« CPU切替機を探す | トップページ | 落雷 »

2008年9月 7日 (日)

BONES【ボーンズ】

私は海外ドラマがすごく好きである。日本のドラマはほとんど見ないが。
SF的なもの、サスペンス的なもの。いろいろある。最近、洋画が今ひとつ面白くないが、海外ドラマはいたって元気であり、興味深いシリーズが展開されている。

もっぱらレンタルで見ることが多いが、最近見た中でもボーンズを紹介したい。

Photo

【アラスジ】
法医学者のテンペランスブレナン博士と、FBIのブース捜査官がコンビを組んで数々の事件を解決していくというストーリー。


【見所】
捜査官が主役ではなく、法医学者のブレナン博士が主役だ。だから、事件への切り口は、「法医学的見地」で行われるところが新しい。また、登場人物がすごく魅力的である。

Photo_2

主役のテンペランスブレナン役には、エミリーデシャナルなんだけど、この俳優さんは全然知らなかった。若いしそんなに沢山の映画やドラマに出ているわけじゃない。顔つきは角張った感じだけど、けっこうカワイイところもある。役柄だが、非常に理屈っぽいというか、常に科学的に分析しないと気がすまない、とか、意外に頑固とか、いろいろあるが、魅力的な役柄である。

相棒のブース捜査官は、突撃攻撃型とでも言う感じである。ブレナン博士の都合はおかまいなしに捜査に巻き込んでいく。

Photo_3


面白いのは、FBI捜査間と法医学者というコンビのやりとりである。普通に考えてこんなコンビは存在しないだろう。でもブレナン博士は、「捜査の第一線で活躍」を希望し、ガンガン介入する。目撃者に積極的に面会に行き、事情を聞くし、犯人にも単身で乗込んだり、銃を撃ったりする。武道の心得があるのか、犯人と格闘し、見事にねじ伏せる。

男女のコンビということで、X-FIlesのモルダーとスカリーのコンビの再来とまで言われているそうだ。X-Filesは私も好きだけど、タイプが全然違う。Xファイルは、オネェさん的なスカリーと甘える弟分的なモルダーのコンビだったが、ボーンズでは、頼れる兄貴分的なブースときかん坊の妹分的なブレナン博士のようだ。

法医学なんて、全然知らない分野だし、多少の誇張もあると思うが、発見された骨を検証することで、かなり多くの事がわかり、犯人に行き着くところが面白い。
圧巻だったのは、シーズン1の第1話である。

池の底から発見された白骨遺体を分析したブレナン博士は、
 「女性である→スポーツ選手→テニスが得意→幼少の頃にケガ→妊娠の経験あり」
までいきついて、さらに顔面の復元で、
  「本人に行き着く」
ところまできているし、凶器や犯行場所も推定し、最終的に犯人逮捕まで行き着いた。

論理的に追求して最後まで行き着くシナリオも面白かった。

最初は、何かにDVDをレンタルしたときに、おまけに第1話が入っていたので試しに見たが面白くて、一気に全部借りてしまって見てしまった。

現在、シーズン2が出ておりTVCMもやっている。引続き、レンタルしてみたいと思う。

面白かったら人気blogランキングをお願いします!


« CPU切替機を探す | トップページ | 落雷 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/42404637

この記事へのトラックバック一覧です: BONES【ボーンズ】:

« CPU切替機を探す | トップページ | 落雷 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ!