« カロナビのウィルコムカード | トップページ | 気になるニュース »

2008年5月18日 (日)

パイオニアの事情

新製品を発表したカロッツェリアことパイオニアだが、お家事情的にはかなり厳しいようだ。
先日発表された報道資料によれば・・・・

引用>>
当社は、子会社のパイオニア・ディスプレイ・プロダクツ株式会社(以下、DPC)およびパイオニアプラズマディスプレイ株式会社(以下、PPD)で行っているプラズマディスプレイパネルの自社生産を、本年発売予定の新製品を最後として、平成21年3月までに順次終了します。

~~中略~~
平成21年夏より、松下電器産業株式会社からプラズマディスプレイパネルの供給を受けることで、同社と基本合意に達しています。
~~中略~~
また、DPC山梨工場およびPPD鹿児島工場は、パネル生産終了後に拠点を閉鎖しますが、売却を含めた活用策を検討しています。

~~中略~~
成長が見込めるカーエレクトロニクス事業、および子会社や関連会社を含むグループ内の他事業に再配置する計画です。

引用ここまで<<<<<

要するにプラズマディスプレイパネルの自社生産を終了するということである。御存知の通り、パイオニアはNECのプラズマ事業を買取り、NECの工場も吸収した上で事業を行なっていたが、ここに来て工場を閉鎖し収益改善を見込むという。カーエレ関係は今後成長が望めるということのようだ。

カロッツェリアのファンとしては、カーエレが好調なのは嬉しい限りだが一つの文化が収束したのは淋しい気もする。最近ではビクターとケンウッドの経営統合などの報道もあり、電機業界全体の再編が進みそうな気配もあり、まだまだ余談を許さない所ではあるが。

昔から電機業界の大手5社として、東芝、松下、日立、NEC、富士通ってのがあるが、最近じゃ、SONYとかシャープとかもあるわけで、必ずしもこの5社が強大ってわけではない。でもこのあたり含めて大手の経営統合なんて話はあるかもしれないね。


« カロナビのウィルコムカード | トップページ | 気になるニュース »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/41248531

この記事へのトラックバック一覧です: パイオニアの事情:

« カロナビのウィルコムカード | トップページ | 気になるニュース »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!