« DELTA SPEEDのエアロをSTI化しちゃおう | トップページ | メカニック作業見学 »

2006年12月17日 (日)

エアロの取付見学の感想

エアロの取付け作業を見学させてもらったのだが、その作業工程は非常に興味深いものだった。今回はそのへんのレポートしたい。

Photo_91


ディーラのメカニックと言えども、純正エアロはともかく社外品のエアロは取付経験はそんなに多くはない。今回の私のDELTA SPEEDはディーラとしては2例目で、担当してくれたメカニックとしては初めてだそうだ。


なので、まずはマニュアルを良く読んでいた。工程を理解したようで、まずはサイドのバラしから行なっていた。

さすがにバラすのは早い。あっという間に、サイドが外れた。それを傷つけないように毛布を引いて、その上において内容をチェック。

03_1


一度、仮付けをおこなって、テープなどで固定したあと、取付け位置をチェックしていた。面白いのは何度も付けて、外してを繰返してパーツの合いや位置の確認をしていたところだ。

05


自分でもDIY取付けをするときは、付けたり外したりを繰返す事はあるが、面白いのはそのスピード。早い。なんの躊躇も感じられないところがスゴイ。

あ?もう出来たのかな?と思ってるとまた外しして調整している。結構、手間がかかるようだ。

09


また、エアロを取りつけたあとに絞めるボルトも付けては外し、付けては外し、を繰返していました。
後で聞いた話では、「一部マニュアルが間違っているようだ」とのこと。

05_1


最後に、「このエアロって取付けは簡単ですか?」と聞いてみたところ、
 「純正は両面テープで固定してクリップ付けなんですが、これは穴あけとボルト締めです。取付けはシッカリする反面、穴あけの位置を自分で決める必要があるので、そこが難しいですかね」
とのことでした。

いやはやありがとうございました。

それにしてもスバル印のフェンダーキズ防止用のカバー、欲しいなぁ。

面白かったら人気blogランキング
をお願いします!

« DELTA SPEEDのエアロをSTI化しちゃおう | トップページ | メカニック作業見学 »

LEGACY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/13097585

この記事へのトラックバック一覧です: エアロの取付見学の感想:

« DELTA SPEEDのエアロをSTI化しちゃおう | トップページ | メカニック作業見学 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ!