« DIYをするなら、オーディオから! | トップページ | 2.0i B-Sportsを楽しむ »

2007年1月28日 (日)

異音解決か?フューエルダンパー!

フューエルダンパーと思える異音の解決のため、ディーラにクルマを一週間預けていた。
前から気になってる異音で、出だすと何とも言えずヤッカイなので、ここらでキレイに治ってほしいと思っていた。

【フューエルダンパー】
Photo_165


というわけで約1週間、クルマを預けていた。それを今日引取りに行ってきた。
工場長さん自ら立会の元に、一通りの説明を受ける。

結果的には、こんな感じだ。
 ・ヒューエルダンパーの上側でも下側でも影響している
 ・ビビり音が出ているは助手席足元あたりを通っている燃料パイプ。
 ・フューエルダンパー近辺に緩衝材を入れても、パイプのビビり音はやんでない。
 ・ちょっと手でおさえるとやむ
 ・内装部品(スカッフプレート)の位置を手で動かしてもやむ。

非常に微妙な所のようだ。ただ、一度音が出てしまうと、ずっと鳴ってしまうので、運転者には気になるのだろう。私は気になる。


よって対策としては、
 ・燃料パイプの一番振動をしていそうな所2箇所に、ゴムの緩衝材を取付けている。
となった。内装の中なので、その緩衝材を直接見てはいないが、まぁ、だいたい想像はつく。

【緩衝材がついているらしいところ】
Photo_164


というわけでクルマを引き取って、試しに少し走行してみた。ちょっと街ノリを試乗した感じでは、キレイに治まっているのは確認した。ただし、異音は少し時間を置いてみないとわからないので、様子見といったところだ。

今回、ディーラのメカニックさんは工場長さんを始めとして、かなり、かかりっきりで対処してくれたようです。ありがとうございました。

ちなみに、念の為に、「これって個体差的なものでしょうか?」という質問に対しては、「そうだと思います」ということでした。はははは。

私の個人的な考えだが、燃料パイプが振動しやすいのは確かなんだと思う。これは部品の材質とか、パイプを止めているステーの位置とか、パイプの形状とか、いろいろ影響していると思う。たまたま出やすいクルマとそうでないクルマがあるのだろう。非常に微妙な所のバランスなのかもしれない。
ただ、音が出ているクルマも多いようなので、燃料系のパイプの何らかの見直しは、したほうがいいかもしれない。

それにしても1週間、代車生活だったんだけど、やっぱり自分のクルマが一番いいです。


面白かったら人気blogランキングをお願いします!


« DIYをするなら、オーディオから! | トップページ | 2.0i B-Sportsを楽しむ »

不具合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/13692774

この記事へのトラックバック一覧です: 異音解決か?フューエルダンパー!:

« DIYをするなら、オーディオから! | トップページ | 2.0i B-Sportsを楽しむ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ!