« 電圧計の妙な動き | トップページ | 油温計の熱対策をやってみる »

2007年2月20日 (火)

油温計異常の続き

私の車の油温計の異常だが、内装のフェイスパネルを外したら、まったく異常が発生しなくなった。

フェイスパネルを外す前は、
  「油温は91度ぐらいで安定。その後異常になって、150度とかを表示する」
だったのだが、フェイスパネルを外したら、
  油温は、80度~85度で安定
となった。少し長距離運転をする機会があったが、一度もおかしくならなかった。
要するにフェイスパネルを外す前は、安定しているようで最初から間違っていたことになる。

で、ここまでやって確信となったのは次の通り。
 ・フェイスパネルを外して安定したという事は、メーターの動作温度が影響しているとみて間違い無い。
 ・フェイスパネルを外した事により、通風がよくなり、温度上昇が押さえられている
 ・温度が影響する要因としては、接続ケーブル、又はメーター本体
となるかな。

接続ケーブルと書いたのは、丁度ケーブルがエアコンダクトの下を通過していたからだ。ただしケーブルの可能性は極めて低い。

私は仕事で少々ケーブルが関係するような事をしているが、障害などでケーブルが原因だったことは、「明らかな原因を伴う」ということだ。ケーブルが原因となるような障害では、必ず「外傷」があり、見てすぐわかる。
それ以外でケーブルが原因となることは皆無。

なので、やはりメーター本体があやしいとみるべきだろう。
察するにメーター内部の電子部品が熱による悪影響を受けていると想定される。
似たような現象は、例えばPCのCPUの熱暴走がありますね。

だとすると、メーターを分解して電子部品を交換するか、あるいは、通風を良くするためにファンをつけるか?などかな。熱暴走しやすいPCの場合に、ファンを増やしたり、ファンの回転数をあげたりして熱対策をしたことを思い出す。

ちなみに、私の油温計は2台目だ。前の油温計も同じような現象で、てっきり壊れたと思って交換したのだが。う~ん、大森メーターは、熱に弱いのかな。

面白かったら人気blogランキングをお願いします!

 ・

« 電圧計の妙な動き | トップページ | 油温計の熱対策をやってみる »

大森メーター」カテゴリの記事

コメント

そういった事例があるんですね。
メーカーに問い合わせて点検して頂くのもアリだと思います。

そうなんですよ。でも大森メーターは、昔はあったのですが、今はメールアドレスがWEBに出ていなくて。
昔は、電子メールで問合せとかをしても答えてくれたんですけね。

ウィルスやスパム対策なのか、それとも回答しきれなくなったのか・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/13989901

この記事へのトラックバック一覧です: 油温計異常の続き:

« 電圧計の妙な動き | トップページ | 油温計の熱対策をやってみる »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!