« 正気か!? | トップページ | ビビリ音 »

2008年9月22日 (月)

ストリートビュー

Google Street Viewが話題だ。ネット上でもいろんな議論が沸いている。プライバシーの侵害やら何やらだ。仲間うちでも話題になる。もっぱら、酒の席やちょっとした雑談での話題だが、自分家が写ってたか?とか、Googleのネライは何か?など。

Google Street Viewの画像を初めて見たときに思ったのは、「視点が少し高い」ということと、「全方位」が写ってることだろうか。技術的な所は興味があったので、少し想像してみた。おそらく車のルーフに棒をつけて、その先に8~16方向のカメラを付けていたのだろうと思った。車で走りながらGPSで位置情報を記録しながら撮影していけば、出来上がると思う。ただ、そう単純ではないのかもしれない。地図情報にきちっとリンクさせる必要があるし、まず調べるために膨大なデータ量が必要だろう。どこを走ったか? 走り忘れていないか?などを確認する必要もあるし、確かに手間はかかりそうだ。

00sora_2

00jimen

カメラの方位も面白い。写真画像をマウスでドラッグすると360度視界がながめられる。空まで見える。真下も見える。車のカスみたいな部分は見える時があるので、おそらく計算で割り出しているのだと思うが、画像処理としては面白い技術じゃないだろうか。

どんな車で撮影しているのか?と思いながら、Google Street Viewを見てたら、交差点のミラーにプリウスがうつっていた。なるほど、プリウスか。一応、エコに配慮したという事なんだろうか。

【ミラーの中にプリウス発見】
02googlecar_2

セキュリティや個人情報保護などの観点の議論はいろんなところでされているので、私は単純の楽しむ事にしよう。

まずは、まっさきに探すのは自分家だ。私はエリア内に住んでるのですぐに自分家を発見する事ができた。家の周囲や外観、車の所在を確認。

01mycar

さらに、駅や職場までの通勤経路、ディーラまでの経路などを探索する。めぼしい行先なんかをながめる。車で通過する事が多い所は景色を見てないこともあって、新鮮さもある。

【スバルディーラ:掃除しているので、9時頃か】
03subaru

結局、自分はうつってなかった。撮影時間帯は道路のスキ具合、路上にゴミがあったりするので、早朝か午前中の範囲だろう。

何でもこれによって、職が無くなるケースもあるらしい。聞いたところによると、店舗を出店する際に、現地を視察して写真撮影し報告してくれる商売があるそうだ。そんな商売は、Google Street Viewで全国が見れるようになったら、もう廃業らしい。

いろんな商売もあるもんだと感心する。
Google経済学(グーグル経済学)~10年後にトップに立てる新経済学入門~


面白かったら人気blogランキングをお願いします!

« 正気か!? | トップページ | ビビリ音 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/42555894

この記事へのトラックバック一覧です: ストリートビュー:

« 正気か!? | トップページ | ビビリ音 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!