« シートの感触 | トップページ | ドアスピーカー交換 »

2006年9月30日 (土)

WRブルー

Tuned By STIを購入するときに、一番悩んだのが色だ。まぁ、他にはあまり選択肢は無いが。全部で3色あるが、どれも捨てがたい。

ダイヤモンドグレーはグッと大人っぽい色で、落着いた色合いだ。黒っぽいが黒ではない。濃いガンメタルなような印象。遠目には黒に見えるかもしれない。

リーガルブルーは、BPレガシィでは以前からある色で、落着いた濃い青だ。私はもうちょっと明るい色の方がよかったのでBHレガシィのノーテックブルーの方が好きだけど。

そしてWRブルーだ。御存知、WRカー・インプレッサの看板カラーで、あざやかな青だ。色合い的には濃いスカイブルーという印象。もし、インプレッサを買うならこの色だなという、ある意味、憧れの色である。

今回、この3色で悩んだのだが、最初にダイヤモンドグレーを落とした。理由はやはり青系が好きだからだ。そうするとリーガルブルーとWRブルーとなる。心はほぼWRブルーに傾いているが、その反面、ちっと不安もある。まず、WRブルーは、かなり派手な印象がある。いい年してこんな色に乗れるのだろうか?って不安。あと、目立ち過ぎることで、目を付けられたり、車上荒らしにねらわれたりとマイナス面もあるかもしれない。

なので、最後まで悩んだ。Tuned By STIを買うことをほとんど決めていたが、色だけはディーラに行ってもまだ悩んでいたもんな。見積書はWRブルーで作ってもらってたけど。

やっぱり最後は、現車を見て決めた。といってもTuned By STIの現物があったわけではない。たまたまディーラに置いてあった、C型のWR Limitedを見たから。たぶん、他の御客さんの車だろう。
まぁ、知人でリーガルブルーを買った人がいたので、カブルのも何かなというのも一つはあったが。

で、納車された車は自分の想像を遥かに越えたといってもいい。WRブルーの印象は強烈だ。まさに鮮やかな色合い。ツヤも申し分ない。かといってハデ過ぎるわけではなさそうだ。WRブルーを選択して良かったと心から思う一瞬だった。また、色がデザインをより強調する。BPレガシィがとてもスタイリッシュに見える。
どこかの駐車場に止めて、店の中などから自分の車をみると、キラリと光るWRブルーに、ちょっとニンマリしちゃうねぇ。

また、自分の駐車場(賃貸の集合だ)においても、大きな違和感はなかった。回りの車はシルバーやグレーが多いけど。まぁ、自分の車になれば何でも気に入るような気もするけどね。

ちなみに最近、街中を歩いているとWRブルーっぽい色の車が気になるようになった。この色、フィットやマーチ、プジョーなどのコンパクトカーに多い。あらためてみると、あざやかな青は結構目立ちますね。あと、GT-Rで近いブルーがあった。あれは強烈だったなぁ。

人気blogランキングへ

« シートの感触 | トップページ | ドアスピーカー交換 »

LEGACY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180590/12098432

この記事へのトラックバック一覧です: WRブルー:

« シートの感触 | トップページ | ドアスピーカー交換 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ!