« ビクターとケンウッドの経営統合 | トップページ | 車の灰皿を考える »

2008年10月 3日 (金)

28日後、28週後

結構話題になった映画なので、レンタルしてみた。内容は世紀末的ゾンビ映画って感じだろうか。
舞台はイギリス。未知の病原体に汚染され、数日にして廃墟とかしたイギリスで物語ははじまる。

28days

回りは病原体で変化したゾンビばかりだ。わずかに助かった人が逃げ惑う。他人は一切信用できない。ちょっとでも感染すればすぐに変化するので、ゾンビにかまれたら速効で殺さなければならない。仲間と言えども容赦しない。

また、人間同士でも見にくい争いが繰り広げられる。まさに世紀末映画と言う感じだろうか。

結局は逃げ延びて、救援の軍隊に救われるわけだけどね。


28週後は、28日後の続編である、一度は平和になって元にもどったイギリスではあったが、あるキッカケで再発するというもの。一度広がったウィルスはまたたく間に全土に広がり、もはや生き残るすべはないという感じだ。

ただ、コノ話はかなり無理がある。28週後というぐらいだから約半年先なんだろうけど、軍隊が調査等で入る余地はあったとしても避難した市民が戻ることなんてあるんだろうか?また崩壊した政府が機能しているとも思えないので、おそらくアメリカ、ヨーロッパから復興支援を受けると思うが、それにしても早すぎるだろう。国家を転覆させたウィルスがあるんだから、かなり慎重になってもおかしくない。

あまりに軽率な行動であり現実味がない。さらにこの映画はハッピーエンドではない。無事に解決しない後味の悪い終り方だろうね。また次も考えるような終わり方だった。

まぁ、見終ってこの映画のどこがヒットする要因なのか?がわからなかった。見所が無いのだ。一応怖いのだが、特徴はアクティブなゾンビというところだろうか。特に大きなサプライズも無いしね。

それでも28日後&28週後を見る場合はこちら

« ビクターとケンウッドの経営統合 | トップページ | 車の灰皿を考える »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/42614147

この記事へのトラックバック一覧です: 28日後、28週後:

« ビクターとケンウッドの経営統合 | トップページ | 車の灰皿を考える »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめ!