« カロッツェリア エアーナビ 予約受付中 | トップページ | パイオニアの事情 »

2008年5月18日 (日)

カロナビのウィルコムカード

カロッツェリアから2008型ナビがリリースされる。その中でも一つの目玉は、
 ウィルコムの月額定額通信カード
と思える。

17willcom

2006からスマートループが実装されて来たが、このスマートループのためにはネット環境が必須である。しかし移動する車にネットワークインフラを提供するのは、何らかの通信環境が必要になるが、カロッツェリアはこれを携帯電話で実装してきたのである。

2007年モデルの発表の時にもユーザから懸念が出ていたっけ。

携帯電話を通信機能として実装することはわかるが、その場合の問題は、

  1)通信料金が気になる (これが一番強い)
  2)車に乗ったときに、携帯を取付けるのが面倒

だろうか。

料金は一番気になるところだ。カロは、
  「多くても1ヶ月1000円ぐらいだ」
とは言うが、これもパケホーダイの場合だし、いつ通信しているのかもわからないので、1ヶ月たってから料金にビックリするという事が懸念される。

また、携帯電話をナビに取付けるのは意外に面倒なのだ。旅行とかに行くなら付けるが、ちょっとした外出では携帯電話を取出すのも面倒だろう。

これらの問題を専用カード+定額は解決してくれるとも取れる。

2008年モデルだけでなく、従来モデル用もラインナップしているなども、従来ユーザを見捨てることなく対処していることは好感がもてるところだ。

これは、メーカーとしてはよくがんばったんじゃないかと思える。

さて、気になる料金は、
  通信カードが実売6000円ぐらい
  月額1000円定額 or 上限1500円の変動
ということだが、これは果たして高いか安いか?

おそらくカロッツェリアとしては、ウィルコムという通信キャリアと提携し、格安で提供したという意識はあると思うし、実際、よくがんばったんじゃないかと思うが、利用者側の感情としては今ひとつピンと来ない。

これは、「この通信カードによってもたらされる恩恵に、1000円の価値があるのかがわからない」からだと思う。

これはひとえにスマートループのメリットが感じられない事にも起因する。
「人気の御店がわかる」や「渋滞情報がより正確に!」がどれだけ自分のメリットになるかが、わからないと思う。他にも手段はあるじゃん、という所だ。

でもせっかくのGPS+通信カードの組合せなわけだから、それを活かして付加価値をつけていくんじゃないだろうか。

てっとり早いのは、
 位置情報を活かしてセキュリティサービス
じゃないかな。
車両コントロールは面倒だと思うが、盗難事の位置情報としても使えるならメリットがある。

車の走行情報、燃費情報などのいろんなデータを集めて、自分のサーバに自動的にアップして車の利用履歴、燃費記録、いつどこへ行ったか?なんてのを自分で管理できる仕組みも面白いかもしれない。(ただ、ちょっと個人的情報すぎるので、これを他人のサービスに任せるには抵抗があるが)

え?もちろん料金はコミですよ。


面白かったら人気blogランキングをお願いします!

« カロッツェリア エアーナビ 予約受付中 | トップページ | パイオニアの事情 »

カーオーディオ・ナビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/41243879

この記事へのトラックバック一覧です: カロナビのウィルコムカード:

« カロッツェリア エアーナビ 予約受付中 | トップページ | パイオニアの事情 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ!