« 油温計異常の続き | トップページ | メーターを元に戻す »

2007年2月25日 (日)

油温計の熱対策をやってみる

先日から油温計の異常動作に悩み、その原因がほぼ「熱暴走だろう」という結論になったので、熱対策をやってみようと思う。
尚、今回の作業に先立って、インターネットをいろいろ探してみたが、大森メーターの熱対策についてふれているサイトは見つからなかった。かろうじてメーターの分解作業が少しみれた程度。
これほど情報が少ない事象もめずらしい。ひょっとしておれだけの現象なんだろうか?と思ったりするが、まぁ、ネタとしては面白いので、チャレンジしてみよう。

尚、今回はかなりマニアックな分解記事なので、マネすることはあまりお薦めできない。素直に修理してもらったほうがいいだろう。

私の場合は、元々調子の悪いメーターだし壊れても買い直せばいいか!と割切っての作業である。

では、はじめてみよう。
今回用意した熱対策パーツは、下記の二つ。まず貼る一番やわらかシールと小型ファンだ。電子パーツの熱対策と言えば、PC関係をあたるのがてっとり早いので、PCパーツショップを探していたら見つけた。結構評判も悪くないようだ。

作戦は、こうだ。
 ・メーターをばらす。
 ・電子部品に放熱シートをはる
 ・メーターを組上げる
 ・全体に放熱シートをはる
 ・ファンをつける
となる。
では作業をやってみよう。

【まず貼るやわらかシール】
見た目はシップみたいだ。柔らかいシートでシール状になっている。好きな大きさにハサミで切って貼ればいい。
最大20%の改善が見込めるそうだ。
01_1

【小型ファン】
12V仕様だ。車の場合は回路を組まなくていいので助かる。
02fan

【油温計本体】
今回作業する油温計を単品にした
03_2

【カシメを外す】
油温計をまずバラす。カシメたメーター前面のワクにマイナスドライバなどをさしてカシメをグリグリ外していく。ゆっくり少しづつカシメをめくっていく。この部分はどうせ見えないので、多少汚くなってもよい。
04_1

【カシメを外したところ】
05_2

【外したカシメとガラス】
06

【油温計の中身】
メーター本体は、昔からあるコイル状のメーターだ。特別なモーターとかでは無さそう。
07_2


【油温計の基盤】
08_1

基盤にはコンデンサと抵抗、後はICが一個ついている。ちなみに、この基盤の裏にもICがついていた。このICは、CS-4121と書いてあり、この型番でググってみると、半導体メーカーの情報にたどりつく。何のICかはよくわからないが、動作温度は、-40~120度ぐらいまでは行けそうだ。関係無いかもしれないが、これがあやしいとしておこう。


【動作確認中】
09_1

とりあえず、メーターを動作させてみる。この状態で各部の温度を測定しておく。尚、油温計はセンサーがついてないとメーターが振りきってしまうので、テスターの電流計をセンサー代わりにつけてみた。電流計は抵抗が限りなく0なので、ちょうどいい。動作電流もわかるしね。


【ICの温度】
10_1
11

各部の温度を測ってみたが、このIC部分が一番温度が高く、45.1度だった。他はメーター駆動部が40度ぐらいだ。

【放熱シートを貼る】
12

放熱シートを各部に貼り付ける。メーター駆動部の回りとか、ICとか。コンデンサにもはっておこう。関係あるかどうかはわからんが、何か効果はあるだろう。


【温度測定中】
13

放熱シートを貼った状態で温度ICの温度測定をしてみる。約41度だった。約10%の低温度化に成功。


【メーター組上げ温度測定】
14_1

15

メーターを元どおり組上げて、表面の温度を測定してみる。
40.4度だ。

【放熱シートをはる】
16

17

メーター本体に放熱シートをはってみた。
39.8度だ。こりゃ誤差の範囲だな。

【ファンをつけてみる】
18

ファンを仮付けして動かしてみおる。このファンは小型で12V駆動のものだ。

【温度は?】
19

32.2度。おぉ、だいぶさがった。20%の低温度化に成功。


【メーターを組上げる】
20

元の3連メーターに戻した。ファンはメーター背面に両面テープで固定。電源は油温計の動作用の12Vから分岐してある。尚、これらの3つのメーターは元々別製品なのでケーブル類もバラバラだが、脱着が面倒なので写真のようにケーブルを加工して、一個のコネクタにしてある。これならがさばらないし、脱着も容易だ。


【3連メーター完成】
22

とりあえず、温度対策が完了した3連メーター


いやまぁ、メーターをバラすのは結構神経を使う。ガラス面の内側は汚さないようにしたし、間違ってもメーターの指針には手をふれてはいけない。

さて肝心の温度対策だが、一番効果がありそうなのはファンだな。最初からファンをつけて様子を見るでもよかったと思う。まぁ、それはわかってはいたんだが、何回も脱着を繰返したくなかったので今思いつく対策を一気にやってみた。放熱シートも多少は役にたってくれるだろう。

後は、車に取付けて様子を見ることになる。結果はどうなるか?


面白かったら人気blogランキングをお願いします!

« 油温計異常の続き | トップページ | メーターを元に戻す »

大森メーター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/14049618

この記事へのトラックバック一覧です: 油温計の熱対策をやってみる:

« 油温計異常の続き | トップページ | メーターを元に戻す »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!