« バックランプ2灯化完成 | トップページ | 電圧計の妙な動き »

2007年2月13日 (火)

オーディオにいくらかかったか?

昨日、みんカラのコソミで
 「オーディオにいくらかけたんですか?」
という質問があって、
 「50~60万ですかね」
と答えてびっくりされちゃったんですが、逆に本当に、
 「50~60万で済んでいるか?」
と、ちょっと考えてみる。

私のオーディオ関係の装備はこんな感じ
 ヘッドユニット 25千円
 5.1CHサラウンドユニット 28千円
 4chアンプ 50千円
 iPod接続キット 12千円
 センタースピーカー 10千円
 フロント2WAYスピーカー 22千円
 リア2WAYスピーカー 22千円
 サブウーハー   18千円
 電源配線キット 5千円
 スピーカーケーブル 2千円
 スバル用配線キット 2千円
 スピーカーマウント(エーモン)2千円
 学習リモコン 5千円

 ナビ本体 150千円
 8インチオンダッシュTV 100千円
 ナビ対応ETC 20千円
 TVアンテナ(パルウス) 15千円
 VICS 12千円
 ミラー型2ndモニタ 20千円
 バックアイカメラ 20千円

 合計 54万円

値段は、当時の値段を記憶をたよりにざっくり購入価格で出してみた。
尚、取り付けはすべてDIYだが、あえて作業項目を割り出して工賃を考えてみる。

 ・オーディオユニット取り付け 5千円
 ・ナビ+モニタ取り付け 20千円
 ・フロントスピーカー取り付け  5千円
 ・リアスピーカー取り付け  5千円
 ・Ipodキット取り付け+ケーブルグローブボックス出し 5千円
 ・VICSユニット取り付け 3千円
 ・ETCユニット取り付け 3千円
 ・ナビ、ETCアンテナのメーター裏収容 3千円
 ・リアツィータをDピラーに取り付け 3千円
 ・サブウーハー取り付け 10千円
 ・5.1CHサラウンドユニット取り付け 5千円
 ・4Chアンプ取り付け 10千円
 ・スピーカーケーブル新規敷設 15千円
 ・TVアンテナ取り付け 5千円
 ・バックカメラ取り付け 5千円
 ・ミラー型モニタ取り付け 5千円
 ・学習リモコン取付け 5千円

  合計 11万2千円

工賃は、単品取り付けをする場合にかかる時間を想定してざっくり出している。実際にはまとめてやるということで、2~3割の値引きがつくかもしれない。

ちなみに、これだけのものを延べ1.5ヶ月、実質10日程度で取りつけたわけだが、これだけつけるとなると、さすがにカンでは間違えそうだったので、図面を書いた。

【IP-BUS配線図】
カロッツェリアのIP-BUSの結線図。向きがあるので、考慮してコネクタの色を明記している
Ipbus


【AUDIO配線図】
PINケーブルなどオーディオの配線を明記している。
Audio_1


【ナビ配線】
ナビ関係の配線を明記している。
Photo_190


尚、これらとは別に電源などのハーネスが存在する。
また、作業項目をリスト化して、どこまでやったかをチェックできるようにチェックリストを作成して進捗をトレースしていた・・・・・・・まるで仕事並み。ていうか仕事じゃぁ、こんなに楽しくできない。というか仕事じゃ、こんなにきちんとやらないかも。(^^ゞ

というわけで、50~60万というのは、いい線かもしれない。(^^ゞ

しかしまぁ、ほとんど馬鹿ですね。
でも、これは、一気に買い揃えたわけではなく、延べ10年弱にわたってそろえてものだ。一番古いパーツは、1998年にかったものだしね。尚、途中に購入して売却してしまったチェンジャとかメインユニットは除いている。

オーディオアンプやスピーカーは、けっこう古くなっても悪くなく動作する。ヘッドユニットは、技術の進歩が顕著にあわられちゃうけどね。対応メディアとか。

ちなみに私の取り付けは、「全てポン付け」であり、車の構造などを特別に意識した設置にしていない。取り付けられる場所に、そのまま取り付けている。なので、けっしてプロフェッショナルな取り付けではない。きっとオーディオプロショップであれば、私など足元にも及ばない華麗なインストールをしてくれるだろう。

では、DIYならではの楽しみとしては、こんな感じだ。

「徐々にそろえることができる。」
 10年前に今のシステムを想定していたわけではなく、徐々にステップアップして、その時代でお手ごろなシステムに変貌してきた結果である。これは手間と時間に余裕が持てるDIYならではかな。

「パーツをいろいろ選ぶ楽しみ。」
  5.1Ch化するとか、どういうスピーカーを組合せるか?など自分で好きなチョイスができるのもDIYならではかな。例えばスピーカーケーブルなんかは、ヨドバシカメラで一番安いメーター100~200円クラスだ。

初めてスピーカーケーブルを交換する人は、一番安いやつ(要するに一番細いやつ)を購入することをお勧めする。
太いケーブルは、ドアに通すのが並大抵の苦労では無く、挫折することうけあいだ。

それでも純正のスピーカーケーブルよりはるかにましだ。純正は、あれは電線であってスピーカーケーブルじゃないと思うよ、たぶん。


面白かったら人気blogランキングをお願いします!


« バックランプ2灯化完成 | トップページ | 電圧計の妙な動き »

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/13896185

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオにいくらかかったか?:

« バックランプ2灯化完成 | トップページ | 電圧計の妙な動き »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめ!