« 新・クルマの改造 マルとバツ | トップページ | 異音解決か?フューエルダンパー! »

2007年1月27日 (土)

DIYをするなら、オーディオから!

DIYをするなら、どんな所から始めてみればいいだろう?
オーディオ、ナビ、エンジン、足回り、ブレーキ、オイル交換など色々ある。昔はオイル交換から始めようっての流行ったが、廃油の問題があし、オイル交換はショップで工賃無料とかが多いので、あまりおすすめできない。

であれば、DIYの第一歩はオーディオ関係をおすすめしたい。

エンジンや足回りは、工具もサイズや種類が多くいるし、また、リスクも大きい。失敗したときに高くつくし、また、命の危険もあるしね。

オーディオ関係なら、失敗しても命まではとられないと思えるので。
(でも、リスクはゼロじゃないので、気をつけて)

じゃ、オーディオを変えていくための私なりのステップを紹介してみよう。
現在、純正の標準オーディオを使っていることを想定する。

とっかかりはスピーカーから手を入れてみるのがいいと思う。スピーカーは音が直接出てくる部分であり、違いがハッキリとわかる部分でもある。純正スピーカーは、いつになっても貧相なものがついているしね。「プレミアムサウンドシステム」って名前なのに、どの辺がプレミアムなんだか。まるで一個500円ぐらいのスピーカーがついているし。

【純正スピーカー】
Photo_161


というわけで、まずはスピーカーを交換してみるといいと思う。おすすめは、2WAYのセパレートだ。ツィーターが別体のもの。私の場合は、純正と同様でドアの中に治まるツィータがよかったので、小型のものを探して取付けている。

【フロント2WAYスピーカー】
Photo_162

次に手を出すなら、デッドニング。スピーカーの本来の性能を引き出すにはデッドニングがてっとり早い。デッドニングの効果は簡単に言ってしまうと、音がスッきりクリアになり、低音が良く出るようになるという感じだろうか。デッドニングは、ちょっと手間がかかるが金額は大してかからないし、苦労した分、はっきりと効果は感じられると思う。

【デッドニング(写真はBH)】
Photo_163

デッドニングの大雑把な目的としては、
 ・スピーカー裏側から出る音の反響を防ぐ
 ・ドアの周辺の振動を抑えニゴリを防ぐ
 ・密閉型スピーカーに仕上げる
ということになる。取付けはキットなどに付属に説明書をみればそんなに難しくない。
ポイントは、「シッカリ貼り付ける」だと思う。

プロの施工にはかなわないが、DIYでやっても結構効果があるので、手軽に楽しみたい人にもおすすめできる。
ちなみにスピーカー交換やデッドニングは、片側ドアづつやって、交換済みドアと、未交換ドアの聞き比べをしても、あまり変化は感じられないと思う。両方そろって初めて絶大な効果とるんじゃないかな。

え?こんなに違うの・~~~~って思えるのではないでしょうか。


面白かったら人気blogランキングをお願いします!

« 新・クルマの改造 マルとバツ | トップページ | 異音解決か?フューエルダンパー! »

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/13677970

この記事へのトラックバック一覧です: DIYをするなら、オーディオから!:

« 新・クルマの改造 マルとバツ | トップページ | 異音解決か?フューエルダンパー! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ!