル)が行うGoogleマップと連携し、カーナビゲーションの目的地設定などの操作をより便利に使うことを可能とするサービスを開始する。

http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2008/_STORY/081029-01-j.html

~~~~~~ココまで

説明の中では、

(1)外出前にパソコンからGoogleマップで施設などの場所を検索し、(2)画面上で『NISSAN』を選択、(3)カーウイングスの会員IDを入力しeメールで送信するという簡単な操作で実現する。

となっている。これも一つの手なんだけど、イマイチだと思う。PCが無くても車のカーナビだけでGoogleを含めた膨大な情報を検索できるようにしてもらえたら、大きいんじゃないかなぁ。

例えば、「旅先で美味しいものを食べたい」と思ったとき、手元には何も持ってないし、土地勘も無い。そんなときにカーナビを使って、
 「現在の美味しい御店の情報」
が欲しいと思う。カーナビ内蔵の情報では古かったりすることも多いし。まぁ、こういうのを実現するのが、カロのSmartLoopかもしれないが。

そうそう、カーナビにはオプションでワイヤレスキーボードが使えてもいいと思う。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


2008年10月30日 (木)

現行レガシィで最後の特別仕様か?

スバルから現行レガシィの特別仕様がリリースされたようだ。
たぶんこれが最後の特別仕様じゃないだろうか。値段をおさえてお得感を出すモデルとなっている。

Spec.Bが欲しい人は別だが、スタンダードグレードが欲しいと思ってた人には、いい選択かもしれない。NA、GT共に用意されているしね。いやぁ、それにしても、BPレガシィあと半年ちょっとぐらいで終わりとは。時代の流れは早いもんです。

~~~~~~~~~~~~~~~ココから
特別仕様車 スバル レガシィ 「Premium Leather Limited」を発売
 富士重工業は、スバル レガシィ シリーズに特別仕様車「Premium Leather Limited」を設定し、本日より全国スバル特約店を通じて発売する。

 今回発売する「Premium Leather Limited」は、レガシィ ツーリングワゴン/B4「2.5i」、「2.0GT」、および、アウトバック「2.5i」、「2.5XT」をベースに、落ち着きのある色合いのブリックレッド(レンガ色)の専用本革シートを採用するとともに、ピラートリム、ルーフトリムをブラックで統一。そのほか、クロームモール付のサイドスカートやSRSサイド&SRSカーテンエアバッグを装備し、上質感を演出するとともに安心感を高めた。

http://www.fhi.co.jp/news/08_10_12/08_10_29.html

特別仕様車 スバル レガシィ「Smart Selection」を発売

 富士重工業は、スバル レガシィシリーズに特別仕様車「Smart Selection」を設定し、本日より全国スバル特約店を通じて発売する。

 今回発売する「Smart Selection」は、レガシィ ツーリングワゴン/B4の「2.0i」、「2.5i」、「2.0GT」、および、アウトバック「2.5i」をベースに、スポーティな色調を持つ専用シート表皮を特別装備するとともに、一部の仕様装備を変更。また、全グレードに、ビルトインHDDナビゲーションを装備する「Smart Selection plus HDD Navi」をメーカー装着オプションで設定。
 いずれも、お買い得感のある価格とすることで、より幅広いユーザーにレガシィの魅力を感じていただけるようラインナップの充実を図ったものである。

http://www.fhi.co.jp/news/08_10_12/08_10_29_2.html

2008年10月29日 (水)

スバルと組んだ企業は没落する?

なんか因縁というか、巡り合わせが悪いというか。

かつてスバルと組んだのは日産だった。結構古くから1990年代まで提携していたようだ。でも日産とスバルの提携結果で例えば、何か合作のようなものがあったかというと記憶には無い。あえて言えば、BG、BHレガシィ用のエアフィルタが日産の一部と同じだったぐらいかなぁ。

次のスバルはGM傘下になった。日本の自動車メーカー受難の時であり、日産はルノーだったし。スバルはGMグループとなったわけだが、これも提携の結果はあまり目に見えなかった。トラヴィックは失敗だったしね。

そして現在はトヨタだ。今回は提携の結果を充分に出したいとスバルが思ったのか、トヨタが思ってるのかは知らないが、合作となる小型車の販売が計画されたり、車種のOEMが計画されている。売れるかどうかは?だけど。

さて、日産はかつて没落した。今は復活しているように見えるけど。GMは現在、どん底まで落ちている。そしてトヨタ。今下期の販売はかなり厳しい状況だ。まぁ、世界的な恐慌だから仕方ないけど、どこもスバルと組んでから没落・・・・・・・なんてのは気にし過ぎだよねぇ。


↓↓↓↓↓↓た、確かに!と思ったらお願いします。
ブログランキングへ



2008年10月28日 (火)

どうなる?先行き不透明

御存知のとおり、世界的な恐慌か?と思える状況になっているようだ。自分の仕事回りでも今年の下半期は非常に厳しい状況になってしまった。このままじゃ、ボーナスも危うい。

お試しで購入した株券は、なんか紙屑のようになってるし、投資信託は軒並み下落・・・・・。まずい。まずいぞ。

今日の株式市場は、若干上げに転じたようだが、ぜんぜん楽観視できない。当分は上がったり、下がったりをくりかえすのだろうか。

Wii Music:セッションを楽しむ

Wii Musicでは、一つの曲で、自分が好きなパートを演奏できる「セッション」がある。自分で全部やってもいいし、メロディとかドラムとか好きな部分だけを担当することもできる。

これが予想以上におもしろい。
でも、まだ初心者の域はでない。ドラムは、ひたすら4ビートを維持する。ちょっとアドリブを入れるとそこでリズムが狂うので、できるだけ崩さないようにがんばる。問題はベースなんだけど、ベースパターンって、普通に音楽を聞くときはあまり気にならない部分でもあるので、コツがわからない。とりあえず、鳴らすというのが精一杯。

でも一番のポイントはメロディーなので、メロディーラインで楽しむ。サックスやトランペットなどは、テンポを合わせやすいのでけっこうアドリブができたりして面白い。出来上がった曲は、まるで自分が演奏したような気分になれる。

いや、演奏はしているんだが、手を振ってるだけだけどね。Wii Musicはいろんな楽しみ方があって発展性もある。コイツは病みつきになりそうだ。

2008年10月27日 (月)

日本が独占

アメリカで行われた自動車信頼度の調査で日本が独占だそうだ。

~~~~~~~~~~~ココから

自動車信頼度調査、日本車が9部門の首位独占 米消費者専門誌

 【ニューヨーク=小高航】米消費者専門誌「コンシューマー・リポート」が23日発表した自動車信頼度調査で、車種別の9部門すべてで日本車が首位を独占した。トヨタ自動車が6車種、ホンダが2車種、日産自動車が1車種で首位を獲得した。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081025AT1D2403B24102008.html

~~~~~~~~~ここまで

自動車の日本のブランド力って、すごい地位にあるもんだと改めて感心する。

それに比べて、我が業界は厳しい・・・・・涙

Wii Music:ドラムレッスンでフィルインを試す

ドラムレッスンだが、先日苦労していたミディアムテンポは明快にクリアできるようになってきたので、続いてフィルインにチャレンジ。

フィルインというのは、ドン、ドン、タン!タン!という感じで、リズムパターンのアクセントみたいなもんだ。

これ、単発では難なくできるが、その後の長め演奏ではハッキリいって全然できない。そこで単発の練習を充分にした。ハイハットのみ、スネアのみ、バスのみ、そして、ハイハット+スネア、ハイハット+バスという感じだ。

2つまでは組合せる事は容易。でもね、三つを組合せた瞬間、頭がパニックになって、何をどうしているのか、全然わからなくなる。おまけに先頭にシンバルを鳴らすのだが、これが曲者。これを鳴らしただけで、その先は吹っ飛んでしまうこともしばしば。

なので、②を押してテンポを最低にし、それでユックリとやってみた。

一回ぐらいはキレイにでるときもあるのだが、2回目となるとまた、うまくいかなくなるし、右足、左手、右手がバランバランに動くというか、両手がこんがらがるとでも言うか・・・・。

でもまぁ、何とかクリアする事ができた。「かなりあやしいけどOK」と言われてしまったよ。しばらくコイツで練習しよう。

Wii Musicが全てではないと思うが、こうやってドラムの体験ができるのは面白い。


【Wii Musicを買ってみたい】

2008年10月26日 (日)

レーダー探知機を試す

先日取りつけたレーダ探知機(AR-590ST)を色々試してみた。と言っても、走行して探知具合を確認する程度なんだけど。

Asura1

まずは視認性。画面は比較的大きいし、イメージでも表示されるので視認性はよい。液晶は明るく、昼間でも充分に見える。

次に探知能力。GPS測位はけっこう正確なようであり、ループ式のオービスは確実に検知して、警告してくれた。あとは、カーロケの検知もOK。ただ、警告がちょっと遅いような気もする。「ネズミ取り」に遭遇したわけではないが、たぶん自動ドアか何かに反応することはあった。

問題は、音声。やはり音が小さいようだ。元々、素のままで試していたときに気になっていたのだが、音声が小さいので聞き取りにくい。音楽をかけてたり、ナビから音声が出ていると、レーダ探知機の音声は確実に聞こえない。

ただ、この製品は外部スピーカーが可能になっている。ひょっとしたら、「音声が聞き取りにくい」という事は最初からわかっていて、「気になる人は、外部スピーカーを!」という事なんだろうか。

Assp

よくみたら、WEBサイトには、そのように書いてあるようだ。スピーカー買うかな。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

Wii Music:ドラムレッスンでミディアムをクリア

先日は苦労の末に、何とかクリアしたミディアムテンポだけど、コツがあることがわかってきた。

要は、左右の腕と右足なんだけど、2つ以上を動かすと、2つがあってなかったり、慌てて崩れているということがわかってきた。なので、2つを同時に鳴らすクセを付ければいいことがわかった。

まずは、右手のハイハットだけを、連続して8ビートで演奏する。これをしばらく続けていると体が覚えてくれるので、他にどんな動作をしても、ハイハットだけは鳴らしつづけることができるようになる。

次にハイハットとスネアを組合せる。テンポがあがると崩れるので、まずハイハットを鳴らしつづけながら、タイミングよくスネアを鳴らすクセを付ける。

チッ、チッ、チッ、パン!、チッ、チッ、チッ、パン!

という感じだろうか。パン!は、ハイハットとスネアの同時鳴らしなんだけど、このときに左右の腕を同時に動かす感触を身につける。

次にハイハットとバスを練習する。

ドン、チッ、チッ、チッ、ドン、チッ、チッ、チッ、という感じかな。
これもドン!というタイミングがハイハットとバスがズレやすいので、何回も練習する。

その後、全部を組合せるわけだが、最初はずれるんだけど、体がテンポを覚えているので、案外とあわせる事ができるようになってくる。その内、間違えが少なく演奏できるようになった。

ふ~~~。ドラムって難しいですね。

【Wii Musicを買ってみたい】

2008年10月25日 (土)

燃費を比べる

私は、レガシィに乗るようになってからの約10年感だが、燃費の記録を取っている。毎回の給油時に走行距離をメモし、後で燃費計算を行なっている。よくもまぁ、長続きしたものだ。時々、メモしわすれたりすることも、ちょっとはあったけどね。

BH(D型)のレガシィでの燃費とBP(D型)レガシィの燃費を比べてみよう。

1)BH5Dの燃費記録
 ・総給油回数: 130回
 ・総走行距離: 48,365km
 ・最高燃費: 10.57km/L
 ・最低燃費: 5.61km/L
 ・平均燃費: 7.75km/L


2)BP5Dの燃費記録
 ・総給油回数: 51回
 ・総走行距離: 24,149km
 ・最高燃費: 12.48km/L
 ・最低燃費: 8.04km/L
 ・平均燃費: 9.63km/L

これを見ると、BPになって燃費は、20%アップだ。BPの方が距離に対する給油回数も少ない。また、最高燃費、最低燃費共に大きくなっている。BPの乗るようになってから長距離運転が多くなっているのも確かだが、それにしてもスゴイ進歩だと思う。

又、BHでは強力磁石とか、波動入り燃料添加剤とか、オイル添加剤とか、いろんなオカルトチューンをやってるけど、こうやってデータを見ると、全然効果はないようだ。それよりも、メーカーが一新した改良で大きな効果がでている。

尚、BPではオイル添加剤もやってないし、オカルトチューンは一切ない。

スバルは、燃費が悪いといわれた水平対向エンジンで、かつ負荷の高い4WDで燃費を改善する努力をしており、現実、何とかしてきている。こういう技術力を大事にしてもらいたいものだ。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

Wii Music:ドラムレッスンでミディアムテンポ

さてと、ドラムレッスンもミディアムテンポまで来た。先日、初めてトライしたが、実は終了できなかった。30分暗い格闘してもどうしてもリズムが合わない。というか、このミディアムテンポの練習曲はスーパーマリオのテーマなんだけど、メロディが変ってて、リズムを非常に合わせにくいのだ。

だから、ドラムの最初がうまくいって、次にメロディが流れ出すと、どうしてもテンポを崩されてしまって、ワケがわからなくなってしまうのだ。

ドン、ターン、ドンドン、ターンという簡単な8ビートの連続なんだけどね。

なので、一回もどってスローテンポをもう一回やり直してみると、案外いける。スローテンポでリズムパターンを練習し、その後、ミディアムポイントにチャレンジするとやりやすい。

さらに、テンポが、1、2、3、4と出るが、この数字に合わせて演奏した方がよい。このテンポに、ハイハットのチ、チ、チ、チをあわせるのがコツ。もうどんなメロディがなろうが、ハイハットのリズムが合うようにでれば、後はこれにバスとスネアをあわせる感じだろうか。

「ちょっとあやしいけど、合格」と言われて何とかクリアした。ふ~。


【Wii Musicを買ってみたい】

iPod shuffleで新色

iPod shuffleが新色になったそうだ。

http://www.apple.com/jp/ipodshuffle/?cid=AOS-JP-132819-C0008155&Email_PageName=AOS_JPN_IPODM-BCONS_C0008155&Email_OID=361897&cp=132819%20&sr=em

カタログでは、1Gモデルで240曲と書いてあるが、私の場合は180曲ぐらい入る。
iPodシャッフルは、コンパクトなサイズが気に入っているが、一つ欠点がある。シャッフル機能が売りなはずだが、シャッフルモードで再生していると、全曲再生しおわる前にかなり重複して再生される。要するに一度再生した曲を覚えていないようだ。

まぁ、シャッフルだからいいじゃん、ということもあるだろうが、重複再生ぐらいはしないようにできなかったのかな?後、欲を言えば、曲名表示は何とかして欲しかったなぁ。それだけなんだけどね。

2008年10月24日 (金)

スバルらしさ

かつてスバルで発売されていたミニバンである「トラヴィック」は全然売れなかった。理由は、”4WDじゃない”、”水平対向じゃない”という、イワユル「スバルらしくない」というものだったと思う。

そういう反省からエクシーガは、「スバルらしさ」を強くアピールする商品コンセプトではなかったか?

では、スバルらしさとは何だろう。

4WDだから? 水平対向エンジンだから? 

どれも確かに「スバルらしさ」ではあると思うが、一番、大きいのは、「他社に真似できない事をやる」じゃないだろうか?

水平対向は今や国内で実用化できるメーカーはないし、海外を見渡しても、多くはない。4WDは他社でもやってるが、水平対向の組合せによる低重心とスバルならではの4WDは他社が真似できない域に達しているのではないだろうか。

エクシーガは、もっとスバルらしさをアピールしたらいいんじゃないか。そして要素を追加するとしたら、もっと「スバルらしさ」を追加すればいいんじゃないだろうか。

そう、文字どおり「他社では真似できない」何かを。

↓↓↓↓スバルらしさを期待するぜ!
ブログランキングへ

インプレッサ記念モデル発売

インプレッサSTI の記念モデルが出たようだ。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081023_37980.html


これ、先日、ディーラで資料を見せてもらったが、要するに、インプレッサSTIのTuned by STIみたいな感じで、エンジン等は変更はないが、足回りの強化、レカロなどの内装装備の充実で値段はおさえているというものだ。

インプレッサをこれから購入しようと思ってた人には、いい選択肢かもしれない。そういえば、このインプレッサにはフレキシブルシリーズとして、タワーバーとロアバーがついている。スバルはすっかりフレキシブルが好きになったのかな。

富士重工が業績を上方修正

上期業績を上方修正のようだ。

http://www.fhi.co.jp/news/08_10_12/08_10_23_2.html

うらやましい。

ただ、下期は予断を許さないというのが、本音かな。急激な円高がどう影響するか。

ボーンズ シーズン2

ボーンズのシーズン2のレンタルが開始されたので、借りてみた。まだ、先は長いのでゆっくりと借りていくつもりだ。

今回から新キャラクターとして、ボーンズことブレナン博士の上司になる「カミール」なる女性が出てきている。細身で美人だけど、「毒舌」というキャラのようだ。たしかにセリフの節々に微妙なトゲがあり、なかなかのやり手っぽい。

Bons21

このカミールだけど、イワユル「いやみキャラ」のフリをして実は・・?という感じよりも視聴者には手の内を先に見せているようだ。

ボーンズは、捜査を遺体の骨から推論していくが、それが結構、「早い描写」で進む事があり、ちょっと2~3のセリフを聞き逃すと、「え?なんだっけ?」となることがタマにある。なので、セリフの一つ一つをキチンと聞いている必要がある。まぁ、それが醍醐味であり、面白さでもあるけれどね。

Bons23

今回も、主人公ブレナン博士とFBI捜査官ブースのやりとりは健在であり、かけあい漫才で進んで行く面白さはあいかわらずだ。また、登場人物の個性も健在で、特にアンジェラは、能天気なようで繊細な部分があって興味深いところだろう。

Bons22

さて、シーズン1ではブレナン博士の母の遺体が発見され、父からの謎の忠告があったわけだが、これらはシーズン2の最初では少し語られただけで、まだ先は見えない。たぶんボーズの全シーズンに渡っての大きなテーマとなると思うが、どのくらい明らかにされるのだろうか?これからが楽しみな所でもある。


【ボーンズ・シーズン2を買ってみる?】

ガソリン代が下がってる・・でも

今日、通りがかりに見たガソリンスタンドの料金表示だが、レギュラー140円、ハイオク150円だった。へぇ~、先週から10円さがってるよ。

確かに原油価格は下落しているし、急速な円高だし。たしか石油業界は業績の上方修正をしているんじゃなかっただろうか。

でも、株価が下落しているし、急速な円高なので、手放しで喜べないのが本音だ。証券類の資産は下落しているし、会社の業績も自動的にさがっていってるよ~~。

このままじゃ、ボーナスが・・・・・。怖い。

フロアマットを見直す!?


2008年10月23日 (木)

何をイマサラ・・・・高速の値下げ

アクアラインの値下げを考えているそうだ。

~~~~~~~~~ここから
 川崎市と千葉県木更津市を結ぶ東京湾アクアラインの通行料を現行の3千円(普通車)から千円程度に大幅に引き下げる案が自民党内で浮かんできた。新総合経済対策の柱となる高速道路料金の引き下げの具体策の一つ。首都高や阪神高速の料金引き下げも検討しており、公明党や国交省と具体策を詰める方針だ。

http://www.asahi.com/politics/update/1023/TKY200810220318.html

~~~~~~~~~ここまで

今でもETCなら半額の1500円だったんじゃないかな。アクアラインは元々高すぎてずっと批判されていたわけで、徐々に値下げをしているわけだが、それでも交通量の増加にはなっていないんじゃないか。

でも、これが景気対策か?効果あるのか?

サウンドボードⅡ

PC88シリーズ(NECのパソコン)は、初期はビープ音のみで、その後FM音源が追加されたが、FM3音+SSG3音だった。晩年には、サウンドボードⅡというサウンド機能が大幅に追加された。これは、従来に比べるとFM音源6音+SSG3音+PCMリズム6音+サンプリングで、ステレオ対応というのが売りだった。今でこそ当り前だが、当時サンプリングにより、「録音+再生」が出来るのはスゴイことだとモテハヤサレタものだった。

ステレオ対応と言っても、パンはL、R、L+Rの三つしかないので、ステレオっぽくするためには、2CH+ボリュームバランスでステレオ感を出すしかない。ただでさえ少ない音源なので、割切った使い方しか出来なかったと思う。

期待のリズム音源は、バス、スネア、タム、クローズドハイハット、ライドシンバル、リムショットという「わけの分からない組合せ」だった。どうせなら、バス、スネア、タム×3、クラッシュシンバルという組合わせはできなかったのかなぁ。ハイハットはFM音源でも作れるわけだし、リムショットなんて普段使わないよと、ブツブツ言ってたっけ。スネアはスナッピーが利き過ぎているし、タムは音がヘンで使いみちなし。この中で唯一使えるのはバスだけだったかも。

サンプリング音源は、音源としての機能がOS(N88-BASIC)には備わってなかったと思う。なので、今ひとつ使いみちが無かった。市販ゲームでは肉声を録音して再生するのがあったかな。ただ、晩年の晩年ではドラムやオケヒットなどをサンプリングで再生することで臨場感を出しているゲームがあったけど、これはまたの機会にしよう。

そんなサウンドボードⅡだが、当時は、「すっげ~」と感動して使っていたっけ。当時学生だったのでバイト代をはたいて拡張ボードを買ったのはよく覚えている。自在に音楽がPCで演奏できる・・それだけで満足できる時代だった。



海外で運転する

車が好きなら海外で運転しみていと思ったことはないだろうか?広大な土地、見晴らしのいい景色で気持ちよく運転するのは、いいものである。

海外で運転するには、「国際免許」が必要だが、別に普通免許を持っていれば、取得には難しい事はない。たしか、パスポートと免許を持って、最寄りの免許センターに行けば、すぐに発行してくれたと思う。

海外で運転するなら、国を選んだほうがいい。まかり間違っても中国はやめたほうがいい。何回か渡航しているが、交通法規がよくわからない。

初めてなら、イギリスあるいはアイルランドあたりがいいかも。日本と同じ左通行だし、道路標識も似ている。私が行ってた頃は、マイル表示だったが今じゃキロメーター表示になったのかな。

運転するならロンドンなどの都市部よりも、スコットランドなどの方が、交通もすいているし運転しやすい。注意としては、「ラウンドアバウト」という円形交差点だ。わかってしまえば何てことないが、右側に注意して円形交差点に進入し、自分がでたい部分で、離脱する。

出そびれても、もう一周すればいいので、あわてる必要はない。ただ出来れば、経験者に付いてもらったほうがカンどころを教えてもらえるので、よいとは思うが。

次に面白いのは、アイルランドだろう。なぜかって?アイルランドはちょっと町から離れると、もうラリーコースのような道路ばかりになるから。アップダウンも多いし、コーナーも多い。道の両脇は高い垣根で視界が遮られているが、面白いのだ。

海外で車が運転できると旅行の幅がグッとひろがるんじゃないかな。ま、でも安全運転で。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

クラッシックを楽しむ

クラッシック音楽って、ふいに聞きたくなる事がある。映画やドラマのワンシーンだったり、CMで使われたり。あるいは、御店のBGMで流れていたりすると、なんか気になって、「あの曲はなんだったっけ?」と聞きたくなるのだ。

Wii Musicでオーケストラの指揮者で遊んでいると、そこで使われた曲が聞きたくなる。例えば、カルメンだったり、四季だったり。

クラッシックは、曲だけでなく演奏しているオーケストラ、指揮者、あるいは演奏のタイプによっても変ってくるので、CD屋さんでながめても、「どれがお目当てか?」はわかりにくい。だからクラッシックは適当なオムニバスが丁度よかったりする。

こんなのを買ってみた。

これ、適当に聞いたことがある曲ばかりが収録されているのでお得だ。クラッシックは1曲が結構長い場合もあるが、このCDは一番有名な部分を中心に収録されている。なので、一番聞きたい部分だけが集められているので、「ちょっと聞きたい」という時にいいだろう。

少し、エレガントな気分を味わってみようか。

2008年10月22日 (水)

Wii Musicでオーケストラを楽しむ

Wii Musicは手軽に楽器演奏を楽しめるのが売りだが、ミニゲームではいっている「指揮者」が面白い。自分が指揮者となってオーケストラを演奏するのだ。自分はテンポを担うだけなんだけど、自分の指揮に合わせてオーケストラが自在に動かせるのはなんとも醍醐味と言えるんじゃないだろうか。


お気に入りは、「ヴィバルディの四季」だろうね。これ、バイオリンソロがあるんだけど、MIIが一生懸命引いているところがアップにされる演出は、もう感動ものだ。

Miiを自分で作っていれば、Wii Musicのオーケストラには、それらのMiiが並んでいる。て、友人や家族が一生懸命、演奏している姿をみれば、思わず、「がんばれ!~~~」って応援したくなること受け合いである。

なんか感動できる一瞬だ~ね。

PCで音楽

パソコンで音楽というのは、今から30年近く前の時代ではパソコンの勉強のネタであった。パソコンがマイコンと呼ばれていたころに、単音で音楽が演奏できるので「プログラムを打ち込んで」音楽を演奏させるというものだった。

初期のNEC製PCではビープ音というのが主流であったが、その後、YAMAHAの音源チップが乗るようになる。FM音源だ。実際にはFM音源3つ、SSG音源3つ+ノイズジェネレータと言う組合せだった。

FM音源はオペレータという音波を加工して発音するオペレータを1音につき4つ持っていた。原理的には、4つのオペレータを組合せることであらゆる音を出す事ができるというものであったが、実際にはそうはうまくいかなったんじゃないかな。

FM音源は、ピアノ,オルガン,エレキベースみたいなものは、まぁまぁいい音がしてたけど、ドラムやギター、ストリングス系は苦手だった。

でも自分でプログラムを打ち込んで、音楽を鳴らすというのは実に面白かった。MMLという音楽専用のデータを使う。ドレミファソラシドが、CDEFGAB>Cという具合だったかな。

達人になると、データの配列に色々なテクニックを駆使してうまく使い、うまく演奏している人がいたっけ。特にPCゲームなんかは、音楽もゲームの大きな要素となってきた時代だったので、どこも力を入れており、PCとは思えないぐらいの音楽を演奏していたかな。

これらは、時代ともにMIDIなどの専用機に段々シフトしていった。音源自体も最初はFM音源と大差なかったけど、だんだんサンプリング音源が主流になってくると、ギターやドラム、ストリングなどがリアルに再生できるようになってきたわけだ。

Wii Musicで音楽を楽しんでいると、「ふと、こんなこと」を思い出した。


エクシーガはどう?

先日の感謝デーで営業マンくんに聞いてみた。
 「エクシーガはどう?」
って。

何とも渋い。渋い顔だ。う~ん、やっぱりキツいようだ。確かに出だしのダッシュは好調だったが、それも2ヶ月ぐらい。スバルユーザの代替需要がおさまってしまうと、そこからの新規開拓を担うまではいたってない。特に昨今のガソリン代高騰と金融不安になり車を手放す人も多いし、コンパクトが売れているわけだから、大きな車はちょっとツライというのが本音だろう。

メーカーもそのあたりはよくわかっているようで、
 「自分達が思ったほど、売れてない」
ということを気にしているらしい。

ただ、エクシーガ自体は結構注目はされているみたいだ。私のブログにもエクシーガの試乗記事を検索で見つけて飛んでくる人も多いし。モデル末期のレガシィの情報よりも、今はエクシーガに注目されているのは事実なようだ。

だから潜在的需要はありそうだ。あと、一歩はなんなんだろう。価格?燃費?走り?それとも・・・・。

起死回生の一打になるかどうかはわからないが、営業マンくんは、「~~~を出してみたら?」と富士重工に言ったそうだ。
 「え~~そいつはカケだなぁ。個人的には面白そうだが」
と言ってしまった。

え?何を言ったかは秘密。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

Wii Musicでドラム8ビートに挑戦

ドラムレッスンで8ビートにチャレンジしている。最初はスローだ。スローテンポなら、なんとか付いていける。でも最初は全然合わない。というか、かなりキツい。もう脳神経がついていかないというか、脳と手足が合わないというか、わかっていても、そのとおりに動かないときもあるし。

でも何回もやてると、だんだんとあってくるようだ。

私の場合、まず、テンポとリズムを理解したほうがよいということで、「ハイハット」の連続をきちんとだせるようにハイハットだけだすようにしている。その後、バスを合わせて。。。。なんて感じだろうか。

何とか8ビートスローの2パターンをクリアした。でも、スローだからなぁ。これからミドルにチャレンジしようと思う。

2008年10月21日 (火)

儲けてる?

業績を上方修正だって!?

~~~~~~~~ココから
 国内鉄鋼大手各社が2009年3月期の業績予想を上方修正する見通しとなった。米国発金融危機に誘発された世界同時不況の懸念から、多くの企業が業績予想の下方修正を余儀なくされているが、製造業のなかで最も川上に位置する鉄鋼業界には、原燃料価格の下落の恩恵が真っ先に訪れている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081019-00000001-fsi-ind

~~~~~~~~ココまで

確か車メーカーは、「鉄板などの原材料値上げに伴い、車両価格を値上げ」じゃなかったのかな。それにしても、このご時世で上方修正とはうらやましい。世界的に不況が叫ばれる中、今年はどうなるんだろう?不安だ。


こんなときは、インテリアに気を配ってみようか。

サンバー

商用軽自動車として、ずっとスバルの花形を演じてきた「サンバー」が無くなろうとしている。スバルの軽自動車撤退を受けて、2009年をめどに生産を終了するらしい。

サンバーは、そのリアエンジン、リア駆動という特異なスタイルが売り。赤帽の専用車としてが有名だ。

「サンバーを無くしてもいいの?」ってスバルの営業マンに聞いてみた。

そしたら、
 「非常に痛い」
というのが本音だそうだ。サンバーは商用車だが、これが顧客とのご縁になり、その後、レガシィ等の乗用車が売れるというのは、多々有ることらしい。サンバーが無くなると、この手段が無くなるそうだ。

いわゆる「選択と集中」ということだろうが、乗用軽自動車と違ってサンバーはスバルの強みだと思うんだけどね。強みを活かすのが、選択と集中だと思うが。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ



カスタマイズされたエクシーガ

うちの近所にとまってるエクシーガだが、だんだんカスタマイズされているようだ。

02

グリルの回りがボディ同色になってるし、ヘッドライトにブルーの線が入ってる。そしてSTIリップがメッキ化されているなんて。

そんな話をディーラの営業マンくんと話していたら、「そりゃ、○○さんのですよ」と返事が帰ってきた。なんでも、その手のパーツを製作する本職さんで、メーカーオプションなども作成することはあるそうで、自分の車で色々試しているのだろうとのこと。

まさか自分ちの近所に、そんなパーツメーカーがあったとは思わなかった。思わぬ発見。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


なんかおいしいものでも食べたくなった


GMとクライスラー

GMとクライスラーが提携交渉を加速させるようだ。

~~~ココから
 【ニューヨーク=武類雅典】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は16日、米クライスラーとの合併構想が浮上した米ゼネラル・モーターズ(GM)が10月末にも交渉をまとめる方向で協議を進めていると報じた。クライスラーやGMに融資している米JPモルガン・チェースなどが合併を支持しているという。また、クライスラー筆頭株主の米投資ファンド、サーベラス・キャピタル・マネジメントが合併新会社の株式を保有する意向を示しているとも伝えた。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081017AT2M1700K17102008.html

~~~ココまで

世界のビッグスリーと呼ばれ、アメリカ企業の先駆者となってた車業界が、今や見る影もない。はてさて。でも、ここらで頑張ってもらわないと、世界経済への打撃もスゴイだろうなぁ。



2008年10月20日 (月)

Wii Music:ドラムレッスンを継続する

ドラムレッスンは、最初は「不可能?」じゃないかと思っていた。でも、継続することで、案外出来るようになるから不思議だ。4ビートのレッスンを中心に、毎日、ちょっとづつ行なっていると、3日めになると4ビートは失敗も少なくこなすことが出来てきた。

ふ~ん、体が覚えてきたということだろうか。

今日は8ビート(スロー)にチャレンジ。チッチッチというハイハットはともかく、バスとスネアの組合わせがけっこうツライ。でも20分ぐらいやってると、なんとかこなすことができた。しばらくは、これで練習してみよう。まだ、スローなんだけどねぇ。


近所の風景:洗足池

近所ってわけじゃないが、ジョギングコースに洗足池という大きな池がある。ココではボートにも乗れるし、ちょっとした遊び場になってるようだ。魚はいると思うが、釣りはできないんじゃないかな。

01_3

近くはよく通るが、中に入ったことはなかったので、改めて中に入ってみた。入るといっても池の回りを歩くだけなんだけど。入ってみると、意外やけっこう広い。橋もあったりとけっこう芸が細かいようだ。

02_2

さらに進むと、一瞬、「お!」と声を上げてしまったが、お猿さんが鎮座していたのでびっくりした。一瞬、世間を騒がせている「住宅街にでる猿か?」と思ったが、この猿はヒモで繋がれており、背後に飼い主が座ってたよ。

03

天気がよければ、もっとよかったのだけど。お近くにお寄りの際は、尋ねてみたらどうだろうか?

Wii Musicでドラムレッスンを受ける

いや~、こいつはキツい。かなりキツい。ドラムセットが難しいというのはよくよくわかってはいたが、こんなにも難しいとは思わなかった。ドラムを演奏するには、四つの手足がバラバラの意志をもって動かさなければならない。でも、人間って、手足はバラバラに動かそうと思って動くものではないようだ。マニュアルミッションの車を運転する姿をATオンリーの人がみてると、なぜ手足がばらばらに動かせるのか?なんて言われるけど、MT車の比じゃない。

ドラムレッスンは、右手にWiiリモコン、左手にヌンチャク、バランスボードに両足を置いて2本のペダルを押すことになる。ハイハットとスネアを手でたたいて、右足でバスドラムを叩き、左足はハイハットのオープンとクローズだ。バスとハイハット、バスとスネアという単品では何とかなるが、これにハイハットが組合わさると、もう、何をどうしていいか?というぐらいにこんがらがってくる。

レッスンは単品の演奏から、ゆっくりの4ビートに進んでいくが、4ビートの演奏では、もうレッスンがクリアできない。いや、何とかクリアするんだけど、もう一回はできないねぇ。

バス+ハイハット、スネア+ハイハット、バス+ハイハット ~~なんだけど、2つの動作が交互に来るだけで、これをリズムよく鳴らすことを連続するのは、けっこうきつい。何遍も繰返して、やっと何とか調子が合うようになってきた。一つレッスンだけで、20分ぐらいはやってたんじゃないだろうか。

もちろん、本物のドラムに比べればはるかに簡単だろうけどね。

でも、面白い。まだ、少しやってみただけだが、これは面白い。パズルとかそういうモノの比じゃないぐらいに難しいが、脳や手足の活性化にもちょうどいい。少し時間をかけてチャレンジしてみたい。

2008年10月19日 (日)

感謝デーに行ってきた

東京スバルのお客様感謝デーに行ってみた。今日は日曜日の午前中に行ったのだが、ディーラはかなりすいてて、「お?大丈夫か?」とか心配して聞いてしまった。昨日には結構な客イリがあったようで、ちょっと安心。やはり感謝デーは賑わってないと。

今日は、1年点検時には据え置いていたミッションとデフオイルを交換してもらった。オイル交換だけなんだけど、かなり時間がかかったが、ついでにフロント窓の上下で多少、「き~」という音がするのをついでに直してくれたようだ。

窓の「き~」は特に注文していなかったけど、点検時に見つけて直してくれたのは、気が利いているかな。

今日はディーラでいろんな情報を教えてもらったど、その中での耳寄りな話しを少し紹介しておこうか。

01_2

レガシィはモデル末期ということもあり、最後のテコ入れで特別仕様車が出るとか何とか。GTでは走りの性能はそのままで、若干の簡略化を行い価格を値下げしたモデルが出そうだ。シートなども特別な物を用意したモデルもあるようで、お買得感を演出したらしい。

インプレッサも、何らかの記念モデルを考えているらしく、足回り、シートなど特別装備がたくさんついたものが、お買得価格で出てくるらしい。いわゆるインプレッサのTuned by STIみたいな感じだろうか。

東京スバルの私の担当営業所は東京圏の中でも結構売行きがイイ販売店の様で、営業マンくん曰く、「富士重工の営業、技術者などが総出で意見を聞きに来た」と。営業マンくんが色々意見した内容が、そのまま「お買得モデル」に反映されていると豪語していたっけ。

さて、私の担当営業マン君は、なんでも、「エクシーガについて、とんでもない意見を言った」そうだ。果たして叶うのだろうか? かなりのトンデモ意見だけどね。

後、次期レガシィについても色々話したんだけど、ボディはかなり大きめ、エンジンは、2.5Lターボ、3.6LのNAが想定されているらしい。だとすると、現行に比べてかなり大きくかつ重くなるね。車格的にはワンランク上、日産で言えばスカイライン、トヨタで言えば、マークⅡといったところだろうか。時代的に低燃費、コンパクトが流行るご時世で、ワンランク上の車が受入れられるかどうか?ちょっと微妙な線かもしれない。

はてさて、どのような展開になるだろうか。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

本日のガソリン代

今日のガソリン代を見てみた。

01


だいぶ下がったなぁ。先週よりさらに4円下がってる。でも、原油価格はもっと下がってると思うのだが、まだ、小売価格には反映されていないようだ。値上げは迅速、値下げは緩やかに・・・・・。

2008年10月18日 (土)

カセットテープを思い出す

音楽を聞くメディアは時代と共に変ってきた。一番ポピュラーで古いのはカセットテープだったと思う。物心付いた時から手元にあって、ずっと使ってきたメディアではないかと思う。

カセットテープには、音楽用、会話用など色々種類があり、安いもの、高いもの色々だ。確か色々グレードがあった。ノーマルテープ、クロム2、メタル、後、もういっこ何かあったんだけど、思い出せない。特種だったかもしれない。

テープは、その種類によって結構音質が変るという特性があった。幅があったんだと思う。原音に忠実ということよりも、いかにテープによう音質劣化を防ぐために手を加えるという感じだろうか。ノーマル特性、若干高音を引上げる特性などがあった。

テープを選ぶ時には、用途、録音する内容によって選んでいた。一般のレコードを録音するときは、ノーマルで。特別にお気に入りを録音するときは、クロム2で。ココゾというときには、奮発してメタルテープを使ったこともあったかも。

ソニーのメタルテープでは、テープのボディ(フレーム)までダイキャストにしたものがあった。たしか、MR-Sだったかな。車の名前みたいだけど、テープの名前だった。これ、フレームをダイキャストにすることで、振動を抑え音質の向上をはかるなんてものだったけど、今にして思えば、「単に重いだけ」だったかもしれない。

そんな風にアナログの世界では、ある意味、「いろんな楽しみ」があったのかなとしみじみ思い出すところだ。

現在では、デジタル全盛だから、メディアとしてCDを使ったり、あるいは音楽をファイルとしてメモリをメディアとして使ったり。MDはもうほとんど使わなくなったしね。

カセットテープはだいぶ前にほとんど処分した。思い出のテープやらを少し残してあるぐらいだ。まだ我家にはカセットプレーヤが一応残ってるので、聞くことは可能だけどね。カセットテープをPCにデジタル録音して保存しておくことも可能だが、なんだか面倒でやってない。

まだカセットテープは媒体として現役であり、メディア、プレーヤ共に購入は可能だから何とかなるかな。

Wii Music:指揮者で遊ぶ

Wii Musicの中では、ミニゲームの「なりきりオーケストラ」で指揮者を演じるが面白い。オーケストラの指揮者には、マンガ「のだめ」でいろんな描写がされており、ちょっと興味があった。自分の指揮でオーケストラが演奏してくれるなんて、実に面白い。

01_2

指揮をとるといっても、右手でWiiリモコンを振るだけなんだけど、その振るテンポや振り方で微妙に演奏が変る。一定のテンポで演奏してもいいが、そこは微妙に調子を変えてみたり。左手は関係ないけど、シンバルに合わせて思わずふっちゃったりする。Wii Musicで指揮をとってる人は、たぶん、すごく気持ちいいんじゃないだろうか?自分は気持ちいい。

02_2

また、MIIが面白い。私はMIIを作るのが結構好きなので、友人や家族や職場の連中をMii化している。オーケストラは手持ちのMIIが総動員されるが、意外なヤツがバイオリンソロとかをやってると、「演奏している姿をみて、笑ってしまう」というのがある。自分の知合がオーケストラを構え、指揮を自分がとってるなんて、すごく面白いね。

03

ビバルディの四季なんかは、バイオリンソロが演奏の見せ所だろうし、カルメンはテンポよく演奏するのが醍醐味かな。

Wii Musicを買ってみる

是非、チャレンジしてみてください。


2008年10月17日 (金)

ダビングの思い出

今でこそ、CDを簡単にPCに取込んで、携帯プレーヤーに一瞬で転送できるが、昔は「ダビング」という行動で音楽を用意したものだったっけ。基本媒体は、カセットテープなわけだから、レコードからカセットテープへダビングするのが基本になる。これが一番音質がいいから。

テープからテープへのダビングというのは、そういう設備を持っていなかったこともあり、けっこう大変だったし音質も悪かった。私の場合、カセットデッキとラジカセの組合せでダビングしてたっけ。でも特にテープ特有のノイズが結構増えてまうのがネックだった。
そういえば、テープにはドルビーなんてものがあって、ノイズを押えて音質を良くする機能があったっけ。

この手の機能はオーディオメーカーが結構力をいれてて、老舗のドルビー、ドルビーC、dbx、スーパーD(だったか?)とかいろいろあった。友人の持ってるデッキ類と互換性がなかったりするし、それぞれ、自分の手持ちの機能を自慢しあったりしてたな。

テープからテープのダビングは結構流行ってたようで、そのうい「ダブルカセット」という最初からダビングを前提としたラジカセやカセットデッキがでるようになると、ダビングはぐっと身近になった。倍速ダビングなんてものもあったっけ。

一番難しかったのはビデオのダビングかもしれない。あれだけはビデオデッキが2つ必要だが、そんな高価なものは2台もなかったりする。近所に住んでる友人からビデオデッキを借りてダビングしたことはあったな。でも苦労の割には、画質はイマイチで、「見れないよりまし」ぐらいのものだったと思う。

オーディオにしろ、ビデオにしろダビングには時間がかかる。また、異常があるとやなので、結局、設備の前にいる必要があったりしたもんだ。

それが今では「ボタンをぽん!」で後はPCに御任せだもんねぇ。いい時代になったもんだと、しみじみ思います。携帯プレーヤーへの転送も「数分」で済みますからね。


ビデオのベータ

世の中のビデオはすっかりHD又はDVDなどに代わり、ブルーレイもだいぶ安くなってきたところだが。

私はかつてベータを持っていた。まぁ、今か20年以上前の我家のビデオはベータだったわけだ。理由は簡単。友人がベータだったので、家のビデオを購入するときに、私が強く主張したからである。

そのかいもあってか、友人からたくさんのビデオソフト(といってもTV録画がほとんどだが)借りることができたので、けっこう楽しめたと思う。特にビデオを買ったばかりで、いろいろとみたい時に、ソフトがてっとり早く手にはいったのだから。

当時、まだレンタルビデオというのはなかったし、ソフトと言えば、高いビデオソフトを購入するか友人から借りるか、TV放映を録画するしかなかったから。

でもまぁ、時代はVHSが勝利したっけ。でもベータは結構長くやってたと思う。思えば、ブルーレイとHDDVDの競争も似たようなもんだったが、HDDVDは随分あっさり撤退したと思う。やはり事業の変革が早い世の中になったということだろうか。

なんでこんな話しをするかと言うと、家の押し入れから沢山のビデオテープ(ベータ)が出てきたから。もう既にデッキもないし、ただのゴミだったりする。

大事にとっていおいたビデオテープだが、既にDVDで持っていたり、持ってなくても入手することも可能な物がほとんどなので、特に未練はなく、ざっくり捨てた。



Wii Music発売

さてと、待ってたWii Musicが発売された。というか予約していたので、発売日に届いていた。さっそくプレイしてみたので、ファーストインプレッションを。

まず、コノゲームは、右手にWiiリモコンを持って「なんらかの振る」という動作で演奏する事が多い。指揮者になってタクトを振るうとか、ギターの弦を引くとか、ピアノの鍵盤をたたくとか。

で、調子に乗ってリモコンを振っていると、けっこう腕に負担がかかる。特に指揮者になってタクト代わりにリモコンを振っていると、早いテンポの曲の場合はつい力が入ってしまって、振り過ぎてしまう。

結果として、「腕が痛い」ということになった。ふ~ん、長時間のプレイはWii Fit以上に危険かもしれない。


楽器をいくつか演奏してみたが、簡単で面白いのはサックスなんかの吹奏楽器だ。ボタンを押すのは何でもいいが、それなりの音楽が演奏できる。ちょっとしたアクションで装飾音もだせるし、Wiiリモコンを立て気味にすることで、音が大きくなったり小さくなったりする。

吹奏楽器は第一声がでるまでが大変だと聞いたことがあるが、これなら簡単に雰囲気を味わう事ができそうだ。

まぁ、今日はこんなもん。ゆっくり楽しみたい。



2008年10月16日 (木)

マツダ株の売却先

え?まじ?

~~~~ココから
 米フォード・モーターが傘下のマツダの株式売却に向け、トヨタ自動車グループの中核部品メーカーであるデンソーに打診したことが15日分かった。デンソーは一部株式を取得する方向で検討に入る。デンソーはマツダに部品を納入しており、出資により取引拡大が見込める。株式取得が実現すれば、デンソーが系列を超えてフォードのリストラやマツダの安定株主づくりに協力する異例の展開となる。

デンソーによる株式取得数や金額などは未定だが、取得する場合はマツダの総発行済み株式の1%未満になる見込み。マツダの株式時価総額は約4000億円(15日終値ベース)で、現在の株価で1%取得すれば購入額は約40億円になる。(07:00)

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081016AT1D150EJ15102008.html

~~~~ここまで

デンソーで来たか。デンソーは部品メーカーとしては結構大手と聞くしね。まぁ、トヨタがマツダの株を持とうものなら、そりゃ独占禁止法違反だろうって思ったりするけど、デンソーならいいのかな。

日本メーカーにはがんばってほしいので、下手な海外資本よりもいいが、トヨタのひとり勝ちは面白くないところだ。

心に残ってる映画:マニトゥ

自分が中学生の頃だったかな。マニトゥという映画をTVでやってたっけ。ずいぶん前のことだし、全然忘れていたのだが、ふっと思い出して懐かしくなった。

マニトゥとは霊魂の事で、生き物から工業製品まで万物にはマニトゥが宿ってるという意味らしい。元々、インディアンの言葉だったのかな。海外ドラマのX-ファイルでもマニトゥを取りあげた話があったと思う。

この映画は子供心に衝撃的で、台詞なんかも結構覚えていたりする。

ストーリーは、あるご婦人の首に何やら出来物ができたが、レントゲン写真でみると、「子供」に見える。やがてその出来物がドンドン大きくなっていった。ご主人が何とか助けようとして、いろいろ助けを求めるが、最後に見つけたインディアンの祈祷師?に助けを求めた。交渉したが、結局断られた。


そのご主人は、
 「ふん!どうせ怖いんだろ」「祈祷なんてできないんだろう」
的な悪態をついたんじゃなかったかな。そしたらインディアンもヤル気になって、
  「祈祷を引受けた」
と思う。その時の要求報酬は、「インディアン教会への寄付」と「自分へのタバコ」だった。

そんなわけで、悪霊とインディアン祈祷師との戦いが始まるわけだ。舞台は婦人が入院している病院。手を尽くしたが、婦人に取付いた悪霊は実体化し(というか婦人の体から分離して大きくなって)、もう、手がつけられない。その悪霊はミスカマカスと名乗り、病院を占拠しだした。

最後の手段に、ご主人が思いついた。
「マニトゥは、機械にも宿るんだったな。この病院にある全てのコンピュータのマニトゥを呼出して、戦わせたらどうだ?」と。

「わかった。やってみよう」と祈祷師はコンピュータのマニトゥを呼出すベく、いろいろ手をつくし、ミスカマカスにぶつけるべく、祈祷師が祈る!

しか~し、通じなかった。

祈祷師はがっくり
 「だめだ、所詮は白人の機械だ」
と肩を落とした。

勝ち誇るミスカマカス。

そしてついにご主人が切れた。

「やい、ミスカマカス、いいかげんにしろ!」

その言葉なのか、主人の怒りになのか、コンピュータのマニトゥが呼応し、一気に力が祈祷師に集まる。そして祈祷師の祈りが、さっきのご婦人に乗り移ったようで、ご婦人が甦り、そして手から怪光線を出して、ミスカマカスを倒したのだった。


仕事を終えた傷だらけのインディアン祈祷師が去っていく姿を、ご主人が呼び止め、
 「まってくれ」
  「君のタバコだ」
と言ってタバコを渡すと、インディアン祈祷師は「ニヤリ」っとわらってタバコを受取り帰っていった。


我ながらよく覚えているなぁ。中学生ぐらいの時に一回みただけなんだけど、それだけ印象が強かったんだろう。今見たら、「なんだこれ」というものかもしれないが。

マニトゥという悪霊を題材にしているが、アメリカの白人社会とインディアンとのアツレキ、本来は敵対する関係だが、共に闘い最後には友情が芽生える。。。なんていう所を描いていたのか?と思ったりする。

この映画はDVD化されてないので、今では入手は困難だと思うが、こんなサイトを見つけた。

勝手にリンク。
http://kyoto.cool.ne.jp/666_movie/mv185/index.htm

私の記憶もまんざらではない?

↓↓↓↓↓↓マニトゥを覚えているぜ!って方はお願いします
ブログランキングへ


音符が読めますか?

私は大学生になるまで音符の意味を理解していなかった・・・ということを大学生になって理解した。なんでかっていうと、PCで音楽データを打ち込んで演奏したりしていたからだ。

その頃、好きな音楽の楽譜を入手して、それをPCへ入力して演奏させたりしていたが、そのためには「正確」に音符データを読めなければならない。そのとき初めて音符の読み方を理解できたと言えるかもしれない。

何を理解したか?と言えば。

「ドレミファソラシ」が1オクターブだとか、ド#とレフラットは同じ音だとか、1オクターブ上の意味とか、キー音とは何か?とか、五線譜の先頭にシャープがついている意味とか、4/4拍子の意味とか、全音符と2分音符の違いは音の長さだったとか、一小節内の音符の長さを合計すると、「1」になるとかね。

音楽をやってる人には当り前のことかもしれないが、実は、初めてしった。中学とかで教わった覚えは全くなかった。いや、あったのかもしれないが、覚えてない。

ただ、上記のような理解は数学的な理解ともとれるので、音楽はもっと感性にうったえるものといえば、そうかもしれないが。

でも、音符が多少なりとも読めるようになってうれしかった。なんか教養が付いたような気がするし。好きな音楽のバンドスコアを買ってきてよくPCに打ち込んだりしたっけ。

さて、そろそろWii Musicが発売されるだろう。音符の知識は必要ないと思うが、どうかな?


世界カーナビ市場動向

カーナビにおける世界市場動向が調査され発表されたそうだ。

~~~~~ココから
 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界(日欧米アジア)におけるカーナビとPNDの市場について調査を実施した。
 1.調査期間:2008年5月~10月
 2.調査対象:カーナビ、PND、その他ITS(Intelligent Transport Systems)関連機器の国内製造メーカ、および取扱商社等
 3.調査方法:当社専門研究員による直接面談を中心に、電話、e-mail等によるヒアリング、各種文献調査を併用

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=202359

~~~~~ココまで


日本はカーナビ天国と呼ばれる。ハイエンド機種が売れるし、カーナビの持つ様々な付加価値がユーザに理解されている。海外ではTVモニタ自体が禁止されていたりするらしく、普及は国によって様々と聞いたけどね。変ったのかな。

でも、ナビがあったほうが便利だと思うんですけどね。よくアメリカドラマで、広大な土地を地図を見ながら進んでいるシーンがあったりするが、よくまぁ、あんな広大な土地で、あんな大雑把な地図でたどり付けるもんだと思ったりする。

日本ほど、細かく目的地が点在しているわけじゃないってことか。

ところで、これらの調査の発表資料は、173250円だそうだ。とても一般人には手の届かない資料し、業界企業向けの資料だ。数年前にこれらを見せてもらう機会があった。中身はまぁ、「ふ~ん」、ていう感じでピンとこなかった。

私の場合、視点がユーザだからかもしれない。




リトラクタブル・ヘッドライト

リトラクタブル・ヘッドライト。略してリトラと呼ばれる収納式のヘッドライトのことだ。1980年代から1990にかけて流行していたと思う。元々はスーパーカーのトレードマークみたいなもので、リトラじゃなければ、スーパーカーじゃない、ってな雰囲気まであったっけ。

1980年代は日本車でもかなりリトラがあったと思う。86トレノ、アコード、プレリュード、インテグラ、NSXもあったし、カローラⅡもリトラがあった。もう、スポーツカーでもファミリーカーでもリトラだったわけだ。

元々はデザイン性や、空気抵抗を考慮しての機能だったと思うが、日本車で採用されていたのは、必ずしも空気抵抗というわけではなかったかと思う。どっちかっていうと、「カッコヨサ」だったのではないだろうか。

リトラもいろんなデザインがあり、オーソドックスにボンネットからクイッと上がってるもの。薄目を開けるもの、セリあがるもの、ひっくり返るように出てくるものなど、ほんと様々だった。

そんなリトラクタブルヘッドライトに、私自身憧れていた。元々、幼少の頃から、「いつかはリトラ」と思っていたぐらいだ。社会人になった直後は、「車を買うときは、リトラで」と思っていた。

ところが、バブルの崩壊だったか、なんだったかで不況の波もあり、車も大幅に見直されてきた。私が車を実際に購入する段階には、リトラはすたれており、買いたい車が無くなってしまったのは残念だったと思う。その後、リトラはドンドンすたれてしまい、現行車種では、もう、ないんじゃないかな。

また、時代が変って、「ノスタルジック」か何かで復刻した時にでも考えるかな。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

2008年10月15日 (水)

ステレオとモノラル

中学生ぐらいまで、ステレオという言葉の意味を知らなかった。というのも家にステレオセットが無かったから。ははは。

中学2年ぐらいの時だったか、ステレオラジカセというものを買ってもらって、初めて、「立体的な音楽」というのを知った。それまではモノラルテレコがあっただけだったし。

それでも友人に録音してもらったり、ラジオを録音したカセットを結構大事に聞いていたもんだけどね。

ステレオは2つのスピーカーで別々の音を出すことで音に立体感を出す技術だったりする。モノラルは同じ音が出ている。ステレオよりもモノラルの方が音が強調されるなんて事もあるが、音楽はステレオに限るだろう。

ステレオというのは、実に気持ちのイイ音がするものだ!なんて事を中学生ぐらいに感動したのを今でも覚えている。結構、衝撃的だったと思う。

今ならパソコンでもソコソコの音は出るし、携帯電話でも音楽を聞くことは可能だ。ヘッドホンをつければステレオも簡単に再生できるし、ヘッドホン自体もこだわらなければ、ワゴンセールで800円とかもあるしね。

ステレオとモノラルの違いをうまく利用したもので、カラオケ生成機能というのがついたカーステレオとかがあった。家庭オーディオ用の単品物がキットで売ってたこともある。仕組みは簡単。ステレオ音楽とは、通常はボーカルがセンター定位であり、楽器は左右で違っている。だから、左の音声を右の逆位相(音声波形をひっくり返す)で足しあわせれば、音声は±0で消されて、音楽だけモノラルで出るというものだ。

理論としては面白いが、実際には、「そんなにキレイに消えない」と言うのが使ってみた印象だった。これ、今でもあるのだろうか?


ドライブレコーダに興味がある

ドライブレコーダがリーズナブルになっている。いつの間にかディーラオプションにまでなっているじゃないか。既にかなりの市民権を得ていると言えるのかもしれない。

実はドライブレコーダに興味がある。取付けてみたいというのもあるし、万が一の事故の時にも役立ちそうなのもある。ただ、私が狙いたい機能は、「決定的瞬間の撮影」にある。

車に乗って、いろんな所を走っていると、案外、「あ!」と思える瞬間があるだろう。例えば、「大きな事故」とか「珍しい車」とか。ひょっとしたら、又と無い決定的瞬間とかに遭遇することもあるんじゃないだろうか。

車に乗って、常にカメラを構えているわけではない。むしろカメラを持ってない事の方が多い。いくら携帯電話にカメラがついていたとしても、撮影準備を常にする事はないだろう。

だが、そういう時に限って「決定的瞬間」に遭遇する事が多い。ドライブレコーダは、ひょっとしたら、そんな「決定的瞬間」を写真に収める事ができるのではないかと期待する。

ドライブレコーダであれば常に録画しているので、「あ!」と思ったらスイッチを押せば、そこから10~20秒ぐらい前を保存してくれると聞く。動画として残すわけだが、PCで再生可能ということなので、写真にする事は可能だろう。ブログネタにもいいかもしれないし。

【ドライブレコーダを買ってみる?】

できれば、グーグルストリートビューみたいな「全方位」カメラで保存できれば最高だ。全方位とは言わないが、3方向ぐらいで保存してくれれば、かなり使い道がありそうだけどね。

ひょっとしたら、来年ぐらいには、「事故時の証拠だけじゃなく、決定的瞬間の保存のために!」なんていうドライブレコーダが出たりしないかな。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


お客様感謝デーが週末に

今週末は、お客様感謝デーだそうだ。いつも直前に案内が来るが、今回は一週間前に来たね。ね?

ま、それはともかく、今回の目玉は、「スバル360マウス」がある。USBマウスだそうだ。まぁ、実用上は?だけど、パッと見で面白いかも。他にはSTIパーツ15%オフなんて書いてある。ちょっと、そそられるなぁ。なんか欲しいものはあったっけか?

商品としては、「やさしい車教室」でもらえる、「LEGACyボールペン」の方がいいかもしれない。

車教室のテーマは、「ブレーキ」だそうだ。ブレーキを踏むとナゼ車はとまるのか?ブレーキとは何か?消耗品とは何か?なんて疑問に答えてくれるそうだ。

ブレーキは見かけは地味だが実に重要なパーツであり、ブレーキの性能がよければ、運転していて実に安心できる。ブレーキとは文字通り、「止まる」という役割があるわけだが、それだけではない。「安定して止まれる」も重要だ。力強く減速する。思ったとおりに減速するというのが、ブレーキに求められる性能じゃないかな。

あと、現代の車では、「ダストで汚れにくい」というのも一つのテーマにしておこう。

え?お前は参加するのかって? いやぁ、まぁ、嫌がられなければ・・・・。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


レーダー探知機とカーナビ

レーダー探知機を取付けおわったわけだが、やはり一つの疑問はある。カーナビとの一体化だ。レーダー探知機に必要なノウハウは、当然、カーナビメーカーだって研究しようと思えばできるハズだ。レーダー探知機がGPS対応になり、さらに液晶画面をもったりして、どんどんカーナビに近くなっている。さらにPNDのような物まで出たりして尚更だ。

カーナビメーカーで言えば、カロがオービス地図を「別販売」という形で出しているに過ぎない。業界に通じているわけではないが、このあたり、なんとなく不可侵条約でもあったりするのかな?

カーナビメーカーは大企業が多いし、その気になれば業務提携、買収などは出来そうだが、あえてそうしないのはナゼだろう。同様にして最近、注目をあびているドライブレコーダー(ドラレコ)もそうだろう。ドラレコは、大手ではイクリプスが商品化している。これだって、カーナビに実装する、あるいはカーナビメーカーから出すのが一番の早道なような気もするけどね。

一時、カロッツェリアからドラレコが出るというウワサもあったが、来年ぐらいには出てくるのだろうか?

↓↓↓↓↓やっぱりね、と思ったら・・・
ブログランキングへ


2008年10月14日 (火)

ますます、ユックリになる?

ETCレーンの開閉バーのタイミングを遅くするそうだ。

~~~~~~~~ココから
 東日本高速道路(NEXCO東日本)は、10月27日午前6時から宮城県にある仙台東部道路岩沼IC(インターチェンジ)において、ETCレーン開閉バーの開く時間を遅くする走行速度抑制対策を実施すると発表した。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20081014_37917.html

~~~~~~~~ココまで

確かに、物凄い勢いでETCに突入する車を見たことがある。ありゃ、危険だと思う。でも、今でもユックリ走っても、「タイミングが遅い」と思えるETCをさらに遅くしたら、なんか寸止めのような感じになっちゃうかも。

交通安全はわかるが、なんかねぇ。だんだん住みにくくなりますな。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ



近所の名所

よく通るところに、何やら看板がでている場所があった。まじまじと見てみると、なんか名所なのか入場料をとって見学できるろころがあった。「宮野家・見学コース」と書いてある。

01m01

ぐぐって調べ見ると、「まぁ、昔ながらの名家」とでも言おうか。なんかそんな感じのようだ。ココを通るのは休日が多いのだが、いつ通っても、「閉園」と書いてある。平日の日中なら開いてるのかもしれないが。その内、通って開いてる日があったら、ためしに入ってみようか。

01m02

地元の周辺にも以外に面白いところがあるかもしれない。ジョギングついてでながめてみるのもいいかもしれない。


カー用品店に関する意識調査?

カー用品店に関する調査が行われたそうだ。

~~~~ココから
 世界最大級の企業間トレードサイト「Alibaba JAPAN」( http://www.alibaba.co.jp/ )を運営するアリババ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:香山 誠、以下 アリババ)では、2008年9月9日~9月12日の4日間、週に1回以上自家用車を運転している20代~50代の男女に対してインターネット調査を実施、計300名(男性200名、女性100名)の回答を集計しました。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=202279

~~~~~ここまで

記事によると、男女共に利用するのが最も多いのは、「オートバックス」だそうだ。店舗数が多いし、実際に街中を見ててもいたるところにある印象はある。旅先でも、「ちょっと何か欲しい」と思ったときに、手近なところにオートバックスはあるから。

面白いのは、購入する用品だが、男性は「メンテナンス用品」であり、女性は「洗車・リペア用品」とのこと。具体的な事は書いてないが、男性のメンテナンス用品とは、例えばオイルとかタイヤとかだろうか。男性は性能アップに感心あるということだろう。それに対して女性はキレイにしたりドレスアップしたりするのに感心があるってことかな。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


2008年10月13日 (月)

本日のガソリン代

天気もイイので、ジョギングついでに見てきた。

0_gas

なんと!昨日の今日で2円さがってる。ハイオクが162円ってことは、カード割引で158円ということになる。だいぶ下がってきたね。ドライバーとしては歓迎すべき状況だろう。

でも、こうやって下がってくると、「暫定税率」の弱みが薄まってくるので、道路族議員や国土交通相の方々はほくそ笑んでるかもしれない。でもさ、暫定税率がなければ130円台なわけで。もっともっと安くなってもいいんでないかい。

↓↓↓↓↓↓もっともだ!と思ったらお願いします。
ブログランキングへ


マツダ株約20%売却?

苦しくなってきた米国車メーカーのビッグスリーが再編やら何やらを考えているらしい。

~~~~~ここから
米フォード、マツダ株約20%売却へ

 米フォード・モーターは傘下のマツダの株式売却に向け、日本の商社や金融機関など20―30社に売却を打診した。保有するマツダ株33.4%のうち20%程度を売却して経営再建に必要な資金を確保する考え。住友商事や伊藤忠商事などが一部株式の取得を検討している。米金融危機が米企業の経営に打撃を与え、世界規模の業界再編を引き起こしつつある。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081012AT1D1101Y11102008.html

~~~~~ココまで

フォードがマツダ株をどこに売却するのか?が大きなポイントかもしれない。下手なところに売却されるとマツダ自身も大きな影響をうけるかもしれない。突然、マツダが~~グループに、とか。スバルもGM陣営だったわけだが、早々にトヨタと組んでて良かったのかもしれない。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

エイリアスシーズン2その1

エイリアスのシーズン1を見終ったのだが、何とも続きが気になる終り方だった。

【以下ネタバレ注意】

シーズン1のラストでは、シドニーは敵に捕まってしまい、目の前に現れたのは死んだはずの「母」だった・・・・

01

シドニーは、SD6での信頼できる同僚ディスクソンが自分を二重スパイと疑い、「告発」を決意された。

02


CIAのボーンは水攻めに飲込まれてしまい、シドニーは必死に助けようとしたが助けられず。安否は不明。

03

なんともまぁ、謎を沢山残して終わってくれた。というわけで続きが気になるので、シーズン2をレンタルで借りて見出してみたわけだ。

シーズン2の第1話では、シドニーがカウンセラーと話合う場面からスタートする。そう、もう助かってるのだ。カウンセラーとの会話の中で、どうやって逃げ出したかなどが回想で語られる。結局、全ての問題は「キレイ」に解決される。

なんとまぁ、うまくやること。

04

エイリアスは、実際問題として考えるとかなりのご都合主義もたくさんある。いくらSD6が強力な機関だったとしても、あれだけの職員を「全員だまして」仕事に従事させることは不可能だと思うし、ディクソンのような優秀なエージェントなら尚更だろう。また、あれだけ失態を演じ、何度も二重スパイとして疑われているシドニーが、その疑いが晴れ、堂々と振る舞っていられるというのも普通は考えられない。

でも一番の謎は、父のジャックだろう。CIAでも要職についており、SD6でもナンバー2思える立場にいられる。それだけ長い間、二重スパイを続けているわけだが、果たしてそんなに長い間、続けられるものだろうか。どちらの本部も互いに行き来するわけで、どんなに注意していても、「いつかはバレる」と思うのだけどね。

また、こっちは天下のCIAだ。アメリカ合衆国政府の機関なわけで、本気になればSD6をつぶすなんざワケないような気もするのだけど。

まぁ、そこはドラマなので、素直に楽しむことにしようか。

05

エイリアスはシーズン2になって趣向が変化した。シーズン1ではSD6の任務に対してCIAの対向任務という形が主だったが、シーズン2ではCIAの任務が増えている。CIAとして単独で任務につくという感じだろうか。シーズン2はいろんな展開があるのだろうか。


セパレート型レーダ探知機の取付け(AR-590ST)

さてと、天気もイイので、レーダ探知機の取付けを行なうことにした。物は、「セルスター AR-590ST」だ。このモデルは、GPSアンテナ、本体、液晶表示部の三つに分かれている。それそれの設置場所を決めて、設置していくことになる。

今回、事前の動作確認は既に完了しているので、まず取付け場所を思案しよう。

【設置場所を思案する】
GPSアンテナは、ナビと同じくメーターの裏にしよう。ナビが受信できるので、これも大丈夫だろう。ナビに比べて随分デカいが、何とかなるかな。

次に本体だ。取付けマニュアルには、センターコンソール脇などが例として出ているが、ここらは邪魔だ。しばらく考えて、3連メーターの裏に設置することを思いついた。スペース的にかなりあいているし、本体に音声用のスピーカーがついているが、この位置なら音声も聞きやすそうだ。

最後に悩んだのが液晶モニターだ。こいつが一番のカナメとなるが、どこが見やすく設置しやすいか?

候補としては、運転席右側、左側、フロントウインドウの上側、TVモニターの横に付けるなど、いろいろ考えた。結局の所、写真の位置に決めた。この位置なら、邪魔にならず、またケーブルの取り回しも見苦しくなさそうだ。

01imgp0770

さぁ、設置場所が決ったので、内装を分解していくことになる。久しぶりのDIYなので、今回は色々細かい解説を付けてみよう。

【いろいろバラす】
メーター裏や3連メーターの裏に設置するので、それらをバラすことにする。まず、メーターを取り外す。

02_

このメーターは赤丸の所にネジがあるので、これを外すのだが、下側の2つはハンドル下のパネルを外さないと到達できない。なので、まず、ハンドル下をバラす。

03_

サイドのパネルの写真の位置のクリップを外そう。プラ製なので簡単だ。多少回した方が外しやすい。

04_

このサイドパネルは、スカッフプレートを写真のようにめくると外れる。スカッフプレートは全部外すのは、固くて大変なので、このぐらいめくればいい。

05_

そしたら、ハンドルしたのロアプレートが写真の位置でクリップで止まってるので、これらのクリップを外す。全部で4つある。外側はネジ式なのでドライバでひねった方が外しやすい。内側2つは、内装外しで外せばいい。

06_

ダッシュボードサイドのパネルを外す。これは引っ張れば外れる。

07_

次にセンターコンソールサイドの化粧板を外す。キズを付けないようにプラ製の内装ハガシをスキマに押込む感じだ。

08_


ここまでくれば後はパネルを外すだけだ。右サイド、左サイドと外していく。

09_

ハンドル下のパネルは、左右でそれぞれケーブルやらパイプ類が繋がってるので、これらを外す。多少固いコネクタもあるが、慎重にマイナスドライバ等でコネクタのストッパをコジリながら外す。無理せず、慎重に。

10_

下のカバーパネルを外した状態。

11_

これは、下からメーターの下側を覗いたところだ。赤丸の所にネジがあるのがわかるだろうか?これを目視で外すのは難しいので、手探りで外すことになる。

12_

こんな工具があると便利だ。小型のラチェットレンチにプラスドライバのビットを付けたもの。これを使ってメーターの下側のネジを地道に外す。

13_

上1本、下2本のネジが外れたら、メータの裏側に手を回して裏から押す。慎重に。慎重に。

14_

15_

メーターは、上側のボルト穴のところが、ダッシュボードに引っかかるので、上側を引き出すように前に倒すのがコツだ。

16_

ある程度引き出したら、裏から手を入れて、メーターのコネクタを外す。2つあるが、このコネクタは比較的柔らかく、簡単に外れた。

17_

メーターはを引き出すには多少のコツはある。言葉で書くとわかりにくいが、一応、書いておくと。ハンドルは一番下にし、テレスコは一番前に引き出しておく。メーターは前に傾けて、前方に引き出して、そのままハンドルにぶつけないように、うまく位置を考えて引き出す。多少、ハンドルにひっかかるが何とか引き出す事ができた。

18_

続いて、3連メーターの回りを外す。これはまぁ、手慣れたもんだ。


【取付けと確認】
19_

さて、色々考えて3連メーターの上側が丁度いい壁があるので、そこに両面テープで貼り付けた。

20_

その後、メータ類を外して、一通りつないで動作確認を行なう。電源はハンドル下のオプションコネクタのACCから取出している。

21_gps

GPSアンテナは、メーター裏に、ナビ用とETC用のトレーがあるが、その丁度間にいいスペースがあったので、ここに両面テープで貼り付けた。本当に丁度いいサイズだった。

22_

ここまできたら、後は順番に内装を戻していく。写真は、本体を貼り付けたあとに3連メーターを戻した後だ。今回のレーダのモデルは、モニター用のケーブルは、モニター側ではコネクタになってないが、裏ぶたをハズせば、モニターとケーブルを分離する事が出来たので、本体側にケーブルを接続したまま、内装を戻した。

こうしないと、3連メータまわりの内装を戻せないのだ。


23_

モニターの裏はこんな感じに外す事ができる。ネジが小さいので無くさないように。

24_

【完成!】
内装を戻して、レーダーのモニタを接続。動作を確認中である。後は、設置位置を決めて、台座をダッシュボードに貼り付ければ、完成だ。

25_

完成して走行している時の写真だ。家の回りをぐるっと回ってみたが、GPS電波は充分に受信しているし、位置も正しい。パトカーのカーロケ受信もOK。

というわけで、久々のDIYだったが、まだ、ウデは落ちてないかな。DIYは始めると結構楽しくて、ガンガン進めるんだけど、取り掛かるまでが、なかなか。重い腰がもっと重くなってるので、気合いを入れてやっと取り掛かれるようになったなぁ。

↓↓↓↓↓↓おぉ、がんばったな、と思ったらお願いします。
ブログランキングへ

iTunesストア

最近はめっきり無精になってしまって、レンタルCDを借りるのが面倒になった。借りて、録音して、返すというサイクルがなんかね。

レンタルなら1枚200円。サービス週間だと100円だったりすることもあったんだけど。

最近は、もっぱらiTunesストアを利用している。1曲200円が高いか安いか?という問題もあるが、普段、iPodで音楽を聞くぶんには便利なので、良く利用している。本当に欲しい物があれば、CDを買うこともあるけれど、それは年間数枚ぐらいだろうか。

CDも買ってしまうと、たまってしまって置き場所に困ったりするしね。

iTunesストアで利用するのは、トップシングルとか、月間ベストとかが簡単でいい。売れてる曲というのは、どっかで聞いたことがある場合が多し、それなりに有名だったりする。

今だと、「ミュージックページ」の「1位(September 2008)」あたりにイイのがあると思うよ。
惜しむらくは、iTunesストアも全ての楽曲があるわけではなく、多少の隔たりはあるから自分が欲しいと思う曲が常にあるわけではないのが、残念だ。このあたりは、まだ、いろいろ壁が有りそうなので、今しばらくかかるのかもしれない。


2008年10月12日 (日)

本日のガソリン価格

実はあまり車にのってない事もあって、ガソリンはしばらく入れてない。もう1ヶ月以上たつだろうか。その関係もあって、刻一刻と変化するガソリン価格は、時々散歩中に見たりする。

Gas11

おや、だいぶ下がったようですね。ENEOSカードがあるので、表示価格からさらに4円下がるということで、ハイオクで160円てところでしょうか。

でも、世間では株式などがガンガンに下がっており、同時に不景気の風がふいて来ているので、手放しでは喜べない。複雑だ。

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

血圧を考える

人間、だんだん年をとってくると、まぁ、どっかしら何かでてくるわけで。やれ体重に気をつけろとか、血圧に気をつけろだとか、いろいろ言われるわけで。

まぁ、仕方ないと言えばそうなんだけど。

というわけで、血圧には多少なりとも気を配るようにしている。気休めということもあるが、血圧に利くかもということで、そんなお茶を飲んでみることにした。

この麦茶だが、350mlとしては値段は高めだ。飲んだ感じは確かに胡麻の香がほんのりする麦茶で、飲みやすい。というか、この麦茶は飲みだすとグビグビ飲めちゃって、あっというまに無くなる。

ま、しばらく飲んでみよう。

オートテック世田谷店が閉鎖

オートテック世田谷店が閉店となるようだ。そんな通知が届いた。それによると、「4月から改装のために一時閉店をしていたが、行政機関との調整により以前のようなピットスペースを確保する事ができなくなり、やむなく閉店」すると決断したようだ。

ふ~ん、あのあたりは住宅街でもあるし、車関係の場合は騒音問題とかもあるから、嫌われたかな。または昨今の世界的金融恐慌の関係もあって、一部縮小し土地を売却するか。

オートテック世田谷店は、広い駐車場もあるし、以前はけっこう行ってた。特にBHレガシィを乗出してからは、オイル交換や用品購入でけっこう行ったんですけどね。最近はあんまり行ってなかったが、そんな事になってるとは。

代わりは、用賀店となるようだ。用賀店は新しいが敷地が広くないので駐車場は立体だし、今ひとつ、入りにくいんだよなぁ。

といいながら、久しくカー用品店は行ってなかったりする。

「世田谷店の閉鎖のお知らせ」
http://www.autotech.co.jp/tenpo/tokyo/setagaya/index.html


探知機:AR-590STを動作確認

先日購入したレーダー探知機の設置を考えるべく、仮設置して動作確認をしてみた。

前回記事

アンテナはダッシュの上に、おいてみた。当然だが問題なく衛星で測位できている。
01antena

本体は助手席に置いておく。
03hontai

モニタは、エアコン吹出し口の所に仮置き。
02monitor_2

これで一連の動作を確認してみたが、特に問題はなくきちんと動作した。そして買物ついでに実際に走行してみた。こういう多機能のレーダー探知機を使うのは初めてなので、いろいろと確認してみた。

この探知機は速度表示がある。でも速度パルスはつないでないので、どうやって速度を計ってるのか?というと、どうやら衛星測位で位置情報から速度を出しているようだ。

車のメーターの誤差は、-10~-15km程度だろうか。けっこう正確だ。でもトンネルなどの衛星が見れない所は速度は「維持」になる。速度を持ってるので、速度が「0」、つまり停止すると警告音や止むようだ。なので、停止中に自動ドアに反応してピコピコウルサイのは避けられるようだ。

肝心の検知機能だが、いくつかのオービスはきちんと反応したし、パトカーのカーロケも反応してくれた。また、付加機能として、「盗難多発地帯」「駐車違反重点取締り地帯」などの警告がでてくれた。

液晶の輝度は明るく、昼間でも夜間でも、明るい陽射しがあっても見やすい。まだ取付けてないが、けっこう色々遊べたところだ。

一つ欠点として警告や音声のボリュームが意外に小さいこと。スピーカーは本体についているが、小さいので仕方ないところだが、音楽がなってるとちょっと聞こえにくい。ナビのガイド音声はTVから出ているがけっこう聞き取りやすいのにね。

さて、あとは取付け位置を思案するだけだろう。さてどうしようかな。

取付け模様はコチラ

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


AR-590STを買ってみたい!

2008年10月11日 (土)

オロチ発見

出かけた先で、なんと「オロチ」を発見した。びっくりした。

06orochi

いやぁ、この車を展示会や写真以外で見たのは初めてだが、すごい迫力だ。フェラーリみたいな横広で低い車高は圧倒的な存在感を示す。あまりの存在感に我を忘れて、しばらく見入ってしまった。じろじろと。

07orochilegacy

勝手に並べて写真を撮らせてもらいました。なんか感動!
不景気だ、金融不安だ、なんだとつまらない話しばかりの今日でも、こういう車が走ってるいるのを見ると、嬉しいですね。

↓↓↓すげぇ、と思ってくれたらお願いします。
ブログランキングへ

富士重、富士機械にMT集約

富士重工のニュースだ。

~~~~ここから
富士重工業は09年1月から伊勢崎工場(群馬県伊勢崎市)で手動変速機(MT)を生産する。同工場で変速機を生産するのは初めて。大泉工場(同大泉町)から伊勢崎工場に生産ラインを移設し、子会社の富士機械(前橋市)に生産を委託する。これにより、富士重のMT生産は富士機械に集約される。富士重は移設により生じる余力を、09年にも投入する新しい水平対向エンジンの生産などに振り向ける方針だ。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420081010bdal.html

~~~~~~~ここまで

要するに企業の合理化である。選択と集中ということだ。MTは全体として少数派だろう。スバルは他社に比べてMT比率が高いというが、それでも全体の2割~3割以下ではないかな。これらは時として企業の価値を高めることになるが、品質や性能の問題がでることもある。

果たして?

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


カーナビランキング

カーナビのランキングが発表されていた。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=202154


これによると、1、2位はカロッツェリア(パイオニア)だそうです。さすがというか何というか。いや、実力だろうと思いたい。

2008年10月10日 (金)

新しいiPod

iPodの新シリーズが発売されているが、なぜか私の回りで購入者が続出している。この間まで、古いのを使ってたハズなのに。

「あれ?買い替えたの?」

と聞くと、
 「壊れた」とか、「洗濯しちゃった」
とかいろいろ言い訳はあるようだが、新しいのはやっぱいいみたいだ。

新iPod Nanoは、本体を「振る!」事で曲を進めるとかができるようだ。でも試させてもらったが、思うように動かない。早すぎても、遅すぎても駄目なような。なんか、イマイチな気もする。

実は私も少し、「いいかも」と思っていたが、あまりに回りに出てると買う気が失せる。次世代にしようか。


検索キーワード

自分のサイトがGoogleやYahooなどの検索サイトから飛んできているときに、「いったいどんなキーワードで検索されているのか?」というのは実に興味深い。読者が何に興味があるのか? なんてことが、この「検索キーワード」でわかったりするからだ。

今のブログはアクセス解析機能でこれらの「キーワード」を確認する事ができる。そのキーワードリストをながめていると、「おや?」と思うものもあったりしても面白い。少し紹介してみよう。

1)Tuned by STI 3位
 なんとスバルのサイトに続いての3位だ。へぇ~結構上位に来るもんだ。


2)exiga 売れ行き 1位
 え?これが1位なのか? まだエクシーガのサイトが少ないからかな。

3)大森メーター みんから版が3位 こっちは5位
 もうメーカーのサイトもないし、私以外も倒産記事ですね。

4)WRブルー 1位
 え?これが1位か。まぁ、WRブルーは結構連発したからか。

5)Wii music ブログ 10位 (1ページ目)
 まだ、ちょっとだけしか書いてないけど。ゲーム関係は結構多くの記事があるから上位に来るのは難しいと思うが。


なかなか興味深いもんです。

水抜き剤

最近ではセルフのガソリンスタンドを利用する事が多くなったので、私自信はお目にかからなくなったが、昔はスタンドに入れば必ずといっていい程、言われたのは、
「水抜き剤はいかがですか?」
と言う言葉だ。

今ら10数年前に、
「水抜き剤が入ってないですよ」
「今の時期は入れておいたほうがいいですよ」
なんて言われてしまうと、ころっとだまされてしまったものだ。

「なんで入って無いことがわかるんだ!?さすがだ」と妙に感心してしまったものだけど。

水抜き剤の正体はアルコールだ。御存知の通り、水と油(ガソリン)は混ざらない。小学生の実験でやるだろう。でもアルコールと水は混ざるのだ。ウィスキーの水割りがイイ例だろう。アルコールと水は混ざり、それはガソリンと混ざるのだ。そのため、タンク内の水をガソリンと共に排出してエンジンで燃やしてしまおうというのが、水抜き剤の原理でもある。

では、車のガソリンタンク内にどうやって水が入るのか?可能性は2つ。給油中の雨水の混入、又は、結露だ。前者は故意でもなければ入らない。後者が一般的だろう。

続いてガソリンタンク内の水は何が悪いのか?それはサビだという。タンク内の水分によってタンクにサビを作るというのだ。

では、スタンドのニイチャンは、なぜ、水抜き剤が入ってない事がわかるのか?それは、ガソリン給油口フタの裏側に、「水抜き剤注入済み」というシールが張ってないからだ。

なんだ、その程度の事か。

最近の車はタンクは樹脂製と聞くし、ディーラでも一切注意されたことはない。そんなにマズイなら、車購入時に説明があってしかるべきだろう。「定期的に水抜き剤を入れてくださいね」と。
いくら結露するからって、ジャブジャブとたまるわけではない。現実としてマズ水はたまらないと聞く。

水抜き剤はカーショップで100~200円で購入できる。場所によってはオイル購入時のオマケで付けてくれるところもある。そんなものを、2000円前後で売ってるんから、そりゃ儲かるよね。

職場の女性と車の話になって、この水抜き剤について聞かれた事がある。「あ~、ぜんぜん意味ないから、入れなくていいよ」というと、「もう、いれちゃったよ」と言ってたっけ。

何も知らない人が聞いたら、「まずのか?」と思ってしまうのだろう。

ブログランキングへ投票を!

スパムメール

このブログにはメールアドレスを出している。元々は、ホームページ(HP)に掲載したメールアドレスだった。昔は、読者からの問合せ先にHP上にメールアドレスを掲載するのは一般的だったし、読者からメールが来るのが楽しみだったこともある。

いつのころからか、HP上のメールアドレスはスパムの絶好の餌食となってしまった。HPだけでなく、掲示板などにかきこんだメールアドレスも含まれている。

今やインターネット上のメールの大半はスパムだ、なんてことも言われるぐらいで、まったく資源の無駄使いだと思う。

私のメールアドレスにも当然スパムが来るわけだが、プロバイダ(Nifty)のスパムブロックのオカゲで99%はブロックされているようだ。件数的には、一日50~60通ぐらいのスパムが来ている。まれにすり抜けることもあるが、週1通あるかどうかである。

時々、フィルタされているスパムをWEBメールで確認する事はあるが、「この中でスパムじゃないメールを拾うことは不可能」というぐらいにたまってる。Niftyの初期のスパムブロックは、だいぶすり抜けが多かったと思う。スパムブロックの製品を変えたのか、いつのころからか、かなりブロック精度がよくなったと思う。

メールをくれた人には返信することにしているが、もし、スパムブロックされていたら、申し訳ない。


2008年10月 9日 (木)

インプレッサに4ドアセダンモデル

インプレッサに4ドアモデルが追加されたようだ。

~~~~~~~~ここから
富士重工業は、スバルインプレッサに一部改良を施すとともに、4ドアモデル「インプレッサアネシス*」を追加設定し、本日より全国のスバル特約店を通じて発売する。

 追加設定する「インプレッサアネシス」は、内外装の質感を高めた4ドアモデル。また、今回の一部改良では、より幅広いユーザーニーズに対応するため、シリーズの2.0ℓNAモデルに2WDを設定するなど、グレード構成を刷新し、ラインアップの幅を広げている。
 仕様装備については、後席中央席のヘッドレストと3点式シートベルトを新採用し乗員の安全性をさらに向上させたほか、深みのあるインテリアカラーの採用やセンターコンソールフロント部分のデザイン変更、リヤドアトリム加飾の追加などインテリアを中心に質感を高めている。

http://www.fhi.co.jp/news/08_07_09/08_10_08.html

~~~~~~~~~ここまで

インプレッサの4ドアセダンの登場は、ずっとウワサされていたし、営業マンくんも言ってたのであんまりサプライズではない。ちょっとはやかったかな?というぐらいか。

はたして、セダンの需要はどのくらいあるのだろうか?

スバルの場合、商用車などの企業利用のニーズに応えるため、や、走破性能よりも、お手軽価格の車というニーズもあるだろう。そのためか、セダンは「走り」ではなく、「ラグジュアリー」にふってるようだ。もし、好評で売行きが思ったよりよければ、次期レガシィが出たあたりで、スポーツモデルを追加するつもりかもしれない。


↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

9月の自動車販売台数

自販連のHPで9月、及び上半期の販売台数が発表されていた。

Jihanren

これによると・・・・9月はふるわなかったような。エクシーガも復活してこないようだし。それにしても上半期の合計でスバル(富士重工)は1台もランクインが無いのは、ちとさみしいかぎりだ。

レガシィはモデル末期でも意外と強かったと思うし、フォレスターやインプレッサはまだまだ行けるんじゃないかと思うんですけどね。販売方法?

サスペンション

車の性能で、サスペンションに関しての性能というのは、実は一番わかりにくいかもしれない。エンジンパワーなんかは、運転してみれば結構ハッキリわかる。また、カタログの数値でも確認できるし、ターボ車なら尚更だろう。でも、サスペンションというのはカタログではよくわからない。

だから、車に詳しくない人とサスペンションについて語る場面では、かなり苦労する。一般人には、「なにがいいの?」という具合だ。

いくら有名メーカーのダンパーを使ってるといっても、ピンと来ない。また、実際に車の運転をしていても、普通に運転しただけでは「これがサスペンションの性能だ」と思える部分は言われても、わからないかも。

私の場合のサスペンションの善し悪しは、コーナーで少しスピードを出して曲がったときの安定感や踏んばり感、凹凸のある道路を走ったときの突上げや揺れる感覚、発進/停止時の安定感あたりで性能を感じることになる。

例えば、良くないサスと思えるのは。
 曲がるときにヤケに傾く
 早い速度で曲がる時に安定しないので怖い
 曲がるのがなんか遅い
 波状路でピョンと跳ねそう
 波状路でヤケに揺れる
なんてところか。

逆に良いサスと思えるのは。
 曲がるときに傾かない、安定する
 早い速度で曲がるときにサクっと曲がる
 波状路の突上げ感が少ない。マイルド。
 あまり揺れない
ということか。

試乗車を運転するときは、だいたい上記を注意してサスの性能を感じるようにしている。尚、今の自分の車(Tuned by STI)のサスペンションは結構気に入っている。曲がりやすいし、けっこう踏んばってくれるし、波状路での突上げ感もマイルドだし、ノリ心地もいい。

ただ、元々車に興味がない人にコレを理解してもらうのは、非常に難しい。いや、本当に難しいことだ。


↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ

ポイント制度

家電量販店に始まったポイント制度だが、いまやアチコチでポイント合戦だ。小売業、ガソリン、旅行代理店などなど。ポイントも専用のカードや携帯電話にためるものなど、沢山ある。

ポイント制度は、「商品を値引きする代わりにポイントを付与し、次回買物時に何らかの得点があります」というものだ。値引く代わりに、「その店」でしか通用しない得点を付けることで、客の再来をうながすものになる。いっときだけの付合いより、末長く付合えるということで、御店にメリットがある方式だろう。

御店にとっては、「リピータ」の確保が何よりも大事だからだ。でも、ポイントが有り過ぎて、どこにどのくらいあるのか、全然わからなくなった。

ヨドバシやビックカメラ等はポイントが10%以上と高いケースが多いが、それ以外はすごく少ない。だから還元といっても中々たまらないので、数年貯めても思ったほど大きくない。このあたりもよくわからなくなる要因だろうか。なので、ポイントは100円ぐらいでも使うようにしている。使える時に使わないと忘れそうだから。

あとは、携帯のポイントは数年先に機種変更するときの楽しみとしてとっておくぐらいだろうか。

そういえば、東京スバルもポイント制度をやってたっけ。私もポイントカードを持ってたけど、まだやってるのかな?ディーラでポイントカードの確認をされたことは、そういえば一度も無かったな。ディーラの場合はポイントをためる寄りも、その都度、値引きしてもらったほうが得かもしれない。

ブログランキングへ投票を!


スバルマイスター

スバルのWEBコミニティに参加したのだが、その中で「スバルマイスター」という企画をやってたので参加している。毎日、携帯にメールが来るので、そこで指定されたURLへ接続すると3問出題されて回答する。スバルの歴史、知識などを問われる。

A1subaru

現行車ならともかく、1960~80年ぐらいのは、よくわからん。

まだ参加していない人は、チャレンジしてみるいいかも。

http://members.subaru.jp/web_community/topics/exam_mobile/index.php

2008年10月 8日 (水)

ナビでリコール

カロのエアナビでリコールが出ているようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000046-imp-sci

AVIC-VH9000でも出ていたっけ。
http://pioneer.jp/oshirase/avic-vh9000/

こうやってメーカーが修復にでるのはイイことだと思う。エアーナビはダウンロードでバージョンアップできるので対処は早いと思う。カロは初期のDVDナビでもけっこう不具合があったかな。

B-CASの行方

B-CASの廃止をめぐって話題になってる。

http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/2008/10/08/

個人的にBCASの廃止は賛成。めんどうだもの。
もし、BCASが廃止されたらTVやレコーダー、カーナビのデジタルチューナ、PC用チューナなど、地上はデジタルチューナーの市場は大きく変るかもしれない。

今は、待ちなのだろうか。

映画:クローバーフィールド

レンタルDVDを借りると、だいたいこの映画クローバーフィールドの予告編が入っていた。自由の女神の首が飛んでくる衝撃映像のアレだ。

Clf

なんか巨大な影がちらついているようなので、「ひょっとして怪獣もの?」と思っていた。レンタルが開始されたのでさっそく借りてみた。けっこう人気があって、2週ぐらいは待ったかな。

例によって事前情報なし、先入観ナシでみてみた。

※ネタバレなので未見な人は読まない方がいい※


【感想】
見終った感想は、・・・・・・え?これで終わり?というのが、率直だ。この怪獣はどこから来たのか? 何の為に暴れているのか? 主人公たちの運命はどうなるのか? 世界は?

これら一切の疑問には、全く答えていない。「使徒」みたいな気味の悪い巨大な怪獣がニューヨークで大暴れし、逃げ惑う主人公が出てきただけだ。途中で小さい怪獣が人々を遅い、家族、友人が殺されている。

世界のために戦うとかそんな正義感はない。まずは愛する人を守るために。その後は、単に逃げ惑い、更に追い詰められていく様子が克明に描かれる。ドキュメンタリータッチでやっている。

ドキュメンタリータッチで行われるので、それなりの迫力はある。例えば怪獣に攻め込もうとする軍隊のシーンのカメラ目線はけっこう迫力があった。他には、へりで怪獣のかなり頭上から見ているシーン、そのまま爆撃されるシーン、その後、怪獣におそわれてヘリが墜落するシーンなどなどは、かなり臨場感がある。

それにしてもニューヨーク、マンハッタンはもっと広いハズだ。怪獣の体長が100mぐらいあったとしてもだ。主人公が色々な場所に逃げるが、その場所にピンポイントに怪獣が襲ってくるのは何でだろう?

実はこの怪獣は、何匹かいるんじゃないだろうか。でなければ、色々逃げ回ってる主人公たちの目の前に現れるだろうか?って思ったりする。もしかして、この主人公が何かカギを握ってるのだろうか?
そんな事を思わせるような内容だったと思う。

この映画は、はたして「2」があるのだろうか?あるとしたら、その2で謎が明らかにされるのだろうか?

ミストといい、クローバーフィールドといい、なんか消化不良なところもある。今度は爽快で簡潔な映画を見ようか。

ターボチャージャー

実はレガシィに乗る少し前までターボ車の意味を理解していなかった。ターボ=急激なパワーというニュアンスぐらいだ。よく比喩的に、「ターボモード」なんて行ったりするが、普段とはケタ違いにパワーを発揮するという理解だけ。

ターボ車は古くは自動車マンガの世界で良く出てくる。スーパーカーブームの時に流行った、「サーキットの狼」を当時食い入るように見た覚えがある。主人公が乗るロータスヨーロッパがターボでパワーアップしていたっけ。主人公はターボラグで悩まされるわけだが、当時はその意味はまったく分からなかった。

他にも「よろしくメカドック」というマンガで主人公がのるCR-Xがターボ化されていたが、主人公はある工夫でターボラグを解消しているなんて書いてあったっけ。改善の仕組みも図解されていたと思うが、当時は意味がわからなかった。

『ターボの意味が解説されている所ではこんな風に出ている。排気ガスでタービンを回し、そのおかげでコンプレッサーを回すのがターボだ。これによりエンジンがハイパワーを発揮するという仕組みだ』

実は、これでさっぱりわからなくなってしまった覚えがある。これでマズイのは、「タービン」という言葉と「コンプレッサ」という知らない言葉が出てくることだ。

自分なりの理解しては、『エンジンは空気を吸い込んでパワーを発揮する』というのがある。そう燃料をひたすら燃やしているのではない。空気なんだ。だから、空気を沢山吸い込めればパワーアップになるということ。

ターボは、「空気をたくさん吸い込むための仕組み」とすれば理解しやすい。ノンターボ車の場合は、空気は前から入ってくるだけだが、ターボ車の場合は空気を沢山吸い込むための機構があるということになる。

タービンは排気ガスにより回転する風車だ。走ってる車からは物凄い勢いで廃棄ガスが出てくるので、タービンはスゴイ勢いで回る。このタービン(風車)が回ると、今度はコンプレッサーという風車が回る。

タービンとコンプレッサは表裏で繋がっているからだ。コンプレッサという風車で空気を「かきこむ」ことで沢山の空気を取り入れるのがターボ車となる。

な~んてね。でもこうやってターボの仕組みを理解したんだけどね。

まぁ、今の世の中インターネットでいくらでも情報は仕入れる事ができる。
下記がわかりやすいようだ。

Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/ターボチャージャー

↓↓↓↓↓↓応援をお願いします。
ブログランキングへ


2008年10月 7日 (火)

車のどこにお金をかける?

今の時代を反映してか、興味深いアンケートが行われたようだ。

~~ここから
情報流通支援サービスの株式会社オークネットは、『評価点と星の数』でえらべる中古車情報サイト「オークネット.jp上で、一般ユーザーを対象とした懸賞付きアンケートを実施しました。 今回は毎月の出費となる車の維持費についてアンケートを実施しました。ひとつひとつは小さくても、積み重なると大きな負担になるものですよね。維持費に関してユーザーはどんな意識を持っているのでしょうか。

http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000003523

~~~ここまで

維持費で一番かかるのはガソリン代だそうだ。さらに節約もガソリン代。まぁ、一番身近でかつ価格変動が激しいし、世間でも注目されているので、当然だろう。それにしても車を所有するために最も節約するのは、「食費」とはね。

車は乗らなくても、持ってるだけでもお金はかかる。これからの車社会はどうなっていくんだろう?

iTunes8の新機能

iPodを使ってるので、iTunesを毎日のように利用している。音楽ファイルの同期化のためだが、新しい音楽を追加したり、時にはPCで再生したりと、活用をしている。

そのiTunesが新型iPodに合わせてバージョン8にバージョンアップした。これで追加された新しい機能に、Geniusがある。簡単に言ってしまえば、「自動的にユーザに最適な音楽を選ぶ」という機能だ。何でも沢山の実績を元に選んでくれるそうだ。さて、その実力はいかがなもんだろうか?

Itunes8

Geniusを利用するためには、まず、キーとなる曲を1曲選択する。そして、メニューからGeniusを選べば後は勝手に曲リストを作ってくれる。リストは、25曲、50曲、100曲と選ぶ事は可能だ。またリストの更新をすることも出来る。

約1ヶ月ぐらい使ってみた感想を書いてみよう。

「ヒット率は70%ぐらい」というのが率直な所だ。このヒット率というのは、「自分の好みだったかどうか?」でざっくりと判断している。ただ曲選択の傾向は、iTunesストアにある曲が優先に反応しているような気もする。

Geniusのキー曲にできる曲は、iTunesが認識できる曲でなければならない。要するに有名所、iTunesストアにある様なアーティスト、曲ということだろう。古い曲、アーティストだと反応しないことも よくある。

曲リストはだいぶ片寄りがある。元々、自分好みの曲が多いわけだから当り前と言えばそうだが。どの曲を選んでもだいたい似たような曲リストができる。

なので、今のところは「新しい曲」「古めの曲」という感じでキー曲を選ぶことで、時代毎の曲リストが出来上がるという寸法だ。後は、「ロック系」「バラード系」なんかでも選ぶ事ができる。

新しいiPodはこの機能が実装されているようだが、はたして実力は?

ブログランキングへ投票を!

まだやるか?

あれだけ騒がれているのに。あれだけ目の敵にまでされているのに。なぜに、まだ続けるか~~~。

飲酒運転、一晩で573件=全国一斉取り締まり・警察庁

全国の警察が2日夜から3日未明まで実施した一斉飲酒運転取り締まりの結果、酒気帯びで573件を検挙し、12人を逮捕したことが3日、警察庁のまとめで分かった。昨年12月の取り締まりと比べ、検挙は20件、逮捕は3人減ったが、同庁は「まだまだ多い」としている。酒酔い運転の検挙はゼロだった。(2008/10/03-11:39)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008100300353

2008年10月 6日 (月)

枕が欲しい

先日の「寝違えた」は、モーラステープで案外あっさりと回復できた。ちょっとすごいなと思ったのだが。

でも、それ以降、どうも寝つきが悪い。また、寝ても目が覚める。そして朝方は寝不足だ。なんとなく、原因はまくらじゃないかと思ったりすする。どうも布団に横になったときに、枕に乗っけた頭の高さに違和感があるような気がする。でも高さの問題なのか?というとそれも違うような気もするし。

腕のイイ枕のコンサルタントはいないものかな?  数年前は結構あったような気がするが、今でも寝て試せる枕販売店はあるのだろうか?

携帯が車のキーに?

携帯電話が車のキーになるそうだ。

~~~~ココから
日産自動車、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、シャープの3社は24日、「インテリジェントキー搭載ケータイ」を、2009年度早期に商品化すると発表した。30日から幕張メッセで開催されるエレクトロニクス展示会「CEATEC JAPAN 2008」の各社ブースで、試作機の展示とデモンストレーションを行う。

インテリジェントキーは、携帯しているだけで車の施錠・解錠やエンジン始動・停止を可能にするもの。インテリジェントキーと車が無線通信することで、機能を実現している。
~~~~~~ココまで

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20080924_37786.html

なんとなくだが、これが発展すれば携帯電話から車の状況のモニタリング、又はコントロールが出来たりするかな。

なんか未来的で面白い。盗難警報も全て携帯電話で見ることができるとか。技術的には充分可能な範囲ではないだろうか。

ブログランキングへ投票を!

SUBARU WEB コミュニティ

まぁ、なんというか遅ればせながら登録してみた。元々はレガシィブログとして開始されたスバルのユーザ友の会みたいなものだが、WEBコミュニティとしてスタートしていたのに参加した。

http://members.subaru.jp/web_community/index.php

ただ、実際に参加してみるとわかるが、何とも中途半端というか使いにくいというか微妙なシステムだ。まず、プロフィル写真の投稿方法がよくわからないし。

う~ん、スバルはコレで何をねらうのか?

どうせならもっと面白いブログバーツとかを供給してほしいもんだけど。しばらく遊んでみようと思う。

ブログランキングへ投票を!


2008年10月 5日 (日)

カゼを引いたかもしれない

ひょっとしたらカゼを引いたかもしれない。

なんか昨日からハナが出てしょうがない。ひどくはないが。思えば、先週は職場でもかなり風邪引きさんが多く、また休んでいる人も多かった。季節の変わり目で、朝晩の気温差も激しいし、気をつけないと。

幸い咳は出ないし、喉も痛くない。今は、クスリを飲んで休養中。流行に敏感である必要は無いと思うんですけどね。

映画:ミスト

スティーブンキング原作の映画化だ。DVD化は出たばかりだが、パッケージを見て、「レンタルでいいか」と思った。というわけで、レンタルで借りて見てみた。ホラー映画は好きな方だが、最近は、あんまり怖いと思わなくなっており、まぁ、見てみるとかぐらいの軽い気持ちで。

Am1

先入観無く見たかったので、事前の情報はゼロ。原作も読んだ事はない。

さて、どうだったか?

※ネタバレなので、未見の方は読まない方がいいです。※

物語は、嵐の過ぎ去ったある町で、謎のキリが大量発生。しかも、何か化け物が潜んでいる。一人殺され、さらにデカい虫みたいのが現れ、人々を襲っていく。やがて、狂信的な教祖みたいなオバサンが出てきて、「これは神の怒りだ」なんていうもんだから、洗脳された人が出てきて。人々が狂気にまで襲われる。

この悲惨な状況の中で、主人公は無事に脱出する事ができるのか?息子はどうなるのか? 結末はどうなるんだ? ラストへの期待を抱かせる映画だったと思う。

Am2

霧という先が見えない空間に得体の知れない化け物が出てくるという恐怖。やかましい音をたてて飛び回る虫に、なんか鳥ような化け物、巨大イカと思える触手、カマキリの化け物などいっぱい出てくる。

最初は、「これ怪獣映画?」と思ったりしたが、そうではないようだ。恐怖に脅える群集を狂気的な女教祖が先導し、やがて疑心暗記になった民衆も恐怖である。それでも、なんとか無事に逃げ押せた主人公に更なる絶望が襲う。脱出した車の中で、「超巨大な化け物の姿」を見せられ、やがてガソリンが切れた車の中で5人は自殺を決意。

「食われるくらいなら死のう」

そう思ったのもわからなくはない。そして、自らの子供を手にかけた主人公の前に、軍隊の戦車や救出された民衆を乗せたトラックが通過する。おまけにトラックには、「序盤に二人の子供が心配だと霧に飛び込んでいった母親」が乗っていた。二人の子供もいっしょだ。

序盤で母親がみんなに助けを求めたときは、「全員、断った」はずなのに。ラストでは軍隊は虫を焼き払い、やがて霧が晴れてくる。どうやら世界は助かったようだ。

しかし、この母親達は助かって、主人公は絶望する。

なんという皮肉。なんという結末。

人間は間違う。いつでもベストな選択ができるわけではない。だから間違う。決断の時を誤る。でも結果は、結果だ。誰も正確な予測はできない。ちょっと時間がズレれば、逆の結果だったかもしれない。

誰が主人公を責める事はできるだろう。「もうちょっと待てばよかったのに」なんていうことは簡単だが、仲間が死に、妻も死んでの極限状態では、「もうダメだ」と思っても不思議じゃなかった。

誰しも、「あの時、あ~していれば」と思う事はよくある。たとえ今の状況が悪くなかったとしても、「選択の後悔」はつきまとう。人生の極限の選択をしたことは無いが、そんな事を感じさせてくれた映画だった。

それにしても怖い、コワイぞ。しかも後味はすこぶる悪い映画だ。

主人公は決して悪いヤツではなかったが、選択が全て裏目にでてしまってるように描かれている。人生とは、そういうモンなんだろうか。


この映画を見ていて、ちょうど虫が飛び交ってるシーンでの事だ。窓の外で「バサバサ!!」と音がして、思わず飛び上がっちゃった。正体は「カラス」なんだけどね。部屋のTVはサラウンドじゃないのに、まるでサラウンドスピーカーのような効果だった。ありゃ、怖かったぞ。

アメリカで車が売れてない

もう、いっぱい報道されているけど。


~~~~
米新車販売、100万台割れ トヨタも32%減
米調査会社オートデータが1日、発表した9月の米新車販売台数は、前年同月比26・6%減の96万4873台。11カ月連続で前年実績を下回り、1993年2月以来の100万台割れとなった。日本メーカーも大幅に落ち込み、トヨタ自動車は87年7月以来、21年2カ月ぶりの減少幅となる32・3%減を記録した。

