« 新年:初ディーラ | トップページ | あ、デント発見! »

2008年1月20日 (日)

雪降るかな?スタッドレスタイヤに交換

年末までは今年も暖かい暖冬かと思っていたが、最近は、やけに寒い。
おまけに、今晩から東京地方は雪だという話だ。なので、やっと重い腰を上げて、スタッドレスタイヤへ交換することにした。
本当なら年末ぐらいに変えておこうかとも思ったのだが、今年はスキーに行く予定もまだ未定なので、そのまんまだった。

でも今日は風もなく、若干暖かい日中なので、タイヤ交換日和でした。

私は親戚の経営する会社にタイヤを預かってもらってるので、そこまで取りにいく。倉庫からタイヤを取出し、車まで運んで交換するわけだが、けっこう重労働。いい筋トレになります。

【運び出したタイヤ達】
Photo

タイヤを出して一通りチェック。まぁ、新しいのでヒビやキズなどは無いね。さっそく空気を入れておく。

【空気入れ中】
Photo_2

Photo_3

空気圧は既定値の前2.3、後ろ2.1だ。
前回はホイールを購入したときのタイヤ館で外してもらったキリだったが、タイヤにF/Rのマークを入れてくれていたので、そのまま付けることにした。

さ~てジャッキアップしようと思ったが、デルタのエアロがあるので、「やばいかも」と思ったが、なんとかすらずにパンダジャッキを入れることができた。一輪をあげれば、走るまでは若干車高があがるので、後はすんなり入る。まさにギリギリというところだった。

Photo_4

デルタスピードのエアロを付けてる場合で、車高を落とす場合は、「タイヤ交換時にパンダジャッキが入らないかも」という覚悟が必要かも。

さて、タイヤ交換は淡々と進む。今回は新しいホイールナットにキズをつけないために、インパクトレンチの使用は避けて、全部、手動でやってみた。久しぶりの4輪のホイールナットを自力で外したが、意外に体力は残っててあまり苦ではなかった。 日頃、Wii Fitで運動しているからだろうか!?

Photo_5

タイヤ交換を自力でやってみようと思う人にワンポイントアドバイス。
工具は、
 ・十字レンチ、又は、19mmのディープソケット+スピンナーハンドル
 ・パンダジャッキ(車載より油圧のもの)
 ・空気入れ
 ・トルクレンチ
は用意しておいたほうがよい。
十字レンチは便利だけど、ガサバルので私はソケットでやってます。

手順は、下記の通り。
 1)ホイールナットを緩める
    緩めるだけね。
 2)ジャッキアップ
    タイヤの下側に1cmぐらいのスキマができるくらい上げる
 3)ホイールナットを外す
 4)タイヤを外す
    ちょっとコツがいる。ホイールを車体やキャリパーにぶつけないように。
 5)タイヤを付ける
   ちょっとコツがいる。慣れるしかないが、ぶつけないように。
 6)ホイールナットを付ける。ホンジメする必要はない。
   タイヤがぐらつかない程度
 7)ジャッキを下げる
   ホイールナットをホンジメする。
   できれば、トルクレンチで締めたい。

これを4輪で繰返します。ちょっと体力勝負的なところもあるね。
ガレージジャッキがあれば、一気に2輪交換もできるかもしれないが。

初めてタイヤ交換をする場合は、ジャッキアップを若干高めにしたほうがよい。タイヤと地面が2cmぐらいのスキマができるぐらい。あまりギリギリだとタイヤを外しにくいし、さらにタイヤを付けるときにも苦労するから。
あと、タイヤを付けるときは、足でタイヤの下側を押えてホイールナットをつけるとやりやすいよ。


面白かったら人気blogランキングをお願いします!


« 新年:初ディーラ | トップページ | あ、デント発見! »

LEGACY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/17764294

この記事へのトラックバック一覧です: 雪降るかな?スタッドレスタイヤに交換:

« 新年:初ディーラ | トップページ | あ、デント発見! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ!