« 例の中国のソースプログラム検閲 | トップページ | 2in1で機能変更 »

2008年9月25日 (木)

コスト削減

コスト削減という言葉を聞かない日はないぐらい、日常的に使われている。もう、「あいことば」を通り越して、「うわごと」とでも言おうか。そんな日々だ。これは日本の企業のどこも同じだろう。

「おまえはコスト削減のために何をしているのか?」などを言われる。

これだけ、市民権を得た言葉であるが、コスト削減の本当の意味をきちんと理解しているだろうか?

私の理解はこうだ。
 ・無駄を排除し、品質を維持した上で、削減する。
 ・あるいはコストを削減した結果のリスクを評価し、容認して削減する。

ところが、これらの評価がきちんとできていないようだ。昨今の汚染米事件、毒餃子など食の安全が脅かされるニュースは連日されるが、これれらは正に「安物買いの銭失い」だろう。安いものには、安い理由が必ずあるのだ。まさに、「リスク」を正しく評価できていないということではないか。

これらは、「食べ物」という下手すれば生命の危険に直接に達するため、大きな問題として取りあげられる。だが、近い問題はいろいろな業界に出ているはずだ。

IT業界、半導体業界、家電業界、車業界、建設業界しかり。

安いといってへたな物に手をだした結果、「偽者だった」とか、「とんだ不良品だった」とか、「まったく役に立たない」とか、「バグだらけ」とか、「情報、技術流出だらけ」とか、「コンピュータウィルスに感染したとか」・・・・ね。

え?、私の仕事の事じゃないですよ、けっして。


« 例の中国のソースプログラム検閲 | トップページ | 2in1で機能変更 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/42583027

この記事へのトラックバック一覧です: コスト削減:

« 例の中国のソースプログラム検閲 | トップページ | 2in1で機能変更 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!