http://www.chunichi.co.jp/article/car/news/CK2008100202100004.html
~~~~

販売比率としては、ビッグスリーが若干戻したようだ。それはそれでイイかもしれないが、売れないビッグスリーは値引きを拡大するしかないので、収益はドンドン悪化するのではないか?来年あたりはどうなってることだろう。

海外ドラマ:エイリアス シーズン1

女2重スパイであるシドニー(ジェニファー・ガーナー)が演じるスパイアクションドラマだ。けっこう前からあるドラマだったようだが、気がついたが去年。丁度、TSUTAYA DISCUSを始めたときであり、何か面白いDVDはないか?と探している時に発見した。

Alias0

見所
まずは、シドニーのアクションや変装だろう。格闘、銃撃などけっこうハデなアクションシーンがあるし、毎回、いろんな変更をしているのも面白い。でも一目でわかっちゃう変装だとは思うが。

Alias1

そして陰謀や策略。物語は、ランバルディとい発明家が残した書物やアイテムを世界中を探してかき集めるというRPGゲームのような感じだが、敵も多く色々な陰謀がでてくる。敵が奪ったものを更に奪うとか、人質をとって交換するとか更に適地を攻め込むとか。
未来的なスパイツールもけっこう出てくる。ほんとかよ?と思えるがさらりと理論的な事も説明されており、なんとなく納得しちゃったりもする。

さてシーズン1のラストには少しだけ陰謀が明らかになるが、それでもかなり謎の多い終り方だ。最後の最後にアレはないよね。

ジャック(シドニーの父親)
Alias2

この人を見たときは、「絶対クリントンに似てる」と思ったんだけど。

さて、これだけ面白いエイリアスなんだけど、TSUTAYA DISCUSでは在庫数が少なくてなかなか借りられない。もう予約待ちがタップリあって、なかなか借りられないのだ。でも、少しだけ裏技がある。全部借りられるわけじゃないが、借り出す事はできるかも。まぁ、検索すれば簡単なんだが。

2008年10月 4日 (土)

DLNAを楽しむ

DLNAという規格がある。難しい説明はいろんなWEBページがあるので、そちらに譲るとして、要するにネットワークでオーディオやビデオを再生できる仕組みのようだ。

DLNAにはサーバとクライアントがある。DLNAサーバとなるものは、動画や音楽を供給出来る仕組み。サーバ側にはCODEC機能が一応あって、サーバ側が解釈できるCODECであれば、クライアント側では、とにかく何でも再生できる。クライアントは文字どおり何でも再生専用機を意味する。

PS3は、御存知DLNAクライアントだ。だから、DLNAサーバがあればネットワーク越しに動画を再生する事ができる。PS3をメディアプレーヤとして選択した理由の一つが、このDLNAクライアント機能ということになる。

私の場合、DLNAサーバはIOデータのLANDISKを利用している。

【LANDISK 】
HDL-G300U
Hdlg

ちょっと古い機種なんだけど、ファームのバージョンアップでDLNAに対応している。元々NASが欲しかったので、DLNAはオマケ程度に考えていたが、今となっては結構使えている。ただ、あくまでもNASなのでCODEC機能はない。したがって、DLNAクライアントから見れば、ただのファイルサーバでしかない。だから再生できるかできないかは、クライアントであるPS3の再生機能にかかっているということになる。

実際、PS3はDivX、WMV等のCODECに対応しているので、まぁ、再生にはあまり困らない。時々、古いCoDECの動画があったりすると再生できないこともあるけどね。

動画はTVをPCで録画したものをDiVXでエンコードして保存したものとか、誰かに借りたものとか・・・・、まぁ、いろいろあるわけだが、それらをPS3を経由してTVで楽しむ事ができるので悪くはない。

難点は、
・時々DLNAサーバが見えない事がある。
・ファイル表示数に上限あり
・一覧表示なので沢山表示されると探すのが大変
だろう。

時々見えない時は、PS3を再起動すると治る場合がある。原因はよくわからない。LANDISKの問題かもしれない。まぁ、大きな問題ではないが。

運転代行を利用する

飲酒運転による事故が社会問題になってひさしい。私も、多くはないが時々運転代行を使うことがある。多くはないというのは、酒を飲むとわかってるところに車では行かないから。それでも予定外で飲む事のになった時には、これら運転代行を利用する。

運転代行は地方では当り前だ。というか日常的に利用されている。車通勤が当り前の地方では、仕事が終った後の宴会では代行を利用する事が多い。東京圏でもその利用が段々増えているようだ。ただまだそう多くはない。だからシーズンによっては結構混んでたりするようだ。

利用方法は、予約に電話して時間と場所を伝えることによる。予め時間がハッキリしている場合は、酒を飲む前に予約し、待合わせ時間に車の所に行けばいい。時間通りに来て待っててくれる。時間がハッキリしない場合は、帰る時に電話して、「今から」と伝えるわけだが、その場合、30分ぐらい待たされることはあるね。

ちなみに酒を飲んだあとで、30分ぐらい車で待ってると、「トイレがヤバい」ということが、その時にわかったっけ。

代行を利用して帰宅するときには、代行のドライバーとの会話が面白かったりする。「最近の利用はどうか?」「今頃の時間は混んでいるのか?」「コノ車は運転しやすいか?」とか、まぁ、相手にとっては少々ウザイ質問かもしれない。こっちは半分酔っぱらってるので、しゃべり続けることになるわけど、まぁ、それも仕事ということで、割り切ってるのかもしれない。

AT車全盛の時代に、私の車はMTなので、「久々のMTです」という事は言われた事がある。「ちょっと面白い」ということもあったっけ。

使ったことがある代行はココです。
アール運転代行

値段は、タクシーの1.2~1.4倍ぐらいだろうか。

ちなみに私の場合、「飲んだあとは、車を置いて帰る」とか「そのまま、どっかに泊まる」とかもあります。

ブログランキングへ投票を!

映画と車:デロリアン

映画と車って、すごく関係が深い。車が主役級であることも多いから。映画の中で出てくる車で一番のお気に入りは、デロリアンだ。

御存知、バックトゥザフューチャーでのタイムマシンを演じた車だ。この映画を初めてみたときに、デロリアンは映画のオリジナルカーだと思っていた。当時、車好きな友人から、「デロリアンは、デロリアンというメーカーの車で、このメーカーで唯一の車なんだ」という話をきいて、ほんとかよと思っていた。

今ではインターネットで色々情報が見れるが、これらの話は事実だったりする。

デロリアン - Wikipedia

見た目は意外にシンプル、ガルウィングのドアは未来的な雰囲気で当時、かなりカッコイイとおもったっけ。

このデロリアンは、今ではUSJで見られるが、15年ぐらい前に家の近所に止まっていたのを見たことがある。しかも結構な頻度で止まっていたので、ひょっとしたらオーナーだったのかもしれない。ちょっと大きめな家でシャッター付きガレージのある家なので、
 「あのシャッターの中にデロリアンがあるのか?」
と当時おもったもんだった。

デジカメがあれば撮影していたのに残念だ。

そんなデロリアンが再版されるとか?

買いたいとは思わないが、乗ってみたいと思う。

ブログランキングへ

2008年10月 3日 (金)

パイオニアが車用スピーカーをモデルチェンジ

パイオニアがスピーカーの新製品を発売するようだ。

パイオニアは、車載用スピーカー「TS-V171A」やチューンナップツイーター「TS-ST910」、インナーバッフルボードセット「高音質インナーバッフル ハイグレードパッケージ」など20製品を10月中旬から11月下旬にかけて順次発売する。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20080929_37829.html

そろそろスピーカーを買い替えてもいいかな?とちょっとだけ思ってたので朗報。

パイオニアサイトはこちら

カロッツェリアは春モデルではスピーカーを変更しなかったので、秋口になったようだ。気になるツィータは取付台が分離できるらしい。ひょっとしたら純正同様にドア内に埋めこめるかな?

http://pioneer.jp/carrozzeria/products/c_series/02.html


面白かったら人気blogランキングをお願いします!

車の灰皿を考える

LEGACYは、BPのD型から灰皿が付いてないので、喫煙者は別途灰皿を買う必要がある。カーショップでは様々な灰皿が売られているので、選択肢は多い。
お店で選んでるときは、
 「ま、なんでもいいか」
と思って買うのだが、実際に使ってみると、「意外にも使いやすさ」というのが見えてくる。たかが灰皿なんだけど。

というわけで、車載灰皿に必要な機能とは何か?
それは、
・片手で操作できること。
・プッシュボタンが有効
・ユックリ開くこと。
・しめやすいこと。
・容量がデカいこと
・掃除がしやすいこと。


この中で、「片手で操作できる」が一番重要。運転していると両手を灰皿に使う事はできないからだ。

そこで私が選んだのは、これ。

【ミラリード:EMT-001】
Haizara

これが一番ニーズが満たされている。プッシュボタン式で、ゆっくり開くので灰が飛び散らない。値段は高めだが、大容量だし使い勝手もいい。喫煙者には御薦めの一品です。

この灰皿を買ってみたい 

28日後、28週後

結構話題になった映画なので、レンタルしてみた。内容は世紀末的ゾンビ映画って感じだろうか。
舞台はイギリス。未知の病原体に汚染され、数日にして廃墟とかしたイギリスで物語ははじまる。

28days

回りは病原体で変化したゾンビばかりだ。わずかに助かった人が逃げ惑う。他人は一切信用できない。ちょっとでも感染すればすぐに変化するので、ゾンビにかまれたら速効で殺さなければならない。仲間と言えども容赦しない。

また、人間同士でも見にくい争いが繰り広げられる。まさに世紀末映画と言う感じだろうか。

結局は逃げ延びて、救援の軍隊に救われるわけだけどね。


28週後は、28日後の続編である、一度は平和になって元にもどったイギリスではあったが、あるキッカケで再発するというもの。一度広がったウィルスはまたたく間に全土に広がり、もはや生き残るすべはないという感じだ。

ただ、コノ話はかなり無理がある。28週後というぐらいだから約半年先なんだろうけど、軍隊が調査等で入る余地はあったとしても避難した市民が戻ることなんてあるんだろうか?また崩壊した政府が機能しているとも思えないので、おそらくアメリカ、ヨーロッパから復興支援を受けると思うが、それにしても早すぎるだろう。国家を転覆させたウィルスがあるんだから、かなり慎重になってもおかしくない。

あまりに軽率な行動であり現実味がない。さらにこの映画はハッピーエンドではない。無事に解決しない後味の悪い終り方だろうね。また次も考えるような終わり方だった。

まぁ、見終ってこの映画のどこがヒットする要因なのか?がわからなかった。見所が無いのだ。一応怖いのだが、特徴はアクティブなゾンビというところだろうか。特に大きなサプライズも無いしね。

それでも28日後&28週後を見る場合はこちら

ビクターとケンウッドの経営統合

かねてから報道されているが、ビクターとケンウッドが経営統合する。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=201417


ケンウッドは老舗のオーディオメーカー。ナビやカーオーディオは有名だ。

15年ぐらい前だと、カーステはケンウッドだよね、というぐらいに思っていた。知名度も高いし、メーカー名もなんかカッコイイ。今は無くなってしまったが、セダンのリアトレーに載せるタイプのスピーカーで、「KENWOOD」のロゴが夜間に光ってる車って、かっこよかったもんねぇ。

ブログランキングへ投票を!

2008年10月 2日 (木)

車の写真

車の写真って、けっこう難しい。単なるスナップ写真ならいいんだけど、ちょっとした景色をまじえてカッコよく撮影したいと思ったときでも、なかなか思った通りにならない。

「目」で見たときには、「お、いける風景かも」と思っても写真に撮ると、「なんか違う」と思える。角度なのか?高さなのか?まぁ、写真については全然素人なわけで、勉強したこともないから、当たり前かもしれない。

インターネットで色々なユーザの写真をみると、「うまいなぁ」というものが沢山ある。どうやったら、あんな写真がとれるのか? ちょっと勉強しようか。

Imgp0515

この写真は、東北地方のとある山道で撮影したもの。ちょっと雨交じりの天気だったけど、なんかいい雰囲気で取れたような気がする。フォグをつけたまんまだったけど、まぁ、それはそれでいいかな。

ブログランキングはこちら

キロロ

最近のお気に入りの音楽は、「キロロ」だ。元々、1~2曲もってて、時々聞いたりしていた。iTunesストアに新しいアルバムが出ているのを見つけて、売れてる曲を中心に何曲か購入した。

いやぁ~、心にしみる歌声だ。

テンポはスロー。歌声は癒し系。曲の調子は、微妙な音程をうまく表現しているのでは?と思う。

【ちょっと紹介】
・未来へ
 ほ~ら~、足元をみ~てごらん、これがあなたの歩む道
 ほ~ら~、前をみてご~らん、あれがあなたのみらい~~

出だしのほ~ら~が、なんか脱力するような癒されるような感じの曲。微妙な歌い出しが、一歩間違えばオンチになりそうなのをうまく唄うなぁ。今の一番のお気に入り曲だ。


・Best Friend
 もう、大丈夫、しんぱいないと、なきそうな、あたしのそばで~
 いつもかわらない笑顔で。ささやいて、く~れた。少しアップテンポの軽い曲。友達を唄うというところだろうか。

・冬のうた
 こ~んな~、遠いまちにも~

出だしはアカペラかと思う感じで始まる。キロロのボーカルの良さがよくわかる曲だ。透き通るような歌声が、まさに寒く透き通った冬の空を思わせる。ちょっと淋しさもある歌かも。


キロロの曲を聞いてみたい方はこちら

Play Station3の音声出力

今年の頭にプレステ3を購入した。目的はゲームじゃなくて、ブルーレイを見るためだ。PS3はブルーレイプレーヤとしては格安でかつ高性能なのだ。ゲーム機だが、下手なブルーレイプレーヤよりはるかに性能のいいCPUを積んでいる。また、DLNAを経由したネットワーク越しの再生にも対応している。

というわけで、ブルーレイプレーヤとして購入したわけだ。PS3をHDMIでTVに接続する事で、ブルーレイがフルHDで鑑賞できる。さらにDVDでもアップコンバージョンすることで、高画質で見ることが可能だ。

ゲームもちょっとはするけど、高性能なプレーヤとして活用している。そのPS3の唯一の欠点は、光出力だ。

PS3は音声出力をHDMIか光出力のどちらかに出す事ができる。逆に言えば、どっちか一方にしか出すことができない。そのため普段TVでの鑑賞をするためにHDMIに出力すると、サラウンドヘッドホンなどへの光出力に音声がでないのだ。

PS3の設定を変更すれば可能だが、ちょっと面倒だ。

今のところは、
・HDMIでTV経由の2ch出力
・直接光出力でサラウンドヘッドホン
はPS3の設定を変更することで切替える。

なんかめんどい。普通出力は同時じゃないだろうか?いろんな情報を見るとハード的に不可能らしい。う~ん、なんかいい分岐装置はないもんか!?

2008年10月 1日 (水)

風景:わが母校

久しぶりに我が母校となる小学校の前を通った。なんと改装しているじゃないか。校舎も建て替えられている。調べてみると、学校だけじゃなく地区の施設も兼ねて生まれ変る最中らしい。

なんか懐かしくて、しばらく見入ってしまった。

【新規の校舎】
Kinjyo1

Kinjyo2

130年かぁ。私が在学中が100周年だったからねぇ。年月の経つのは早いもんだ。



スプリンターマリノの思い出

私が初めて買った車がスプリンターマリノだ。最近ではめっきり見かけなくなったが、先日、あるショッピングセンターで駐車してある姿を見て、思わず懐かしくながめてしまった。

01catalog

スプリンターマリノは、トヨタではカローラ/スプリンタークラスのスポーティタイプの4ドアセダンとなる。

当時、レビン/トレノが人気があったこともあり、マリノが発売されたときは、「これだ!」と思った。

02catalog

4ドアで乗降性も良さそうだ。中は狭いかもしれないが、当時としては年齢相応と思った。また、小型で取り回しもしやすそうだ。FFなので、スキーに行くのも勝手がよさそう。

スタイルは丸みを帯びたデザインだが、アグレッシブでもなく、さりとて可愛らしいわけでもなく、スタイリッシュな感覚で気に入っていた。リアがタレるのもスポイラーを付けると引き締まるから不思議だ。

03grade

当時は、車にも詳しくなかった。アルミホイールにも興味はなかったし、走りについて特別な興味もなかったので、単純に3グレードあるうちの中間を選らんだ。
いまだったら、迷わず、一番上を選んだろうなぁ。

私はMTが選べればそれでよかったというのもある。

04extrapkg

05sportspkg

オーディオを選べるのも楽しみだった。当時、KENWOODしか頭になかったので、それを選んだ。カセット+CDチェンジャだったか。スピーカーは、今だったら考えもしない、フロント純正+リアトレイに設置型だった。しかも8cmぐらいの小型だったと思う。リアトレイにスペースがなくて、大きなものがつかなかったのだ。

今だったら信じられないくらい貧弱な音だったと思うが、それでも満足していのだからねぇ。

マリノの運転はしやすく、一応4人載れる。ただ、トランクは狭かったので、スキーに行くときは、3人が限界だった。4人だと荷物が溢れるのだ。

オプションは、スポーツパッケージをつけていた。当時のカタログをみると、オプションは多くなかったね。リモコンドアロックぐらいつければよかったが、それがどんなにメリットがあるか?を知らなかった。

ディーラオプションも今のようなエアロはなく、もっぱら内装系が多い。中でも「FAX」なんてあった。車載FAXなんてニーズがあったんだろうか。

06option1

07option2

08option3

この車は、私のルーツであり、初めてDIYでオーディオをいじった思い出深いところがある。車載TVを買って取りつけたのが初めてだった。リアウィンドウの外側にアンテナを張り、そこからトランクを通じて、室内に引込んだ。ケーブルは室内を張っていたが、マットで隠すことで目立たないようにした。当時、内バリを剥がすなんて能力なかったしね。

スキーにいったり旅行にいったり、結局2年半のった。マリノはトヨタオートで買ったが、親がトヨペットで車を買ってたので、親のつてもあって当時マイナーチェンジしたエクシブをすすめられ、そっちに魅了されて乗換えてしまったっけ。

写真も下取りに持ってくちょっと前に撮った2枚しか残っていない。デジカメもなかったからなぁ。

ブログランキングへ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!