« 油温計の異常原因を探る | トップページ | ポジションランプとHIDを交換 »

2007年2月11日 (日)

右バックフォグをバックラップへ換装

バックフォグをバックランプ化しようと部品を手に入れてから、いろいろあって中々取付けができなかったが、やっと作業に着手する事ができた。やってしまえばワケないのだが、取付けレポートをお届けしましょう。

・リアゲートの内装を外す。
 私は既に3~4回はリアゲートをの内装を外しているので、このぐらいはワケない。
 既に見慣れた光景だ。
Photo_167

・ガーニッシュを外してリアフォグアッシーを外す
 リアフォグユニットは、ガーニッシュにボルト3つで止めてある。ボルト形状が2タイプあるので、外すときはどれがどこかを覚えておくように。
Photo_168

・リアフォグを外したあと
 ガーニッシュからリアフォグを外すとこんなふうだ。けっこう汚れているので、ウェットティッシュや雑巾などでキレイにしておく。
Photo_169

・バックランプを取付ける
 リアフォグを外した後に、バックランプを取付ける。
Photo_170

1_1

・パッキンをつける
 備品で買っておいたパッキンを取付ける。
 両面テープになってるので、貼り付ければよい。
Photo_171

・コネクタつくり
 最初はバックフォグのコネクタを使おうと思ったが、形状が事のほか違うようで、だいぶ削る必要がある。面倒なので、なんか探してみると、オーディオ用の細型平ギボシがあったので、これを使う。

Photo_172

サイズ的にはぴったりで、これにケーブルをt受けて、ソケット内に差し込んで固定した。
Photo_173

取り外せるように2極のコネクタもつけた。尚、このケーブルは左のバックランプのケーブルを切断して、割り込ませるように配線した。要するに左のバックランプから電源とアースをもらっている。

Photo_174

・ソケットを差し込んで完成
Photo_178

・試しに点灯してみる。
 昼間なので、今ひとつはっきりしないが、やっぱこれでしょう。バックランプは。

Photo_176

リアフォグをバックランプへの交換は、内装とガーニッシュが外せれば、そんなに難しくは無い。
尚、夜間の映像は写真をとりわすれたので、後日掲載しましょう。

それにしてもなんでリアフォグのためにバックランプを片側つぶしたのだろう?
この日本でリアフォグが必須になる人たちが一体どのくらいいるのだろうか?って疑問に思ってしまう。
最初からリアバックランプは2コにしておいて、必要な人にオプションにするとか、ガーニッシュ部に別でバックフォグを埋めこむとかは、出来たとおもうのだけど。


面白かったら人気blogランキングをお願いします!

« 油温計の異常原因を探る | トップページ | ポジションランプとHIDを交換 »

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/13872553

この記事へのトラックバック一覧です: 右バックフォグをバックラップへ換装:

« 油温計の異常原因を探る | トップページ | ポジションランプとHIDを交換 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!